真夏のひよこ

yaeyoyeaai20178ioe.jpg
持っているテーブルクロスにも食器にも限りがあるので
お教室は数年続けてくださると多分もう見たことのないものは
紙ナプキンくらいなもので、あとは毎回一緒の使い回しです。
いらっしゃる皆様以上に飽き飽きしているのは当の私。
新しいもの欲しいなぁ…と思う気持ちはあるのですが
いざとなるとなかなか買うほど気に入るものってそんなになくて
買えずじまい。オマケに2年続けてフランスにも行ってないので
ますますお買い物から遠のいてしまっています。
yaeyoyeyaeyyyae20178ioe.jpg
それでもね、時々「わぁ!今日はうまく出来た!」って
テーブルコーディネートに自画自賛するときがあるのです。
見慣れているいつものクロスといつもの食器の組み合わせなのに
何故か自分でも新鮮に感じたり、しみじみと好きだわぁ〜!と思えたり。
2017年8月のひよこクラスのセッティングがそうでした。
そんな日はいつも以上に皆さんをお迎えするのが楽しみになります。
yyo20178ioe.jpg
きゅうりのガスパチョ

ひよこクラスは基本的にはお料理1品にデザート1品という
メニュー構成なのですが、簡単すぎる時やそれではあまりに
メニューとしてのバランスが悪いときには品数を増やします。
ひよこさん達は品数をあんまり増やしすぎて工程を多くすると
再現できるか不安になってしまうと仰るので
品数を増やすときは難易度や面倒くささのバランスを取ります。

今回はメインのお料理が本当に美味しいのだけど簡単なので
こちらも簡単だけど夏に向いているキュウリのガスパチョを
オマケでご紹介。

キュウリやイタリアンパセリ・セロリ・サラダオニオンなど
さらりと飲みやすい爽やかなグリーンを集めてガスパチョにしました。
ガスパチョは夏の食欲のないときに良いですよね。
yuyyae20178ioe.jpg
ホタテノポワレ・夏の香り

これは数年前のお料理教室の前菜として出したメニュー。
でもホタテのサイズをアップしてほんの少し雰囲気を変えるだけで
充分軽いメインを張れるお料理になります。
ホタテはぷりっとポワレにして仕上げにつやが出る程度に蜂蜜を
回しかけます。
そしてレモングラスとバイマクルーの香りを付けたムースと
万能ネギの香りと共に一皿にしました。
今回はメインなので春巻きの皮のリボンでクランキーな歯応えと
食べ応えをプラス。

簡単で見栄えが良くて美味しいってやっぱり嬉しいですよね。
yaeyuye20178ioe.jpg
バナナケーキ・ホイップクリームとマンゴーのクーリ

既にもうかなりいっぱいなお腹に入るお菓子と
朝ごはんやおやつの様にお腹にスペースのあるときに入るお菓子は
やっぱり違うと思うのです。
お菓子屋さん勤務後、レストランでデセールを作り始めたときに
私が一番最初にシェフに言われたのはその事でした。

ごくごく一般的なバナナケーキはボリュームのある朝ごはんタイプ。
今回のバナナケーキはそれに比べたらふんわりと頼りないバナナケーキです。
丁度お菓子教室の為に追熟させてた食べ頃のバナナがあったので
今回はこのバナナを主役にしてみました。

軽いホイップクリームとマンゴーのピュレに添えたのはカカオニブ。
真夏のひよこは最初から最後まで夏らしいメニュー構成となりました。
今回のメニューに使ったどの素材も一年中手軽に手に入る食材ばかりです。
でも素材の組み合わせのイメージで季節感って出るんですね。

たった今これを書いている私は今にも雪の降りそうな空の元、
ブランケットを膝に掛け、その上にかんな(猫)を載せています。
私の妄想だとこのひよこのメニューはどこか南の島のリゾートで
海を眺めながらテラス席でいただくのが素敵!

***