台風にどきどき

2017年8月のお料理教室の事です。
yaeyoyeaai20178iaiy.jpg
あまりに遠いお話しなので記憶が定かじゃないのですが
2017年8月のお料理教室の頃、台風で日本近海は荒れ模様で
私はメニューに考えていたお魚が手に入るかどきどきしてました。
o20178iaiy.jpg
東京は晴れているのに遠くの海が大荒れだと
漁には出られないので東京にお魚が届かなくなってしまう。
よく考えれば当たり前のこと。
でも築地に通うようになるまではあまり気にしていませんでした。
選ばなければ、お店に食品は溢れていますものね。

築地で地域まで指定してお魚を注文するようになってから
自分の頭上の空の心配だけでなく、少しだけ広い範囲で
お天気が気になるようになりました。

8月のお料理教室のお花はドライフラワーのプレートにしました。
気に入って買った花が全てドライフラワーになる感じだったので
置いておいたら見事に成功!
色合いも涼やかなのでプレートにしてみました。
夏はお花が持たないから、ドライフラワーは良いですね。
au20178iiaiy.jpg
Salade de crabe,avocat a l’huile vert
カニとアボカドのサラダ・グリーンオイル

カニの旬は冬だと思いがちだけど毛蟹は夏も美味しいのです。
だから仲卸さんに毛蟹を注文していたのですが
海が荒れて良いカニが手に入らないだけじゃなく高い!と
連絡をくださったので、今回は毛蟹を諦めズワイの脚にしました。

カニとアボカドの組み合わせは王道ですね。
不味いわけありません。でも今回は歯ごたえをプラスしたくて
紫キャベツと枝豆も加えてライムとホワイトバルサミコを使った
ソースで和えて、インスタ映えを狙って(笑)
紫キャベツのケースに入れてみました。

ペコロスのピクルスとほのかにグリーンに色づいたオイルは
バジルの香りです。

紫キャベツのケースを作るのが一番大変だったかな?」(苦笑)
でもこのケースのキャベツも見た目だけじゃなくて味わいや歯応えなど
大事な要素のひとつ。
コリッとしたキャベツの歯応えがまったりとしたアボカドだけよりも
リズムが合って最後まで飽きずにいただけると思います。
yayyo20178iiaiy.jpg
Filets de chinchard pane au curry
et Fondant d’aubergines
鯵のカレー風味のカツレツ・ナスのフォンダン添え

私は串木野の鯵をお願いしていたんです。
でもこの時期毛蟹さんの故郷北海道も鯵さんの故郷九州も
天候は大荒れ!
串木野の鯵は無理だった〜!と仲卸さん。
その代わり…と小鯛を用意してくださいました。

どうも仲卸さん、何か勘違いなさっていたみたいで
豆あじくらいの大きさの小鯛。
本当に小さすぎてこれじゃ足りない!と私はちょっぴり慌てました。

それから場内をちょっと歩いたらかろうじて舞鶴の鯵を見つけたので
今回は鯵と小鯛の共演!!としました。
同じ調理法で小鯛と鯵を料理して食べ比べるなんてそうあることではありません。
まぁ、それも良いか!と自分の中で屁理屈を重ねてみました。
まぁ、幸いだったのが鯵で考えていたお料理に鯛が来ちゃったこと。
これが逆だったらもっと苦労したかもしれません。

カレー風味のカツレツに合わせたのはクミンやミントをアクセントにした
ナスのフォンダン。
今回は「エスニック」を謳うほどではないけれどアクセントにスパイスを
使って、少し夏らしい一皿にしてみました。
yaeyuye20178iiaiy.jpg
Roule au caramel et banane caramelisee
キャラメルのロールケーキとバナナのキャラメリゼ

実はこれを書いている今(2018年1月4日)も続いているのですが
この頃から私の中で「キャラメル」のお菓子がリバイバルブーム。
キャラメル味が気になって気になって仕方なくなりました。

もう絶版になって久しいけれど、私が一番最初に自分から作りたい!と
思った本は「キャラメルのお菓子」という本でした。
キャラメル味は誰もが好きな味ですものね。
苦みと甘みのバランスは火の入れ方によって変わるから
同じレシピでもいつも同じ味にするのはちょっと難しいかもしれないけれど
そこは家庭のお菓子なら、毎回ちょっとずつ違ってもそれはそれで
楽しいかもしれませんね。

今回はキャラメル味のビスキュイにキャラメルクリームとホイップクリームを
巻き込んで、バナナのキャラメリゼを添えました。
yiyyo20178iiaiy.jpg
合わせたワインはこの2本。
鯵だと思って用意していた赤ワインは小鯛には
ちょっとキツかったかもしれませんが、スパイスやハーブとの相性は
良かったです。
同じ作り手さんの赤と白。
どちらも味わい深いワインでした。
白ワイン、好きだったなぁ〜。
yyeycyeeaa.jpg
そしてデザートに合わせた紅茶はこちら。
バカンスでスリランカに行ってた友人のお土産です。
とても爽やかなミントの香りのセイロンティー。
キレの良いセイロンティーに爽やかなミントの香り。
これが想像していた以上にキャラメルとの相性が良く驚きました。

マリアージュは一期一会です。
でも素敵なマリアージュの記憶は引き出しにしまって
時々取り出せるようにしておきたいですね。
(案外忘れちゃうからこうしてブログに記録します。)

***