豆腐チーズケーキ

またもオンタイムを逃してのご報告。
11月末に「豆腐チーズケーキ」を出版していました。
aeaaeoai.jpg
宣伝部長のはこちゃんはやる気満々でさっさと画像を用意出来たのに
私が例の如く「のんびり」しておりました。

お話しを頂いたときに「豆腐チーズケーキ」って私のところに来るテーマ?
と正直、戸惑いがありました。
私は「ヘルシー」や「身体に優しい」を得意とする料理研究家とは
思われてないだろうし、良いのかな、私で…??と。

そしてそもそも「何故ヒトはチーズケーキに豆腐をいれたいんだろう??」と
その理由を考えました。
ビーガンやマクロビの方達ならともかく
そうじゃないのに豆腐入りのチーズケーキが作りたい、食べたい理由…。
第一に思い付くのはやっぱりカロリーダウン。
次に思ったのがコストダウン。

そして色々な豆腐チーズケーキの試作をしてみました。
否めないのは「豆腐の入ってる感」
…いや、豆腐チーズケーキなんだからそれで良いンですよ。と言う考えも
あると思います。
でも私はやっぱり美味しい方が嬉しいんだけどなぁ…。と悶々とする日々。

この本の方向性を自分なりに納得して決められるまでに随分と
悩んだのですが、結局私は一番に「美味しい」を選びました。

ヘルシーな豆腐チーズケーキはマクロビやビーガンの本に既に載っているし
そういう思考の方はそもそも私の本は手に取らないんじゃないかしら??と
思えたので、私がこの本で目指したチーズケーキは
普通に美味しいチーズケーキ。作りやすくて美味しくて、結果的には
カロリーもコストもそこそこダウン!あら嬉し♪と言うところを理想に
作っていったレシピ達です。
iu.jpg
実はとても難産でした。

チーズケーキは簡単で混ぜれば出来る失敗知らずの代表選手。
豆腐を混ぜ混むことでその簡単さは失われるわけではありませんが
豆腐って案外なめらかにするの大変なんですよね。
生地に潰した豆腐を適当に混ぜるだけだと、最後にこし器を通しても
つぶつぶと豆腐が残り舌触りが悪くなるのです。
色々試したけど、予めハンディブレンダーでクリーム状にするのが
作りやすく、舌触りも悪くならないようです。

そして豆腐の存在感をどうするか??もやはり問題。
私は豆腐は好きですし、豆腐をワルモノにするつもりはありませんが
チーズケーキが豆腐くさいのはいかがなものか…とやっぱり思いました。
これは色々試作をしてみて火を入れすぎない方が豆臭さが出にくいことなど
わかって来ました。
そして気になるカロリーは私が作る通常のチーズケーキと
この本で作った同じタイプのチーズケーキで約100カロリーはダウン。
あっさりタイプだともう少しダウンされるはずです。
yyoyi.jpg
山ほどの試作で食べきれないものは近所に住む友人に
試食も兼ねて食べてもらいました。
彼女はこれが「豆腐チーズケーキ」だと解っていたけどご主人は
そんなこと知らずに食べて普通にチーズケーキだと思っていた、との
報告を受け、私は一人にんまり。
そうです、そこをワタクシ、目指しておりました!
yoyeyayiyy.jpg
本の校正は大きく分けて2つに分かれていて
「濃厚タイプ」と「あっさりタイプ」
それぞれにレアとベイクドをご紹介。

濃厚タイプは豆腐を掻き消すような強い味や風味やコクを
あっさりタイプは豆腐に寄り添うような優しいものを
自分なりにセレクトしてみました。
そしてどのタイプでもひとつだけ少し塩味を効かせたものを入れました。
写真はゴルゴンゾーラとくるみ、柿のレアチーズケーキ。
最後にガリッとブラックペッパーをミルで粗く挽き香りを効かせてみました。
たまにはこんなお酒に合わせるようなチーズケーキも良いかな…と。
aeee.jpg
撮影は8月の真夏に行われました。
カメラ:川上輝明さん
スタイリスト:岩崎牧子さん
アートディレクション:小橋太郎さん
企画・編集:小橋美津子さん
版元編集:田中薫さん
eae.jpg
この本の売り口上は何だろう…と考えたのですが
「簡単・ちゃんと美味しい・まあまあヘルシー!」って
ところでしょうか…。

どうぞよろしくお願いします。

***

  1. 4月 9th, 2017 | 18:33:33

    […] 柳 瀬 久 美 子 「の ん び り ブ ロ グ」 […]