アップルパイ(10月のお菓子教室・基礎クラス)

yaeyoye201110i.jpg
10月のお菓子教室・基礎クラスのカリキュラムはアップルパイ。
基礎クラスの中でも人気の高いこのカリキュラム。
私の大好きなシンプルなアップルパイをご紹介しています。
aeyeyoyyo201610.jpg
アップルパイに合わせたくて用意した赤い水玉の
ペーパーナプキンをグレーのクロスに合わせました。
ycyayoyeyiyaea.jpg
網目模様にパイを仕上げる方法を「ラティストップ」と言います。
帯状にカットしたパイ生地をフィリングの上で編んでいくのですが
迷わず編み上げる方法があるのでそれを紹介しています。
今年は更に二番だねを丸く抜いて水玉模様にしていました。

パイ生地のトップを型で抜いたり、三つ編みに編んだりする手法は
昔からありますが、最近インスタなどを見ていると更にそれを進化させた
アートパイなんてものがあるらしく、それはもう美しい写真がいっぱい。
複雑に編み上げたり縁を飾ったり…素朴なパイが可愛らしく変身!
作るのも楽しそうです。
…が、お教室ではやりません。(笑)
ycyayoyeyiyyoyyeyoy.jpg
アップルパイのフィリングはたっぷりのりんごを使います。
直径20cmのパイに6ヶのりんごを使います。
ほのかにシナモンを効かせつつも全体にはクセのない優しい味わい。
フィリングにも色んなレシピがありますが
基礎クラスではシンプルでオーソドックスなものをご紹介。
ycyayoyeyiyaeae.jpg
焼き上がったアップルパイはこんな感じ。
焼きたてはカットすると中のフィリングが流れてしまうので
少し置いてからカットします。
パイが完全に冷めるとコーンスターチでまとめたフィリングは
ペースト状に固まるのでカットしやすいです。
でもアップルパイ、温かい方が絶対に美味しいですよね。
温かいアップルパイにバニラアイスを添えていただくのが大好き!

そんなわけで焼きたては切れるくらいまでフィリングを落ち着かせて
カットしますが、冷めてしまったら是非リベイクしてくださいねー。
と、力説。(苦笑)
eaa201610.jpg
今月の紅茶はお教室としては珍しくダージリン。
ダージリンは私の中では美味しく煎れるのが難しい紅茶。
お教室の時にバタバタと乱暴に煎れると良さが引き出せないから
滅多にセレクトしないのですが好きな紅茶ではあるのです。
久し振りに美味しいダージリンが飲みたいなぁ…と思って
お教室でも使ってみました。

スッキリとした味わいと香りでした。

陽差しもすっかり秋らしくなってきましたね。
秋冬はパイが扱いやすい季節です。
この冬は色々なパイを作ってみようかな…なんて思っています。

***