2014クリスマスパーティー

毎年同じ事を言っているような気がしますが
私は12月が苦手です。
みんなが楽しそうにしている中、自分だけが忙しいような…
何かをやらなくてはならないような…そんな追い立てられるような
気分になるから苦手なのです。
日々、きちんと生きてる人はこういう気分にはならないんだろうなぁ…。
はい、反省します。

そんな12月が苦手な私にだって楽しみにしていることはあるのですよ。
お教室のクリスマスパーティーもそのひとつ。
一月くらい前から今年のデコレーションはどうしよう?
プレゼントはどうしよう?メニューは…?と考えるのは
なかなか楽しい作業なのです。
aeauii.jpg
じゃーん!
今年のクリスマスパーティーのテーブルはこんな感じに仕上がりました。
私の今年のクリスマスのテーマカラーはブラック&ホワイト。
理由は特にありませんが、すっきりと仕上げたかったのです。

最初はお料理も全てブラック&ホワイトにしようかと思ったのですが
やっぱりそれは味のバリエーションを狭めてしまうし
色々パーティーにかこつけて試してみたい食材などもあるため
食材の色は特にこだわらずメニューは決めていきました。
yyyoai.jpg
ウチのクリパの定番メニューのスコーンですが
このスコーンは毎年ルセットが違います。
今年のスコーンはバターミルクを使って全粒粉もブレンドした
さっくりとした軽いスコーンです。
バターの量も少なめにしたライトなスコーンに添えるのは
最近のお気に入りヨーグルト&クリームチーズフロスティングと
白桃とレモンのコンフィチュール。
栗の渋皮煮を作ったときの副産物のマロンのコンフィチュールです。
yyyoyuyi.jpg
こちらはスコーン・サレ。
やはり全粒粉とバターミルクをベースにしました。
ブラックオリーブを使ったお気に入りのスプレッドを添えました。
このオリーブのソースは12月17日発売の「なんでもブルスケッタ」に
載せたレシピのお披露目も兼ねています。
yuyoyeyyyayaycyayo.jpg
今年のサンドウィッチは全部で4種類。
定番のキューカンバーサンド、今年はミント&ディルクールで。
赤カブのサンドウィッチにはボルディエのラズベリーバターをポイントに。
ツナサンドはケッパーやエシャロットを隠し味にルッコラと共にサンド。
ジャムサンドのバターは自家製バニラバターです。
…と言っても生クリームから自分でバターを作ったわけではなく
バターに色々混ぜ合わせて軽く風味良く仕上げてみました。
日本でも最近は入手可能になったボルディエのバニラバターですが
腹が立つほどのお値段なのでなんとか自分で納得のいくバニラバターを
作りたかったのです。
似て非なるもの…。はい。完全に別物です。
でもこれはこれでとても気に入っているので満足しています。
そしてマティルドのアプリコットのコンフィチュール。
yyayoyaiay.jpg
箸休めっぽい優しい味のお野菜を添えたくて
こちらはキャベツの蒸し物。
これだけちょっとごま油の風味など効かせ和風です。
yuyiyayyeiyoyyey.jpg
サワーチェリーのピクルスはシナモンの風味が微かにします。
このピクルスは食べ終わった後にピクルス液をペリエで割ると
美味しいサワードリンクになります。
作った人だけのご褒美♪
yyeyeyiyayeyiyyyeyo.jpg
ネクタリンのタルトレットは先日のピュイダムールの時に使った
パートフォンセの生地を私がもう一度食べたくて作ってみました。
う〜ん。やっぱりこの生地美味しい!!(自画自賛)
yaeyyeyssyyiy.jpg
ティラミスローズは「ストウブで冷たいお菓子」に収録したルセット。
…でも今回はルクルーゼで作っちゃいました。
何故なら私のストウブのこのサイズはブラックでもホワイトでもなく
今回のテーブルテーマには合わなかったから…。
ビスキュイランスのこのピンクがなんともラブリーなこのお菓子は
ディタの香りを効かせているので見た目を裏切らないオトメな味です。
yiyyoyeoyssyeyiy.jpg
パウンド型のお菓子はバナナとドライマンゴーのケイク。
台湾の美味しいドライマンゴーを沢山いただいていて
それをお菓子に使いたくて作ってみました。
この為にバナナをしっかり熟させてから作りました。
ドライマンゴーは「え?こんなに?」というくらいたっぷり入れてみました。
yssyeyiy.jpg
その下のショソン型のパイはミートパイです。
たっぷりの挽肉にフォアグラで風味を付けたミートソース。
脂がキツイのが年々辛くなってきたオバサンの私は
ミートパイのフィリングをあらかじめソテーして脂を落としてから
パイに包みました。
相変わらずお肉は好きだし、お肉のない人生なんて!!と思ってはいるけど
若い頃は必要のなかった一手間を好んでするようになりました。(苦笑)
ie.jpg
大きなケーキスタンドのトップはライスクリスピー。
これは玄米クリスピーにホワイトチョコレートとパンプキンシードや
クランベリーを混ぜてみました。
雷おこしみたいでしょ?お味もそんな感じです。
yeyoyoyythyyiyo2.jpg
ラベンダーのマカロンは焼いている時がいい香りなのです。
オーブンの前でアロマテラピー。
クリームはバローナのキャラメリアのガナッシュの中心に
パッションのジュレをしのばせてみました。
ラベンダーとキャラメリアとパッション。合うんです。
yiyiiythyyiyo.jpg
こちらはブラックココアのマカロンで中身はレバーペースト。
苦みの効いたブラックココアとレバーペーストと甘いマカロン。
不思議な組み合わせですがこちらもアペリティフスナックとしては
なかなか素敵な組み合わせです。
泡と合います♪
yiyeyoyyey.jpg
サラダピクルスは私の大好物。
カリフラワーとウズラ卵とセロリとカブとプチトマト。
あまり酸味をきつくしていないので浅漬けのような感覚です。
yuyyeyoyyeyayiy.jpg
そして今年のメインのデコレーションケーキはこんな感じ。
写真を撮るときに後ろのサラダピクルスを退けるべきでした。
私の力作のケーキガーラントがあんまり目立たない!!
…不器用な私でも簡単に作れるマスキングテープとストローを利用した
ケーキガーラント。地味に可愛かったのに…残念だ。(苦笑)

そしてこちらのケーキ。
今年はボストンクリームパイをクリスマスデコレーションにしてみました。
ボストンクリームパイはカスタードクリームとチョコレートクリームで
作るアメリカンタイプのレイヤーケーキ。
私の作るボストンクリームパイはオレンジ風味です。
オレンジカードとカスタードクリームをブレンドしたクリームをサンドして
生クリームをナッペしてチョコレートソースをとろりとかけました。
高校生の時アルバイトしていた青山のケーキ屋さんの定番メニューだった
ボストンクリームパイは私にとってはとても懐かしい味のケーキ。
今回はそれを思い出しながらアレンジして作ってみました。
aeycyayoe.jpg
この他に温かいお料理も絶対に欲しくなるので
今年は海老グラタンをメインにご用意したのですが
なんとワタクシ、写真に収めるのを忘れてしまいました。
色々食べたり飲んだりした後に満足感は欲しいけど重すぎないのが良いなぁ…
と妄想しながら思い付いてホワイトソースを豆腐ソースにしてみました。
そしてマカロニの一部をカリフラワーに置き換えてサラリと召し上がって
いただける工夫をしつつもコクや風味は欲しいので
ブッファラを豆腐に混ぜ込んだり、発酵バターを使ったり
別にマクロビもビーガンも目指していない私のカロリー調整です。
でもこれがなかなか皆さんの評判も良く私も気に入りました。

生徒さん達が楽しそうにお喋りしながら和気藹々と過ごす風景を
眺めていると、本当に私も嬉しく楽しくなります。
お菓子やお料理を作るのが好き!食べるのが好き!という共通の趣味が
あるので、初対面でもすぐに打ち解けて会話が弾みます。
私は本当に生徒さん達に恵まれて、みなさん優しく楽しい方達ばかり。
有り難いことです。

来年もこの佳き日をみんなで笑って元気に迎えられるように
また一年頑張って行こう!と思いました。

いらしてくださった皆さま、狭い部屋にぎゅうぎゅうだったにも関わらず
長時間お付き合いくださいまして本当にありがとうございました。
このクリスマスパーティーをウォームアップとして
これからいよいよ本番のクリスマス。どうぞお楽しみくださいませ。

***