雨城楊枝とおいしい和菓子

cimg3756_s.jpg
ゴールデンウィークの最終日に私が訪れた久留里の街。
偶然にもお教室に通ってくださっている生徒さんのご実家の街でした。
ご出産をひかえしばらくお教室をお休みする区切りに、と久留里で作られた
「雨城楊枝」をくださいました。
…本当に写真の才能がなくて、せっかくの美しさがちゃんと伝わらないのが残念ですが
1本1本手作りのとても美しい細工をほどこした楊枝です。

「とても使い捨てには出来ないね。」と言う私に
使用後は水洗いをして陰干しをすればまた使えますよ。と教えてくださいました。
この楊枝、千葉県指定の伝統工芸品で君津市の指定無形文化財にもなっているそうです。
大切に、出来るだけ長く使おうと思います。
cimg3763_s.jpg
そしてこちらは別の生徒さんからのおみやげです。
熱海から通ってくださっている生徒さんから熱海の老舗旅館・大観荘の
お菓子を頂きました。
一口サイズの品の良い甘さの餡の中に柔らかいおもちが入っています。
美味しい日本茶やお抹茶と共に頂くと幸せになります。
雨城楊枝もあることですし、丁寧にお茶を煎れていつもよりも
自分としてはワンランク上のお茶の時間を楽しむことが出来ました。

やっと梅雨らしくなった、と思えばいいのでしょうが、
しとしと雨降りのちょっと気持ちまで沈みそうなお天気の東京です。
気圧に押しつぶされて(?)どんよりしないように注意しなくちゃ。

***