珠からの贈り物

cimg3782_s.jpg
今日もお教室でした。
午後のお教室もほぼ終わり、生徒さん達と一緒にお茶を飲んでお喋りしていたら
玄関のチャイムが鳴りました。そして届いたのはゆうパックの小さな小包。
贈り主は「柳瀬珠」住所は「虹の橋」となっています。

一瞬我が目を疑いましたが、気持ちを抑え包みを解いてゆくと
中には伊勢丹の包装紙にくるまれたステキな紅茶とお手紙がが入っていました。
手紙の主は珠ちゃんです。
生徒さんの前で手紙を全部読む勇気はとてもなかったので取りあえずそのまま
とてもステキなパッケージの紅茶の話しをしてその場は終わらせました。

生徒さん達がお帰りになってから手紙を読むと「おかあさんへ」と始まり
珠ちゃんがあちらで平和に暮らしている様子を伝えてくれる内容でした。
珠は私のネコです。ちょうど4年前の今日天国に旅立ちました。

手紙には「つくしちゃん」というまだ小さなトイプードルの女の子とお友達になって
お姉さん代わりに一緒に遊んであげていること、つくしちゃんを抱きしめてあげると
珠も温かくてとても気持ち良いこと、時々私に会いにこちらに来てくれていること、などが
珠らしい無邪気な語り口で書かれていました。
優しい気持ちのこもった文面に涙が溢れてきました。

猫の珠が新宿の伊勢丹でこんなにセンスの良い紅茶をセレクトして
あんなにきれいな字で宛先を書き、そしてオマケにパソコンでお手紙を書くなんて!!
…そんな野暮な疑いを持つのはやめましょう。

私は珠ちゃんが髪の長い色白の可愛いニンゲンの女の子になって伊勢丹に行き
私のために一生懸命沢山の紅茶の中からこの二つを選んでくれたこと、
細くてきれいな指でしっかりと宛名を書き、キーボードを打ってくれたとを信じます。
手紙に書いてあるとおり、今は虹の橋に住んでいてつくしちゃんと楽しく遊んだり
気ままにお昼寝をして暮らしていることを信じます。

たんちゃん、可愛いお友達が出来て良かったね。
まだつくしちゃんはちびっ子だからうんと優しくしてあげるんだよ。
そして弟のこいしにもつくしちゃんを紹介してあげて一緒に遊んであげようね。
たんちゃん、贈り物をありがとう。お手紙をありがとう。
本当に本当に嬉しかった。

***