「頑張って」

レオのこと、
沢山のお悔やみの言葉や励ましの言葉をいただきました。
本当にありがとうございます。

一度もお会いしたことのない、ブログをずっと見ていてくださった方から
涙が出るほど温かい言葉をいただいたり…。
レオも私もシアワセ者です。
本当にありがとうございました。
yeyoyoyaeaeyiy.jpg
レオの闘病中、色々一人で悩んでいたときに
猫を飼っている友人に相談したりもしましたが
ツイッターやFBの友人達には本当に助けてもらいました。

私はFBは本名でやっていますが、ツイッターはハンドルネームで
本名は出さずにやっています。
どちらにも現実に面識のある友人知人もいれば
お会いしたことのない方もいらっしゃいます。

食欲のなくなってしまったレオに何を食べさせたらいいのか
途方に暮れて呟くとそのツイートは拡散され
「ウチの子は生クリーム!」「レバーをボイルしてみたら?」
「このメーカーの猫缶」「温めてみたら…?」
などなど沢山の方からご自身の経験を色々教えてもらえました。

そしてレオの病気が癌だとフォロワーさん同士の会話でわかると
こちらの病院にセカンドオピニオンを取りに行かれたらいかがですか?と
お声をかけてくださった方もいらっしゃいました。

もともと行っていた獣医さんはレオ達さんにゃんを拾ったときから
お世話になっている獣医さんで特に不満はなかったのですが
やはり癌は大変な病気です。スペシャリストの先生とか
通り一遍ではなく例えば漢方と併用している先生とか
今の先生とは別の角度からアドバイスを頂きたいと思っていた矢先に
教えていただいたその病院が偶然にも家の近所だったので
そちらの病院にお世話になることも出来ました。

病気発覚から今日まで、泣かない日は一日もありませんでした。
レオを失うことが怖くて息を詰めるような時間。
レオの具合がどんどん悪くなっていくのを見ているのは
砂時計の砂がサラサラと落ちてゆくのを為す術もなく
見つめているような、そんな想いでした。
悲しくて、怖くて、やりきれない…。

そんな気持もツイッターやFBにはポロリと呟かしてもらったり…。
私のTLは相当鬱陶しく重苦しいモノばかりで
朝っぱらからこんな暗い話、付き合ってられない!と思う方も
いるだろうなぁ…と思いつつも自分の不安を吐露する場所に
使わせてもらっていました。

すると、レオの調子の良い日は「良かったね、この調子で頑張って!」と
レオの調子の悪い日は「レオぽん、頑張れ!!」「おばも頑張れ!」「と
沢山の方から「頑張って」って応援してもらいました。

私達、それまでも頑張っていたと思います。
レオは文字通り命懸けで頑張っていた。
もうこれ以上頑張れない、って思うくらい頑張っていたと思うけど
みんなからの「頑張って」はすごくすごく嬉しくて
精一杯にプラスα、ない力を振り絞ってもう少し頑張る力になりました。
私にはみんなからの「頑張って」は本当に有り難い勇気の湧く言葉でした。
aiuiyeyoyoyyiy.jpg
よく頑張ってるヒトに「頑張って。」って声をかけるのは酷だ、と
言う話を聞きますが、本当にそうなのかな…って思います。

言外に「アナタが勝手にやって解決してね 。」という意味が隠された
「頑張って」は確かに突き放されたようでキツイと思うこともあるだろうけど
愛とか祈りとか本当に頑張って欲しい想いとかの込められた「頑張って」は
言われた相手の心にストレートに伝わって、温かいエネルギーになるのでは
ないでしょうか…。少なくとも私にはそうでした。
(きっと同じような想いのこもった「もう頑張らなくても良いんだよ。」も
同じように温かいものだと思います。)

私はみんなの「頑張って」で沢山頑張れたから
レオにも最後まで「頑張って。レオ、生きて!」と言い続けました。
レオもきっとみんなや私の想いに応えてくれたからこそ
あの日まで頑張ってくれたのだと思います。

…こんなこと起きないで欲しかった。
レオが「レオ爺」になるまで全員健康に一緒に過ごしたかった。
どんな良いこともレオの命と交換じゃ割に合わない…。今でもそう思います。
でも鈍感な私はこの位切羽詰まらないと解らない事、
感じられないことがあったようにも思います。

皆さんの善意の応援は本当に有り難く、感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。

そして私、これからは本当にそう思ったら物知り顔に躊躇しないで
心を込めて「頑張って。」って言っていこう、って思います。
「頑張って」って悪い言葉じゃないって思ったから。
s_mg_0028.jpg
これ、4年前の今頃の写真です。
まだまだちびっ子だったレオとはことかんな。可愛い。

昨日美容室に行きました。
2ヶ月近くご無沙汰だったぼさぼさだった髪の毛をなんとかしたくて
美容師さんに「悲しい事があったから気分を変えたい」と言って
お任せしたら顎のラインのふんわり柔らかいウェーブのボブになりました。
シャンプーをしてくれた男の子が私のiPhoneケースが猫柄なのを見て
「猫飼っているんですか?」と聞いてきたとき
私は本当に何も考えずに「そう、3匹いるの。」と…。

そう答えた自分に自分で驚いてしまったけれど訂正はしませんでした。
訂正の必要はありません。
ウチの猫たちはこれからもレオ・はこ・かんなのさんにゃんです。
レオはこれからも私達と一緒です。

まだまだ時間はかかるのだろうけどぼちぼち生きます。

***