6月のお料理教室が終わりました。

2yaeyoyeaai3.jpg
ここの所お料理教室当日に雨が降ることが多いので
今回この夏らしいひまわりを買うときに
これで教室当日雨で部屋が暗かったら悲しいなぁ…と思ってたのですが
ギリギリ晴れてくれて良かったです。
2o4.jpg
タイルは4枚合わせるとデイジーの花になるミニタイル。
これは数年前に行った京都の下鴨神社の骨董市で買ったものですが
今回のひまわりを見ていて思い出して下に敷いてみました。

ご紹介するお料理もこれからの暑い季節にピッタリな
初夏をイメージして考えたものです。
2yyo5.jpg
Vichyssoise lapide et legere avec gelee d’agrumes
軽い仕上がりのヴィシソワーズと柑橘ジュレ

ヴィシソワーズはジャガイモの冷製ポタージュのこと。
本来はポワローをバターでソテーしたものと共にフォンドヴォライユ
と牛乳でジャガイモを茹でてポタージュにしますが
今回のものはその手間を省いた簡単バージョン。
簡単な上にヘルシーです。
夏らしくさっぱり食べられるように濃度もサラリと軽めにして
ヨーグルトも加えて更にさっぱり仕上げてみました。

ヴィシソワーズにはコンソメのジュレが入っているものが定番ですが
今回はその代わりに塩を効かせたオレンジのジュレを合わせました。
オレンジ・レモン・ライムの皮のすり下ろしとオリーブオイルで
おめかししたヴィシソワーズは夏のおもてなしのスターターにはピッタリ。
そして暑い日の簡単お昼ご飯にこれとトーストなんてメニューも
オウチの一人ご飯に便利です。
2yoyoyeye3.jpg
Ouefs de caille poches a la piperade en caisse
ケースに入ったうずら卵のピペラード

ピペラードはバスク地方の野菜の煮込み。
ピメンデスペレットを使うのが特徴のオーソドックスなメニューです。
一緒に鶏肉を煮込んだり、スクランブルエッグを加えたりしますが
今回はお肉は仕上げに添えたバイヨンヌの生ハムだけ。
そしてスクランブルエッグではなくウズラ卵をポーチドエッグにして
おもてなし風に可愛らしく添えてみました。

ケースにしたのは春巻きの皮です。
サブレ・サレやパートブリゼを作るよりも手軽でずっとカロリーダウン。
手間暇省けて、ヘルシーで美味しければこんな嬉しい事はないですね。

火を入れると甘くなる野菜達をピメンデスペレットの
柔らかな辛みが全体を引き締めて、動物性タンパク質のない寂しさは
生ハムとポーチドエッグとスライスして添えたパルメザンチーズが
補ってくれます。

見た目はボリュームたっぷりですがほぼ野菜なので
案外ぺろりと食べてしまえます。
2yayyo3.jpg
Isaki au sauce a capre et risotto de quinoa
いさきのケッパーソース・キノアのリゾット添え

立派ないさきちゃんは三枚おろしにしたもので6人分。
そしてあらで取ったフュメでケッパーソースと
キノアのリゾットを作ります。

キノアのリゾットは空豆と一緒に炊こうと思っていたのを
急遽変更で宮古の枝豆にしました。
空豆の場合はわざわざ事前にボイルしなくても良いけれど
枝豆の場合は事前にボイルしてからキノアと合わせた方が良いみたい。
理由は生のとき、皮をむくのがと〜〜〜っても大変だから。(笑)

試作は空豆でしたのですが、事前にボイルするのは一手間だから
一緒に炊きあげようと、手間を省いたつもりが
同じ事を枝豆でするとこちらはボイルした方が生の皮をむいて
一粒づつ豆を取り出すよりずっと楽だと判明。
枝豆を生のまま鞘から取り出したことはなかったので
初めて知りました。

ソースはクリームソースですが、こちらも軽く仕上げる工夫を
何段階かにわたってしているので見た目よりもずっとあっさりしています。
ケッパーの酸味が爽やかなこのソース。
私の大好きなお気に入りソースなのですがお魚だけでなく
キノアのリゾットにもメチャクチャ合うのでたっぷりかけて
いただくのが美味しいです。
2yaeyuye2.jpg
Gateau ananas caramelise
キャラメリゼしたパイナップルケーキ

昨日カットしたパイナップル約1/2ヶ使って作ります。
キャラメリゼしたパイナップルを並べたアーモンドの粉が
ベースのバターケーキ。
焼き上がりの表面にはキャラメリゼしたときのソースを
たっぷり刷毛で染みこませます。

焼き込めなかったパイナップルのキャラメリゼとソースは
お皿に添えて、今回はパッションフルーツのソルベも
一緒に合わせてみました。
2yiyyo2.jpg
今回合わせたワインはこちら。
La Desireeとヴィシソワーズの柑橘の香りは
とても良いマリアージュだったと思います。
でもピペラードとは微妙だったかもしれません…。

今回のような前菜二品を1つのワインで合わせようとするのは
きっと無理があるのでしょうねぇ。
ん〜〜〜。メニュー構成とワインのマリアージュはなかなか難しいです。
2yiy1.jpg
今回お出ししたバターはこちら。
冷蔵庫から出してすぐでもナイフがすっと入ってしまうくらい
柔らかめの仕上がりのこちらのバター。
風味も良くて美味しかったです。
demi-selだけどお菓子が作ってみたくなるまろやかな味でした。
2yeyyoyiyye1.jpg
ナイフレストはsabreのオールドファッション。
プラスティックなのに色合いがシックで大人っぽい所と
お値段はとってもリーズナブル♪な所がお気に入り。
Parisに行く度にショップを覗いては何か買っていたのですが
最近CONRANでも買える様になったとか…。

カラーバリエーションが豊富で見ていると全部欲しくなっちゃう
危険なお店が日本に来たなんて嬉しいような、怖いような…。(笑)

二ヶ月続けてメインがお魚だったのには理由があります。
計画性皆無なワタクシではありますが7月8月は二ヶ月連続で
エスニックなメニューでお肉をがつん!と食べて
夏ばてを吹っ飛ばそう!!と思っています。

エスニックと行ってもまだどの国のお料理にするかは未定ですが
中東辺りとアジアのどこか…ん〜〜、南米も良いな…と
妄想で世界各国旅している最中ですが
羊肉でクミンの風味…なお料理は絶対に入れるつもりでおりますので
ご興味ある方はお問い合わせくださいね。

今月もご参加のみなさま、本当にありがとうございました。
今月は初めて参加してくださった方もいて、私はちょっと緊張しましたが
すぐに和やかな雰囲気を生徒さん達が作ってくださるので
私の緊張も解け、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

次の準備をしながら試食のお料理を召し上がってる皆さんの姿を
少し遠目に眺めているのが私は大好きです。
お料理を囲んで会話が弾んで、楽しそうな姿を目にする度に
「あぁ、シアワセだなぁ。」としみじみ思います。

またよろしくお願いいたします。

***