だいたいマイノリティー

若い頃はそれなりにミーハーでした。
今だってミーハーな部分がないわけじゃありません。
そしてそんな自分を嫌いじゃありません。

が…、どうも私の趣味嗜好がマジョリティになることは少なく
大抵二者択一を迫られて選ぶとマイノリティーのことが多いです。
それは決して良いことではなく
マイノリティーだと生きていくのは大変です。
(そんな大げさな話だっけ?!)
一体いつからこんな面倒臭いニンゲンになってしまったのでしょう?

毎年この時期になると来年の手帳探しに苦労します。
気に入った手帳がないと言ってはノートに線を引くところから
手作りをしたり、中は気に入ったのに外はイヤ!と
手帳のカバーを作ったり…。
自分の趣味さえマジョリティならしなくても良い苦労をします。
eacaae.jpg
私にとって使いやすい手帳はこういうフォーマットのもの。
見開きに1週間7日分が等分に縦に仕切られているものです。
このフォーマットのことをバーティカルフォーマットと言うそうです。
でも手帳売り場で探すと圧倒的にバーソフォーマット
(見開き左ページに1週間・右ページがメモ)が多いのです。
そしてやっと見つけたバーティカルフォーマットでも
日曜日が小さくオマケみたいに付いているものだったり…。
土日も関係なく仕事をする身としては日曜日が小さいのは困ります。

私の理想の手帳としての欲を言えば
手帳以外のノートを持って打ち合わせに行きたくないので
バーティカルフォーマットで日曜日まで同じ大きさで
メモスペースとしてのページがかなりのページ数あること…なのです。

そんな手帳を求める人はきっと少ないのでしょうね…。
だってニーズがあれば商品が多くなるはずですもの。

でもね、今年は見つけたんです!かなり良い線いってるものを!
それで購入したのが上の写真のフォーマットの手帳です。
…でもやっぱり今年もカバーが無理!
どうしても許せるものが見つかりませんでした。
そこで今年はカバー無しのリフィルを買って来ました。
eaceae.jpg
来年度の手帳の表紙はこんな感じに仕上げました。
リフィルは背表紙がなかったので製本テープでカバーして
透明のブックカバーを購入。
そして3にゃんのお気に入りショットをプリントアウトして
表紙にぺたりと貼ってみました。

手作りが特別好きなわけではない私。
どちらかというと不器用ですしね…。
ただ納得のいく心地良いものと一緒にいたいだけなのです。
コレのここがちょっと気に入ってないのよねぇ〜…と
思いながら過ごすのがイヤなだけなのです。

そのそのスケジュール帳ごときでそこまで細かいこと
どうでも良いじゃない?と言うのがもしかしたらマジョリティーな
ご意見なのかもしれませんねぇ…。
…と、マイノリティーの苦労は細かく尽きないものなのです。
あぁ、面倒臭い。
riain.jpg
…ところで、私ははーちゃんの後ろ姿がかなり好きです。
ぽってりとしたお尻でいつもゴキゲンさんに尻尾を立てて
若干短めの足でポテポテ歩く姿が可愛いのです。
この可愛らしさに「萌え〜」なのはマジョリティだと信じています。

***