11月のお料理教室vol.2

zyaeyoyeyaeyyyae2-1.jpg
秋色のテーブルセッティング。
この季節の光とあいまってとっても好きな雰囲気の空間になりました。
本当に自然の光ってすごいなぁ…と思います。
zau2-3.jpg
Aubergines grillees,Figues au balsamique
avec creme de ricotta et tofu
焼き茄子とイチヂクのバルサミコソテー
リコッタチーズと豆腐のクリーム添え

秋は何が美味しいかしら…?と好きな素材を思い浮かべていたら
なすといちぢくがぱっと頭に浮かびました。
茄子は焼き茄子にしてアルガンオイルでさっとマリネにして
イチヂクはバルサミコソテーにします。
ヴィオレソレリスはフランス原産の黒イチヂクで日本のイチヂクに比べると
身が締まっていて濃厚な味わい。
バルサミコの様な濃い味の調味料にも負けないボディを持っています。
zau2-1.jpg
これに合わせて何かもう一つ欲しいな…と思い付いたのがこのクリーム。
リコッタチーズはヘルシーで美味しいチーズですがカッテージチーズ特有の
舌触りのざらつきが私の中では唯一の難点。
何とかならないもの…?と思っていたときに
ふと絹ごし豆腐と混ぜ合わせたらどうなるの?とさっそく試作。
色々な割合で試して、それぞれに美味しさや特徴があって面白かった中
今回はこんな風にしてみました。

殻付きヘーゼルナッツをローストしてちょっと歯応えを添えました。
ziyeycyay2-2.jpg
Gnocchi “Bois d’Automne”
chataigne et cepes
秋の森のニョッキ(栗のニョッキ・セップソース)

テレビ番組で栗を甘くする方法というのを見て以来
ずっと試してみたかったチルドで寝かせてからゆっくり蒸す。というのを
やってみたくて試してみました。
結果、今までのゆで栗はなんてもったいない事をしていたのでしょう?!
と思うくらい甘くなっていてびっくり!

そんな栗を使ってニョッキを作りました。
普通ニョッキは卵黄やパルメザンチーズ、生クリームなどを
生地に混ぜ込みますが、今回のニョッキは滋味深くシンプル。
動物性タンパク質を加えずに栗の風味を活かすレシピにしてみました。

セップで作るソースに生クリームを使うのでバランスを取ります。
贅沢にたっぷりのセップを使い作ったソースと栗のニョッキは
まさに森の贈り物!ナツメグの風味をほんのりと効かせました。
zyayyo2-2.jpg
Daurade poelee
etuvees de choux aux couteaux
真鯛のポワレ・マテ貝とキャベツのエチュベ

あの大きな鯛と格闘してなんとか切り身に出来ました。
教室の先生がこんなこと言っているのだから情けないですよねぇ。
精進します。
美味しい美味しい鯛でした。
皮目はカリッと、身はふんわりと火入れをして
ただそれだけでも御馳走になるくらい美味しい鯛です。
が!
今回はそれにマテ貝ちゃんまで付いてきます。
マテ貝を開かせた時に出たジュでキャベツを蒸し煮にします。
シンプルですが幸せな組み合わせの美味しい一皿になりました。
zyaeyuye1.jpg
Croustillante aux pommes
et glace au the oolong
りんごのクルスティヤン・ウーロン茶のアイスクリーム添え

ソテーしたりんごにアーモンドパウダー入りのクルスティヤンをたっぷり
ふりかけてオーブンで焼きます。
そしてウーロン茶の風味のさっぱりとした牛乳主体のアイスを添えて。

ウチのお教室は全てのお料理の作る工程をちゃんと見て頂きたいし
出来た料理は美味しいときにちゃんと召し上がって頂きたいと
全てを仕上げずに仕上げながら召し上がって頂くスタイルなので
話が盛り上がるとデザートにたどり着くのはもう夕方!なんて事も。
冬場は外が暗くなり、写真を撮るのが難しくなります。(笑)

ウーロン茶の爽やかな香りを楽しんでもらいたかったので
今回はりんごやクルスティヤンにスパイスは加えずシンプルにしました。
これが普通のバニラアイスならシナモンやナツメグなど加えても良いですね。
そんな組み合わせで足し算したり引き算したりするのは
楽しい作業のひとつです。
zyiyyoaoco2.jpg
今回合わせたワインはこちら。
ちょっと変則的ですが最初に赤を開けて一皿目を…
二皿目の時に白も開けて両方。
三皿目で少し温度の上がった白と言った感じで考えました。
皆さまいかがだったでしょうか?
再現しやすいメニューばかりだったと思うので是非試してみてくださいね。
zyuyiyeyeyayo1.jpg
秋の陽差しが差し込む部屋でポワドナップの影が
丸く床に落ちて可愛らしかったので記念撮影。
zyuyiyeyeyayo2.jpg
…実はこれ、ポワドナップじゃないんです。
このコの正しい使い途は「カーテンレール」。
日本でもフランスでもなかなかステキなポワドナップに出逢うことは
少ないので、いつも気にして見ているのですが
ある日、手芸屋さんで見つけたこのカーテンレール。
私には理想的なポワドナップにしか見えなくて(笑)即購入!
今回のテーブルにはピッタリだったので大満足です。

***