未練

本当に気に入るものに出逢ったら
それはそうあるチャンスではないので
私はあんまり値段を気にせず手に入れようと思います。

…と言うのも滅多なことでは本当に気に入るモノには出逢えないから。

だから気に入ってしまえば逆に他人様から見ればガラクタなようなものでも
私は美術館に収蔵されている宝物のように大切に大切に扱います。

ステキなモノ、ちょっと欲しいモノはこの世に沢山あります。
でもそれは私には似合わないけどステキ…とか
この値段なら要らない…とか色々言い訳付ければ諦められるモノ。

実は今回行ったパリで買わずに諦めたのに頭から離れないコがいます。
色々条件が難しすぎて諦めたのですが
「記念に…」なんて写真を撮っちゃったもんだから忘れられなくて…。(笑)
iaai2.jpg
それはこれ。
ブロカントで見つけたリモージュのアンティーク。
多分HAVILANDじゃないかと思います。
お皿をサイズ違いで6枚ずつだったら全種類頑張って買っちゃう?とまで
思ったのですが、お店のおじさん、全セットじゃないと売る気ない!と頑な。

そりゃ、そうですよねぇ。
これだけのセットがこの数で揃っていること自体がすでに価値があります。
それをバラバラにするなんてもったいないです。
ましてや地震の活動期に入ったニッポンに持ち帰るなんてやっぱりダメよ!
と「駄目な理由」を山ほど思い付き、値段も聞かずに諦めたのです。
iycyayo.jpg
でも、写真を見れば見るほど残念で、全種類でも買っちゃえば良かった。
あれは私の「一生モノ」だったのかもしれない!なんて思ったりしています。
はぁ、残念。

私には「いつかオトナになったら買おう。」「最後はこれ」
と思っている食器がいくつかあります。
それはブランドの定番なので急がなくても良い…と思っているうちに
まあいい加減随分なオトナになってしまいました。
そろそろそう言ったモノ達との付き合いに着手しないと
私と私が憧れ続けたものとの時間がどんどん短くなっていく!!と
最近気付き、小さく焦りはじめています。(笑)
u.jpg
同じブロカントで見つけたちょっと気に入ったウサギさん。
…この全体に肉の余った感じに親近感が…。

***