瓶ものチャリティ第二弾・最終報告

本当はクリスマスには振り込みを終わらせたかったのに
自分がうっかり風邪を引いてしまったり
仕事が長引いてしまったり…で振り込みが遅くなってしまいました。
前回の中間報告以降、集まった栗の渋皮煮&コンフィチュールの
全売上金が揃ったので振り込みをしてきました。
eoaiyayayeyaeyethss.jpg
今まではペイパルで振り込んでいたのですが
今回からは銀行振り込みにすることにしたので振込先が
個人のお名前になっていますが、この「ホシ ヒロシ」さんが
私がフェイスブックで見つけた福島原発20km圏内の動物たちを
救うために、今も危険を承知で助けに言ってくださっている方です。

今回振り込み分は栗の渋皮煮14本、コンフィチュール10本
そしてお気持ちとしていただいた金額を合わせて合計32,100円から
振り込み手数料を引いた31,680円となりました。
前回分と合計すると瓶ものチャリティ第二弾は93,100円の売り上げです。
本日全額寄付出来たことをこちらにご報告させていただきます。

この寒さの中、飢えと渇きと闘いながら今も福島で生き抜いてくれている
動物たちがいます。
生き物の温もりや、優しさ。
何よりまっすぐに信じて、まっすぐに愛してくれるあの瞳を
知っている人なら想像してみて欲しいです。
訳もわからず突然、うち捨てられる戸惑いや絶望を…。
そしてその後現実に待ち構えていた厳しい飢えと渇きとの闘いを。

私は色々なことに絶望しています。
国や政府の言うことを信じた先の5年後10年後の日本を考えるとき
希望らしい希望が何も見えないからとても不安に思います。

でもだからこそ出来ることをしなくてはいけない、と強く思います。
私に出来る事なんて小さな事過ぎるけれど負け戦だと諦める前に
納得の出来ないことに対してのResistanceは必要です。

…なんのために…?
自分の人生を自分自身で否定しないで済むように。
そして愛すべき存在を守るために。
_mg_0008.jpg
瓶ものチャリティ第三弾も時間を見つけてまた作ります。
その際はまたご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。

また最後になりましたが今回の第二弾、お買い上げくださった皆さま
栗を提供してくださったMちゃん&Mちゃんパパ。
本当にどうもありがとうございました。

***