お酒と肴

お教室のお料理は洋食のメニュー構成にしていますが
日々の生活では和食も好きです。
そして日々ワイングラスを傾けている…と思われがちですが
日々の晩酌は日本酒の方が多い私です。
ぐい飲みにしては大きめ…くらいのグラスに1杯。
これが私の日々の酒量です。(カワイイものでしょ?)
_mg_0002_e.jpg
このお酒はお教室のKちゃんが出産のためにお休みに入るので…と
先日のお教室の時にわざわざ持ってきてくださいました。
ただでさえもうお腹が重いでしょうに,本当にありがとうございます。

天の原は千葉の久留里にある造り酒屋さんです。
何度か海の帰りに私も行ったことがあるのですが
Kちゃんのご実家のすぐ近くだそうです。
クセがなくて飲みやすいお酒なのでお気に入りです。
_mg_0024_a.jpg
美味しいお酒は美味しい肴と一緒が良いなぁ…と思ったら
こんなつぶらな瞳のカワイコちゃんを築地の仲卸さんのところで発見。
唐揚げにしたり一夜干しにしたりすると美味しいよ。と
教えていただいたので早速チャレンジ。
_mg_0068_a.jpg
せっかくの新鮮な日本のししゃもをカラカラにしてしまうのは
忍びないので本当に軽く水分を抜く程度に干してみました。
ふっくらと焼き上がり美味しかったぁ。
ししゃもは「柳葉魚」って書くんですよね。
ザルの上に並べながら「本当だ…。柳の葉みたい!」と思いました。
_mg_0076_a.jpg
それから色々な部位をほんの少しづつ…
このマグロはボストンの本マグロです。
「ちょっと筋っぽいところなんだけどね。」
とおっしゃっておすそ分けしてくださったもの。
ボストンでも筋が多くてもやっぱり別格のおいしさ。
そして何よりこうして色々な部位を少しづつ家で食べられるのは贅沢です。
_mg_0077_a.jpg
そして天然物のクレソンで作った野菜の和え物で肴は出来上がり!
(和え物の後ろにいるのは鯖です。これは私の仕事の試作品。)

築地に通うようになってから以前よりお魚を食べる機会が増えました。
もっと色々魚のことがわかるようになりたいなぁ…と思います。

お酒をちびちび頂きながら肴を眺め
ふと昔働いていたレストランのシェフに
「この仕事をしている限り、大金持ちにはなれないけど
一生旨いものを食うことはできるぞ。」と言われたことを思い出します。

シェフ、本当ですねぇ。
私ちっともお金持ちにはなれていませんが(苦笑)
分不相応に美味しいものには恵まれている気がします。
有り難いことです。

Kちゃん、美味しいお酒をありがとう。
出産を無事終わらせ落ち着いたらまた写真を送ってね。
楽しみにしています。
_mg_0036_b.jpg
かんな達にはおすそわけが来なくて切ないにゃ。

…はい。獣医さんから食べ過ぎ注意勧告を頂きましたから
おすそ分けはございません。

***