海にうかぶオスモウさん

_mg_0006_b.jpg
お教室の生徒のNさんが「先生、これ!」とくださいました。
あれ?なんか妙に懐かしいような、デジャヴな感じ…。
_mg_0009_a.jpg
パッケージを開けて中を見るとブルーの薄紙が詰まっています。
これ知ってる!!!これ海!
じゃあ中身は…アレ?
_mg_0012_b.jpg
うそー!!ふたつも入っている!!!
「海にうかぶオスモウさん」です。

…ここまでで意味がわかる人は相当なマニアです。
(笑・何マニア???)
_mg_0004_c.jpg
Nさんのプレゼントはこのページと全く一緒。
だから私にはデジャヴだったのです。
ここまで一緒にしてくださったNさんのおちゃめな優しさに
嬉しくて感動してちょっとこのチョコレートは食べられません。

このチョコレートは国技館に行かないと手に入らないレアもの。
Nさんのご主人が枡席のおみやげに持って帰っていらしたものを
おすそわけでこんなかたちにしてくださいました。
_mg_0017_b.jpg
あのページはこの本の中にあります。
この本はもう10年くらい前にLCMとして作った本です。

女の子がお料理上手になりたいのは可愛くもしたたかな下心あってのこと。
この本を教科書にどこかの女の子の恋が成就してくれたら…なんて
願いを込めて(?)スタッフ全員で盛り上がりながら作った本。

そのバレンタイン編のページに登場するこのオスモウさんは
たまたまスタッフの身内にお相撲を見に行った人がいて
「これ、おもしろくない?」と急遽撮影することになったチョコです。

この本を「大好き」と言ってくださっていたNさんのところに
お相撲チョコが来てくれたおかげで私も久しぶりにオスモウさんと再会です。
感激ひとしお。

久しぶりにlovers’ cookbookのページをめくりました。
あの頃のことが懐かしくよみがえります。
…あれからそれぞれの人生に色んな出来事がありました。
近況を知っている人もいれば、随分ご無沙汰な人もいます。

この本を作った後に編集のYさんが
「ラバーズその後…」ってのを10年後にまた同じスタッフで集まって作ったら
おもしろそうですねぇ。と言っていたのをふと思い出しました。

いやいやYさん。
その本は恐ろしすぎて出版できないと思います。(笑)

***