野の花

090628999_s.jpg
今年に入ってから別に例年に較べて特に忙しかったわけではないのですが
何故か土・日に仕事をすることが多くて遠出をあまりしていませんでした。
気持ちの良い場所にたまには出かけたい!と大好きなとっておきの場所へ。
090628999_38_s.jpg
ここは野生の日本すずらんの群生地で急な斜面一面にすずらんが自生しています。
すでにすずらんの季節は終わりかけていて、ただでさえ葉の下でひっそりと咲く
日本すずらんは花を見つけるのが大変なのに、更に花探しは苦労しました。
でも丘を吹き抜けるそよ風は紛れもないすずらんの香り!
小さくても可憐に咲いた花たちの生命力にはいつもながら感動します。
090628999_34_s.jpg
こちらはシロバナヘビイチゴ。日本のワイルドストロベリーです。
あちこちにこの白い花を見つけて大興奮の私。
いつか可愛いかごを持って摘みに来て何か作りたい!!と思いますが
いけないんですよね。山の草花を勝手に摘んだり、掘り返しちゃ。
090628999_32_s.jpg
鮮やかなピンク色のクリンソウ。
090628999_21_s.jpg
園芸種のような派手さはないけれど私はこちらの方がずっと好きです。
ヤマオダマキ。
090628999_10_s.jpg
ワスレナグサの原種。
090628999_19_s.jpg
アヤメ。
090628999_1_s.jpg
少し山を下ってゆくとノイバラも咲いています。
ノイバラは小さな花だけど花びらがきれいなハート型で大好き。

ここは冬には山小屋も閉じでしまうため、道路も閉鎖されてしまうような厳しい場所です。
地元の人たちがこの美しい自然を守るために努力をしていらっしゃることは勿論ですが
こんな厳しい場所で誰に見せるためでもなく咲き誇る野の花たちの姿に出会うと
自然の力に感謝してしまいます。大切にしたいと心から思います。
090628999_45_s.jpg
行きに立ち寄った道の駅では子育て奮闘中の燕が空と巣の往復に忙しそう。
それにしてもきれいな羽だなぁ…。
燕の巣はいつ上からフンが落ちてくるかわからないから長く眺めるのは
キケンを伴うけど(笑)ずっと見ていても飽きません。

***