Archive for 5月, 2017

好きなモノだらけ(5月のひよこクラス)

ひよこクラスのメニューは大抵ひよこさん達からのリクエストで
お料理教室の過去の写真や私の著書の中のもの、
又はこんなモノ作ってみたい!等の意見で翌月のメニューが決まります。
yaeyoyeaai29175oe.jpg
5月のひよこクラスのテーブルはこんな感じにしました。
お菓子教室で使った紙ナプキンはちょっとお料理と合わなかったので
こちらは以前バスク地方に行ったときに買った物。
o120175oe.jpg
芍薬もバラもハラハラと散り始めたのですが
その姿もこの月のメニューには悪くないスタイリングになりそう
と思ってクロスに勝手に落ちる花びらはそのままにしました。
ooe.jpg
こういう散り際の美しさ、大好きです。
そしてこれって演出して自分で花びらを下にセッティングしても
絶対に上手く出来ないんですよねぇ。
時々微かに「パサリ」と音を立ててクロスに落ちる花びらを見ては
うっとりとため息が出てしまいます。
iaiyaai.jpg
5月のメニューはちょっとマグレブなメニューになりました。
マグレブはモロッコ・チュニジア・アルジェリア・リビアなど
北アフリカ諸国の総称です。
マグレブ料理と言うとこの辺りのお料理のことを指します。

私はこの地方のお料理が大好きです。
フランスで暮らしていた頃仲良くなったモロッコ人やチュニジア人に
作り方を教えてもらったり、本を買ったりして随分勉強(?)したものです。
今回はその中からタブレとブリックをご紹介。
yyoyi.jpg
タブレはフランスで生活していた頃の思い出の味。
初夏に週末の家の庭で過ごす時に良く作ってもらった
お気に入りのメニューでした。
庭には雑草化したミントやパセリなどがわさわさと茂っていたので
それを利用して作るとなんとも青々とした風味で
自分が虫になった様な気分になったものです。
入れる野菜や合わせるソースは好き好きですが
私はこの思い出もかなり影響してると思いますが
やっぱりオーソドックスな組み合わせが一番好きです。
そして私の好みはクスクスを柔らかくしすぎないこと。
yoyeyay.jpg
タブレと一緒に食べるのがお気に入りのブリック。
パートブリックという春巻きの皮を薄くしたような皮で
フィリングを包んであげ焼きにします。

チュニジアの本場のブリックは挽肉と共に卵が入っていて
熱々を食べるととろ〜りと半熟の卵黄が流れ出る
食べにくいけど、美味し〜〜い郷土料理。
でも今回は卵は入れずに挽肉だけを小さく包んで
つまみやすく作りました。

使う挽肉は何でも美味しく出来ます。
でもマグレブ諸国はイスラム圏。
私はイスラム教徒でもないし、ここは日本なのだから
本当に何でも良いって思いながらもなんとな〜〜く
合い挽き肉や豚挽きは避けてしまう自分がいます。(笑)
今回は牛挽肉で作りました。

かなりの数が出来上がるのでひよこクラス総出で包んでもらいました。
皆さん、「出来な〜い!」と仰るもののやってみると上手なのです。
お料理デビュタントだから「ひよこ」と銘々(生徒さん達が銘々)した
ひよこクラスですが、どうしてなかなか。
皆さん仰る以上にお料理上手です。

庭の葡萄の葉を下に敷いて出来たてを大皿に盛り付けました。
iaiyae.jpg
こういうお料理は大皿に盛り付けて各自取り分けてもらった方が
しっくり来るような気がします。
iithaioe.jpg
そしてデザートは楊枝甘露。
マグレブからアジアにひとっ飛び。

まったりとしたココナッツミルクとマンゴーのソースに
タピオカとポメロを組み合わせるそれだけでも美味しい楊枝甘露ですが
私はここにココナッツライムのソルベを添えるのが好きです。
ソルベまで作るのはちょっと一手間ではあるのですが
これがあるのとないのとでは大違い!!と私は力説。
お教室では私の好みを押し売りです。(笑)

まぁ、毎月そうなのですが5月のひよこは私の大好物だらけ。
思い入れもひとしおなメニューだったので、リクエストしてもらって
ご紹介できて嬉しかったです。
気に入ってもらえてたら嬉しいな。

フォレノワール好き(5月のお菓子教室)

急ピッチ…でもないけど、一生懸命ブログアップに励んでいます。
私のブログをアップできない敗因はどうも写真の撮りすぎに
あるような気がします。
iPhoneにしてから写真が気軽に撮れちゃうので枚数が多く
これをセレクトするのが大変になっちゃったのです。
便利になった筈なのに大変になっちゃう私は時代に乗り遅れた
おばさんですね。やれやれ。
yaeyoyeaai20175uo.jpg
5月のお菓子教室のテーブルです。
今回はちょっと可愛らしいトーンでまとめてみました。
o20175uo.jpg
この季節になると一度は芍薬を活けたくなりますね。
いろんな色がありますがどの色にもそれぞれの魅力があって
毎回選ぶときに時間がかかります。
aeyeyoyyo20175uo.jpg
もう何年も前にParisで買った紙ナプキン、やっと出番です。
自分で選んでいるのだからお気に入りではあるのですが
一度に沢山買ってしまうと、ちょっと流行じゃなくなってしまったり
自分の気分が変わったりすると、なかなか出番が来なくなり
ストックルームの箱の中になが〜く滞在しちゃうナプキンが出てきます。
このナプキンもそんな中の一つでしたが
やっと出番が来て良かった、良かった。
yoyyiyiyiyeyiyeyuye.jpg
5月の自由クラスのお菓子は「ルーロ フォレノワール」
フォレノワールはショコラのジェノワーズに生クリームと
サクランボの組み合わせの伝統菓子です。
私はこの組み合わせがどうやらかなり好きみたいで
数年ごとに急に食べたくなります。

今年の自分の気分に合ったフォレノワールを作ってみました。
まずビスキュイショコラはたっぷりのフィリングを巻きやすい様に
薄力粉だけでなくコーンスターチをブレンド。
でもココアのコクはしっかり感じられるようにココアの量は多めです。
そしてバターではなくサラダオイルとぬるま湯でこちらも生地が
固くなるのを防ぐようにしてみました。

ルーロの中身はアメリカンチェリーの赤ワインコンポートと
シナモン風味の軽めのムースショコラを中心に
ホイップクリームも巻き込みました。
本家のフォレノワールにはムースショコラは入りません。
でもチョコレート感をもう少し感じたくてプラスしたのですが
ここでムースが勝ち過ぎるとそれはそれで違う気がするのです。
ホイップクリームの分量とムースのバランスが程よい感じに
なると良いなぁ…。とあれこれやっていたら
随分とおデブなロールケーキになってしまいました。
yoyyiyiyiyeyiyeyyaye.jpg
カットするとこんな感じ。
かなり食べ応えのある大きさになるのですが
全体に軽めの素材の組み合わせなので案外食べられてしまいます。
写真だと見えにくいのですがもちろんたっぷりのアメリカンチェリーを
巻き込んであります。
ロールの表面にも生クリームをナッペしてグラサージュでざっとパイピング。

難しいお菓子ではありませんが、それでもパーツが多いので
工程はそれなりにかかってしまいます。
eaa20175i.jpg
合わせた紅茶はこちら。
久しぶりにルピシアに行ったときに試飲させてもらって
気に入った紅茶です。
お教室ではホットでお出ししましたが、水出しでも美味しい
夏にキリッとキレの良い紅茶でした。
yuyyeyoyui.jpg
サクランボの季節のお約束。
私はサクランボの種を集めています。
抜いた種を洗って乾かして作りたいモノがあるのです。
何になるかは出来上がったときにブログにアップしますねー。
(ホントかな???)
写真はオーブンの熱が当たるところでサクランボの種を
乾燥させているところです。
dhaayyeyyiyyoye.jpg
基礎クラスのカリキュラムはパウンドケーキ。
数年前にプレーンのパウンドのレシピを全量同割りの
カトルカールにしました。
カトルカールはお菓子の基本中の基本。
それだけに簡単なようで難しいお菓子です。
毎回カトルカールを作るときはちょっと緊張します。

アレンジのお菓子はキャラメルパウンド。
こちらはお菓子教室を始めた当初からあまりレシピをいぢっていません。
キャラメル味のお菓子、やっぱり私は相当好きなんだなぁ〜と
最近よく思います。
yyiaaoiyiye.jpg
お教室の時にお庭のバラをお裾分けで頂きました。
つるバラでお花が重たいからどんな風に活けても
下を向いてしまって難しい!!と思ったのですが
それがこのコの魅力でもあって、とっても素敵。
眺めているうちに無理に形を作るより向きたい方を向いている
この風情が好きになってきました。
yyiaaoiyiyeyaeyyyae.jpg
…でもね、せっかくの美人さんがお顔を隠してて勿体ない!と
下のアングルからも写真を撮ったり
棚の上に花瓶を置いてみたり、色々な場所で楽しみました。
何よりもこのバラ、すご〜く優しく良い香りだったのです。

お花を上手に育てられるヒトは無条件に尊敬です。
Eちゃん、どうもありがとうございました。
iyyoy.jpg
たまには猫画像。
はこもかんなもおかげさまで元気です。
oe.jpg
追記:
yoyyiyiyiyeyyyayo.jpg
ロールケーキを仕上げるとき、端っこは切り落とします。
お教室で切り落としたロールケーキの端っこに
アメリカンチェリーのコンポートとホイップクリームをプラスして
スコップケーキを作りました。
お教室の数日後の私の嬉しいおやつがこちら♪
遊びに来てくれた友人とのティータイムです。
皿に盛り付けてから柔らかいホイップクリームをかけて出来上がり。
こういうオマケは作ったヒトのご褒美ですね。

やっと来た私の松本ブーム…??(5月の息抜き)

eceioo.jpg
どちらかというと引きこもり。
猫たちは私が家にいるのが当たり前だと思っているようです。
そんな私がいそいそと旅支度を始めるとこの不満顔。
スーツケースの中に自ら収まり「私も連れて行くか、その旅やめなさい。」
と抗議されます。
ニンゲンにはクールでいられても、猫にはすこぶる弱いワタクシ。
この姿を見る度に心が痛みます。
euo.jpg
でも行くんですけどね。(笑)
5月の半ばに松本に行ってきました。
目的は東京から松本に移住した方に会うために。
GWとクラフトフェアの期間中は激混みな上にご自身も
忙しくしている、とおっしゃっていたのでそこを避けて…。
松本駅に着いた途端、空気が清々しくて気持ち良かったです。

去年の秋に次いで人生二度目の松本です。
前回の松本は温泉の帰りにちらりと寄り松本城に行ったり
旧開智学校に行ったり…とベタな観光をしましたが
今回は地元にお住まいの方に色々連れて行ってもらえて
松本のまた違う魅力を満喫できました。
yuyaeye.jpg
ホテルは前回と同じ、お教室の生徒さんで松本出身の方が
勧めてくださったホテル花月。
民芸の家具でいかにも松本らしい雰囲気がお気に入り。

到着した初日は松本市内のイマドキのお店をぶらぶらとお散歩がてら
巡ってきました。
全く写真を撮ってないのですが、松本には暮らしに根付いた
素敵なお店が沢山あってココで暮らすのって確かに良いかも…。と
移住した方のお話を直に聞きながらしみじみと思いました。

実はこの方と私、この日が初対面!
お互いの共通の友人からの紹介だったのですが
初対面でいきなり私の一泊二日の松本滞在を案内してくださることに。

「ここがかの有名な○○ですよー。」
「このお店が××でね。」とおしゃれ雑誌を熟読してれば
お馴染みのお店をあちこち連れて行ってもらっても
私が知っているのはその中のほんの数軒…。
でもだから逆に新鮮ですご〜〜〜く楽しめました。(ポジティブ!)

その時から今も悩んでいる欲しいものがあって
でも数を揃えるとなるとちょっと清水ダイブな気がして未だ決心の付かない
井藤昌志さんのトレイ…。
もしもまた巡り会えたらその時は運命!と覚悟を決めます。(笑)
yoyoyayey.jpg
翌日はこんな可愛いヒンメリが揺れる可愛い車がお迎えに来てくれて
松本郊外をあちこち連れて行ってくれました。
このヒンメリカーの持ち主さんとももちろん今回が初対面!
このヒンメリ、彼女の手作りなんです。
たまに松本のショップやフェアで展示販売もなさるそうでが
ご本人のホームページなどはないのでご案内や告知のインフォメーションは
特にご自身ではしてなくて、行き当たりばったり!だそうです。
この告知のニガテな感じ…。妙に親近感♪→ダメ!!
yoyoyeyoiea.jpg
車がないと行きにくい場所にもヤナセさんの好きそうなところが
あるから…と友人に声をかけてくださり3人で向かったのは市場。

朝採れの野菜や手作りのおかず、野菜や植物の種や苗!!!
「はい、もう大好きです!!!!」と大興奮!
写真のベビーリーフのポット、ひとつ100円とかだったかな?
きれいなぴっかぴかのレタスがだって180円とか…。
お二人とも東京での生活をご存じなだけにこの安さだけでなく
おいしさを力説してくれます。

宅急便で送ってくれますよ!と言われたのでたっぷりの新鮮な
お野菜を買いました。
ベビーリーフのポットはすごく心惹かれたのですが
我が家の庭環境では良い感じには育たない…と断念。
この市場を見てると私もすぐに引っ越したくなりました。
i.jpg
そしてとっても素敵なお蕎麦屋さんでランチ。

若い方が古民家をおしゃれに設えたとても雰囲気の良いお店でした。
そして美味しかったです。
前の晩の夜ご飯はビオのワインを揃えたビストロだったのですが
どちらのお店もちゃんと洗練されててちゃんと美味しくて楽しめました。
aeeaiyya.jpg
食後に「日本一のお豆腐屋さん」に連れて行ってもらいました。
全国の豆腐の品評会で金賞を受賞したお豆腐屋さんで
そこのお豆腐が美味しいのはもちろん、揚げたてのコロッケは最高!
との言葉に「そこも行くっ!!」とヒンメリカーでGO!

…拍子抜けするほどファンシーなお店の雰囲気にちょっと驚く
富成伍郎商店。
お菓子屋さんと見紛う赤い看板とテントにちょっと怯みましたが
ここでも色々購入。
コロッケが揚がるのを待ちながら豆乳入りのクリームが詰まった
シューをぱくり。
オーダーしてからクリームを絞ってくれるので
軽くて柔らかめの生地のシュー生地はサクサク。
クリームも軽めで美味しかったです。
aiae.jpg
そしてこのお豆腐屋さんの向かいは休耕地なのか
一面に背の高い草の茂った原っぱです。
写真では見えないのですがシューをほおばりながら
目に優しいグリーンを眺めていると一部が青く見えました。
…!!これはもしや???私の好きなお花が咲いているんじゃない???

「ねぇ、あの原っぱ、入って良いのかな?」と私。
「さぁ〜。入っても良いかもしれないけど肥だめとかあるかもよ?」と
「隅っこ歩けば大丈夫かな?」としつこく私。
「お願いだから気をつけてくださいね。」と若い二人に心配されつつ…
ythyyiyayeeidhoadh.jpg
「きゃ〜〜〜〜ぁぁぁぁ!!! 」と私。
「ま、まだむぅぅぅ!!」とお二人が心配して後を追ってきてくれましたが
私は別に肥だめに落ちたわけでも、転んだわけでもありません。
原っぱの端っこの細い径を進んでこの景色を見つけたのです。
マーガレットの上は矢車草です。しかもブルー!!!
idhoadh.jpg
径から矢車草の咲いている所まではかなり急な斜面で
ここに入っていくのは大変な上に入って良い場所かも解らなかったので
下から写真を撮るだけで断念。
うわ〜!!お花摘みしたい!!抱えきれないくらいの矢車草摘みたい!
そのくらい沢山のお花が咲いていました。
あれは雑草??それとも育てているの??
あちこちの原っぱで他の草に混じって矢車草が群生していました。

河原に茂っている草にも、車で走っている道路の脇の花にも
いちいち興奮してる私を見て、お二人とも移住したばかりの頃は
そうだったけど今や日常となった景色の豊かさを再確認しているようでした。
いや、本当に羨ましいかぎりです。
ieuidhoadh.jpg
帰り際、道路脇にこぼれ種で咲いていた矢車草を一本だけ摘んで
私の代わりに活けて楽しみますね。とおっしゃってくれたヒト。
素敵な女性でした。

今回松本で出逢った女性はみなとても素敵な方達でした。
私は東京生まれ東京育ちで東京以外の場所での生活って
国内ではうまく想像が付かないけれど、こんな風にしなやかに
暮らしている人たちがいるんだなぁ…と新鮮でした。
uceiyoye.jpg
たっぷり遊んでもらって帰りのあずさではビールをぷしゅ!
uceiaeu.jpg
そして電車に乗った途端に降り始めた雨が上がった空には
二重にかかる虹を見ました。
なんか良いことありそうだなぁ…。なんて思いながら東京へ。
caaaeiiu.jpg
翌日宅急便が届きました。
ycyyiyeinyiyeyayuyo.jpg
早速作ったアスパラと卵黄パルメザン。
eyyiyay.jpg
お豆腐コロッケと買ってきたレタスでサラダ。
iaaau.jpg
お豆腐と曲がったキュウリで塩奴。

東京からとっても行きやすい松本。
まだまだ魅力的なところが沢山ありそうです。
遅ればせながら私にもやっと来たっぽい松本ブーム(笑)
素敵な人たちともご縁が繋がったのでまた是非訪れたいと思いました。

5月のお料理教室

5月のお料理教室の備忘録です。
yaeyoyeaai20175iaiy.jpg
テーブルクロスは久しぶりにこちらを使いました。
Parisの布屋さんで買ってきた生地の両端にグレーのリネンで
アクセントを付けて作ったクロス。
このクロスを敷くとちょっとクラシカルな雰囲気になる気がします。
o20175iaiy.jpg
クロスが重めなのでお花は白とグリーンで爽やかにしてみました。
euoiyiy.jpg
バターケースの下に敷いたレースは友人の手作り。
ちょっと前に東京から四国に引っ越してしまったのですが
先日東京に来たときにわざわざ持ってきてくれました。
こんな素敵なモノを手作りできちゃう才能、羨ましいです。
yyayaeyyoy20175iaiy.jpg
セッティングはこんな感じ。
そう、ラギオールのクトーがセッティングされていると言うことは
メインは肉!!です。
クラシカルなクロスに合わせて、久しぶりにシルバーのナプキンリングも
磨いて合わせてみました。
yoyeyina.jpg
Beignets d’asperges et aux crevettes
salad aux aignons nouveaux
avec jaune d’oeuf au parmesan
アスパラと海老のベニエ・新玉ねぎのサラダと
卵黄パルメザン

旬のアスパラや新玉ねぎを満喫できる一皿を作りたくて考えました。
アスパラはちょっと贅沢にホワイトとグリーンの2種類を使います。
海老とアスパラはさっくりと揚がるようにビールとコーンスターチを
加えた卵白ベースの衣でさっとベニエ。
新玉ねぎと薄くスライスしたフレッシュのグリーンアスパラのサラダを
下に敷きます。

そして今回の味の決め手は卵黄パルメザン。
あるときふと思いついてやってみたらこれが美味しいのです。
簡単なのでみんなにも知ってもらいたくてこの度ご紹介。
卵黄の味噌漬けや醤油漬けみたいにパルメザンチーズの中に卵黄を
漬け込んでおけば出来上がっちゃうのですが、卵黄がトロリとして
そしてちゃんとパルメザンチーズの香りが付いて良いソースに。
私、時々良いこと思い付いちゃうのよね〜!と自画自賛。
yoyeyin.jpg
さっくりと歯ごたえが残るようにしたベニエと
しゃきしゃきの新玉ねぎとアスパラのサラダを
卵黄のソースに絡めて召し上がっていただきました。
uyiyaey.jpg
Poussins rotis farci au couscous et
ses pommes de terre
クスクスを詰めたひな鳥のロティとジャガイモ

フランス産の冷凍ひな鳥はネットでも最近は手軽に手に入ります。
一羽500g前後の本当に小さなサイズなので頑張れば一人一羽
食べられちゃうサイズ。
今回は前菜もあるし、お腹に結構ボリュームのあるクスクスを詰めるので
お一人様1/2羽でお出ししました。

ローストチキンを焼くときのひものかけ方や捌き方とひな鳥も
基本的には同じなのでここで小さなサイズでしっかり覚えていただけたら
クリスマスや人数が集まるパーティーの時も便利ですね。
丸鶏がきれいに捌けたら、なんかちょっと格好良くないですか?

ひな鳥は脂が少ないのでさっぱりといただくことが出来ますが
ぱさつくとちょっと寂しい印象になってしまうので
オレンジとハーブで香りを付けたバターとオリーブオイルを混ぜ合わせたものを
皮と身の間にたっぷり塗り込みます。

お腹には生ハム・ナッツにほのかにクミンやフェンネルを香らせたクスクスを
たっぷり付けてオーブンへ。
uyyoyo.jpg
下に敷いたジャガイモが肉汁をたっぷり浴びて美味しくロースト。
簡単なのに見栄えの良い一皿になります。
この「簡単で見栄えが良い」というのが私は大好きです。(笑)
yeyyeyeiyiyiyiyc.jpg
Bavarois au yaourt abec fruits au miel
フルーツのはちみつマリネとヨーグルトのババロア

揚げ物と丸鶏…ちょっとボリューミーなメニューだったので
デザートはさっぱりと仕上げたくてヨーグルトのババロアにしました。
ヨーグルトのババロアもフルーツのマリネも甘みは蜂蜜で付けました。

その昔の大昔、はちみつのお菓子の本を出版したことがあるくらい
私ははちみつ好き。常に数種類の蜂蜜を常備しています。
蜂蜜は蜂が採取してくれる花の種類によって驚くほど味も色も風味も
変わってきて本当に面白いですね。
蜂蜜について語りはじめると私の蜂さん賛美が止まらなくなってしまうので
それはまた別の機会に…。

そう、蜂蜜好きだからね、それを知っている友人たちは
旅行に行くとあちこちの蜂蜜をお土産にしてくれます。
そんなわけで日本の津々浦々、世界の蜂蜜、色々持っているのです。
今回はその中からチュニジアのオレンジの花の蜂蜜をセレクト。

ほんのりとオレンジフワラーウォーターの様な香りのする
優しい蜂蜜です。
まったりと濃厚な舌触りだけどさっぱりとしたヨーグルトのババロアに
フルーツマリネを添えて頂きます。
yyeyyayeyyeye.jpg
この蜂蜜のババロアは水抜きヨーグルトで十分美味しく作れるのですが
お教室の食材を買い出しに行ったスーパーで見たことのないパッケージの
ギリシャヨーグルトを発見!
知らない可愛いパッケージを見ると買わずにはいられない病気(?)の私は
1kgのパッケージもひるまずもちろん早速購入ですよ。

そして今回はこちらのギリシャヨーグルトを使って作りました。
こちらのギリシャヨーグルト、美味しかったです。
私はその後もリピートしています。
でもね、お値段がちょっと立派なのが玉に瑕。
yiyyo20175.jpg
合わせたワインはこちらの2本。
どちらのエチケットも可愛らしいですね。

白ワインはスペイン産ですが、冷涼なエリアで作られているので
爽やかなワインでした。
さっぱりとしていながら軽すぎず、ベニエの油や卵黄パルメザンとの
相性も良く、良いマリアージュだったと思います。

赤ワインは大好きな作り手さんのワイン。
うちの教室ではこちらのワインの登場回数は比較的多めです。
エチケットもワインのネーミングも全て好き!
鶏肉に対して重すぎず、そしてほのかに加えたハーブやスパイスに負けず
バランス良くお料理とまとまったと思います。

5月のお教室メニューはこれから初夏に向かって似合うお料理を
目指して考えたのですが、どうだったでしょうか?
ひな鳥はファルスの構成をちょっと変えたら秋冬にも活躍しそうですね。
秋には栗など入れても良いですねぇ。

次のページ »