Archive for 7月, 2016

横浜元町でのstaub講習会

こちらもすっかり事後報告です。
横浜元町商店街にツヴィリングJ.Aヘンケルス・横浜元町店
出来て早1年くらいは経つでしょうか?
こちらの2階にあるクッキングスタジオで7月30日に
ストウブ公式レシピ本イベントの1つとしてデモンストレーション式の
お料理教室をやらせて頂きました。
yayyyeyoyu.jpg
…今にして思えばもっともっと写真を撮っておけば良かった!
会場の写真はこの1枚しかありません。
ここはいらしてくださった皆さまが試食をするテーブルです。
反対側にそれはそれは素敵なオープンキッチンがあって
そこを囲んでみなさんにデモンストレーションを見てもらえるのです。

アミューズからデセールまでの全4皿のお料理を紹介しました。
自宅の教室とは全く違う雰囲気でのデモは緊張しますが
とても楽しいひとときでもありました。

本当に本当に今更ですが、いらしてくださった皆さま
ツヴィリングのスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。
uaiae.jpg
こちらでのイベントが決まってから事前に数回
打ち合わせなどで横浜まで行きました。
行く度に横浜ニューグランドでナポリタンを食べたり
中華街でネギそば&かき氷をしたり
元町商店街を端から端までお散歩してから
大木でコーンビーフを買ったり…と滅多に行かない横浜を
満喫してました。
uaic.jpg
元町は素敵な商店街だけど、一歩道をはずれると
とてものどかな風景が広がっていて、風は緑の香りを運んでくるし
まだまだ暑い夏の陽差しの中、とても癒されました。

写真は外人墓地の横の道。夕方になり少しだけ風が出たので
猫さん達が夕涼みをしていました。
yyeyyoeuiaaaein.jpg
そうそう、ストウブと言えば、こちらの本も翻訳されました!
ストウブでつめたいお菓子」の台湾版です。
先に翻訳された温かいお菓子共々日本の表紙とは全く違うところが
お国柄が出ているのかな?おもしろいです。
aaeinecyyeyyo.jpg
どちらも台湾の方達に可愛がってもらえたら嬉しいです。

それからもう何度も言っているのでいつも読んでくださっている方は
「あー、はいはい!」って感じだと思いますが…。
次回、もしもイベントがあるときは事前にこちらでもご案内出来る様に
したいと思います…。
どうか見捨てずお付き合いのほど…。

2016年7月のお料理教室

yaeyoyeyyayaeyyoy7.jpg
7月のお料理教室のテーブルです。
朧気な気憶を辿ると、今年はなかなか暑くならなかった割に
暑くなり始めたら、かなり暑かったような…違いましたっけ?

7月は書籍の撮影が重なり日程調整が難しく
一日のみの開催となってしまったお料理教室でしたが
何とか開催出来て良かったです。
yeyoyey.jpg
暑い中いらしてくださる皆さまを少しでも涼やかにお迎えしたく
萌黄色のクロスにリンドウの紫を合わせてみました。
7月のテーマはちょっと和風。
私の中では「湖水地方ちゃんスペシャル」です。
iaaaaaaao.jpg
Carpaccio de daurade,coulis de sesame, du riz avec orge
perle,et bouillon de poisson et d’algue froid
~HIYASHI TAI CHADUKE~
押し麦ご飯の冷やし鯛茶漬け・胡麻だれ

…「ちょっと和風」どころかどっぷり和風です。
鯛茶漬けの要素を洋風に盛り付けただけなのですが随分雰囲気変わりますね。
押し麦入りのご飯は白米だけのものよりも喉越しがつるっとしているので
冷たい出し汁と共にサラダ感覚で海外の方にも
召し上がり安いんじゃないかな…?と思ったのですが、どうでしょうか…。

築地で用意してもらった鯛が捌いてみたらあまりにも綺麗だったので
胡麻ダレで和えてしまうのがもったいなくなり、胡麻ダレは固さを調節して
上に載せました。
yayyoiaeuaeu.jpg
Roti de porc pane a la prune marine et aux abricots
和風香草パン粉を付けた豚肉の梅肉巻き・アプリコットと共にオーブンで

メインは豚肉の薄切り肉を梅肉と貝割れと共にくるくるっとロールにして
大葉を混ぜ混んだパン粉を付けてオーブン焼きにしました。
元になったお料理はミルフィーユとんかつです。(笑)
ロールにしてカットした方が見た目が華やかになるかなと思ったのと
暑い季節に付きっきりで番をしなくてはならない揚げ物はしたくないので
オーブンに入れてしまいました。

梅干しとアプリコットは同じバラ科の果実。どことなく大きさも似ているし
酸の方向も近い気がして、私には色違いの姉妹のように思えます。
なので、調度季節だった杏も一緒にオーブンに入れて焼き込みました。

ガルニチュールはひじきのアーリオ・オーリオ。
みりんと醤油で甘辛く煮るひじきよりも私はこの食べ方が好きで
良くご飯のおかずにも登場させます。
きゅん!と酸っぱい梅肉やアプリコットをひじきのソテーに使った
ごま油が丸く収めてくれます。
yaeyuyeiyyiyo.jpg
Crepe aux haricots rouge avec palet glace au vanille
大納言のクレープとバニラの冷たいパレ

クレープには大納言をたっぷり塗ってたたみます。
これだけで食べるならこの時にいっしょにたっぷりの有塩バターを
塗るのもオススメ!
でも今回は冷たいバニラのパレを添えました。
このパレはアイスクリーマーにかければバニラのジェラートになるものを
型に流してそのまま凍らせたものです。
ぎゅっと凍っている分、温かいクレープの横に添えても空気を抱き込ませた
ジェラートよりも溶けにくいのです。
口当たりはちょっと昔懐かしい「アイスキャンディー」っぽいかな。
7iiyiyyo.jpg
合わせたワインはどちらも大好きな作り手さんの大好きなワイン。
どちらもロワールのワインです。
私がかつて住んでいたのがロワール地方だからロワールのワインには
どうも贔屓目なのですが、一口にロワール地方と言っても広いんですよ。
行ったことのない地区も沢山あるので、いつかゆっくり訪ねてみたいなぁ
と、ワインの地図を眺めながらいつも思います。

さて、今回のこのメニュー。
生徒さん達の評判は上々で、さっそく鯛茶漬け用に胡麻ダレを作った!と
報告してくださった方、多かったです。(嬉しい!)
あとはYさんが湖水地方で再現したときの
イギリスの方達の反応が楽しみです。
aeiee.jpg
7月のお菓子教室はどうしても時間が作れず
お休みさせて頂きました。
私の要領が悪いだけな気もするのですが
それが書籍の仕事でも、お教室のことでも
メニューを考えてかたちにするのにとても時間がかかります。
大した量の仕事じゃなくても一人パニックになって大変がっているだけ
なのかもしれない…と周囲の私よりもっと忙しそうなのに
軽やかにお仕事をこなしている人達を見て思ったりもするのですが
何しろ時間がかかるのです…。

忙し(そうな)私を気遣って朝顔市で身代わり守りをいただいてきてくれた
優しい気持ちが嬉しくて、たった今は既に10月も目の前ですが
未だリビングの棚の一番目立つところに飾りっぱなしの朝顔さんも
そろそろ季節外れ感が激しくなってきました。
なんとか今月中にブログを「現在」まで押し進めたいと思います。

次のページ »