Archive for 11月, 2015

キューピー3分クッキング

yyayoaaoaao2.jpg
なかなかブログをアップ出来ずにいてご案内が遅くなりましたが
11月12月の毎週土曜日「キューピー3分クッキング」に
出演させていただいています。
去年の6,7月にお酒のつまみをテーマに出演して以来約一年ぶり。
前より少しはトークの上達した姿をお見せしたい!と
頑張っておりますが、道は険しいです。(タメイキ)

今日までの時点で全8回放映分の4回までは既に放映。
収録は6回分まで終わっていて残るはあと2回分の収録です。
aaeeu.jpg
今回ご紹介するお菓子は全て作りやすい失敗しにくいお菓子を
セレクトしたつもりです。
そしてもちろんお味も自分では自信を持って「美味しい!」と
思える大好きなお菓子たちです。

だからその作りやすさやそれぞれのお菓子の魅力を
少しでも解ってもらいたい!
このお菓子、作ってみたい、と思ってもらいたい!と
私の中には熱い想いが漲って(?)いるのです。
その為にはやはり聞きやすいトーク…
なのですが、本当にはぁ〜…。やれやれ…です。
aeyyyy.jpg
これが収録時の私から見る景色。
作業台の前には3台のカメラ。
そして本番ではここにかぁ〜〜〜っ!と眩しいライトが点灯します。
それを合図に前日練習したこと、覚えたセリフ、伝えたいと思ったことの
いくつかが頭の中から消えちゃうんですね〜。
このあがり症なんとかなる薬はないのでしょうか?と思います。
yayey.jpg
残り2回の収録しか残ってないのにちっとも上達しない、と嘆く私に
先日友人が「上手にやろうと思わなくても良いんじゃない?」と
アドバイスをくれました。
「誰もが立てる場所じゃないところに立っているのだから
その事に感謝して楽しんで出来たらそれで良いんじゃない?」と。
yyayoaaoaao1.jpg
!!
ちょっと目から鱗でした。
本当によく考えたらとても素敵な機会を与えていただいているのですよね。
もう次はないかもしれない…かもしれないのだから後悔のないように
そしてこの場にいられることに感謝して楽しまなくちゃ!と
思えました。

残り2回、可愛いお菓子達の魅力を伝えられるように頑張ろうと思います。
キューピーちゃん、収録の度にお洋服が違うんですよ。
可愛いですね。番組スタッフさんの手作りだそうです。
キューピーちゃんの衣装もチェックしてみてくださいね。
aeee.jpg
こちらはテキスト撮影の風景です。
スチール撮影のカメラマンの榎本さんは大の動物好き。
ウチの猫たちのことも撮影にいらっしゃる度に撮ってくれます。
今回も猫用に別のカメラ持参でいらしてくださいました。
yeuuoiyuye.jpg
はこちゃんは写真撮られるのが大好き。(羨ましいっ!)
カメラの前でポーズを撮ります。
かんなは人見知りなのでなかなか人前に姿を見せません。
oeicoaae.jpg
これがこの日唯一撮れたかんなです。
でもこの写真、とっても可愛くて気に入っています。
eeiiaao.jpg
カメラの前で思いきりポーズを撮ったはーちゃんは
スタッフが帰った後は「今日はよく働いて疲れたー!!」とばかりに
このポーズでベッドで力尽きていました。

私もこの写真のはーちゃんみたいにやり切った達成感と共に
熟睡出来るよう、残りの収録に挑みたいと思います。

クイジナートオートクッキングブレンダー

yyyiy.jpg
お仕事の報告です。
クイジナートのクッキングブレンダーがリニューアルされて
オートメニューがプログラムに入りました。
材料を入れてボタンを押せば調理してくれる便利機能♪

そのカタログ用のフードコーディネートとメニュー制作を
させていただきました。
aeeeaeiouo.jpg
撮影をしたのは7月の暑い盛りでした。
スタッフの服装が夏真っ盛りですね。
aaeyoy1.jpg
カタログの中には今回作ったレシピと作り方も入っています。
加熱調理が出来るからスープだってフルーツソースだって
作れちゃうんですよ。すごいですね〜。
yyay.jpg
千葉さんの写真、いつも素敵です。

いつも素敵なカタログになるので、店頭で見るのが楽しみです。
もしも並んでいるのを見かけたら、是非手に取ってみてくださいね。
yyyyeyeaeyyayo.jpg
ロゴ入りのクイジナートの紙コップ。
可愛い、可愛い!!と連呼していたらちょっと分けてくださいました♪
今年のクリスマスパーティーに使おうかな…?なんて考えています。
yyyyeyeyiyay.jpg
実はノベルティ好きなワタクシ。
この小さなトートバッグも以前いただいたノベルティ。
んふ〜!ちょっとした自慢です。

11月のお菓子教室

お菓子教室も通常カリキュラムは11月で年内最後です。
いつもは12月もお教室をしているのですが
今年はちょっと日程調整が付かず
12月はクリスマスパーティーのみの開催となりました。
yaeyoyeaai11iuo.jpg
雪の結晶のプリントされたテーブルクロスを敷いて
ちょっと冬を演出。
お花を飾ろうと思っていたのですが気に入る花材を見つけられず
今月は素材のりんごをテーブルに置いてみました…。
ん〜〜〜。間に合わせ感満載…。ちょっと残念ですみません。
でもメニューは間に合わせではありません!
今年の年末年始の人の集まるときに役に立つようなお菓子を考えました。
yyeyec.jpg
「冬のバラ」と名付けたタルトレットを作りました。
ちょっと前にりんごをスライスして重ねて作ったバラの花を
大きなタルトいっぱいに飾った、とても可愛らしいタルトを
FBで見かけました。

洋梨やピーチのコンポートを使ってバラの花を作ったり
スモークサーモンや生ハムで作ったり、
手法としては全く新しいモノではないのですが
そのタルトには真似したくなるような可愛らしさがありました。
FBにそのお菓子を作ってアップしていたのは
ウチのお教室にも通ってくれている元お菓子職人のさっちゃん。

さすがに自分のお教室の生徒さんに「アレ、どうやって作ったの?」とは
聞けません。(笑)でも私もりんごのバラを作ってみたいなぁ…と
漠然と思っていました。

先日撮影の余りで既にスライスされてしまったりんごが余りました。
その時、このバラのことを思い出し、良い機会だから試作をしてみよう!と
このスライスりんごをプレザーブにしてみてバラの花を作ってみました。

バラの花作りはそんなに難しくもなく
そんなに大量のりんごが必要な訳でもなく実に家庭的な可愛いお菓子に
なると言うことが判明したのでこれをブラッシュアップして
2015年のクリスマスケーキにしてみることにしました。
yyeyeycyayo.jpg
タルト生地は扱いやすく、クセのない生地にしました。
通常のタルトレットよりも少し厚めにしてフォンサージュ。
クレームダマンドはこれからの季節にぴったりのパンデピス風味。
そしてりんごの端っこの綺麗な花びらにならない部分を利用して
フィリングにもりんごを敷き込みました。
バラの花をのせてオーブンに入れると、瑞々しかったバラが
少しドライな風合いになり、オトナっぽくシックになります。
焼き上がりにはカルバドスで風味をプラスして
仕上げにプードルデコールの雪をほんの少しだけ散らしました。
タルトにせずにタルトレットにしたのは切り分けるのが難しそうだったから。

クリスマスのお菓子にしてはちょっと地味かな…と心配していたのですが
思った以上に生徒さん達の反応が良くて一安心♪
yyoyoedhyiyeyeyy.jpg
オマケのお菓子はバナナ&セサミケーキを作りました。
…ニュースでは色々言っていますが、相変わらずのバター不足。
私はバターがないから「仕方なく」バターの代わりに
別のオイルを使って作るお菓子はやっぱりちょっとカナシイと思うのです。
でもバターじゃない方が美味しかったりするお菓子も存在します。

バナナブレッド、バナナケーキと呼ばれるこのお菓子は
そんなお菓子のひとつだと思います。
今回は白ごまをたっぷり混ぜ込んで白ごま油を使って作ってみました。

生地に空気を抱き込ませる為の泡立てをしないでぐるぐるとかき混ぜて作る
このアメリカンタイプのケーキはいくつかの注意点はあるものの
混ぜれば出来る簡単お菓子です。

甘さをかなり控えめに作ったので朝ご飯にも向いています。
「生地にバターを使ってないし、甘さも控えめなのでヘルシーですね!」
とおっしゃる生徒さん達に私はちょっと苦笑い…。
実は私、このバナナケーキを朝ご飯に食べる時はリベイクして
たっぷりのバターをのせて食べるのが好きです。
「バターは塗るのではなく載せるんですね!」と生徒さん。
はい、たっぷりの冷えたバターを載せてください!
aeyyayo.jpg
最初バナナケーキは普通の紙カップをセットしたマフィン型で
焼こうと思ったのですが、教室の朝に急遽気分が変わり
型紙を手作りしました。
yiyeyeyy.jpg
高さが出て、そして何よりアメリカのデリっぽい感じが
気に入っています。
yyeyaeyoyayyy.jpg
基礎クラスのカリキュラムはゴールデンモカケーキ。
卵黄たっぷりのゴールデンケーキにコーヒー風味のバタークリーム。
冬に食べたいお菓子のひとつです。

基礎クラスのカリキュラムはメニューこそ変えてないけど
レシピは時々見直しています。
このゴールデンケーキのレシピも一昨年あたりからちょっと違う、と
思いはじめ、時々試作をしては改訂レシピを探していました。
古いレシピが悪い訳ではないのです。
でも時代によって味の好みも変わってくるので時々見直して
今の気分に則したものに直すのも必要かな…と。
eaa.jpg
今月の紅茶はこちら。
お教室にいらしてくださっているYさんがくださった紅茶。
とても良い香りのアールグレイでした。
aeyeyoyyoeiu.jpg
冬の陽差しがとても好きです。
この陽だまりの様な優しさで世界が包まれていたら素敵だな。
自分はそんな陽だまりの様な場所と時間をほんのひととき
誰かに与えられるようなヒトでありたいな…。
そんな気持ちになる今日この頃です。

今年最後のお料理教室

yaeyoyeaai11i2015.jpg
12月のお料理教室は教室全体のパーティーになるので
通常のクラスとしてのお料理教室は11月で締めとなります。
なので11月のお教室はほんの少しだけクリスマスを意識してみました。

普段はあまり重ね掛けしないテーブルクロスですが今月は
オーガンジーの布を重ねて特別感を演出…したつもり…。
yeyoyyooyeyuyo.jpg
ナプキンリングではなくブルーとブラックのリボンを
ラフに巻いてみました。
yyoyyyaeyo.jpg
今回テーブルランナーとして使ったこの布、
Parisで色と模様が気に入って一目惚れして買ったのですが
実はカフェカーテン。
ところどころに穴が空いているのはカーテンレールを通すため。

こんな風に使おう、って思い付いたときは我ながら私エライ!!と
自画自賛。
ちょっとアクセントを足して、いつものクロスやナプキンの表情が変えらると
すごく嬉しく、得した気分になります。
au1.jpg
Blini de chevre chaud aux kakis et aux maitakes-blancs
柿と白マイタケと温かいシェーブルチーズのブリニ

前菜はそば粉のパンケーキにシェーブルチーズを合わせたもの。
柿ときのこはとても相性の良い素材と思っています。
同じ季節に旬を迎える食材ってやっぱり合うのかな?
それと以前干し柿とシェーブルを一緒に食べたときの美味しさを思い出し
ソテーした柿とシェーブルも合うかな…?と色々な味の記憶を組み合わせて
一皿にしてみました。

ブリニにはバターを加えずに生地を作り、その代わりたっぷりのバターを
使って香ばしくカリッと焼き上げました。
yyayoyuyiyaye.jpg
Janbonnette de volaille,marrons et champignons
栗とマッシュルームを詰めた鶏のジャンボネット

お教室の料理は難しそうに見えるけど実は簡単!というのを
目指しているのですが、今回は手間かけます。
今年最後でクリスマスを意識したんだからちょっとは頑張らないとね!

鶏のもも肉の骨をはずし、和栗とマッシュルーム入りのファルスを包み
焼き上げます。そして抜いた骨で出汁を取り、それでソースを作ります。
付け合わせにはさつまいものピュレを添えました。

面倒臭いですね〜。はい、面倒臭いです。(笑)
でも鶏の骨をはずしてファルスを詰めるところまでは前日でも大丈夫。
さつまいものピュレも事前に準備出来ます。
面倒臭いけど、う〜んと難しいわけではないので
「特別な日のために私、頑張った!」という達成感も味わえる一皿。
たまにはこういうのも良いと思っています。
yoyyeyoyy.jpg
Moelleux financhier et kyoho
sauce anglaise au citron thym
軽いフィナンシェと巨峰・タイムとレモン風味のアングレーズソース

メインが大変な分だけ前菜とデセールは簡単にしました。
ふわふわで軽い口当たりのフィナンシェと巨峰を合わせました。
アングレーズソースにはタイムとレモンを隠し味程度にしのばせて。

お気に入りのスティックフィナンシェの型を使って細長く仕上げました。
udheoiyyayaeyyoy.jpg
今回1番手間暇かかったのは実は巨峰。(笑)
巨峰の皮を手まり風にカットしたら皮の存在感を感じすぎずに
でも皮の周囲の一番美味しい甘い部分も味わえるのでは…?と
思い付いてやってみたら、見た目も可愛くなりました!
…でもね、これを人数分作るのが、メインのジャンボネットよりも
手間暇かけた達成感でした。
11yiyyo.jpg
今回合わせたワインはこちらの2本。
o.jpg
合わせた花はこんな感じ。

11月のお料理教室に参加してくださった皆さま
ありがとうございました。
来年のお料理教室はどんなメニューにしましょうか…。
お料理教室を始めた当初よりも自分の嗜好が変わってきたのか
野菜をたっぷり摂れるメニューを意識するようになりました。
もちろん今でも肉も魚も大好きです。
だから私はベジタリアンには絶対になれそうにありません。
でも最近自分が嬉しいメニューは野菜をたっぷり美味しくいただく為に
お肉やお魚があると嬉しいなぁ…という感じになりました。

真っ正面からヘルシーや健康を唱うつもりはありません。
私が真っ正面から唱いたいのは「美味しくて楽しい」だから。
でも、来年も自分が美味しいと思えるお料理を皆さまにご紹介がてら
一緒に楽しいテーブルを囲めたら良いな、と思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。


秋の花

秋が深くなってくると花の風情が少し変わりますね。
華やかなバラも秋咲きはほんの少し控えめになる気がします。
生命力溢れる春の花も好きだけど、秋から冬の花の風情は
また別の美しさと強さを持っている気がします。
1io.jpg
10月のお教室にいらしてくれたMちゃんがまたお母様ガーデンのお花を
たっぷり持ってきてくださいました。
今年はお花の調子が悪い…とお母様はおっしゃるそうですが
それでもこれだけの種類のお花が咲いているなんて本当にすごいです。

たっぷりすぎて家に合う大きさの花瓶がない!
でも小分けにするのももったいないなぁ…とブリキのバケツを利用して
素朴な感じに活けてみました。
秋色です。
2yiyio.jpg
こちらはシュウメイギクと猫じゃらし。
10月はレオの旅立った月。
レオの真っ白な胸元の毛とか、猫じゃらしで遊ぶ無邪気な姿を
思い浮かべながら、活けさせて貰いました。

花と向き合う時間はがさつでせっかちな私をいつもよりほんの少しだけ
しっとりと落ち着いた人間にしてくれるように思います。
ae.jpg
せっかく綺麗に活けたお花たち。
家の中に置いておくよりも玄関先でお日様を浴びた方が
素敵なんじゃない?と翌日から外に出しました。
io.jpg
やっぱりお庭の花は自然光が似合います。
yiyio.jpg
レーオー!!元気してる?
レオの猫じゃらしだよ。沢山あるから珠ちゃんとこいしと遊んでね!と
空に向かって呟いたりなんかして…。

10月のお菓子教室はハロウィンっぽく…。

10iyaeyoyeaai.jpg
10月のお菓子教室のテーブルはハロウィンっぽいセッティングに
したくて、クロスや小物を選んでみました。
年々日本のハロウィンは本場とはちょっと別のかたちでではあるけれど
定着してきたようですね。
数年前、六本木に行く地下鉄で仮装した人達の集団に会ったときは
驚きましたが、今では季節の風物詩です。
市場規模はバレンタインを抜いたと先日もニュースで言っていました。
aeyeyoyyoyiyiyyyo.jpg
私自身は仮装の経験もなければ、
お菓子を取りに来る子供もいないので実感はありませんが
それでもハロウィンの可愛い小物が増えたことは嬉しい限り。
今回はこんな紙ナプキンを見つけました。
ce3yoe.jpg
ハロウィンと言えばカボチャ!
メニューはカボチャのタルトレットにしました。
ソニープラザで小さくて可愛いハロウィンのクッキー型を
見つけて衝動買いしちゃったのでコレが使いたくて考えたメニュー。
かぼちゃのペーストを絞り出して、かぼちゃっぽく見えたら良いなぁ…
と妄想しながら作りました。
…かぼちゃに見えるかな…?
yyayeacii.jpg
今回は完成予想図から考えて、味を決めていきました。
土台はブラックココアをブレンドして真っ黒にしたタルト生地。
クレームダマンドにはカカオニブを入れて、カリッとした食感をプラス。
センターに絞った生クリームにはオレンジピールを混ぜ込んで
隠し味にしました。
かぼちゃのまったりとしたペーストに普通のホイップクリームでは
どうも味が単純すぎてつまらない気がしたのです。
こんな時ハーブやスパイスの香りとか、柑橘系の何かをアクセントに
したくなります。
かぼちゃのペーストを絞り出して、タルト生地の余りをクッキー型で抜いた
飾りをのせたら出来上がり。
cao.jpg
教室では生徒さん達にもかぼちゃのペーストを絞り出しを
やっていただきました。
「かぼちゃじゃなくてウニっぽい!」なんて言いながら
わいわいとみんなで作るのも楽しかったです。
ycyayoyeyiy.jpg
10月の基礎クラスのカリキュラムはアップルパイ。
シナモン風味のりんごのプレザーブをたっぷり入れたアップルパイ。
焼き上がったらバニラアイスと一緒に食べるのが
毎年のこのクラスのお楽しみです。
パイ生地を編んでいく作業は難しそうに思えるかもしれないけど
コツがあって、それを覚えてしまえばすごく簡単です。
不器用で上手にパイを編むことが出来なかった私が
編み出した(?)方法なので、きっとみんなもコレなら迷わないはず!と
それをお伝えしたくて、毎年網目模様でアップルパイは作っています。
…でも面倒臭ければ上のパイも普通に伸ばして被してしまっても
もちろんO.K!その時はナイフで表面に数カ所空気抜きのための
切り込みを入れてくださいね。
eaa10i.jpg
今月の紅茶はParisで買ってきたこちら。
とっても秋らしい風味の紅茶でした。
oiyyuyaya1.jpg
かぼちゃのお菓子はこれから寒い季節に合うと思います。
ハロウィンじゃなくても、是非作って味わって貰いたいです。
10月のお教室にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

年内のお教室のスケジュールは残すところ
12月19日のクリスマスパーティーのみです。
こちらは定員に達しましたので募集を締め切らせていただきます。
年明けのお教室のスケジュールはまた後日改めてご案内させていただきます。

10月のお料理教室リポート

またまたご無沙汰してしまいました。
あんまりご無沙汰しているので友人知人に
体調でも悪いのでは?と心配される始末…。
申し訳ございません。至って元気です。
yaeyoyeaai10i.jpg
10月もお料理教室を開催しておりました。
やっと写真を整理したのでお付き合いくださいませ。
10月のテーブルは少し正統派をイメージしてクロスを選びました。
yyayaeyyoy.jpg
クラシカルな文様の刺繍が入ったストライプのクロスに
ポイントカラーはブラック。
ふんわり優しいイメージの初秋の9月のテーブルからがらりと変えて
腰を据えて(?)秋です。
yaeyoyecoyiye.jpg
テーブルの花は白いバラ。
10月になると色んな品種の白いバラを買ってしまいます。
でも1番心揺さぶられるのは「トゥモロービューティー」と言う品種。
今回は探したけれど見つけられなくて、このバラにしました。
yyuyayayuyyya.jpg
Veloute de potimarron au gingembre,
Tartine aux gambas
生姜風味のかぼちゃのポタージュ、海老のタルティーヌ添え

メニューもぐっと秋冬使用です。
生姜をたっぷり効かせたかぼちゃのポタージュは生姜の風味で
サッパリもしますが、身体が温まりますね。
甲殻類も身体を温める作用があるそうです。

タルティーヌにのせた海老をボイルした茹で汁や殻を使って
軽めのフォンを取り、それを利用してスープも作っていきます。
無駄にならない上に、それだけで複雑な味のヴルーテになるので
一石二鳥。
ぷりっと絶妙な火入れでボイルした海老をセロリたっぷりのソースに
からめて、タルティーヌにのせました。
バゲッドを細く長く薄くカットするのは大変だけど
最近の私のお気に入りのスタイルです。
yayyo.jpg
Maquereau a la vapeur et fume ,
salade chaud de pomme de terre et concombre
薫香を纏った蒸し鯖ときゅうりとジャガイモの温製サラダ

鯖も美味しい季節になってきましたね。
美味しい季節=その時期の身体に良い食材のような気がします。
青魚も身体を温める作用があるそうです。
…そういうことを調べて、食材選びをしているわけではなく
「そろそろアレが食べたいな…」と思うとなるほど理に叶っているわけだ!と
言うことが多いので、聞きかじった薬膳の豆知識など説得力あるなぁと
思う今日この頃です。

さて、その鯖。
今回はほのかにディルの香りと薫香も添えて蒸しました。
鯖、蒸すんですか?と驚かれた生徒さんが多かったのですが
青魚の臭みもなく、ふんわりと蒸し上がった鯖はふっくらしていて
焼き鯖とも味噌煮とも違った美味しさです。
しかもこの調理法、味と反比例で超簡単!
味良く、見栄え良く、そして簡単!これが三拍子揃ったルセットが作れたとき
本当に嬉しくなります。

鯖に添えたクリームにも燻製の香りを移しました。
そして添えた野菜はベビーポテトときゅうりの温野菜。
今回は築地でもぎりきゅうりを見つけたので細くて小さいですが
普通のきゅうりでも美味しくできます。
ヴィネグレットの効いた温かいきゅうりは綺麗なグリーンではなく
少し色がくすんでしまうのが残念ですが、私は結構好きな味。
脂ののった魚と合わせると相性が良いと思うのです。
yaeyuyeaa.jpg
Creme brulee ala cannelle et aux figues
いちぢくのクレームブリュレ・シナモン風味

イチヂクも美味しい季節到来ですね。
本当は黒イチヂクを使いたかったのですが
天候不良で生産者さんが出荷なさらなかったそうで
築地にもなく、諦めて別のイチヂクにしました。
ビオレソレリスの代わりに使ったのは「とよみつ姫」という品種。
黒イチヂクではありませんが、味が濃くて、でも上品で
とても美味しいイチヂクでした。
ioyiy.jpg
Parisから買ってきたバターもいよいよあとふたつとなりました。
今回はボルディエの柚子バター。
これは美味しかったです。
生徒さん達の評判も良く嬉しかったです。

…またParisまで食材を買いに行かないと…なんて書いているたった今、
今日は2015年11月14日です。
私は朝、Orleanに住むフランス人の友人から「まさかParisに来てないよね?」との
メールで目が醒め、現地時間11月13日のParisの悲惨な事件を知りました。
哀しい、ただただ哀しい、としか言いようのない事件に
ちょっとまだ茫然としています。
一言二言で書ききれるようなことではないので控えますが
「何故…」と心は同じ言葉を繰り返してしまいます。
yiyyo.jpg
今回合わせたワインはこちら。
ブルゴーニュのクレマンとサボアのルーセット。

10月のお教室にご参加くださった皆さま
どうもありがとうございました。

次のページ »