Archive for 9月, 2015

久し振りのアントルメ

20159iyaeyoyeaai.jpg
9月のお菓子教室の報告です。
…もう10月なんですねぇ。ふっと気を抜くと時の流れが速すぎて
なんかちっともついて行けてません!

9月のテーブルはそろそろ秋色にしたくてこんなセッティング。
ライトベージュなクロスに濃いめのグレーをアクセントにしました。
yyiyiyuyyee.jpg
このクロスはサイドとトップにこんな刺繍が付いているのです。
Parisで見たときはちょっと可愛らしすぎるかな…?とも思ったのですが
それでもこの色合いに一目惚れして買ってしまいました。
秋になるとなんとなく一度は使いたくなるクロスです。
aeyyayaeyyoy.jpg
ベージュとグレーを合わせるのは好きな組み合わせ。
なんとなくオトナっぽくなる気がします。
お菓子教室は「お菓子」が放っておいても甘い雰囲気を
醸し出してくれるのでどこかでキリッと締めたくなるのです。
ycyoyeyeyayuye.jpg
さて、9月のお菓子教室のテーマは「アントルメ」
久し振りにムースなど使ったアントルメを作りたい!と
生徒さんからリクエストを頂いていました。

「アントルメ」と言うだけで、特に具体的なリクエストがなかったので
その日からあれや、これや悩みつつ、築地のやっちゃばを物色しつつ
イチヂクを使いたいなぁ..と思い付きました。
イチヂクに合わせるなら、ワイン・キャラメル・シナモン・チーズ・
ドライフルーツ・…色んな組み合わせが浮かんでは消えて行きます。
どれも好きだけど、今の気分よりもっと寒くなってからの方が合いそう…
と思うと、今イチそこから先に妄想が進まなくて。

初秋のイチヂクは秋晴れの空のように爽やかな感じに仕上げたい!
そんなこんなを頭の中でぐるぐると考えること数日…
結局クリームチーズ・オレンジ・白ワインと柔らかめの味のチョコレートを
組み立てて、アントルメにすることにしました。
そして私にしては珍しくナパージュ仕上げで表面をぴかりと輝かせました。

久し振りにアントルメを作ると、やっぱり気分が上がりますね♪
簡単で手間暇かけないお菓子とは対極にある、一手間が楽しいお菓子。
お菓子作りにはどちらの愉しみもあるので、その時の気分で作るお菓子を
選べば良いと思います。
ycyoyeyeyayyaye.jpg
カットするとこんな感じ。
土台のビスキュイの上には軽く優しいクレームショコラ。
その上にサンドしたビスキュイはたっぷりのイチヂクのジュレを
染み込ませてあります。
ビスキュイが吸ったゼリーの食感がちょっとしたポイントです。
そしてムースフロマージュはクリームチーズを使うけれど軽めの味で
イチヂクと互いに互いを引き立てるような存在であるように…と
繊細な口当たりと味を目指しました。
ycyoyeyeyayuyeyaeyyyae.jpg
アントルメは一つ一つのパーツは決して難しくなくても
組み立てていくパーツが多いので手間暇はかかります。
でも、この程度のものが普通の家庭のキッチンでも
ちょっと頑張れば作れると言う愉しさも確かにあると思います。

仕上げにナパージュをかけて表面をきらりと輝かせると
なんだかプロっぽい仕上がりになるから不思議です。
そしてナパージュって実は七難隠す魔法のファンデーションみたいな…
細かいアラを隠してくれる便利アイテムなのですよ。(笑)

年に数回はアントルメをきちんと作るカリキュラムを自由クラスでは
入れなくちゃな…とおもいました。
yyoyyoyuye.jpg
こちらは基礎クラスのシフォンケーキ。

基礎クラスのシフォンケーキのルセットを数年ぶりに改訂。
以前よりもきめの細かい水分量の多めの生地にして
焼き方も変えてみました。
yyoyyoyyyyaye.jpg
シンプルなお菓子の美味しさと難しさはアントルメとは
別の所に潜んでいます。
こだわり始めるとこちらはこちらですご〜〜く長い旅に出ることに…。
今回の改訂がベストではないかもしれないけれど
今はこのルセットが気に入っています。
yayoyeyyoyyo.jpg
こちらはメープルシフォン。
生クリームでナッペして仕上げました。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
10月のお菓子教室ももうすぐです!
今月は何を作ればいいのかまだ悩み中。
タルトも良いなぁ…なんて思ったりしてますが
またギリギリまであがきながら10月も頑張ってみます!
10月のお教室、金曜日は既に満席ですが
土曜日は残席僅かですが、ございます。
よろしかったらご参加ください。

年内のお教室の詳しい日程はブログカテゴリー
「お教室スケジュールご案内」でご確認ください。
o.jpg

ちょきちょき&縫い縫いデー

9月に入ってから爽やかに晴れた日が少ないと思うのは
気のせいではないですよね?
基本引きこもりの私は、天気が悪いと尚更引きこもります。

でもここの所一時の忙しさから解放されちょっと余裕のある日々、
何をするわけでもなく家にずっと引きこもっていると
さすがの私も(?)なんとな〜く罪悪感…というか
お天道様に(隠れてるけど)申し訳なく思ってきます。

そんなわけで、天気の悪い日々、家の中を見回して
忙しかった日々に気になっていたことをしようと思い立ちました。
o.jpg
古くなってくったりしたり、猫が裂いてしまったベッドリネンや
シミが取れなくなったり、穴が空いてしまったキッチンリネン、手ぬぐい
果てはTシャツなど、家中の古布を集めて一斉に拭き掃除に使いやすい
大きさにちょきちょきと切ってウエスにしました。

ボックスシーツ1枚・フラットシーツ1枚・掛け布団カバー1枚と
あれやこれやの細かい布を大体の大きさを揃えてカットするのに
ほぼ半日、費やしてしまいました。
でもこういう事って日々こまめにやるよりもある程度貯めてから
やった方が達成感があっていいものです。(言い訳)

いざチョキチョキを始めてみると猫がかぎ裂きにした掛け布団カバーは
その他の部分はそんなに痛んでいないことが判明。
これ、ウエス以外にならない?と私のケチケチ精神が頭をもたげます。
そんなわけで一部を使って急遽枕カバーを作ることにして
今度は縫い縫いまで始めることに…。

そうなると滅多に出動しないミシンを出したからには
他にやることなかったっけ? とフランスで買ったきり眠らせっぱなしの布で
テーブルランナーを数枚仕上げました。
a.jpg
私のお裁縫箱の中身は母から譲り受けたものが結構あり
このミシン糸も多分母のものです。
今は糸巻きはプラスティック製が普通ですが
一昔前はこんな木製だったのですよね。
絹糸の艶と木の風合いが美しいなぁ…とふと手を止めて思います。

結局ちょきちょきと縫い縫いに一日半を費やして
出来上がったのは二枚のテーブルランナーと2枚の枕カバー
そして山のようなウエスです。
oinyiyyoye.jpg
出来上がったウエスはこんな風に大きさに合わせて
適当な容れ物を探して数個に分け、家のあちこちに設置。
ちょっと埃が気になるとき、キッチンの掃除の時など
惜しげもなく使ってはポイッとごみ箱へ。

大きな状態で捨てるのは罪悪感があるけれど
こんな風に使って捨てると、使い切った感があって
同じように家の中からは消えて行くけど
こちらの気持は全然違います。

*********************************************
年内のお教室のスケジュールはカテゴリー
お教室スケジュールのご案内」をご覧ください。
何卒よろしくお願い申し上げます。

9月・10月・11月・12月のお教室スケジュール

yaythyaeye.jpg

すでにお教室の生徒の皆さまにはメールにてお伝えしている内容ですが
万が一届いていない場合は、その旨ご連絡ください。

またトライアルや新たにお教室へのご参加をお考えの皆さま
今後のスケジュールです。
ご興味ありましたら是非メールにてご連絡いただければと思います。

お申し込み、お問い合わせは
info@k-yanase.com
へメールにてお願いいたします。
*9月のお菓子教室
9月18日(金)11:00〜14:30 自由クラス
9月19日(土)11:00〜14:30 基礎クラス(シフォンケーキ)
9月19日(土)15:30〜19:00 自由クラス

*10月のお料理教室
10月2日(金)11:00〜16:00
10月3日(土)11:00〜16:00

*10月のお菓子教室
10月16日(金)11:00〜14:30 自由クラス
10月17日(土)11:00〜14:30 基礎クラス(アップルパイ)
10月17日(土)15:30〜19:00 自由クラス

*11月のお料理教室
11月7日(土)11:00〜16:00
(11月はTV収録のため料理教室は1日のみの開催となります。)

*11月のお菓子教室
11月20日(金)11:00〜14:30 自由クラス
11月21日(土)11:00〜14:30 基礎クラス(ゴールデンモカケーキ)
11月21日(土)15:30〜19:00 自由クラス

*12月クリスマスパーティー
12月19日(土)12:00〜だらだらと…。

12月はTV収録のためお料理・お菓子教室共にお休みさせていただきます。
そして毎年恒例のクリスマスパーティーを開催します。
こちらのパーティーは会員の方のみのご参加とさせていただきます。

皆さまのご参加をお待ちしております。

柳瀬久美子

秋の気配(9月のお料理教室)

もういい加減に暑いのには飽きた!
早く秋が来ればいいのに…!なんて言っていたクセに
夏の終わりはやっぱり何となくサミシイものです。
ましてや今年のようにあまりに唐突に夏が終わると
「ちょっと待って!!」と言いたくなるような…。
9iyaeyoyeaai.jpg
9月のお料理教室はそんな9月初旬に行いました。
メニューもテーブルセッティングもどこに照準を合わせるべきか
悩んで「ちょっぴり秋」をイメージしました。
yyayaeyyoyyaeyyyae-1.jpg
本格的に重い秋色を持って来たくはなかったので藤色のクロスに
ところどころにほんのり秋を感じる様な色合いのものを
淡く淡くのせてみました。
余談ですが、この藤色のクロスは大のお気に入りなのですが
写真で色を出すのが本当に難しい!!!
このクロスの美しさの半分も表現できてない自分の写真にがっかりです。
(しかも撮るたびに色が違う…)
9iyyyey.jpg
お花は大好きなワレモコウと美味しそうな色のケイトウ。
ワレモコウは昔ワレモコウが群生している原っぱを見て以来
夏と秋の境目には必ず一度は活けたくなる花。
さて、今月はメニューもこんな感じで夏から秋へのバトンタッチを
お皿の中でも作るような素材選びをしてみました。
eaee.jpg
Aubergines farcies aux fruits secs et au boulgour
ドライフルーツとブルグールを詰めた米なすのファルシ

雑穀好きの私はこういうものは大抵好きなのですが
ブルグール、大好きです。
初めて出逢ったときフランス人が「ぶるぶる」と言っているように聞こえて
「ブルブル」とか「クスクス」とかアラブのお料理は可愛いなぁ〜。なんて
思っていたのですが、「ぶるぶる」ではなく「ブルグール」なのですよ。
ブルグールはデュラム小麦を原料にした粒状のものでクスクスのスムールより
もう少し原材料に近い素朴な風味が特徴です。
オーブンで焼いた米なすにブルグールと香ばしいナッツ、ドライフルーツを
詰めました。
上にのせたクリームにはミントの風味を効かせましたが
スパイスなどは一切使わず素直に素材の味だけで仕上げました。
eoyuyiyi.jpg
Congre poele avec puree de bardane,sauce balsamique
穴子のポワレ・ゴボウのピュレとバルサミコソース

穴子とゴボウは相性の良い素材。
ゴボウをフォンドヴォライユと牛乳で軟らかく煮てピュレにします。
そして皮目の方にだけ小麦粉をふりかけパリッと焼き上げた穴子と
バルサミコソースで仕上げます。
味のアクセントと歯応えをプラスしたくてカカオニブを仕上げに。

カカオニブとゴボウは香りの方向が一緒なのでそんなマリアージュも
おもしろいかな、と思って…。
カカオニブはお菓子の素材としてはかなりポピュラーな存在ですが
最近はスーパーフードとしても注目を浴びているのだそう。
美味しくて身体に良いなんて嬉しいですね。
お料理にもどんどん取り入れていきたい素材です。
yiyeyyythyiyoycyoyey.jpg
Roule aux marrons
マロンのロールケーキ

デザートはマロンのロールケーキ。
作りやすくて巻きやすいロールケーキ用のビスキュイには
ココアを加えて風味と苦みをプラス。
優しいコクのマロンペーストに去年のマロンの渋皮煮の崩れたもので
作ったマロンのコンフィチュールも合わせてクリームにしました。

まったりと甘いマロンにはちょっと酸味を合わせるのが好きです。
今回はソースにアプリコットのピュレを使いました。
マロンのコンフィチュールとアプリコットのピュレで
お皿に絵を描くようにパイピング。
こんな風にするだけで簡単なお菓子もデザートっぽくなるので
是非参考にしていただけたら、嬉しいです。
aocoyiyyo.jpg
今回合わせたワインは白も赤も大好きな作り手さんの
大好きなワイン。
白ワインのGuy Bossardさんには一度お会いしたことがあります。
握手をしたときの力強さと素朴な優しい雰囲気がなんとも印象的でした。
赤ワインのNicolas Testardさんにはお会いしたことはないのですが
私は彼のワインが大好きで以前にもお教室で紹介したことがあります。
yeyyeiu.jpg
彼のぶどう畑にはその昔うさぎが沢山生息していたそうで
その区画「ラパン」(うさぎ)にちなんだエチケット。

今月もいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。
10月以降のどんな素材が美味しくなるのか考えながら
またメニュー作りに励みます。

次のページ »