Archive for 10月, 2014

アップルパイのあみあみ

ayuyeye.jpg
今月のお菓子教室の食材を探しに行って
偶然見つけた可愛いボトル。
中の液体もとっても可愛い色合いじゃありませんか!

こういう知らないパッケージを見つけると
買わずにはいられない…。それはもう病気レベルです。

と言うわけで、今月のウェルカムドリンクはこのジュースに決定!
甘さ控えめで炭酸の美味しいジュースでした。
ycyayoyeyiy.jpg
今月の基礎クラスのカリキュラムはアップルパイ。
折り込みをしない簡単なパイを使うレッスンですが
パイ生地は配合の考え方、めん棒を使って伸ばすときの注意点など
お伝えしたいことは沢山あります。

でもお菓子作りにおいて堅苦しく「こうでなくてはならない」を沢山作ると
せっかくの楽しいはずのお菓子作りがただただ面倒で
難しい事になってしまう気がします。
それはとても残念なことなのでいくつかのここをこうすると
扱いやすいの!とか、見た目が綺麗に仕上がるの!!などの
私が今までやって来て得たちょっとしたコツをお伝えできたら良いな、と
お教室ではそんなことを思って、生徒さん達にお話することを
考えています。

このアップルパイのハイライトは表面のパイの編み込み。
これも難易度の高そうに見える作業のひとつですよね。
…そして「高そう…」ではなく私にとっても「高い」作業のひとつでした。
でも綺麗に編み上げたパイが綺麗に焼き上げるのが憧れで
随分色々やったのですが、ある日ふと「こうすれば良いんじゃない?」という
方法を思い付きました。

その方法は全然たいした事じゃないのですが
本には「網目状に仕上げる」しか書いてなかったことを
試行錯誤の末、自分で思い付いてそれ以来悩まずに
手早く作業できるようになったのですご〜く嬉しくて
そして不器用な私がこれで出来る様になったんだから
みんなも絶対大丈夫!と自信を持ってお伝えできる事のひとつになりました。

沢山のお菓子の本があって、ネットでもレシピが手軽に検索出来るのに
わざわざ私のお教室にいらしてくださった生徒さんには
そういったものを少しでも沢山お伝えできたら良いな!と思っています。
ycyayoyeyiyaeae.jpg
そしてこんがりと上手に焼き上がったアップルパイ!
少しだけ熱を落ち着かせたら温かい内に食べるのが最高です。
冷たいアングレーズソースを添えるのも大好きですが
バニラアイスを添えるのも好き!
お教室ではバニラアイスを添えてのティータイムとなりました。
これからの季節、りんごがますます美味しい季節ですね。
是非是非焼きたてのアップルパイを作ってみてくださいね。

今月もいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。
来月の基礎クラスはゴールデンモカケーキです。
バタークリームをナッペする濃厚な冬に美味しいお菓子です。
このカリキュラムのハイライトはナッペ。
ナッペの基本をお知りになりたい方は是非!

お申し込みはメール、または予約カレンダーにてお願いします。
近々…いえ、次回のブログの記事で11月以降の日程をお知らせしますね。
今年もクリスマスパーティーはやる予定!
そちらも併せて皆さまのご参加をお待ちしております♪

10月のお菓子教室

yaeyoyeaai.jpg
10月のお菓子教室の報告です。
今月は前半に書籍の撮影をしていたのでお料理教室はなく
お菓子教室のみでした。
テーブルセッティングはこんな感じですこし大人っぽくしてみました。
oycyayo.jpg
お花はどうしても白いスプレーバラにしたくて花屋さんを
はしごして探し回りました。
品種までこだわって探したのですが、お目当てのバラは見つけられなくて
それでこのコロンと可愛いスプレーウィットを選びました。
ポイントにはチョコレートコスモス。

お花は時として言葉より雄弁にその時の気分を語ってくれるものですね。
気分に合う花が近くにあるととても気持が救われます。
aeyeyoyyo.jpg
今月の紙ナプキンはこちら。
お教室の生徒さんのKちゃんのN.Yみやげです。
ずっと使える機会を待っていたのです。
aeen.jpg
今月の自由クラスのお題目は「栗の渋皮煮」を使ったお菓子。
世の中的には栗の渋皮煮は作るのが大変で面倒臭く難しい
イメージらしいのですが、ウチのお教室にいらしている生徒さん達
皆さん涼しい顔して当たり前のように梅仕事・栗仕事をこなされる
素敵女子だらけ!!
たっぷり作った渋皮煮を使ったお菓子のリクエストをいただきました。

そんなに悩まないと思ったこのお題目。
実はなかなか大変でした。

せっかく作った渋皮煮をペーストにしてしまうのは勿体ないし
マロンペーストやマロンクリームは市販品に美味しいものが沢山ある。
渋皮煮の良さをちゃんと打ち出す美味しいお菓子って…?と言うのが
結構な難題だったのです。
ythyiyoyyyy.jpg
そして出来上がったのがこちらのケイク。
…まぁ、普通ですね。(笑)

このケイクは生地にマロンペーストをたっぷり入れてしっとりとした
焼き上がりを目指しました。
水分量の多い生地を分離させないようにしっかり立てて
しっとり感を損なわないように、でも具材が底に沈まない程度の
ギリギリの粉で生地をつなげます。
ythyiyoyyyyyyaye.jpg
そして味のポイントに渋皮煮だけでなくカシスの実を混ぜ込んで
酸味をプラス。
マロンとカシスの組み合わせは定番中の定番ですがやっぱり好き。
他にもマロンとアプリコット、マロンとパッションなども良いなと思います。
まったりとしたマロンにはしっかりと酸味のあるものを合わせると
お互いに引き立て合ってどちらも魅力倍増!な気がします。

トップはカシスピュレで着色したフォンダンをとろりと。
…このトップをどうして〜〜もピンクにしたかった!
だからアプリコットでもパッションでもなく今回はカシスだったのです。

お菓子は見た目も大事ですものね〜。
と誰にともなく言い訳…。

当初フォンダンではなくカシスとホワイトチョコレートのガナッシュで
試作をしたのですが、実際に焼き上がったケイクとガナッシュを
合わせてみたら思いの外ホワイトチョコレートが強くてやめました。
フォンダンはプロの職人さんでも扱いが難しいアイテムです。
だからグラスにしても良かったのですが、やっぱりあのすーっと
口の中で消えてゆくフォンダンの舌触りが捨てがたかったのと
今月のお菓子があまりに簡単過ぎるので、ハイライト的に入れてみました。
yeyyeyeyoyiyaye.jpg
オマケのお菓子はこちら。
ヨーグルトのクイックブレッドです。

これは申し訳ないくらい簡単なのですが美味しいのです。
yeyyeyeyoyiyaye2.jpg
でもちゃんとパンに見えるでしょ?(笑)
このパンは捏ねない、休ませないし、発酵させません。
でも本当に美味しいのです。
まぁ、唯一欠点があるとしたら冷めるとあんまり美味しくないことかな?(笑)
でも、トーストすれば復活します。
aa.jpg
今月合わせたお茶はこちら。
紅茶ではなくフルーツティーです。
色々なベリーの風味のこのお茶にはほのかに酸味があり
こちらもまたマロンのお菓子にとっても合うお茶です。
パッケージが可愛いのも気に入っています。

来月の自由クラスはピュイダムールをリクエストいただきました。
まだどんなピュイダムールにするかは未定。
フルーツもリンゴかな、洋梨かな、柿も良いかも??なんて妄想レベル。
これから一月かけて仕上げていきます。

キャトル”C”

9月のお菓子教室のご報告です。
yaeyoyeuo9.jpg
毎年そうなのですがこの時期のテーブルセッティングや
お菓子のメニューはとても悩みます。
秋らしくしてしまうべきか、まだ夏っぽい方が良いのか…。
o.jpg
今年は呆気ないほどあっという間に秋になってしまった感じでしたね。
なのでお教室のテーブルもお菓子も夏ではなく秋バージョンを
意識して用意してみました。
お教室の写真は大抵お昼のクラスのテーブルで自然光で撮るのですが
そうすると光の感じなんかで季節が変わったのがわかります。
どの季節の光もそれぞれの良さがあってこれが一番!っていうのは
ないのですが、この季節の光は大人っぽい写真になりますね。
yyayeyec.jpg
9月の自由クラスのカリキュラムはこんなお菓子を作りました。
このお菓子の名前は「キャトル”C”」4つの”C”という意味。
伝統菓子ではなくなんとな〜くオリジナルです。
レシピは出来上がったのにお菓子の名前が決まらずに困りました。(笑)

そしてお菓子教室当日、突然思い付いたネーミングなのですが
案外自分では気に入っています。
何が4つの”C”なのかというと…。
このお菓子、コーヒー・ショコラ・シナモン・キャラメルの
4つの味で構成されているのです。
だからその頭文字を取って「キャトル”C”」
yyayeyeccuo.jpg
コーヒーの風味を付けたジェノワーズオザマンドに
たっぷり染み込ませるように打ったシロップはコーヒーキャラメル。
そこにシナモンの風味を極微かに付けたキャラメルのムースを敷き
トップのチョコレートムースにはコーヒー味をしのばせました。
yyayeyecyyaye.jpg
唐突に味が変わるのではなく、グラデーションでなんとなく
味につながりのあるお菓子にしてみたかったのです。

ここにイチヂクをサンドしても美味しいだろうなぁ…。
洋梨も良いかもしれない…と色々思い浮かぶものはあったのですが
今回はまったりとクリーミーにしてみました。

表面の仕上げはムースショコラを絞ったのですが
これが生徒さんにはステキ!と好評でした。

…だからあの時は何も言わなかったのですがネタバレをするとですね
あれはウチのセルクルの高さが低くて全部セルクルで納まらなかったので
苦し紛れに考えたデザインです。(苦笑)
でも、私も気に入っています。
aeyayiyoy.jpg
オマケのお菓子は焼いたメレンゲの上にクリームをのせた
ムラング・シャンティーです。
メレンゲは軽くて風味のあるものにしたかったので
アーモンドパウダーを加えてムラングオザマンドにしてあります。
そして上のホイップクリームにはアールグレイの香りを付けました。

ホイップクリームにお茶の香りを移すときに
いやな苦みや渋みを出さずに風味豊かにするコツをお伝えしました。

焼きメレンゲは甘いだけで好きじゃない、と言っていた生徒さんが
「コレなら食べられる!しかもおいしーい!」と仰ってくださったのが
すごく嬉しかったです。
yayoyeyyoyyo.jpg
基礎クラスのカリキュラムはシフォンケーキ。
こちらはプレーンとメープルシフォンの2種類を焼きました。
写真はメープルシフォンです。

今月もいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。
お菓子教室は年内休まず開催予定。
これからの季節ならではのものをご用意出来る様に
またレシピ作りに励みます!

次のページ »