Archive for 7月, 2014

7月の掲載誌や本のこと

毎日暑いですね。
暑い上に突然の雷雨など一体日本の気候は
どうなっちゃったんでしょう?

またご報告が遅れていますが7月の掲載誌です。
7iyiyy1.jpg
レタスクラブでフルーツアイスバーを作りました。
今巷で流行っていますね。アイスキャンディーバー。
このくらい暑いと毎日食べたくなります。
7iyiyy2.jpg
簡単で可愛くて暑い夏にピッタリの旬なフルーツをたっぷり使った
アイスキャンディーバーです。
是非作ってみてくださいね。
私のお薦めはこの写真の下から2番目メロンとグレープフルーツ。
色も涼やかで気に入っています。

今や亜熱帯地域に属してしまったようなニッポンの夏。
アイスキャンディーの型は一つ持っていると良いかも!です。

冷たいお菓子つながりでいうと近著の「ストウブで冷たいお菓子」
撮影していたときは真冬でしたがこちらも今の季節に
嬉しいルセットが満載です。
140129at080.jpg
レモングラスとバニラ風味のローストチェリーのゼリー。
アメリカンチェリーがお安く手に入る今、チャンス到来!です。
姿も可愛いさくらんぼがきれいな色のゼリーの中に浮いていると
それだけで嬉しくなっちゃいます。
yyeyyoieu.jpg
この本を手にとってくださった方のこの夏に
少しでもお役に立てれば嬉しいです。

撮影こぼれ話や掲載したメニューについてお話ししたいことは
沢山あるのに、ここの所ちっとも時間が取れずブログが書けません。
もう少し落ち着いたら是非、そんなお話しにもお付き合いください。
yyi1.jpg
本つながりでもうひとつ!
じゃーん!
可愛いでしょう?すっごく可愛いでしょう??
この本が届いた時には思わず「かわいいー!!」と
声を挙げてしまいました。

ジェラート・アイスクリーム・シャーベットのタイ語翻訳版です。
表紙が違うのも新鮮です。
yyi2.jpg
奥付のプロフィール紹介。
タイ語で私の名前はこう書くのね…と感心。
yyi3.jpg
何しろタイ語が可愛らしくて、眺めてるだけで楽しくなってきます。
暑い暑いタイでもこの本が役に立ってくれたら本当に嬉しいなぁ…。
どんな方が手にとってくださっているのでしょう…?
タイの本屋さんってどんななんだろう…?
久し振りにタイに行ってみたいなぁ…とあれこれ思ったりなんかして。
i.jpg
…そして今年も日本でもAmazonランキング一位の瞬間が!
友人から今一位になってるよ!と連絡を受けすぐに記念撮影。(笑)

Amasonランキングは出版業界の人達はそんなに当てにしていない…と
聞いたことはありますが、それでも私の人生ほとんど全てに於いて
1番は滅多にならないので嬉しいです。

ここの所珍しく本気で忙しい日々が続いています。
これは勿論嬉しい事ではあるのですが
あまりの宿題の多さに脳みそがふつふつと沸騰中。
この暑さも手伝いヘロッとしています。
まとまりのない文章でごめんなさい。

書きたいことは山ほどあるのですが今日もそろそろ限界です。
また次回!そう間を空けずに!!←願望。

7月のお料理教室

7iiaiyyaeyoyeaai.jpg
7月のお料理教室のテーブルです。
Parisで一目惚れして買ったストライプの布で作ったこのクロス。
今持っているモノの中では相当のお気に入り。
夏らしくなると「そろそろ出番かな♪」とわくわくします。
oyiyoy1.jpg
今月のお花はキューピーの収録の時にいただいたお花。
クロスに合わせてパープルとブルーのお花をアレンジしました。
中央に活けた容器はパフェグラスです。(笑)

さて、今月のお料理は…。
yuyayoyaeyeyi.jpg
Terrine de saumon fume
スモークサーモンのテリーヌ

以前生徒さんにテリーヌって作るの難しいのですか?と聞かれてたので
いつかやろうと思っていました。
だって簡単なんですもの!
簡単で難しそうに見えるお料理っておもてなしの時に便利ですよね。
今回はキューピー3分クッキングの収録のために用意した
燻製シートがあったのでサーモンをごく軽く燻製にしてから
テリーヌにしました。

燻製シートは一枚が58cmx100cmととても大きいので一枚買うと
当分色々な素材を燻製にして楽しめます。
1枚1600円くらいするので使い捨てのこのシートを
高いと思うか安いと思うかは微妙なところ。
でも集合住宅などで燻製をするとダクトを通じて上階に煙が上がり
チップの燻製は気軽には出来ません。
そう言う意味では大事にならずに燻製の楽しめるこのシートは
なかなか楽しいアイテムだと思っています。
今回はサーモンのお味を堪能していただきたかったので
みっちりサーモン!でテリーヌにしました。
ソースはディルとレモンを効かせてさっぱりと仕上げてみました。
iiuiyiyoy2.jpg
Parfait de Legumes
野菜のパフェ

…なんかちゃんとパフェっぽくなりますよね。(笑)
構成はライムのジュレ・トマトとコリアンダーのマリネ・
アボガドのジェラート・カカオニブ・きゅうり・ブルスケッタ等。
はい、ちゃ〜んと塩味ですよ。
生徒さん達は作っているデモンストレーションを見ているのに
口に入れて甘くないとやっぱり不思議!と仰っていました。

何故こんなお料理を作ったか…というとそれは…
「パフェグラスを買ってしまったから。」です。
仕事でパフェグラスが必要になり合羽橋に探しに行ったら
私の使いたいパフェグラスは単品売りがなく箱買い(6ヶ入り)。
こんなにパフェグラス要らない!とツイッターで嘆いたところ
仲良しちゃんが欲しい!と言ってくれたので4ヶ嫁入り決定。
今後のパフェの仕事(あるのか??)を考えて2ヶは手元に残すとして
6ヶあるウチにお教室で使ってみよう!と思い付いたのです。

パフェグラスがなくても細長いグラスでヴェリーヌ仕立てにすれば
良いのですが、このグラスに盛り付けるだけでこんなに雰囲気が
スイーツっぽくなるのが面白かったです。
yythyyi1.jpg
Curry Keema et Riz au chox
キーマカレーとキャベツバスマティライス

最近の私のお気に入りは羊肉のキーマカレー。
随分レシピを改良して美味しく出来るようになってきたので
お教室でお披露目出来る季節を待っていました。
前菜2品があんな感じでここにカレーを持ってくるって
なんてストーリー性のないメニュー構成でしょう…と迷ったのですが
自分の中のブームが去るとなかなか戻ってこないので入れちゃいました。
羊は脂がきついので部位を2種類合わせて粗挽きに挽きます。
たっぷりの玉ねぎを丁寧にソテーして口に入れたときには甘みを感じるけど
食べていくうちに複雑に入れたスパイスで汗をじんわり…。と言うのが理想。

そしてそういう辛くないのに汗を良い具合にかくスパイシーなキーマカレーが
出来たーーー!と思ってのお披露目でした。
が!!!しか〜し!!!!なんと出来上がったカレーは辛かったのです。
もうびっくり!←ダメ先生。

原因はカイエンペッパー。
今まで使っていたカイエンペッパーがお教室間際に調度使い切り
教室当日は封切り直後。
これがびっくりするほどフレッシュに辛かったのです。
あんなに違うなんて驚きました。
あ、メーカーも違ったのでそれも関係あるのかな…?
勉強不足で申し訳ありませんでした。
yoyyyayiyaeyuye1.jpg
Mousse de pistache avec
Compote d’abricots a la lavande
ピスタチオのムースとラベンダー風味のあんずのコンポート

あんずの季節はほんの一瞬。
あるウチに使わないと勿体ない!と今回のデザートに入れました。
日本のあんずはヨーロッパのあんずに比べるとフレッシュだと
とても物足りなく感じてしまうのが悲しいところではありますが
それを言っていても始まりません。
又、このじっとりとした日本の気候にはシャープな酸味の
日本の杏が合っているような気もするのです。

今回は日本の杏の酸味を活かしてラベンダー風味をプラスした
かなりあっさり軽めのコンポートにして
まったりと濃厚なピスタチオのムースと合わせました。

ピスタチオとアプリコットの組み合わせは大好き。
アプリコットとラベンダーの組み合わせも大好き。
そしてピスタチオとラベンダーの組み合わせも大好き−!!
私にとっては初夏の南仏の香りです。
coyiyay1.jpg
杏、可愛いですね。

今月合わせたワインは…
ごめんなさい。ちょっとしたアクシデントで写真がありません。
Clos Marguerite
Marlborough Sauvignon blanc 2010

Domaine Fond Cypress
VDT rouge “Le Grenache du bois Saint Joume” 2011

キーマカレーと合わせる赤、
キーマカレーがあんな出来上がりだったの
心配でしたが予想以上のマリアージュでした。

今月もいらしてくださってありがとうございました。
8月はお休みさせていただきますが9月はまた1日だけですが
お料理教室開催の予定です。
なかなか不定期で申し訳ありませんが、皆さまのご参加お待ちしております。
iaaeueo.jpg
おまけ:
これはお教室の翌日の私のブランチです。
お教室の残り物ですが前菜2種類の要素をひと皿にしてみました。
アボガドのジェラートとサーモンテリーヌの組み合わせも合う〜!
是非お試しを!

ピンクが似合う女の子のために

毎年クリスマス恒例Y家のクリスマスパーティーで
年に一回会うゆういちろう君はY家のMさんにとっては甥っ子。
私はTさんとMさんの結婚式でう〜〜んと小さい時に会って以来
立派な社会人になるまで会うことのなかった男の子ですが
このクリスマスパーティーで会うようになり数年が経ちました。

去年のクリスマスパーティーにゆうちゃんが彼女を連れてくるかも?
との情報がMさんから入り、「おぉ??」と思っておりました。
晴れて婚約をしたから…とクリスマスパーティーでお披露目してくれた
お嬢さんは可愛らしいピンクの似合う女性でした。

年が明けて引き菓子を頼んでも良い?との連絡。
幸せのお手伝いは大好き!もっちろ〜〜ん!と
左手の薬指にカルティエの素敵な婚約指輪を輝かせたまさみさんと
それにも増して喜びに輝いているゆういちろう君と打ち合わせ。
oc.jpg
今回はピンクの好きなまさみちゃんの希望を取り入れてピンクです。
アイシングを絞って作った白い花の中心にはベビーピンクのアラザンを。
これは「仕事に使うかも…」と前回フランスに行ったときに大量購入。
持ってて良かった!
yeyayoiyyayc.jpg
マシュマロフォンダンの着色はベビーピンクにほんの少しだけ
茶色を混ぜて甘いだけのピンクにはしないのがポイント。
どの色もそうですが、大抵の場合私は食料色素の単色使いは
していなくて、何か解らないくらいに色を混ぜています。

去年の秋に知佳ちゃんの為に作ったクッキーのデザインが
とっても可愛くて我ながらお気に入りだったので
まさみちゃんがこれをピンクで作れますか?と聞いてくれたとき
凄く嬉しかったのです。
ssaaoyyyoyo.jpg
ここまで自分たちが育って来たのも人の縁。
二人がめぐり逢えたのも縁。
という事で二人は「縁」や「人の輪}をとても大切に思っているので
何かそれを表現できないかな…との相談に
「じゃあドーナツ型のクッキーにしましょう!」と提案。

そのクッキーに「Thank you」と二人の結婚式の日付を
スタンプすることにしました。
iu.jpg
トップのクッキー以外は全てドーナツ型にしてスタンプ押しました。
ココアとプレーンの生地を交互に並べた姿が可愛い!と自画自賛。

でもやってることは単純作業。
朝から晩までクッキーを延ばす私、朝から晩までスタンプを押すEちゃん。
日を変えて朝から晩までクッキーを焼く私。
その焼き上がりを待ち、ひたすら袋詰めをするEちゃん。
なんだかとっても家内工業的な地道な作業なのですよ。
dhieae.jpg
…でもね、出来上がって並んだ姿を見るのと嬉しくて
全ての苦労が報われちゃう気がするのです。

今回デザイン上ピンクと白のリボンの方が可愛いな…と思ったのですが
端の方に写っているブルーのリボンはsamething blue
新郎のゆうちゃんのこだわりと私の願いを込めて…。

他の仕事のスケジュール上あまり時間に余裕のなかった今回の作業。
クイジナートのカタログでもお世話になったEちゃんが
またまた手伝ってくれました。
Eちゃんは奇特な方で細かい作業大好き!沢山お菓子作るのやってみたい!と
私が頼むのも躊躇するような内職仕事を嬉々としてやってくれます。
enaoaae.jpg
最初は「アイシングでのお花の絞り方知らないから教えて!」との
お言葉に甘え、「お花絞り、たっぷり出来るけど来る…?」なんて
おそるおそる誘ってみたのですが、結局最初から最後まで
全部の作業を一緒にやってくれました。
Eちゃんがいてくれなかったら確実に徹夜の日があった!と思います。
the.jpg
一人だとこういう作業の最中にご飯を食べそびれる私…。
Eちゃんがいてくれるだけでご飯を食べようと思えました。
aa.jpg
おやつ休憩も付いてとっても規則正しく作業が進みました。
yeyayoiyyayycyayo.jpg
ゆうちゃん、まさみちゃん
幸せになってね。
ご結婚おめでとうございます。

最近のお気に入り。

香りのモノが好きです。
お香やお線香の香りも好き。
アロマオイルを炊くのも好き。
アロマキャンドルも好き。…でした。
でもさんにゃんが来てからネコにエッセンシャルオイルは
良くないらしいので使わなくなりました。

でも香りの物が好き!
特に天然の香りのものは気持にダイレクトに伝わる気がします。
yiyyyeye.jpg
そんな私が猫たちに遠慮せずに香りを満喫出来るのがバスタイム。
バスタブにはいつも塩を入れています。
色々な香りを気分で楽しみたいので普段は香りの付いたバスソルトではなく
料理用の天然塩をひとつかみに好みのエッセンシャルオイルを数滴…
なんて方法で適当に自分で楽しんでいます。

4月にParisで買ったBioのバスソルト。
ゲランドの塩にラベンダー・ローズマリー・バジルのエッセンシャルオイルと
ラベンダーの花がブレンドされたものなのですがとっても良い香りなのです。
ブレンドされてる植物の季節になったら使おう!と
この季節まで待ってたのですが日々良い香りに癒されています。
私のバスタイム、気分は南仏プロヴァンスです…(嘘)

お風呂には半分凍ったミネラルウォーターと読みたい本を持って行きます。
そして良い香りに包まれてゆっくりのんびり浸かります。
yuyaeyyiyycyo.jpg
お風呂上がりのボディローション。
最近のお気に入りはこれ。
これも自然な優しい香りです。

オーガニックのコスメブランドもずいぶん増えたし
以前よりずっと品質が向上した気がします。
使い心地が良くて物足りなさを感じなければなるべく自然なモノを
肌に直接付けるモノには選びたい…と色々不健康な生活なので
尚思う今日この頃です。
ae.jpg
そうそう、香り繋がりでもうひとつ。
このスプレーも4月のフランスで見つけたヒット商品!
これはオーガニックの蚊よけローションです。
これが本当に良い香りなのです。
蚊よけのスプレーは超強力なケミカルなモノとオーガニックのモノを
使い分けて常に常備していましたが今まで使っていたものよりも
ずっとずっと良い香りなのです。

お店の人も「私は夏場はこれをオードトワレ代わりに使っているの。」と
言っていたけど、それも良いかも!と思う爽やかな香りなのです。

別に大した量の仕事があるわけでもないのですが
どうも日々やることや、やらなくてはいけないことに
追い立てられるような気分になる日々が続いています。

香りってそんな時にふっと気持を緩めてくれたり
記憶のひだの中をトリップさせてくれたりするから
好きなのかもしれません。

6月のお菓子教室

uoyaeyoyeaai.jpg
梅雨らしいと言えば梅雨らしいのでしょうか?
不安定なお天気が続いている東京です。
6月のお菓子教室のテーブルはそんな梅雨を意識して(?)
ブルーのテーブルクロスをセレクトしました。
aeyeyoyyo1.jpg
ペーパーナプキンはやっと使えた!!
数年前に行ったバスクでバスク織りのクロスと共に買ったもの。
あじさいの季節に使いたい!と思っていました。
aeyeyoyyo2.jpg
表と裏で微妙に模様が違うのです。
Hortensias de Biarritz(ビアリッツの紫陽花)と書かれた紙ナプキン
そうビアリッツは紫陽花の街としても有名なのですよね。
…とフランスに思いを馳せておりますが、今月のお菓子はフランスではなく
どっぷりとアメリカンスイーツに挑戦しました。
yyayiyayeee.jpg
今月の自由クラスのお菓子はキャロットケーキ。
Paris発アメリカンスイーツとしてローズベーカリーのキャロットケーキが
有名になりましたが、実は私あまり感動しませんでした…。

そもそも野菜のお菓子に超が付くほど否定的なワタクシ。
(言っちゃった!!)
かぼちゃや芋はともかく何故野菜として食べた方が美味しいものを
わざわざ甘くして食べなくてはならないの?と言うのが私の基本スタンス。

オマケに今まで食べたキャロットケーキは
もそもそしていて喉に詰まりそうな食感や
ういろうみたいにもっちりしていて「これで良いのだろうか?」
みたいなものばかり。
第一、私本場アメリカのキャロットケーキを食べたことないので
何が正解なのか良く解っていないのです。

でもそんな私がちょっと感動しちゃったキャロットケーキがあってデスね、
私もこういうのが作れるようになりたい!と試行錯誤して出来たのがこちら。
ii2.jpg
今回使った人参は大分のフルーツ人参。
試作時にはオレンジのゼストを入れようか
パイナップルの酸味も良いかも…。
生地に使うオイルにピーナツオイルをブレンドしようか…
アルガンオイルも良いなぁ〜。等とあちこち随所に悩んだのですが
苦手なアメリカンスイーツに真っ正面から潔くぶつかろう!と
今回は出来るだけシンプルに仕上げてみました。

…と言うわけで使ったオイルはクセのないグレープシードオイルのみ。
生地に加えたのはくるみだけ。

かたちはなんだかんだと文句を言いつつもローズベーカリーのかたちが
今っぽくて良いなあ…と家にあったダリオール型を使いました。
ii1.jpg
クリームチーズフロスティングの塗り方も
ローズベーカリー風にしようかな…と思ったのですが
調度仕上げをしながら夕方のニュースを見ていたら
「本日開店・マグノリアベーカリー!」と原宿に上陸した
あの可愛いカップケーキ屋さんのニュースをしていました。
あのクリームの塗り方も可愛いのよねぇ…と
仕上げは渦巻き仕上げにしてみました。
マグノリア風にするにはもっともっとクリームの量を
増やさないとならないのですが、さすがにその勇気ななく…。
yyayiyayedhia.jpg
教室当日はちょっとデコもしてキュートに仕上げてみました。

今回試作時にクリームチーズが足りなくて急場凌ぎのつもりで
作ったクリームがとっても気に入ってしまいそのレシピを採用!
怪我の功名(?)でとっても私好みなキャロットケーキが出来上がりました。
yiyayoyyoyiyoyaeyyoy.jpg
そしてもう一つのお菓子はレモンスフレプティング。
こちらもアメリカンカントリースイーツのひとつ。
生地を作って焼いている最中に二層に分かれスポンジっぽい部分と
プティングっぽい部分になるこのお菓子。

2002年頃雄鳥社から出した「プリン」と言う本に
載せたこともあるお菓子ですが アメリカでは「レモンプティングケーキ」
とか「マジックレモンプティング」と呼ばれているものです。
本来大きなグラタン皿で焼き、スプーンでざっくり取り分けるものの様ですが
私は小さく焼いてキャラメルを添えるのがお気に入りです。

レモンとキャラメルの組み合わせは大好きな組み合わせ。
そして出来たてを食べるこのお菓子ですが、私は冷えた物も好きです。

今回レモンのお菓子を生徒さんにリクエストされていたのですが
なかなか新しいお菓子を思い付かず自分の古い本を見返していて
「発掘」したのですが久し振りに食べたらやっぱり美味しかった…。
6iieaa.jpg
今月の紅茶はこちら。
A.C.パークスのブラックベリーティー。
このブルーの缶に惹かれて購入。はい。ブルーです!(笑)
oee.jpg
こちらのお花もキューピーの収録のときのいただきものです。
今回は俯瞰で見ると横に広がるように活けてみました。
odhia.jpg
アスパラの葉が涼やかですね。
dhaayyeye1.jpg
基礎クラスのカリキュラムはフルーツタルト。
ここで基本のパートシュクレ・クレームダマンド・クレームパティシエールを
と3つのお菓子作りの基本的アイテムをご紹介。
上に載せるフルーツは毎年なんとなくその時の気分で選びます。

今回はゴールデンキウイ・台湾マンゴー・グリーンライチ・ライムと
ちょっとアジアンフルーツをセレクトして仕上げてみました。
6月もいらしてくださってありがとうございました。
これからますます暑くなるとオーブンを使ってのお菓子作りは苦行ですね。
でもそれでも作りたい!食べたい!と思ってくださる方♪
7月のお教室へのご参加、楽しみにしております。

スケジュールはブログカテゴリー・「お教室のスケジュールご案内」の
最新版でご確認くださいませ。

次のページ »