Archive for 10月, 2013

「頑張って」

レオのこと、
沢山のお悔やみの言葉や励ましの言葉をいただきました。
本当にありがとうございます。

一度もお会いしたことのない、ブログをずっと見ていてくださった方から
涙が出るほど温かい言葉をいただいたり…。
レオも私もシアワセ者です。
本当にありがとうございました。
yeyoyoyaeaeyiy.jpg
レオの闘病中、色々一人で悩んでいたときに
猫を飼っている友人に相談したりもしましたが
ツイッターやFBの友人達には本当に助けてもらいました。

私はFBは本名でやっていますが、ツイッターはハンドルネームで
本名は出さずにやっています。
どちらにも現実に面識のある友人知人もいれば
お会いしたことのない方もいらっしゃいます。

食欲のなくなってしまったレオに何を食べさせたらいいのか
途方に暮れて呟くとそのツイートは拡散され
「ウチの子は生クリーム!」「レバーをボイルしてみたら?」
「このメーカーの猫缶」「温めてみたら…?」
などなど沢山の方からご自身の経験を色々教えてもらえました。

そしてレオの病気が癌だとフォロワーさん同士の会話でわかると
こちらの病院にセカンドオピニオンを取りに行かれたらいかがですか?と
お声をかけてくださった方もいらっしゃいました。

もともと行っていた獣医さんはレオ達さんにゃんを拾ったときから
お世話になっている獣医さんで特に不満はなかったのですが
やはり癌は大変な病気です。スペシャリストの先生とか
通り一遍ではなく例えば漢方と併用している先生とか
今の先生とは別の角度からアドバイスを頂きたいと思っていた矢先に
教えていただいたその病院が偶然にも家の近所だったので
そちらの病院にお世話になることも出来ました。

病気発覚から今日まで、泣かない日は一日もありませんでした。
レオを失うことが怖くて息を詰めるような時間。
レオの具合がどんどん悪くなっていくのを見ているのは
砂時計の砂がサラサラと落ちてゆくのを為す術もなく
見つめているような、そんな想いでした。
悲しくて、怖くて、やりきれない…。

そんな気持もツイッターやFBにはポロリと呟かしてもらったり…。
私のTLは相当鬱陶しく重苦しいモノばかりで
朝っぱらからこんな暗い話、付き合ってられない!と思う方も
いるだろうなぁ…と思いつつも自分の不安を吐露する場所に
使わせてもらっていました。

すると、レオの調子の良い日は「良かったね、この調子で頑張って!」と
レオの調子の悪い日は「レオぽん、頑張れ!!」「おばも頑張れ!」「と
沢山の方から「頑張って」って応援してもらいました。

私達、それまでも頑張っていたと思います。
レオは文字通り命懸けで頑張っていた。
もうこれ以上頑張れない、って思うくらい頑張っていたと思うけど
みんなからの「頑張って」はすごくすごく嬉しくて
精一杯にプラスα、ない力を振り絞ってもう少し頑張る力になりました。
私にはみんなからの「頑張って」は本当に有り難い勇気の湧く言葉でした。
aiuiyeyoyoyyiy.jpg
よく頑張ってるヒトに「頑張って。」って声をかけるのは酷だ、と
言う話を聞きますが、本当にそうなのかな…って思います。

言外に「アナタが勝手にやって解決してね 。」という意味が隠された
「頑張って」は確かに突き放されたようでキツイと思うこともあるだろうけど
愛とか祈りとか本当に頑張って欲しい想いとかの込められた「頑張って」は
言われた相手の心にストレートに伝わって、温かいエネルギーになるのでは
ないでしょうか…。少なくとも私にはそうでした。
(きっと同じような想いのこもった「もう頑張らなくても良いんだよ。」も
同じように温かいものだと思います。)

私はみんなの「頑張って」で沢山頑張れたから
レオにも最後まで「頑張って。レオ、生きて!」と言い続けました。
レオもきっとみんなや私の想いに応えてくれたからこそ
あの日まで頑張ってくれたのだと思います。

…こんなこと起きないで欲しかった。
レオが「レオ爺」になるまで全員健康に一緒に過ごしたかった。
どんな良いこともレオの命と交換じゃ割に合わない…。今でもそう思います。
でも鈍感な私はこの位切羽詰まらないと解らない事、
感じられないことがあったようにも思います。

皆さんの善意の応援は本当に有り難く、感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。

そして私、これからは本当にそう思ったら物知り顔に躊躇しないで
心を込めて「頑張って。」って言っていこう、って思います。
「頑張って」って悪い言葉じゃないって思ったから。
s_mg_0028.jpg
これ、4年前の今頃の写真です。
まだまだちびっ子だったレオとはことかんな。可愛い。

昨日美容室に行きました。
2ヶ月近くご無沙汰だったぼさぼさだった髪の毛をなんとかしたくて
美容師さんに「悲しい事があったから気分を変えたい」と言って
お任せしたら顎のラインのふんわり柔らかいウェーブのボブになりました。
シャンプーをしてくれた男の子が私のiPhoneケースが猫柄なのを見て
「猫飼っているんですか?」と聞いてきたとき
私は本当に何も考えずに「そう、3匹いるの。」と…。

そう答えた自分に自分で驚いてしまったけれど訂正はしませんでした。
訂正の必要はありません。
ウチの猫たちはこれからもレオ・はこ・かんなのさんにゃんです。
レオはこれからも私達と一緒です。

まだまだ時間はかかるのだろうけどぼちぼち生きます。

Mon petit prince Leo

yoyayeyeyayayyyeiayiy.jpg
実はまだ自分の中で全く整理の付かない出来事なので
この事をどう書いたらいいのかもわからない状態なのですが
これを通り過ぎないとブログの更新もままならないので
お伝えしようと思います。

10月19日午前02:26、私のレオは永眠しました。
8月の末に悪性リンパ腫と診断されてから7週間。
私達にとってはとてつもなく辛く長い…そして短い7週間でした。

今はまだとても経緯をお伝えする為にその期間を思い出すことが
辛すぎて出来ません。

ただただまだたった4歳の若さのレオを
病気から救ってあげられなかった自分の非力さが悔しくて
レオの不在が寂しくて、気持の整理を付けるにはまだちょっと
時間がかかりそうな気がしています。
yoyayeaeeyiy.jpg
甘えん坊のレオ。
夏は暑くて他のコ達は床で寝ていたのにレオだけは
ベッドで私の横に寝ていた。
暑くても腕枕がレオのお気に入りでした。

病気になってからもレオは本当に健気に頑張りました。
辛くて苦しかっただろうに、
私が撫でると喉をゴロゴロとならしてくれて…。
私が強く願った10月4日・さんにゃんの誕生日は
全員揃って迎えてくれた。
ちょっと調子の良い日は尻尾をピン!と立てて
自分で歩いて私のいる場所まで来てくれた…。

健気で優しくて良いコのレオ。
レオには「ありがとう」の言葉しかありません。
よく頑張ったね。良いコだったね。エライよ、レオ。…と。
yiy.jpg
4年前さんにゃんを拾って家に連れて帰ってきたとき、
最後まで懐かなかったのがレオでした。
レオははこやかんなが寛ぐ中、「ニンゲンは信用出来にゃい!」と
言う目をして身を堅くして私をにらみつけてたモノです。
私は毎日レオに「もう大丈夫だよ。私は絶対にあなた達を裏切らない。
おばさんのお家にいれば何も怖いことは起きないし、もうお腹を空かせて
苦しむこともないよ。安心して良いんだよ。」と言い続けました。
そして心を開いてくれたレオは最後まで私を信じてくれて
私の腕の中から旅立ちました。

おばさんはレオとした約束が守れてないような気がして…
安心も大丈夫も充分じゃなかった気がして仕方がないよ、レオ。
これは言い出すとキリのない泣き言になって堂々巡りを繰り返します。
uoeaoyyoy.jpg
私にはまだはことかんながいます。
レオの不在がサミシイのははことかんなも同様か
もしくはそれ以上の筈です。

はーちゃんとかんなの為にも早く日常のペースを取り戻して
レオは私達の心の中にちゃんと生きているのだから!と思って
いかなくてはイケナイと思っています。

レオ・はこ・かんな。
誰にも誰かの変わりは出来ない。
全員が大切でかわいい私の宝物です。
それは、それだけは今までもこれからも何も変わらないことです。

いつかもう少し気持に整理が付いたなら
可愛かったレオのこと、頑張ったレオのこと
みなさんにも知っていてもらいたくてここに書くかもしれません。
その時はどうぞお付き合いの程お願いします。

*******************************
尚、最後に小さく会員様への業務連絡

今回のことで気を遣われて11月のお教室の参加を
躊躇なさったりしないでくださいね。
むしろ仕事をしていた方が気が楽なのです。
…どうやら私はレオに負けず劣らずの甘えん坊なのか
誰かがいてくれると頑張れます…。

なのでもしも気を遣って「少し休まれたら…。」と
思ってくださるのでしたら、本当にそれは逆なのです。
むしろお顔を見せてくださいね。

10月のお料理教室

qyaeyoyeyaeyyyae6.jpg
10月のお料理教室のご報告です。
…え?開催してたの?と思われた会員様の方が多いと思います。
申し訳ございません。
10月のお料理教室は前々日まで開催出来るか未定な状態だったため
すでに8月のご予約いただいていた方のみで開催させていただきました。

こちらの事情は後日お話し出来る時が来たら説明させてくださいね。
nauaiiaea.jpg
9月のお料理教室もお休みでしたし
8〜9月と甘いものだらけのお仕事に専念していたため
築地の場内に行くのもひと月半ぶりです。

こんなに間が空くともう相手にしてもらえないのでは…と
ドキドキしながらお邪魔したのですが
いつもの仲卸さんは温かく迎えてくださり
やっちゃばの方達も「久し振りだね−!」なんて声をかけてくれました。
こういう人肌の伝わるようなやりとりに涙が出そうになります。
qi1.jpg
今回のメニューとは関係ないのですが鰯が欲しいの…と
突然言った私に、岸和田の鰯を3尾。
袋に詰めて「持って行きなよ。」とくださいました。
美味しかった…。さんにゃんも大喜び!
qau1.jpg
やっちゃばではこんな立派な国産{じゃない}松茸。(笑)
qoea2.jpg
秋らしいフルーツも親切にしてくださるやっちゃばの方の
アドバイスで品種をセレクトしました。
qythyiyo.jpg
国産の栗も出回っていますが、今回のお料理には
小粒だけど味の濃いヨーロッパの栗の方が合うと思ったので
こちらを用意してみました。
qyaeyoyeaai2.jpg
と言うわけで、今月のテーマは「秋のテーブル」
qau4.jpg
Assiette d’automne
秋のひと皿〜松茸・柿・かぼちゃ〜
qau6.jpg
はい、すみません。見たまんまのひと皿です。
でもね、これがなかなか組み合わせとしても美味しいし
それぞれ一手間ずつかけています。
国産{じゃない}松茸はどうしても香りがサミシイものですが
これを一手間かけるとちょっと香りが増すのです。
柿はジンジャーバターでソテーしてあります。
そしてかぼちゃは生クリームを加えてコクのある滑らかなピュレに。

ポワブルルージュとパンプキンシード。
それに仲良しにいただいた早世みかん。(小粒で可愛い!!)
簡単なお料理ですがお皿いっぱい使って盛り付けて
おもてなしのひと皿に。
qe3.jpg
Crab en rose…Tartelettes filo au crabe
パートフィロのカニのタルトレット

帆立のムースにたっぷりの蟹身を加えて
パリパリのパートフィロでバラの花に見立てて包み込んだひと皿。

…実はちょっとしたアクシデントで想定していたよりも大きく
出来上がっちゃったのですが、結果オーライ!
皆さま、デザートまで完食してくださったのでこの大きさでも良いみたい…。
(なんていい加減な…いや、ライブな教室なんだ!?)
qyayyo5.jpg
Daube de porc aux marrons et raisins
豚肩肉と栗とぶどうの蒸し焼き

全ての材料をDaubeに入れてオーブンに入れちゃえば出来上がる
超簡単な上に見栄えも良く、しかも美味しいひと皿です。
ある程度酸味もあり、ふくよかなぶどうの風味もあり食べやすい…
そんなぶどうが欲しいのです−!とやっちゃばで言ったら
種なしピオーネを勧めてくださいました。

Daubeは下ごしらえさえやっておけば後はオーブンが美味しくしてくれるので
自分もテーブルに着きたいおもてなし料理の時にはピッタリです。
qyaeyuye1.jpg
Clafoutis aux pruneaux et oranges
プルーンとオレンジのクラフティ

ドライプルーンに火を入れるとどうしてこんなに美味しくなるんでしょう?
それだけでも私は良いのですが、ちょっとだけ爽やかさも加えたくて
オレンジも一緒に合わせてみました。
クラフティのアパレイユはちょっと変わったルセットですが
生クリームたっぷりな滑らかな生地になっています。

添えたバトンはクラフティに使ったオレンジの皮を利用して
オレンジゼストとヴェルヴェンヌをパートフィロで巻いたシガレット。
私はこれだけ10本くらい食べたい!というくらい好き。

パートフィロを前菜に使ったので他の用法としてもご紹介したかったし
クラフティには何かざっくり…とかさっくり!とした噛み応えのあるものを
合わせたくなるのでこんな風に合わせてみました。
qyiyyoaoco3.jpg
合わせたワインはこちら。
どちらも私の大好きなワイン。
qyiy.jpg
フランスで買ってきたbeurre cruも残り僅かとなりました。
これは名もないクレムリーの量り売りのもの。
でもクセがなくて、軽やかでとっても美味しかったです。
qo1.jpg
秋らしいお花を探していたらこうなりました。

夏の終わりから公私ともにスケジュールがめまぐるしくて
お教室の開催が変則的になってしまっています。
会員の皆さまにはご迷惑をおかけしておりますが
来月からはきちんと開催出来る様にしたいな…!です。

11月の予定はカテゴリー「会員様業務連絡 」と
カレンダーでご確認くださいませ。

10月のお菓子教室は本当に申し訳ございませんが
急遽キャンセルさせていただきました。
すでにご予約いただいた方にはメールを送らせていただきましたが
こちらで確認後、参加を考えてくださっていた皆さまには
この場をかりてお詫び申し上げます。

11月にまた皆さまと元気にお会い出来るのを楽しみにしております。

秋の花

1yaeyoyeaai5.jpg
お菓子教室のテーブル、今月はお花屋さんに気に入った花がなく
ちょっと途方に暮れた想いだったのですが
まるで打ち合わせした?!というくらいピッタリのお花が
Mちゃんのお母様ガーデンから届きました。
1yiye8.jpg
このバラはジュリア…ですか?
色合いがテーブルクロスとピッタリで本当にステキなブーケ。
1yiye12.jpg
翌日の花びらが開いた姿も艶やかでステキでした。
1iii5.jpg
秋の野原をそのまま再現したような素晴らしい花合わせ。
いつもMちゃんママのこのセンスには脱帽します。
1iii7.jpg
いつか私もこんな花合わせが出来るようになりたいなぁ、と
憧れてしまいます。
1yiyo1.jpg
こちらはハーブブーケ。
ちょっと画像が暗めですね。
本当は爽やかなのです…。
1aoio.jpg
花瓶に収まりきらなかったのでちょっとずつ間引いて
紫の葉だけを集めて活けなおしたら
こちらもテーブルクロスにぴたりと合いました。

いつも本当にステキなお花をありがとうございます。
私の友人知人は私のブログでこのお花を見るのを
毎月楽しみにしている人達が結構います。
でもこれだけのお花を育てるお庭仕事ってきっとすごい重労働ですよね。
暑い日も寒い日もありますし、どうぞどうぞご無理をなさらないでくださいね。
1yyssaaony.jpg
夏休みに大リーグのイチローを見にN.Yに行かれたKちゃん。
おみやげに素敵なリネンとペーパーナプキンをくださいました。
いくらあっても嬉しいペーパーナプキンコレクション。
ありがとうございます!
quthaossa2.jpg
そして翌月は京都に行かれたKちゃん。
今度は京都のおみやげです。
うわ〜!素敵な干菓子!!嬉しい!!!
…けど、私もらい過ぎじゃない???ねぇ…。
qiissa4.jpg
そしてCさんからはハワイのお土産をいただきました。
ALOHAなおねえさんのイラストがツボです。
引きこもりな上にビンボーヒマナシ私は滅多に旅行に行きません。
だからKちゃんやCさんの様にフットワークの軽い方に
すごく憧れると共に羨ましいなぁ〜と思います。(笑)

でもね、毎回毎回お土産を探してくださるのは私を甘やかし過ぎです!
お気持ちとお土産話だけで充分楽しいから、本当にお気遣いは無用です。

*********************************
業務連絡です。
長らく次回の予定などお知らせせずに申し訳ありませんでした。

もう日にちも迫っておりますが今後の日程をアップします。
ご予約カレンダーも本日中にはアップしますので
ご確認の程何卒よろしくお願い申し上げます。

11月のお料理教室11月8日(金) 11:00〜
11月9日(土) 11:00〜

すみません。撮影スケジュールの都合で一週ずらさせてください。
詳細未定:でもメインは久し振りにお魚にしたいなぁ…。

11月のお菓子教室

11月15日(金)
11:00〜(自由クラス)
18:30〜(自由クラス)
11月16日(土)
11:00〜(基礎クラス)
15:30〜(自由クラス)

自由クラス 詳細未定…ながらもお芋のほっくり系を予定!
基礎クラス ゴールデンモカケーキ

ご予約は会員様専用カレンダーから…。
またはメールでお願いします。
またお教室へのお問い合わせ、トライアルレッスンご希望の方も
上記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

いつもの風景

書斎で仕事をしているとベッドルームで昼寝をしていた
猫たちがわらわらと集まってきます。
理由は「私が好きだから♪」なら嬉しいですが
多分、そうじゃなくて私のいる部屋が一番快適だから。

さんにゃんにはそれぞれいくつかお気に入りの場所があって
そのどこかに落ち着きます。
ayiy.jpg
レオはだいたいこのチェアーで寝てるか
私のすぐ横の引き出しの上が定位置。
多分一番いい場所はレオが占領しています。
ま、お兄ちゃんですからね。
ceeeoe.jpg
かんなは棚で備品のふりをしています。
ここかフランスから持ち帰ってきて未だに梱包を解いてない
食器や雑貨の入った大きな紙袋の中がかんなのお気に入りのスペース。
かんなは狭くてぎゅっと収まりのいい場所が好きみたいです。
ayaeyyaeei.jpg
そして真打ち、はこさん。
この方は私の都合などお構いなしにデスクの上でどでん!と横たわります。
書類や資料を広げるとその上でなが〜く伸びるのが趣味。
本気で邪魔なんですけど、その姿にはいつも笑ってしまいます。
4uoyoycy.jpg
さんにゃんはこの10月4日でウチに来て丸4年を迎えました。
拾ったときの大きさや成長具合から逆算すると
きっと多分6月生まれ…と獣医さんのお見立てですが
正確な日が解らないので10月4日をこの子達の誕生日としました。

誕生日間近のある日、何気なく入ったお店で見つけた「3」ピアス。
思わず買ってしまいました。
さんにゃんの誕生日なのに私にプレゼント…おかしいにゃ…?(笑)
…でもこの子達の好きなモノはお金じゃ買えないものばかり。

意識しない何気ない日常の風景。
でもよく考えるとかけがえのない愛すべき風景なのかもしれませんね。
日常を大切にしたい…改めてそんなことを想う
今年のさんにゃんのお誕生日でした。

グラノーラとシフォンケーキ

9月のお菓子教室のオマケのレシピは
グラノーラでした。
私は大のオートミール好き。
オートミールはそのままお湯で炊いて食べるだけでも
麦の香りがふんわりと漂い美味しいと思うのですが
あまり賛同を得られないオートミール粥…。
でもグラノーラは嫌いな方、あまりいないようです。
1yyeyiye4.jpg
私のグラノーラは油脂はグレープシードオイル。
甘みはブラウンシュガーとメープルシロップを少量。
どちらかというとヘルシーなグラノーラです。

油脂も甘味料も加えるものもバリエーションは山ほどあるけど
今のお気に入りはこのルセット。
そしてこれを差し上げると、みなさん本当に喜んでくださり
「こんな美味しいグラノーラ、食べたことない!」とおっしゃいます。

別に特別な事はしていないし、手作りしたことのある方は
私のグラノーラを召し上がっても、まあ普通にこんなもんだ、と
思われるくらいではないでしょうか…。
でも未経験の方にとって手作りの出来たては、油が酸化していないから
それだけで大げさじゃなくそのくらい美味しく感じられると思います。

グラノーラは放っておけば出来上がっちゃうので一度に沢山作らずに
常に出来たてを頂けるように少量ずつ作るのがおすすめ。
そうするといつでも香ばしい香りの美味しいグラノーラが食べられます。
1yoyiyoyyoyyo1.jpg
9月の基礎クラスはシフォンケーキでした。
プレーンシフォン。
久し振りに食べると美味しいですね。

実は私シフォンケーキは特別得意なお菓子じゃありません。
長い間、基礎クラスのカリキュラムにも入れてなかったくらい…。
でもシフォンケーキをお好きな方はとても多くてある意味仕方なく(苦笑)
カリキュラムに組み込みました。
1yayoyeyyoyyo1.jpg
でもそのおかげで年に一度は必ず作るお菓子になりました。
そうするウチになんとなく段々好きになってきました。

最近もう少しシフォンケーキが上手に焼けるようになりたいな…なんて
人々に遅れること20年以上??な想いがちょっとだけ湧いてきてます。

いつか納得の美味しいルセットをものにしたらその時は
自由クラスで発表しますね。(多分相当先。)
*********************************
業務連絡です。
長らく次回の予定などお知らせせずに申し訳ありませんでした。

もう日にちも迫っておりますが今後の日程をアップします。
ご予約カレンダーも本日中にはアップしますので
ご確認の程何卒よろしくお願い申し上げます。

11月のお料理教室

11月8日(金) 11:00〜
11月9日(土) 11:00〜

すみません。撮影スケジュールの都合で一週ずらさせてください。
詳細未定:でもメインは久し振りにお魚にしたいなぁ…。

11月のお菓子教室

11月15日(金)
11:00〜(自由クラス)
18:30〜(自由クラス)
11月16日(土)
11:00〜(基礎クラス)
15:30〜(自由クラス)

自由クラス 詳細未定…ながらもお芋のほっくり系を予定!
基礎クラス ゴールデンモカケーキ

ご予約は会員様専用カレンダーから…。
またはメールでお願いします。
またお教室へのお問い合わせ、トライアルレッスンご希望の方も
上記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

サバラン&今後の日程

10月になっちゃってるのに…!
10月のお料理教室だって終わっちゃったのに…!
まだ9月のお菓子教室の報告も終わっていないっ!

こういうの、自分で自分がイヤになります。
1yaeyoyeaai5.jpg
9月はお料理教室はお休みさせていただいてたので
お菓子教室のみの開催となりました。
うんざりするような暑さの夏を通り過ぎたので
気持ちの良い穏やかな秋を満喫したい!と思って
まだ暑い日ではありましたが、テーブルは秋らしく演出。

茶色に見えるこのテーブルクロスは実はパープルブラウン。
私のお気に入りの一生モノのリネンです。
1aeyeyoyyo.jpg
紙ナプキンはこんなデザイン。
…多分Parisで買ったもの。
1yuyiyeyo1.jpg
9月の自由クラスのお菓子は「サバラン」でした。
「ババ」と「サバラン」どちらも同じ生地で同じように洋酒の効いた
シロップにたっぷり浸けたお菓子です。
その違いは…?
諸説ありますが、諸説ありすぎて調べれば調べるほど判らなくなります。
なのでざっくりと要はかたちの違いだけの様な気がします。(超適当)
その起源は古くなって固くなったクグロフを
シロップに浸して再生させたもの…らしい…。

と言うわけで、こちらの生地はイースト発酵させます。
この生地、イースト発酵を一度しかしない製法と
二次発酵までさせる製法があります。
全く同じルセットでも一次発酵だけと二次発酵までさせたものとでは
出来上がったときの食感が全然違います。

なんでも丁寧に作った方が美味しいに違いない。
手間はかけるだけかけた方が…と一次発酵は手抜きなんじゃないの?と
思うでしょ?思ったでしょ??
…それがね、そうでもないんです。

私はイーストものが苦手です。
…というより、お菓子ほどパンに興味を持たずにここまで来てしまったので
お菓子と同じレベルでイーストものについて語る知識も技術もありません。
でもサバランって多分その程度のヒトがそれなりに一生懸命
生地を仕込むくらいが丁度良い生地が出来る気がします。(笑)

どういう事かというと
美味しいクグロフや美味しいブリオッシュを使っても
美味しいサバランは出来ない、のです。

焼き上がったサバランはカチカチに固くて美味しくなくて正解。
このコはこれからおいし〜〜〜いシロップを吸うための土台なのですから。
ここでふんわり柔らかい美味しい生地だとシロップを吸わせたら
モロモロになって崩れ安くなってしまいます。

その儚さを「美味しさ」と捉えるかどうかは好みの問題。
でも私は、シロップをたっぷり吸い込んで尚
噛み応えのあるコシのある生地が私の理想のサバランです。
1yuyiyeyo6.jpg
…と言うわけで、今回の生地は1.5発酵。

たっぷりのシロップを吸って約2倍くらいに膨らんだサバランは
ふっくらとして美味しそうです。

今回は生地にオレンジピールを混ぜ込んで
シロップにはオレンジの果汁をたっぷり使ったオレンジ風味。
そしてトップのクリームはマンゴーのクレームレジェールにしました。

まだ残暑がきついに違いないからさっぱりとしたサバランが良いなぁ。
パッションオレンジとか…桃とシャンパーニュとか…と
色々色々妄想しましたが、結局マンゴーオレンジに落ち着きました。

この生地とクリームは自分でもかなりお気に入りの出来映えです。
来年の夏、暑い日によ〜〜く冷やしたこのサバランをお陽様の下で
食べたらすごく幸せな気持ちになれると思ってます。

*********************************
業務連絡です。
長らく次回の予定などお知らせせずに申し訳ありませんでした。

もう日にちも迫っておりますが今後の日程をアップします。
ご予約カレンダーも本日中にはアップしますので
ご確認の程何卒よろしくお願い申し上げます。

11月のお料理教室

11月8日(金) 11:00〜
11月9日(土) 11:00〜

すみません。撮影スケジュールの都合で一週ずらさせてください。
詳細未定:でもメインは久し振りにお魚にしたいなぁ…。

11月のお菓子教室

11月15日(金)
11:00〜(自由クラス)
18:30〜(自由クラス)
11月16日(土)
11:00〜(基礎クラス)
15:30〜(自由クラス)

自由クラス 詳細未定…ながらもお芋のほっくり系を予定!
基礎クラス ゴールデンモカケーキ

ご予約は会員様専用カレンダーから…。
またはメールでお願いします。
またお教室へのお問い合わせ、トライアルレッスンご希望の方も
上記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

CFのお仕事

またまたブログを放置気味。
本当にどうにも言い訳しようがありません。
忙しい…わけでもありません。
なのにどうも時間がないのです。…なんで??

特にこれと言ってスペシャルなことをしてるわけではないのに
一日があっという間に終わってしまうんですよね〜。

スペシャルなこと…と言えばそろそろテレビで
見られるようになったのでご報告。
日本生命のテレビCMで岡田准一さんが
20代から50代までを演じてらっしゃるシリーズの最新版。
岡田さん、ケーキを召し上がってらっしゃいます。

そのケーキ、私作ったんですっ!

撮影したのは8月初旬。
うだるような暑さの日々でした。
2cf7.jpg
調度国産のイチゴの端境期。
質の良いもので大きさを数種類状況に合わせてセレクトしたい…
なんてわがままで難しい希望をにこやかに「良いよ!」と
答えてくださり、私の希望通りのイチゴを揃えてくれた築地の仲卸さん。

築地に通うようになって、この方達と出逢えてほんとうに良かった!と
思う瞬間です。
2cf6.jpg
たった30秒のCMで岡田さんが召し上がるケーキは
きっとほんの一口です。
でもそのシーンをどのくらいテイクするかは
当日にならないと解りませんし
20代から50代までの4人の岡田さん全てが召し上がるのか否か…
それも当日にならないとわかりません。

…ということで、足りないよりは余った方が安心!と
直径15cmのショートケーキを何台も用意して当日に臨みます。
2cf2.jpg
テレビやムービーなど動画のお仕事の少ない私は
大きなスタジオに入ることが稀です。
なので映画スタジオのような大きなスタジオに行くだけで遠足気分。
…しかもミーハーに「芸能人に会えるー!」というのもちょっと楽しい。
2cf5.jpg
前の写真の大きなシャッターの中にケータリングで
こんな可愛いスタンドバーまで入ってくれるのです。
だからいつでも美味しいコーヒーが飲める環境♪
大所帯は楽しいですねぇ〜。
2cf3.jpg
セットの裏のライトはまるで火星人のようです。
見慣れない大きな機材を見ているだけでおもしろい。

年に数回しかない動画のお仕事は
慣れてないので緊張しますが、それ以上に物珍しさが勝って
自分の仕事の目処が立つときょろきょろとただの見学者になってしまいます。
2cf4.jpg
今回はたった一人しかいない岡田さんを4人分同じカメラワークで
同時に存在するようにしなくてはならないので特殊撮影です。
コンピューターでプログラムして動く大きなカメラは怪獣みたい。

こういう所でお菓子や料理を作る仕事をする人達のことを
現場の人達は「クッキングさん」と呼びます。
私がふらふらしていると「クッキングさーん、○○お願いします!」と
言った具合に…。

この呼び方が妙に気に入っている私。
もっと「クッキングさん」のお仕事がしたいなぁ….。
動画はとても面白そうです。

次のページ »