Archive for 9月, 2013

グラノーラとシフォンケーキ

9月のお菓子教室のオマケのレシピは
グラノーラでした。
私は大のオートミール好き。
オートミールはそのままお湯で炊いて食べるだけでも
麦の香りがふんわりと漂い美味しいと思うのですが
あまり賛同を得られないオートミール粥…。
でもグラノーラは嫌いな方、あまりいないようです。
1yyeyiye4.jpg
私のグラノーラは油脂はグレープシードオイル。
甘みはブラウンシュガーとメープルシロップを少量。
どちらかというとヘルシーなグラノーラです。

油脂も甘味料も加えるものもバリエーションは山ほどあるけど
今のお気に入りはこのルセット。
そしてこれを差し上げると、みなさん本当に喜んでくださり
「こんな美味しいグラノーラ、食べたことない!」とおっしゃいます。

別に特別な事はしていないし、手作りしたことのある方は
私のグラノーラを召し上がっても、まあ普通にこんなもんだ、と
思われるくらいではないでしょうか…。
でも未経験の方にとって手作りの出来たては、油が酸化していないから
それだけで大げさじゃなくそのくらい美味しく感じられると思います。

グラノーラは放っておけば出来上がっちゃうので一度に沢山作らずに
常に出来たてを頂けるように少量ずつ作るのがおすすめ。
そうするといつでも香ばしい香りの美味しいグラノーラが食べられます。
1yoyiyoyyoyyo1.jpg
9月の基礎クラスはシフォンケーキでした。
プレーンシフォン。
久し振りに食べると美味しいですね。

実は私シフォンケーキは特別得意なお菓子じゃありません。
長い間、基礎クラスのカリキュラムにも入れてなかったくらい…。
でもシフォンケーキをお好きな方はとても多くてある意味仕方なく(苦笑)
カリキュラムに組み込みました。
1yayoyeyyoyyo1.jpg
でもそのおかげで年に一度は必ず作るお菓子になりました。
そうするウチになんとなく段々好きになってきました。

最近もう少しシフォンケーキが上手に焼けるようになりたいな…なんて
人々に遅れること20年以上??な想いがちょっとだけ湧いてきてます。

いつか納得の美味しいルセットをものにしたらその時は
自由クラスで発表しますね。(多分相当先。)
*********************************
業務連絡です。
長らく次回の予定などお知らせせずに申し訳ありませんでした。

もう日にちも迫っておりますが今後の日程をアップします。
ご予約カレンダーも本日中にはアップしますので
ご確認の程何卒よろしくお願い申し上げます。

11月のお料理教室

11月8日(金) 11:00〜
11月9日(土) 11:00〜

すみません。撮影スケジュールの都合で一週ずらさせてください。
詳細未定:でもメインは久し振りにお魚にしたいなぁ…。

11月のお菓子教室

11月15日(金)
11:00〜(自由クラス)
18:30〜(自由クラス)
11月16日(土)
11:00〜(基礎クラス)
15:30〜(自由クラス)

自由クラス 詳細未定…ながらもお芋のほっくり系を予定!
基礎クラス ゴールデンモカケーキ

ご予約は会員様専用カレンダーから…。
またはメールでお願いします。
またお教室へのお問い合わせ、トライアルレッスンご希望の方も
上記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

サバラン&今後の日程

10月になっちゃってるのに…!
10月のお料理教室だって終わっちゃったのに…!
まだ9月のお菓子教室の報告も終わっていないっ!

こういうの、自分で自分がイヤになります。
1yaeyoyeaai5.jpg
9月はお料理教室はお休みさせていただいてたので
お菓子教室のみの開催となりました。
うんざりするような暑さの夏を通り過ぎたので
気持ちの良い穏やかな秋を満喫したい!と思って
まだ暑い日ではありましたが、テーブルは秋らしく演出。

茶色に見えるこのテーブルクロスは実はパープルブラウン。
私のお気に入りの一生モノのリネンです。
1aeyeyoyyo.jpg
紙ナプキンはこんなデザイン。
…多分Parisで買ったもの。
1yuyiyeyo1.jpg
9月の自由クラスのお菓子は「サバラン」でした。
「ババ」と「サバラン」どちらも同じ生地で同じように洋酒の効いた
シロップにたっぷり浸けたお菓子です。
その違いは…?
諸説ありますが、諸説ありすぎて調べれば調べるほど判らなくなります。
なのでざっくりと要はかたちの違いだけの様な気がします。(超適当)
その起源は古くなって固くなったクグロフを
シロップに浸して再生させたもの…らしい…。

と言うわけで、こちらの生地はイースト発酵させます。
この生地、イースト発酵を一度しかしない製法と
二次発酵までさせる製法があります。
全く同じルセットでも一次発酵だけと二次発酵までさせたものとでは
出来上がったときの食感が全然違います。

なんでも丁寧に作った方が美味しいに違いない。
手間はかけるだけかけた方が…と一次発酵は手抜きなんじゃないの?と
思うでしょ?思ったでしょ??
…それがね、そうでもないんです。

私はイーストものが苦手です。
…というより、お菓子ほどパンに興味を持たずにここまで来てしまったので
お菓子と同じレベルでイーストものについて語る知識も技術もありません。
でもサバランって多分その程度のヒトがそれなりに一生懸命
生地を仕込むくらいが丁度良い生地が出来る気がします。(笑)

どういう事かというと
美味しいクグロフや美味しいブリオッシュを使っても
美味しいサバランは出来ない、のです。

焼き上がったサバランはカチカチに固くて美味しくなくて正解。
このコはこれからおいし〜〜〜いシロップを吸うための土台なのですから。
ここでふんわり柔らかい美味しい生地だとシロップを吸わせたら
モロモロになって崩れ安くなってしまいます。

その儚さを「美味しさ」と捉えるかどうかは好みの問題。
でも私は、シロップをたっぷり吸い込んで尚
噛み応えのあるコシのある生地が私の理想のサバランです。
1yuyiyeyo6.jpg
…と言うわけで、今回の生地は1.5発酵。

たっぷりのシロップを吸って約2倍くらいに膨らんだサバランは
ふっくらとして美味しそうです。

今回は生地にオレンジピールを混ぜ込んで
シロップにはオレンジの果汁をたっぷり使ったオレンジ風味。
そしてトップのクリームはマンゴーのクレームレジェールにしました。

まだ残暑がきついに違いないからさっぱりとしたサバランが良いなぁ。
パッションオレンジとか…桃とシャンパーニュとか…と
色々色々妄想しましたが、結局マンゴーオレンジに落ち着きました。

この生地とクリームは自分でもかなりお気に入りの出来映えです。
来年の夏、暑い日によ〜〜く冷やしたこのサバランをお陽様の下で
食べたらすごく幸せな気持ちになれると思ってます。

*********************************
業務連絡です。
長らく次回の予定などお知らせせずに申し訳ありませんでした。

もう日にちも迫っておりますが今後の日程をアップします。
ご予約カレンダーも本日中にはアップしますので
ご確認の程何卒よろしくお願い申し上げます。

11月のお料理教室

11月8日(金) 11:00〜
11月9日(土) 11:00〜

すみません。撮影スケジュールの都合で一週ずらさせてください。
詳細未定:でもメインは久し振りにお魚にしたいなぁ…。

11月のお菓子教室

11月15日(金)
11:00〜(自由クラス)
18:30〜(自由クラス)
11月16日(土)
11:00〜(基礎クラス)
15:30〜(自由クラス)

自由クラス 詳細未定…ながらもお芋のほっくり系を予定!
基礎クラス ゴールデンモカケーキ

ご予約は会員様専用カレンダーから…。
またはメールでお願いします。
またお教室へのお問い合わせ、トライアルレッスンご希望の方も
上記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

同時進行

知佳ちゃんの引き菓子とほぼ同じ時期に
もうひとつ、大量生産のお仕事をしていました。

去年はスケジュールが合わず残念ながら抜けてしまったのですが
今回で3回目のプラチナギルドの展示会用のお菓子。
ayoyeyayeyeyayoc3.jpg
ショパールの仕事をやった頃からそろそろ今年も動くね…と
友人であり、この仕事のプロデュースをしている伊倉延江ちゃんと
どんなデザインにするかなど話始めていました。

最初の年はアシスタントのともちゃんがいてくれたので
二人でなんとか仕上げたけれど、それでも私は丸1日貫徹。
ともちゃんも二日間くらいは終電までの長時間労働でした。
翌年は更に大変なデザインにしちゃったにも拘わらず
無謀にも一人でやりきり作成期間7日間の合計睡眠時間は
10時間にも満たない感じでした。
今年は過去2回に比べると作業的には楽なデザインを推したけど
それでも知佳ちゃんのお菓子と同時進行で一人でやり切るのは無理!
絶対無理!むり・ムリ・無理!!と思って途方に暮れていたら
奇特にも「やってみたーい!お手伝いする−!!」と
弘美ちゃんとえみちゃんが手を挙げてくださいました。
1yuyoyya3.jpg
…でも既に技術のあるお二人に特に勉強になるような
ハイライト的な面白い事は何もなく、ただただ単純作業あるのみ!な
大量生産をお願いするのは申し訳なくて気が引けちゃいますが
そんなこと言って、納品に間に合わなかったら大変!
ここはご厚意に甘えて今年はお二人に手伝っていただきました。

直径3cmに抜いたマシュマロフォンダンにPLATINUMとPtのロゴを
延々書いてゆく日は弘美ちゃんがいてくれました。
この小さな中に必要な文字を全て書き込むのは至難の業!
せっかくひろみんがいるのだからお喋りしようにも
二人とも息を止めての作業に近く、無言のままひたすら絞ります。

500円玉くらいの大きさのクッキーをひたすらの型抜きする私。
それにひたすらTHANK YOUとスタンプを押してくれるえみちゃん。
知佳ちゃんのクッキーにネームを入れてくれたのはえみちゃんです。

今回焼いたクッキーは1300枚近いチョコレートクッキーと
700ヶ近いブールドネージュ。
どんどん焼き上がってきたクッキーを見るのは圧巻でした。
1ecyyayc1.jpg
お菓子自体を作るのも大変と言えば大変ですが
思わぬ落とし穴!的に時間がかかるのが包装作業です。
プラチナギルドの内装袋は5cm x 5cm
この中に乾燥剤を入れてクッキーを綺麗に並べるのは
1枚ずつ割らないようにお箸で入れてゆく細かい作業。
そしてシーラーをかけて余分な上部のビニールをカットして…。
土曜日でご主人様がお休みだったのにいらしてくれて
夜遅くまでこの箱詰め作業をしてくれたのはえみちゃんです。
1ecyyay1.jpg
細かい作業は全然苦にならない…と仰るお二人…。
本当にエライわぁ〜。
1yeyuyoecc2.jpg
翌日来てくれた弘美ちゃんと二人でこんどは成分表を貼り
ひたすらリボンかけ…。

デキるお二人に手伝ってもらったおかげで
プラチナは納品日を一日繰り上げて納められました。
1yeyuyoec2.jpg
一人でやったら今年も辛い辛い内職仕事…(涙)と
思っていたかもしれないけど、一緒にやってくれる人がいると
いつもよりもちょっと私自身も頑張れてテキパキした気がします。

知佳ちゃんの引き菓子108ヶと
プラチナギルド180ヶの大量生産に明け暮れた9月初旬。
気が付いたら陽の光が変わっていました。
3eao.jpg
まだこんな風に丸まらないさんにゃんたちですが
猫が丸まる季節が近付いて来ましたね。
暑いのも寒いのも苦手な私。(わがままなだけ?)
爽やかなこの季節を満喫したいと思っています。

知佳ちゃん、おめでとう。

2aiac9.jpg
「知佳ちゃん」はウチのお教室の生徒さんです。
お教室にいらっしゃったばかりの頃はまだ20代前半で
当時のウチの生徒さんの中では一番の若手ちゃんでした。

お仕事が忙しくて毎月はいらっしゃれないのだけど
いらしてくれるといつもそのクラスの空気が
ほわん♪と和むとても愛らしい雰囲気のお嬢さんでした。
可愛い知佳ちゃん、そのまま素敵な女性になり
そしてとても優しそうな男性と巡り会い結婚することに。

今年1月、知佳ちゃんが
「お話しがあるので週末に時間を作ってくれますか?」と。
そしてその時に本当はウェディングケーキを
作ってもらいたかったんだけど、会場の都合で無理なので
せめて引き菓子をお願いしたいのです。
そして出来れば自分もそれを一緒に作りたいのです….。とのこと。

なんて素敵な!と私も嬉しくて、その日からことあるごとに
容器はどんなのが良いかしら?中身は…?と考える日々。
2aiayeyuyo3.jpg
そしてこんな引き菓子を作らせていただきました。
2yuyeyuyuyye2.jpg
アイシングクッキーやマシュマロフォンダンのクッキーは
可愛いけれど、やっぱり食べて美味しい!とは別物…と
どうしても思ってしまいます。
長年ウチのお教室にいらしてくれてる知佳ちゃんの引き菓子は
「美味しくて可愛い。」じゃないとね…!と考えて
私の好きなクッキーランキングで5本の指に入る
大好きなブールドネージュをいっぱい作りました。
2yuyeyuathuia.jpg
生地はさくさく・ほろほろが信条のこのクッキー。
粉に含まれている水分まであらかじめ空焼きして飛ばし
上質なバターだけでまとめていきます。
出来上がった生地は1つづつ手で丸めていくのですが
知佳ちゃんにもその作業をしてもらいました。
2yuyeyuc2.jpg
乾燥剤と共に袋に入れてシーラーできちんと留めたら
アイボリーがかった優しい白のカップに詰めていきます。
2aiac7.jpg
そしてトップにはブラックココアベースのクッキーに
ご主人さまと知佳ちゃんの名前を入れてみました。
ベースにしたブルーはほんの少しキャラメルを加え
アンティークブルーな雰囲気になる様に調節しました。
samething blue
花嫁さんには何かブルーのものを持たせると幸せになれると言うおまじない。
信じてます。
2aiayyayoc3.jpg
ブールドネージュの上にこのクッキーを1枚載せて
透明の蓋をしたところ…。
ひゃ〜〜〜ぁ!かわい〜〜〜い!
大量生産の醍醐味はこの並んだ姿を見たときです。
2aiayeyuyo1.jpg
結婚式二日前の夜です。
お仕事を終わらせてから駆けつけた知佳ちゃんと二人で
リボンかけをしました。
2ieuo2.jpg
お手伝いする気満々のはーちゃんはリボンに釘付けだったり
知佳ちゃんのお膝に登ったり…。
もうクッキーは蓋が閉まっているから大丈夫…。と
リビングの扉を開けていたのですがリボンに絡まって邪魔なので
結局お外に出されてしまいました。
2aiayyayoc8.jpg
そしてお式は9月15日でした。
久し振りに関東を通過する台風の予報に心配していましたが
今朝、FBに会場のガーデンテラスを純白のドレスで歩く
知佳ちゃんを発見!
多少は雨もありましたが予報よりかは晴れた一日。
お天気も知佳ちゃんを祝福してくれました。
知佳ちゃん、めちゃくちゃ綺麗!!!

かずしさん、知佳ちゃん、
ご結婚おめでとうございます。
笑顔の絶えない楽しいホームをお二人で作ってくださいね。
2iyeyuyo1.jpg
さて、花嫁予備軍の生徒のみなさま♪

ワタクシの体力が大量生産や大物ウェディングケーキに
挑めるウチに、知佳ちゃんに続け!!ですよ〜。

散歩

またまたご無沙汰してしまいました。
最近1つのことをするのに以前よりも時間がかかり
どうも計画通りの時間割で物事が進みません。

撮影や買い出し以外の仕事は基本家で一人で作業をしています。
仕事に必要なモノがそろっていて、食べるものがあれば、
数日間連続で家から1歩も外に出ないなんてこともあります。
実は私、それでも全然平気な引きこもり体質なのですが
それじゃイケナイ…!と思いお散歩に出ました。

まだまだ暑いですが、「散歩しよう。」 と思う程度には
暑さも和らいできたのでしょうね。
byoyeyuyeyoyc.jpg
散歩の楽しみはよそのお家のお花鑑賞。
サルビア・ガラナチカがとても元気なお宅は
沢山のハーブを育ててらっしゃいます。
byiye.jpg
コロンとかわいいピンクのバラのお宅は
なんとな〜くスペイン風な外観の大きなお家。
byoyeio.jpg
プルンバーゴは大好きなお花。
この時期沢山のお宅のお庭を飾っています。
byayoyyey3.jpg
園芸種ではなく雑草なんですけどこの花も大好き。
子供の頃から原っぱや空き地でよく見た花ですが
そう言えば名前を知らない。

そこでFBとインスタグラムに載せたらすぐに教えてもらえました。
便利な世の中になりました−。
このコの名前は「ヤブガラシ」。
すごい繁殖力で他の草花を枯らしてしまうくらい覆い繁る
お庭のギャング的存在だそうです。
byayoyyey2.jpg
えぇ??可愛らしい蔓植物で新芽の色がモーブで
蕾が淡いグリーンで、咲いたお花は可愛いオレンジ。
こんなに可愛いのにそんな「ワル」だったのですね。
ちょっとビックリ。
byayoyyey1.jpg
う〜ん、たしかに庭の主役にするには地味すぎるかな。
…でもやっぱり可愛いと思うのです。
byoyayeyycyayoic.jpg
お散歩ついでに寄ったペットショップの看板猫ちゃん。
すご〜〜く大きくて7kgなんですって!

こうして庭のお花や陽の傾き加減で季節の移り変わりを知るのは
悪くないなぁ…と今更ながらに思います。
用事がないと外に出ない無精な自分に反省。

次のページ »