Archive for 9月, 2013

同時進行

知佳ちゃんの引き菓子とほぼ同じ時期に
もうひとつ、大量生産のお仕事をしていました。

去年はスケジュールが合わず残念ながら抜けてしまったのですが
今回で3回目のプラチナギルドの展示会用のお菓子。
ayoyeyayeyeyayoc3.jpg
ショパールの仕事をやった頃からそろそろ今年も動くね…と
友人であり、この仕事のプロデュースをしている伊倉延江ちゃんと
どんなデザインにするかなど話始めていました。

最初の年はアシスタントのともちゃんがいてくれたので
二人でなんとか仕上げたけれど、それでも私は丸1日貫徹。
ともちゃんも二日間くらいは終電までの長時間労働でした。
翌年は更に大変なデザインにしちゃったにも拘わらず
無謀にも一人でやりきり作成期間7日間の合計睡眠時間は
10時間にも満たない感じでした。
今年は過去2回に比べると作業的には楽なデザインを推したけど
それでも知佳ちゃんのお菓子と同時進行で一人でやり切るのは無理!
絶対無理!むり・ムリ・無理!!と思って途方に暮れていたら
奇特にも「やってみたーい!お手伝いする−!!」と
弘美ちゃんとえみちゃんが手を挙げてくださいました。
1yuyoyya3.jpg
…でも既に技術のあるお二人に特に勉強になるような
ハイライト的な面白い事は何もなく、ただただ単純作業あるのみ!な
大量生産をお願いするのは申し訳なくて気が引けちゃいますが
そんなこと言って、納品に間に合わなかったら大変!
ここはご厚意に甘えて今年はお二人に手伝っていただきました。

直径3cmに抜いたマシュマロフォンダンにPLATINUMとPtのロゴを
延々書いてゆく日は弘美ちゃんがいてくれました。
この小さな中に必要な文字を全て書き込むのは至難の業!
せっかくひろみんがいるのだからお喋りしようにも
二人とも息を止めての作業に近く、無言のままひたすら絞ります。

500円玉くらいの大きさのクッキーをひたすらの型抜きする私。
それにひたすらTHANK YOUとスタンプを押してくれるえみちゃん。
知佳ちゃんのクッキーにネームを入れてくれたのはえみちゃんです。

今回焼いたクッキーは1300枚近いチョコレートクッキーと
700ヶ近いブールドネージュ。
どんどん焼き上がってきたクッキーを見るのは圧巻でした。
1ecyyayc1.jpg
お菓子自体を作るのも大変と言えば大変ですが
思わぬ落とし穴!的に時間がかかるのが包装作業です。
プラチナギルドの内装袋は5cm x 5cm
この中に乾燥剤を入れてクッキーを綺麗に並べるのは
1枚ずつ割らないようにお箸で入れてゆく細かい作業。
そしてシーラーをかけて余分な上部のビニールをカットして…。
土曜日でご主人様がお休みだったのにいらしてくれて
夜遅くまでこの箱詰め作業をしてくれたのはえみちゃんです。
1ecyyay1.jpg
細かい作業は全然苦にならない…と仰るお二人…。
本当にエライわぁ〜。
1yeyuyoecc2.jpg
翌日来てくれた弘美ちゃんと二人でこんどは成分表を貼り
ひたすらリボンかけ…。

デキるお二人に手伝ってもらったおかげで
プラチナは納品日を一日繰り上げて納められました。
1yeyuyoec2.jpg
一人でやったら今年も辛い辛い内職仕事…(涙)と
思っていたかもしれないけど、一緒にやってくれる人がいると
いつもよりもちょっと私自身も頑張れてテキパキした気がします。

知佳ちゃんの引き菓子108ヶと
プラチナギルド180ヶの大量生産に明け暮れた9月初旬。
気が付いたら陽の光が変わっていました。
3eao.jpg
まだこんな風に丸まらないさんにゃんたちですが
猫が丸まる季節が近付いて来ましたね。
暑いのも寒いのも苦手な私。(わがままなだけ?)
爽やかなこの季節を満喫したいと思っています。

知佳ちゃん、おめでとう。

2aiac9.jpg
「知佳ちゃん」はウチのお教室の生徒さんです。
お教室にいらっしゃったばかりの頃はまだ20代前半で
当時のウチの生徒さんの中では一番の若手ちゃんでした。

お仕事が忙しくて毎月はいらっしゃれないのだけど
いらしてくれるといつもそのクラスの空気が
ほわん♪と和むとても愛らしい雰囲気のお嬢さんでした。
可愛い知佳ちゃん、そのまま素敵な女性になり
そしてとても優しそうな男性と巡り会い結婚することに。

今年1月、知佳ちゃんが
「お話しがあるので週末に時間を作ってくれますか?」と。
そしてその時に本当はウェディングケーキを
作ってもらいたかったんだけど、会場の都合で無理なので
せめて引き菓子をお願いしたいのです。
そして出来れば自分もそれを一緒に作りたいのです….。とのこと。

なんて素敵な!と私も嬉しくて、その日からことあるごとに
容器はどんなのが良いかしら?中身は…?と考える日々。
2aiayeyuyo3.jpg
そしてこんな引き菓子を作らせていただきました。
2yuyeyuyuyye2.jpg
アイシングクッキーやマシュマロフォンダンのクッキーは
可愛いけれど、やっぱり食べて美味しい!とは別物…と
どうしても思ってしまいます。
長年ウチのお教室にいらしてくれてる知佳ちゃんの引き菓子は
「美味しくて可愛い。」じゃないとね…!と考えて
私の好きなクッキーランキングで5本の指に入る
大好きなブールドネージュをいっぱい作りました。
2yuyeyuathuia.jpg
生地はさくさく・ほろほろが信条のこのクッキー。
粉に含まれている水分まであらかじめ空焼きして飛ばし
上質なバターだけでまとめていきます。
出来上がった生地は1つづつ手で丸めていくのですが
知佳ちゃんにもその作業をしてもらいました。
2yuyeyuc2.jpg
乾燥剤と共に袋に入れてシーラーできちんと留めたら
アイボリーがかった優しい白のカップに詰めていきます。
2aiac7.jpg
そしてトップにはブラックココアベースのクッキーに
ご主人さまと知佳ちゃんの名前を入れてみました。
ベースにしたブルーはほんの少しキャラメルを加え
アンティークブルーな雰囲気になる様に調節しました。
samething blue
花嫁さんには何かブルーのものを持たせると幸せになれると言うおまじない。
信じてます。
2aiayyayoc3.jpg
ブールドネージュの上にこのクッキーを1枚載せて
透明の蓋をしたところ…。
ひゃ〜〜〜ぁ!かわい〜〜〜い!
大量生産の醍醐味はこの並んだ姿を見たときです。
2aiayeyuyo1.jpg
結婚式二日前の夜です。
お仕事を終わらせてから駆けつけた知佳ちゃんと二人で
リボンかけをしました。
2ieuo2.jpg
お手伝いする気満々のはーちゃんはリボンに釘付けだったり
知佳ちゃんのお膝に登ったり…。
もうクッキーは蓋が閉まっているから大丈夫…。と
リビングの扉を開けていたのですがリボンに絡まって邪魔なので
結局お外に出されてしまいました。
2aiayyayoc8.jpg
そしてお式は9月15日でした。
久し振りに関東を通過する台風の予報に心配していましたが
今朝、FBに会場のガーデンテラスを純白のドレスで歩く
知佳ちゃんを発見!
多少は雨もありましたが予報よりかは晴れた一日。
お天気も知佳ちゃんを祝福してくれました。
知佳ちゃん、めちゃくちゃ綺麗!!!

かずしさん、知佳ちゃん、
ご結婚おめでとうございます。
笑顔の絶えない楽しいホームをお二人で作ってくださいね。
2iyeyuyo1.jpg
さて、花嫁予備軍の生徒のみなさま♪

ワタクシの体力が大量生産や大物ウェディングケーキに
挑めるウチに、知佳ちゃんに続け!!ですよ〜。

散歩

またまたご無沙汰してしまいました。
最近1つのことをするのに以前よりも時間がかかり
どうも計画通りの時間割で物事が進みません。

撮影や買い出し以外の仕事は基本家で一人で作業をしています。
仕事に必要なモノがそろっていて、食べるものがあれば、
数日間連続で家から1歩も外に出ないなんてこともあります。
実は私、それでも全然平気な引きこもり体質なのですが
それじゃイケナイ…!と思いお散歩に出ました。

まだまだ暑いですが、「散歩しよう。」 と思う程度には
暑さも和らいできたのでしょうね。
byoyeyuyeyoyc.jpg
散歩の楽しみはよそのお家のお花鑑賞。
サルビア・ガラナチカがとても元気なお宅は
沢山のハーブを育ててらっしゃいます。
byiye.jpg
コロンとかわいいピンクのバラのお宅は
なんとな〜くスペイン風な外観の大きなお家。
byoyeio.jpg
プルンバーゴは大好きなお花。
この時期沢山のお宅のお庭を飾っています。
byayoyyey3.jpg
園芸種ではなく雑草なんですけどこの花も大好き。
子供の頃から原っぱや空き地でよく見た花ですが
そう言えば名前を知らない。

そこでFBとインスタグラムに載せたらすぐに教えてもらえました。
便利な世の中になりました−。
このコの名前は「ヤブガラシ」。
すごい繁殖力で他の草花を枯らしてしまうくらい覆い繁る
お庭のギャング的存在だそうです。
byayoyyey2.jpg
えぇ??可愛らしい蔓植物で新芽の色がモーブで
蕾が淡いグリーンで、咲いたお花は可愛いオレンジ。
こんなに可愛いのにそんな「ワル」だったのですね。
ちょっとビックリ。
byayoyyey1.jpg
う〜ん、たしかに庭の主役にするには地味すぎるかな。
…でもやっぱり可愛いと思うのです。
byoyayeyycyayoic.jpg
お散歩ついでに寄ったペットショップの看板猫ちゃん。
すご〜〜く大きくて7kgなんですって!

こうして庭のお花や陽の傾き加減で季節の移り変わりを知るのは
悪くないなぁ…と今更ながらに思います。
用事がないと外に出ない無精な自分に反省。

カヌレちゃん

wo6.jpg
8月のサブメニューのお菓子はカヌレでした。
一年間基礎クラスに通ってくださったMちゃんが
8月から自由クラスになり最初にくださったリクエスト♪
だから嬉しくて絶対に美味しいカヌレにしなくては!と思ってました。

カヌレは簡単で難しいお菓子。
アパレイユは混ぜれば出来ちゃうのですが焼き加減や焼き方
アパレイユの配合などで随分色々変わってきます。

私は大きなカヌレよりもプチカヌレの方が好きです。
カリッとした部分ともっちりした部分とのバランスがこっちの方が
良いような気がするから…。
wyyiyi2.jpg
カヌレはボルドー地方の郷土菓子です。
この可愛いかたちはカヌレ型と言って違うかたちのカヌレを
私は見たことがありません。
今はシリコン製などもありますが伝統的なものは銅製で
内側には蜜蝋を塗るのがトラディショナル。

でも蜜蝋はちょっと敷居が高いので今回はバターを塗ることにしました。
バターでも蜜蝋に負けない外はカリッ!中はモチッ!の食感を焼いた当日
上手くすると翌日くらいまでは保てます。
それ以降はトースターやオーブンで温め直して再び冷ますと
あの食感が戻ってきます。

今回いくつかの焼き方を試して一番良いと思った焼き方を
皆さまにもご紹介しました。

いやぁ、カヌレ、久し振りに作ったら美味しくて嬉しかったな。
Mちゃん、リクエストしてくれてありがとう♪
wyyiyiycyiyiyyae.jpg
カヌレのアパレイユは作ったら一晩生地を寝かせなくてはいけません。
だから当然差し換えが必要です。
…私は何を一体勘違いしてしまったのでしょうか?
お教室の終わった時点でカヌレのアパレイユが2倍量余ってしまいました。

…カヌレは好きなお菓子だけど、日持ちもしないしこんなにいらない…と
途方に暮れてFBで呟いたら「大好物!」とのコメント発見!
早速電話して「取りに来て〜〜〜っ!」とお願い。
wyyiyiaaai1.jpg
せっせと焼きました。山ほどのカヌレ。
すごい灼熱地獄でした。…(なのに痩せなかった…)

でも終わった後に家中がバニラビーンズと卵のふんわり優しい香りに
包まれていて、数日間幸せでした。
wyyiyiic1.jpg
カヌレは高温で焼くので生地を天板にこぼすと
真っ黒のお焦げが出来ます。
それを避けるためにはアルミフォイルを敷けばいいのですが
なんとな〜く私はいつもそのまま焼いてこんなモノを作ってしまいます。

…でもなんか奈良時代の古瓦みたいでちょっと可愛い…。
1essa.jpg
今月も生徒さん達から素敵なおみやげをいただきました。
修学旅行以来!とおっしゃるKさんからいただいた京都のおみやげ。
wyuyoyeyaea.jpg
私にはどうしてもお寺のお坊さんに見えてしまうのですが
エコールクリオロのかりんと・さんとす
wyoye.jpg
そして軽井沢のおみやげ。
この2つはNさんから…。

いつも本当にありがとうございます。
本当に嬉しいけれど、本当にお気遣いは無用ですからね〜。

私は毎月皆さまにお会いして楽しいひとときをご一緒するだけで
もう充分過ぎるくらいの良いパワーをいただいているのですから…。

今月も皆さまご参加いただきありがとうございました。

来月の予定は1つ前のブログに詳細あります。
ご確認の程何卒よろしくお願い申し上げます。
yiyoe.jpg
さんにゃんと共にお待ちしております。

次のページ »