Archive for 5月, 2013

ホットケーキ

*業務連絡*
6月の料理・お菓子教室の日程をカレンダーにアップしています。
または、こちらのブログの会員様・業務連絡カテゴリーにて
ご確認の程よろしくお願いいたします。
*******************************

巷はパンケーキ流行り。
都内のあちこちに行列の出来るパンケーキ屋さんが出現して
パンケーキの本が立て続けに何冊も出版されています。

パンケーキなら私も大好き♪
私にもパンケーキのお仕事来ないかしら…?と密かに願っていたのですが
待てど暮らせどそのオファーはありません。(涙)
がっかり…。

パンケーキのお店、私もあちこち食べに行きました。
どれも勿論美味しくて行った時はシアワセになります。
でも「そうそう、これこれ!やっと会えたね!!」と言うような
私が思い描いているパンケーキには出逢えないのです。

…そしてよ〜く考えたら、それは自分の作るモノでもないのです。
それってじゃあ一体、いつどこで食べたパンケーキが私の理想なの??
そこから始まった私のパンケーキ・ジャーニー。
ひょんな事から現状、これがマイベスト!というレシピにたどり着きました。
それもものすごく偶然に。
5yyy2.jpg
それがコレ。
ふたつ前の記事でお話ししたVogue Japan Weddingです。
この日の私のお仕事はパンケーキをたっぷり焼いて積み上げること!
レシピを出す仕事ではないのでビジュアル重視。
現場に行ってカメラマンの赤尾さんの意見を伺い、ふむふむ…と
その場でレシピを作りながら、赤尾さんのイメージに合うパンケーキを
作っていきました。

最初に焼いたパンケーキを見て赤尾さん、「もう少し分厚いのが良いなぁ。」
「コレ!」と決まったらその配合で何枚も焼かなくてはならないので
分量をメモしながら、材料を微調整して「赤尾さん好み」を探します。
…結果、私が最初にベースにした配合の約倍量の粉が入った
「赤尾さん好み」が出来上がりました。

Vogueの撮影スタッフは私がハイファッションやジュエリーの
撮影が物珍しいのと一緒で、フードの撮影がとっても新鮮の様です。
「美味しそうな香りですね〜。」「食べられますか?」と
撮影後のおやつを楽しみにしていてくれます。

…味作ってないから美味しくないかも…とおやつ用は別のモノを
焼かなくちゃだめかしら…?と思いつつ一口食べてみたら
これがなんと美味しいのです!ちゃんとふわっとしているし。
粉の量が多いのでふわっとしつつももこっとした食べ応え。
今巷で流行っているハワイっぽいパンケーキとはベクトルが真逆な
昔懐かし〜〜い「パンケーキ」ではなく「ホットケーキ」な食感。

そこでやっと気付きました。
あ、私が探していたのは「ホットケーキ」だったんだ!と。
子供の頃、寝ている両親を起こさないように…と
週末の朝に姉と二人で焼いたホットケーキの味。
ちび黒さんぼのお話しに出てくる「アレ」が食べたい!と
白地に赤いラインの入ったホーローボウルにミックス粉を入れて
牛乳と卵を入れてぐるぐるかき混ぜたあの思い出。

私が探していたのはあの思い出の味の現代版だったんです。
ホットケーキミックスは便利な粉かもしれないけれど欠点もあります。
子供の頃は気にならなかったその欠点を克服したホットケーキこそ
私がここ数年、ずっと続けていたパンケーキの旅の到着点だったようです。

自分でレシピを探し求めてアレコレ作っていただけでは
この量の小麦粉を加える勇気も発想も出てこなかったと思うので
ビジュアル重視のこのお仕事に感謝!です。
4yuyayeyy6.jpg
あまりに嬉しくって今月のお菓子教室のサブメニューは
このホットケーキに決定!

生徒さん達に「美味しいでしょ−?美味しいでしょ−?」と
私の感激を強要するワタクシ。
いや、ヒトの好みは千差万別…。
あんなに言われたら「いーえ。」とは言えませんよねぇ。
失礼しましたぁ!

フランクフルタークランツ

姉妹でお教室に通ってくださっていたM姉妹。
先日のキッコーマンの講習会にも二人で参加してくださいました。
そして久し振りにウチのお教室にもお顔を出してくださることに…。
5yaeyoyeyyayaeyyoyb-3.jpg
久し振りにいらしてくださるお二人のイメージに合わせて
優しく可愛らしい雰囲気のテーブルクロスをセレクト。
5aeyeyoyyob-3.jpg
クロスを換えると同じ紙ナプキンでも印象がまた変わりますね。
ん〜、この色合わせもかなり好きかも!!と
テーブルセッティングをしながら一人にんまり♪

そしていただいたリクエストは「フランクフルタークランツ」
5yoyeyoyyoyey6.jpg
私も大好物のこのお菓子。
これからの季節にはちょっと重たい気もしますが
涼しくなった頃に是非作ってもらいたいと思います。

バタークリームの作り方がちょっと変わっていますが
普通よりもずっと軽く仕上がるこのバタークリームと
どっしり…と言うよりは軽めの焼き上がりながら風味豊かな
生地とのコンビネーションはシンプルだけど絶妙だと思います。
愛され続ける伝統菓子にはしみじみと飽きの来ない美味しさがありますね。
5yoyeyoyyoyeyyaeyyyae5.jpg
ちょっとだけデコレーションを…。と使ったのはホワイトチョコレート。
天使の羽根の飾りはもう室温が高すぎて作りにくい上に
すぐにしんなりしてしまうので、せめてもう少し分厚いモノに…と
以前ウチにいたアシスタントのともちゃんに教えてもらった
スプーンでつくる可愛いハートのチョコを作ろう!と思いつつ
全く別のモノを作ってしまいました!

同じモノを作ろうとして同じ器具を使って、同じ方法でやっているつもりでも
人それぞれのクセや個性が出るんでしょうねぇ。
ともちゃんの作るこの方法のハートはころんとしていて
すっごく可愛かったのですが、私が作るとなんか変…。
しかもちょっとお菓子に対して大き過ぎ!だったので
ハートにはしないで雫型っぽいものを作ってみました。

ケーキにデコレーションしながら偶然出来たスプーンのラインの穴が
目に見えて左のチョコは鳥さんみたい…。
ま、なんとなくかたちになったのでヨシとします。
5ob-1.jpg
Yちゃんはもうすぐママになるのに
わざわざいらしてくださって本当に嬉しかったです。

お教室に毎月通うことが出来なくても全然良いのです。
時々こうして思い出して、たまには行ってみようかな?と思ったら
是非連絡をください。
通常レッスンじゃ予定が合わない場合や作りたいものが決まっている場合は
リクエストレッスンのご相談をしてくだされば日程を調整して
久し振りに会うことが出来ます。
今回飛び入り参加してくださったeちゃんもご参加ありがとうございました。

せっかく繋がったご縁です。
細くても長く大切にしたいと思っています。

Vogue Japan Wedding

5yyy.jpg
去年ご縁をいただきお仕事させて頂いたVogue Japan Wedding
嬉しい事にまた今回も参加させて頂きました。

前号もとっても素敵でしたがVol.2となる今号は前号よりも
更にパワーアップしたんじゃない?という素敵さ&かわいらしさ!
お嫁さんになる予定のある方は是非是非必見です!

大抵の掲載誌は自分のページをカッターでカットして
資料として今までのお仕事を見せてください。と言われたときに
持ち出しやすいようにファイルにまとめているのですが
この本は自分のページ以外も好き過ぎて本をそのまま残したくて
送っていただいた掲載誌以外にファイル用にもう一冊買ってしまったほど
素敵な雑誌です。
5yyyyiyo.jpg
今回は花嫁さんの為のハーブティーブレンドを考えた
in Vogueというページの一部と
前回同様ハイジュエリーと共演(?)するお菓子を作らせていただきました。

上の写真は撮影の終わったハーブティーブレンドを私が自分の携帯で
撮った写真なので誌面のページとは全然違います。
実際の誌面はもっともっと素敵なのです。
in Vogueは全部で5ページあるのですが
自分の関わるページを終わらせても全てのものが花嫁さんっぽく
キュートで全部見たくて帰れずにただ現場に参加♪
5yyyyiyyeaeath.jpg
スタイリストさんの作業台には次の撮影で使うバカラの
箱が所狭しと並んでいます。
この床に置いてあるバカラの紙袋の大きいこと!
こんな紙袋が存在すること自体、知りませんでした。
どの位大きいのか解るように写真を撮りたい…!と悪戦苦闘していたら
5yyyyiyyeaeathoaaeauo.jpg
編集のNさんが入ってくれました−!(笑)
すごいでしょう?
スレンダーだとは言えオトナの女性がすっぽり入ってしまう紙袋!
こんなお買い物がしてみたいものです。

そして日を改めて別の日に再び撮影したものは…。
5yyyyiyoyy.jpg
パンケーキです。

こちらはBride’s Eight Waysという8シリーズの中のひとつ。
5yyy2.jpg
この特集ページはダイヤモンド輝く奥様の手が
色々なシーンのスタイリングで登場する
とてもアーティスティックな楽しいページ。
どのページも素敵でこの日も自分の撮影が終わっても帰れない…。

心優しい皆さんはただの見学者となったワタクシを
邪魔にもせず暖かい眼差しでいてくださいます。

…それを良いことに私の中では恒例行事!
一生縁のないハイジュエリーを付けてみよう!!のコーナー。
5yyyyycyaoio.jpg
んふんふ〜〜♪
…あれ?さっきまでモデルさんがしてらしてときと
随分雰囲気が違う気がするけど…まぁ良いのです。
だってこれは例えお店に行ったとしても
私には縁遠すぎて「こちらを試させていただけますか?」なんて
間違っても声をかけられないクラスのお値段!
5yyyyycyaaiy.jpg
例え一瞬でも、全然似合ってなくても
指に合わせただけで楽しくってシアワセでした。
5yyyu.jpg
スタイリストさんが用意した小物のうさぎちゃんにも
「ちょっと無理があるわね…。」
「そうだね…。」なんて言われている…?

でもね、花嫁さんや結婚に関係ある小物や雑貨は
どれも夢があってとってもステキなモノばかり。
そんなものがぎゅっとつまった1冊です。
本当にステキなので是非ご覧になってみてくださいね。

5yyyyiyyc1.jpg
そうそう、この日嬉しいものを見せてもらいました。
前回参加させていただいたページがロシアのこの雑誌に
使われたそうです。
5yyyyiyyc3.jpg
なんだかとっても不思議な気分。
5yyyyiyyc2.jpg
ロシア文字が新鮮です。

どんな撮影現場もいつでもとても楽しいのではありますが
このVogueのこのお仕事は普段とは全く雰囲気が違う現場なので
なんか毎回遠足気分の楽しで浮かれてしまいます。
今回も満喫させていただきました。

台湾バナナのアントルメ

5月のお菓子教室自由クラスのお題目は
「台湾バナナのアントルメ」でした。
4yaeyoyeaai15.jpg
元々は「台湾バナナ」と「アントルメ」の2つのリクエストを
生徒さんから頂いていたので、合体させて「台湾バナナのアントルメ」。

テーブルはバナナに合う色合いでこの時期になるとこんな色合わせの
お洋服が着たいなぁ〜。と思う大好きな色合わせにしてみました。
萌黄色とラベンダーパープルの組み合わせって初夏っぽくて好きです。
4o2.jpg
お花を買いにお花屋さんに行ったら気に入ったお花がなかったので
今月は庭の鉢植えのアイビーをカットして活けました。
このアイビーとも20年来の付き合い。
小さな鉢で苗を買って、その後大きな鉢に植え替えたら立派になって…
一度数年前に枯れかけたのですが、土を入れ替え生き残った枝を挿し木にして
根を出したもので見事に復活! 我が家の大切なメンバーです。
4aaeinyiyeye.jpg
さて、台湾バナナ。
今月は本当に本当に大変でした。
お教室前々日の夜中にはレシピが出来上がらなくて夜逃げしようかと
思うくらい、思い悩み手こずりました。

今が旬の台湾バナナ。
他のバナナよりも味が濃くてほっくりとしたお芋っぽい食感が
私にとっては昔懐かしいバナナの味です。(お若い方には解らないらしい。)

リクエストは「バナナ」ではなく「台湾バナナ」。
だからバナナの味を全面に出した美味しいアントルメにしたいと思い
買ってから数日置き、写真の様に美味しそうなシュガースポットが
現れるを待ち、それからピューレにしました。

最近の傾向としてはバナナは単体で使うのではなく
他のトロピカルフルーツとブレンドして酸味をプラスして使うことが
多い様に思います。
あとはやっぱり王道。バナナ&チョコレート。

でもまったりねっとり甘く、風味も良い台湾バナナなのに
別のフルーツと合わせるのはもったいなすぎる…。
ショコラバナーヌじゃ在り来たり過ぎてこれもつまらない…。
でもバナナだけだと味がぼやけて、良さも半減しそうなので
何かポイントに効かせ味が欲しい。…多分、苦み。
キャラメルかコーヒーとかはどうかな…?とまずは頭の中で妄想します。

そして構成がなんとなく決まったらルセットを作ってみます。
バナナはムースにすることにしたけれど、メレンゲは加えるか否か。
合わせるものはコーヒーにしたけどこれはビスキュイをコーヒーに?
そしてコーヒーのクレモーかブリュレがあったら美味しそう…。
…試作。→玉砕!!
コーヒーが主役の台湾バナナよりも主張しちゃってます。
あと食感がまったりし過ぎて、一切れ食べる間に飽きちゃう感じ。
これは各パーツの量的バランスではなく、根本的にダメ!と言うわけで
途方に暮れたのがお教室の二日前の夜中。

シュガースポットが出るまで育てたバナナのピューレの在庫が
試作で無くなっちゃったら、本番はどうするのよっ?と自分に突っ込み。
四面楚歌ってこういう感じ…?
気分はもう本能寺の信長です。(意味不明)
4yiyeyeycyoyeyeya6.jpg
そして出来上がりました。
お教室前日の明け方にやっと…!

私がお教室で提案するお菓子は基本的にはパティスリーのお菓子を
そのまんま再現したようなものではなく、あくまでオウチで作れる
あまり無駄のないお菓子が良いと思っています。
なのでメレンゲをムースに加えるとしたらオルディネールにしたい。
少量で良い状態を作るのが難しい上に手間もかかる
ムラングイタリエンヌは極力使いたくありません。
ナパージュなどもかけなくてはならない理由がある時はかけてね。と
説明はしますが、出来たてをオウチですぐに食べるなら
省いても良いんじゃないかな?と私が思うものは省きます。

ただ雑誌や書籍では飽きたらず、わざわざお教室に足を運んでくださる方は
「アレはどうやって作っているんだろう?」とか
「一手間、二手間多くてもこんなもの作ってみたい!」と思って
いらしてくださる方もいらっしゃるので、そんな方法をお見せするのも
勿論大切な事だと思います。
また使ったことのない素材に触れるのもお教室に通われる
醍醐味のひとつだとも思っています。

なので要はそのバランスです。
今回、これはオウチのお菓子としては頑張りどころ。
でもここを頑張るからこっちは簡単なものにして…。と私なりに
考えながら、毎月ルセットを仕上げています。

…なんて、いつもよりお菓子作りへの考え方を熱く語るワタクシ。
はい。たまには語らせてください。
だってね、今回は本当に苦労したんですよ〜〜〜。
4yiyeyeycyoyeyeyaacii2.jpg
結局構成はこんな感じになりました。
ビスキュイにもたっぷりのバナナピューレを混ぜ込んでみたら
これだけでも美味しい生地が出来ちゃった!(嬉)
ムースはバナナのムースだけにしてコーヒー味のクレモーは退場。
コーヒーの風味はアンヴィバージュで添わせることに。
欲しかった苦みはこのコーヒーとくるみの渋みに任せます。
そして懸案事項の食感はフィヤンティーヌを底に敷いたのと
仕上げに乗せたくるみのクロカントでプラスしてみました。

ひとつひとつのパーツはどれも難しくありません。
…むしろ簡単過ぎるくらいです。
でも今回みたいに、ビスキュイ・フィヤンティーヌ・ムース・クロカントと
構成するものが多いときは気分が大変になるのでひとつずつは簡単でも
「やりがい」は得られるのではないかしら?とも思います。

いらしてくださった方達の評判もとっても良くて
安心すると共に、私にとってもお気に入りのお菓子が出来上がったので
本当に嬉しい限りです。

私は怠け者なので自分の為だけだったら
新しいルセットなんてそうそう考えないだろうと思います。
だから生徒さん達に私自身が一番育てて頂いているんだなぁ…と
思います。

今回もいらしてくださってありがとうございました。
来月のお菓子も頑張って考えます。

1つ前の記事で6月のスケジュールが出ています。
ご確認の程よろしくお願いいたします。

業務連絡&つれづれ…

*最初にお教室のご案内から*
6月のお料理&お菓子教室の日程です。

お料理教室
6月7日(金)11:00〜
6月8日(土)11:00〜 (残席僅か)

お菓子教室
6月21日(金)自由クラス 11:00〜
6月21日(金)自由クラス 11:00〜
6月22日(土)基礎クラス 11:00〜(残席僅か)
6月22日(土)自由クラス 15:30〜

お料理教室は詳細未定ですが今月はキヌアなど使ってみようかな…
なんて考え中です。

お菓子教室自由クラスは旬のアメリカンチェリーを使ったお菓子で
詳細未定。(いつもギリギリまでレシピが出来上がらないのです!)

お菓子教室基礎クラスはフルーツタルトです。
ここで基本のタルト生地・クレームダマンド・クレームパティシエールを
マスターすればすごくお菓子作りの幅が広がります。

ご予約は専用カレンダーへのご記入、
または直接メールにてご連絡くださいませ。

皆さまのご参加をお待ちしております。
**************************************

先日久し振りに合羽橋に行きました。
ゴムべらや刷毛などは大切に使ってもはやり消耗品。
痛みが激しくなってきたら不衛生ですし買い換え時と思っています。
そして今回もそんな消耗品をメインにお買い物。
5ythyeyoyi1.jpg
今回は買った刷毛はマトファーの刷毛です。
刷毛はマトファーだけじゃなく日本製の刷毛にもお気に入りがあって
コシの強いモノ、しなやかなモノと用途に合わせて数種類持っています。

…でも今回合羽橋で教えていただいて初めて知ったのですが
なんとマトファーの刷毛にはコピー商品があるんですって!
皆さんはご存じでした?

コピー商品は刷毛の毛が抜けやすい粗悪品だそうです。
「えぇぇ??そうなのぉぉぉ??」と驚きつつも
私がずっとマトファーだと思って使っていたウチの刷毛、
そう言えば最初からよく毛が抜けるなぁ、って思っていたのよ…。と
妙に納得するところもあり…。
5ythyeyoyi2.jpg
さっそくオウチに帰って元々ある刷毛をはーちゃんが鑑定中。

…アヤシイ…。限りなくアヤシイのです。
まず柄のかたちが違うのも勿論ですが厚みが違います。
材質も青いマトファーマークのモノよりもざらついた感じ…。
そして刷毛の付け根の部分の始末の仕方が違います。
型番の数字の刻印もぼやけた感じです。

…どうも限りなくニセモノっぽい感じ。
どこでいくらで購入したのかも覚えていませんが
これからは気を付けなくちゃいけないなぁ…と思いました。

マトファーじゃないのにマトファーのふりをするのは言語道断ですが
一方で高級ブランド品が必ずしもいつも絶対なわけでもないのが
私の道具選びの基準にあります。

例えばゴムべら。
耐熱温度の高い丈夫なメーカー品よりも安いゴムべらのゴムのしなり具合が
お気に入りだったり、絞り袋のお気に入りも日本のノーブランドのもの。

お菓子の型もマトファー社の型は大好きだけど
日本のアルミやブリキの型にもお気に入りの型があります。
要は自分が納得して購入しているかどうか、なのですよね。

…でもこんな所にもニセモノがいる、という事自体が
一番の驚きなのでした。

お気持ちが嬉しいのです。

chaiuoieoiss.jpg
もともとツイッターで知り合い、ツイッター上で
仲良くお話しさせていただくようになったのがきっかけで
お教室にいらしてくださるようになったCさん。

先日鎌倉の方に行かれた時のおすそ分けです。と
こ寿々のわらび餅をくださいました。
「お年寄りが慌てて食べると喉に詰まらせるくらいもっちりしているので
召し上がるときは気をつけてくださいね。」と。
「うん、気を付ける−!」って…Cさん、それどういう意味?(笑)

翌日、お客様がいらしたときに一緒にいただいたのですが
冷たくてもっちりぷるん!と、とっても美味しかったです。
ごちそうさまでした。
2oyyayo.jpg
そしてこちらはNさんの手作りギモーブです。
お味はパッション・マンゴー。
味も柔らかさも、食感ももう完璧!
下手な店で買ったよりもずっとずっとず〜〜〜っと美味しい!と感動。

Nさん曰く、Bellouetのルセットとのこと。
「先生、講習会に行かれているからルセットお持ちでしょ?」と。
はい、Bellouetの講習会でギモーブ食べた記憶あります…。
でもこんなに感動しなかったなぁ…。

こんな実力の生徒さんがいらっしゃるのでワタクシ、いつも全力投球。
それでも追いつかなくて本当に大変なんです。
でもそんな生徒さんがいらしてくださるって励みにもなるし嬉しい事です。
生徒さんに教えてもらえることも沢山あるし…。
2ceio.jpg
そして一つ前のブログでもちらりと紹介しましたが
今月はMちゃんがお料理教室に参加してくださいました。
お花はやっぱり自然光で撮るのが一番綺麗。(カメラ技術のない私には)
翌日もあいにくの雨だったので1階よりは2階の方がまだ光があるので
二階にお花を持って行って撮影しました。

大きなワインクーラーを抱えると芍薬からなんとも色っぽい香りがします。
毎回感動しますがさっきまで土と繋がっていたお花はやっぱり違いますね。
2ceioooe.jpg
かんなもお花の香り好き−!と
かんなちゃんが近付いて来てくれました。
可愛い!!(親ばか)
2yiye.jpg
そしてこちらはバラのブーケ。
このブーケだけで7種類のバラが入っています。
そして先月はモッコウバラ、去年はピンクの小さい花を
たわわに付けているつるバラもいただいたっけ…。
お母様のお庭はバラだけで何種類あるのでしょう??
本当にすごいなぁ…。オールドローズの咲くお庭なんて夢です。
2yiyeoi.jpg
はい、こちら。お約束のはこ嬢登場です。
怒られるのはなんとな〜く解っているので腰が落ちてますが
近寄らないと言う選択肢は彼女の中にはないようです。
2yiyeoyiyi.jpg
ついにはレオまで登場。
みんなの興味がお花に行くのと私は落ち着かなくなります。
犬や猫を飼ってらっしゃるのにお家にいつも綺麗にお花を飾っているお宅は
一体どうやって犬猫を躾けたのか、いつも疑問に思います。

ウチは先代の珠もこいしもですがお花はバラバラに散らすし
割った花瓶だってひとつやふたつじゃありません。
それが悲しいのも勿論ですが、ガラスが割れたら危ないじゃないですか。
本当に覚えてもらいたいものです…。
2yiyoioa.jpg
そしてこのブーケ!!!
な〜んて素敵なんでしょう!
まさにプロヴァンス!まさにガーデンランチ!
もう可愛らしくて息が止まりそうになっちゃいました。
この赤いお花はなんでしょう?まるでコクリコみたいです!

この花合わせのセンスがMちゃんのお母様の素晴らしいところ。
真似したくてもなかなか出来ないから憧れちゃうのです。
2oaae.jpg
そしてお約束の花籠。
バラのブーケだけはネコから死守しながらお部屋に飾ることにして
残りはお玄関でお客様にも見ていただくことに…。
なんて贅沢なんでしょう?
数日はこのまま楽しみつつ、だんだんブーケを小さく整理していく予定。
2oaaeyaeyyyae.jpg
もう「うっとり!!」以外の言葉が見つかりません。
yyayeyeyiaao.jpg
いつも言っていますが、皆さん本当にいらっしゃるときは
気を遣わずに手ぶらでいらしてくださいね。
私は皆さんにお会い出来るだけで、いらしていただけるだけで
本当に嬉しいのです。

…でもセンスの良い、こんな素敵なプレゼントを頂くと
ついこの感動や感激をお伝えしたい!と思ってこうしてブログで
おすそ分けしたくなっちゃうのです。

でもね、一番のプレゼントは毎月見せてくださる皆さんの笑顔と
「おいしーい!」の一言です。

5月のお料理教室vol.2

私の日頃の行いが悪いのでしょうか…?
最近お料理教室開催日、お天気が悪い日が続いている気がします。
今月なんてせっかくのプロヴァンスなのに…!
お陽様の光が足りにゃいっ!と写真を撮りつつ哀しくなります。
2yaeyoyeyaeyyyae6.jpg
コクリコのナプキンと蝶々が舞っているテーブルクロス。
もっとお部屋が明るければもっと可愛いのに…とちょっと残念!
2o4.jpg
お花は野草っぽい色合いになる様にセレクトしてみましたが
やっぱりお花屋さんのお花です。
お行儀よくこじんまりまとまります。不思議です。
…でもね、今月は良いんです、これで。
何故なら…。
2yiyyoyye2.jpg
じゃーん!
お料理教室にMちゃんが参加してくださったので
ワインクーラーにはワインの入る隙間がなくなるくらい立派な芍薬。
そしてテーブル奥にある花瓶には数種類のバラの花。

芍薬もバラもお花屋さんの花では味わえないくらい良い香りがします。
これぞ正しいガーデンランチの香り!
うふふ、これでテーブルは完璧です♪
(Mちゃんママ、いつも本当にすみません…)
2yiy3.jpg
今月のバターはこちら。
一体どれだけ私は買い込んできたのでしょう?
フランスのバターはお教室で新調することに決めているのですが
まだあと数ヶ月分はストックがあります。
このバターはIenaのマルシェのクレムリーで見て
初めて出逢ったパッケージだったので試しに買ってみました。
パンプリーはフランスのバターで有名なエシレの隣村だそうです。
風味豊かな美味しいバターでした。
2iyay6.jpg
Mousse aux carottes et salade de fenouil
人参のムースとフェンネルのサラダ

人参は味がぎゅっと凝縮するようにじんわりとオーブン焼きにしてから
ムースにしました。
フェンネルのサラダにはこちらも今が旬のグレープフルーツを加えて
ビネガーではなくレモン果汁の酸味を効かせたソースで和えます。
お砂糖など加えたわけではないけれど甘い人参のムースを
さっぱり味わうにはフェンネルの香りやグレープフルーツの酸味が
とても合うと思っています。
2yeyiyoy5.jpg
Roti d’asperge blanche et de trevise
sauce d’amande et lardon
ホワイトアスパラとトレビスのオーブン焼き

トレビスは火を入れると生で食べるよりも苦みを強く感じます。
ホワイトアスパラもほのかにえぐみというか苦みがあります。
この苦みを「美味しい」と感じる様になったならオトナの味覚!(笑)
合わせるソースはパンチェッタの塩味を活かしたホットソースです。
アーモンドの香ばしい香りとパンチェッタの風味で
いくらでも野菜を食べられてしまうこの便利ソースは
私にとってはフランスのウチの味。

生徒さんにも大好評だったのですごく嬉しいです。
2yayyo5.jpg
chinchard pane et consentre de tomate a la provencale
鯵の香草パン粉焼き・トマトのプロヴァンス風

プロヴァンス風ハーブミックスは乾燥ハーブで市販品もありますね。
今回は勿論フレッシュハーブで手作りハーブミックスです。
…ではプロヴァンス風ってどんなハーブが入れば良いの?
それはプロヴァンスの家庭の数と同じだけ諸説あると言われるくらい
決まりはあるようでない感じ…みたいです。
今回はタイム・オレガノ・ローズマリー・タイム・オレガノ・
サリエット・バジルの7種類を組み合わせてみました。

鯵にたっぷり載せたパン粉にはこの全てのハーブを混ぜ込んであります。
一方トマトの水分がなくなるまで凝縮させて作る今回のソースは
タイムとサリエット…そして隠し味にレモンのコンフィを加えてあります。
レモンのコンフィの爽やかな香りは夏らしい気がします。
付け合わせのベビーコーンはローズマリーと白ワインで蒸し焼きにします。
ベビーコーンのひげと内側の柔らかい皮は一緒に食べられます。
この時期はそれが嬉しくて見つけると皮ごと蒸したり焼いたり…。
旬を満喫します。
2yaeyuyedhia1.jpg
Foret noire chaud
温かいフォレノワール

本来のフォレノワールはココアで風味を付けたジェノワーズに
ホイップクリームとサワー種のさくらんぼのコンポートをサンドして
仕上げにケーキ全体をチョコレートのコポーでカバーしたもの。
今回はこのフォレノワールの要素を使ってデザート仕立てに再構築しました。

実はこの一皿が今月はギリギリまで味が決まらず手こずりました。
色々いぢって、いぢって、いぢりたおした挙げ句
結局一番シンプルな味に戻ってきて落ち着いた感じです。

アメリカンチェリーはポタージュ仕立てにしました。
そしてたっぷりのチョコレートを聞かせたショコラフィナンシェを
今回は熱々の状態でサーブします。
お皿の縁には南仏のラベンダー風味の蜂蜜で甘みをつけたシャンティー。
軽い口当たりだけどしっかりとした味で食事の最後を締めくくります。
2yiyyoaoco.jpg
今回合わせたワインはこちら。

お世話になっているインポーターさんからは白・白の
ご提案も頂いたのですが、白・赤にこだわってこちらをセレクト。
アルザスの白はエチケットの可愛らしさもさることながら
ゲヴェルツとリースリングの2品種の華やかな香りが素敵でした。
特にトレビスとアスパラにはすごく合った!と思っています。

メインに合わせたこちらのブルゴーニュルージュも
私が思っていた以上にお料理との相性が良くて一安心♪

…どんなものでもそうでしょうが
何かを解った気になるにはヒトの一生はあまりに短すぎます。
気に入ったワインに出逢う度にそう思います。
飲み尽くすことも出来ないけれど、例え一つの銘柄でも
このワインの数年後は?このワインの違うミレジムは…?と
キリがありません。

どんなに飲んでも酔わなくて、どんなに食べても太らない
そんな身体になりたいなぁ…なんてね。
でもそしたらそれはそれでつまらないのでしょうね。

今月もいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。
来月のお教室も美味しくて楽しい時間を過ごせるように
頑張りまーす。
…今度はちゃんと晴れると良いなぁ。

5月のお料理教室vol.1

普段は第一週の金・土で開催するお料理教室ですが
今月はGWと重なるので一週ずらしての開催となりました。
今月のメニュー作りで私がテーマに選んだのは「プロヴァンス」。

なんとな〜くでも自分の中でテーマを決めると
メニュー作りが楽になるので毎回お題目を与えることにしています。
2c1.jpg
今月、築地で選んだのはこちらの鯵。
最初は氷見の鯵にしようと思って仲卸さんと相談してたのですが
調理法や大きさなど話ていたら、この日の氷見の鯵ちゃんは小柄で
こちらの奥地鯵さんの方が立派だったからこっちにしたよ!と
愛媛の西予市の1本釣りの鯵を選んでおいてくださいました。

どうです?本当に立派で美しい鯵でしょう?
2yoyyoyiyeyeyiyoy.jpg
そして今回はこんなお野菜も使います。
フェンネル・トレビス・ホワイトアスパラ..綺麗な色合いです。
アスパラはほのかな苦みとえぐみを感じるお皿にしたかったので
国産ではなくオランダ産をセレクトしました。
2yoyoyyo1.jpg
この時期しか味わえない穂付きのベビーコーン。
築地のやっちゃ場で大きいベビーコーンを探して歩きました。
2yuyoythyeyayyi1.jpg
そしてトマトはサンマルツァーノを使います。
完熟の普通のトマトでも充分美味しく作れるのですが
お教室はちょっと珍しい素材に触れたり味を見たりする
良い機会にもなると思うので今回はこちらのトマトにしてみました。
2yiyo1.jpg
そして今月のテーマはプロヴァンスですからハーブを数種類。
ローズマリー・タイム・オレガノ・サリエット・バジル…
ハーブの名前を並べるとスカボロフェアを謳いたくなってしまうのは
私だけ…じゃないはずですよね?(笑)
今の季節はハーブも旬を迎えて元気なので香りもとても強くて爽やか。
2ycyayeyyoyayye1.jpg
そしてデザートに選んだ素材はアメリカンチェリー。
な〜んて可愛いフルーツなんでしょう?
宝石みたいに艶やかでうっとりしてしまいます。

鯵もトマトもアメリカンチェリーもこれからますます美味しく、
しかもお安くなってくる素材です。
一足先にご紹介して旬を迎えてもらえたら復習も楽しいかな…?
なんて考えて素材選びをしています。
yyeyeyeea.jpg
教室前日は朝から築地に食材を調達に行ったり
お花屋さんでお花を選んだり
クロスやお皿を決めたり…と下ごしらえと掃除以外にも
なんだかんだとやることが沢山あります。
カトラリーもチェックして黒ずみが目立つようなら磨きます。

シルバーのカトラリーは大切にしまっておくよりも
日々使っている方が黒ずんだりせずに良いのですが
さすがに日々ナイフ&フォークの生活ではありませんし
第一、大家族でもないので使い切れず定期的に磨かなくてはなりません。
オマケにばあやも執事もいない生活ですから自分で磨くしかありません。
2ieyoyeyoy3.jpg
ギリギリまで微調整を繰り返すルセットは最終的に全ての食材が揃って
それに合わせたものに書き直して、教室当日にプリントアウトします。

はこさんはプリンターがしっかり働いているか見張っていてくださいます。
…って訳ではなく、はーちゃんは紙が出てくるとすぐに手で押さえて
プリンターを詰まらせてしまうので、はーちゃんと一緒に私も
プリンターの前から離れられません。
2yeyoyyoc2.jpg
そんなわけでいつも皆さまがいらしてくれるほんの数分前まで
ばたばたと準備に追われいつもドキドキしているのですが
今月は大好きなこの季節のフランスの花・コクリコと共に
皆さまを南仏・プロヴァンスのお庭で食べるランチに
お連れできるよう考えたメニューでお迎えいたします。

リクエストレッスンのお知らせ

1yoyeyoyyoyeyyyeyoyab.jpg
*会員様への業務連絡です*
5月22日(水)11:00〜
フランクフルタークランツのリクエストレッスンを頂いております。
お時間の合う方、よろしかったらいかがですか?

バタークリームのお菓子ではありますが軽い口当たりのヴィナーマッセに
合わせた口溶けの良い軽いクリームです。
私自身かなり気に入っているルセットなので
久し振りに食べられるのが(いや、作れるのが)楽しみです♪
1yoyeyoyyoyeyyyeyoyaf.jpg
ご希望の方は予約カレンダー、またはメールにてお問い合わせください。

今日はGW最終日です。
皆さん、ゆっくり休んで、沢山遊べましたか?
私はこのGWはそれなりに充実した納得の日々でした。

親友の昌美ちゃんにお誕生日&骨折快気祝いに一日岩盤浴&エステ三昧を
プレゼントしてもらってスタートしたGW。
弘美ちゃんとは横浜ららぽーとに出来たZARA HOMEをリサーチしたあと
チャイナタウンでお買い物&夕食。
翌日は素敵なワインとメルゲスの会。
それからY家と銀座でお買い物。等々…。

どこにも旅行には行きませんでしたがどの日も楽しかったです。
1img_5473.jpg
お家にいる日はさんにゃんとゆっくり朝寝坊して
それから一緒にたっぷり遊んで…。
いつもの日々もさんにゃんがいてくれるだけで
かなり笑えてシアワセに過ごせます。

明日から世の中は通常営業。
私は相変わらずのんびりペースですが気持も新たに
今週のお料理教室に向けてがんばりま〜す。

掲載誌など…

a_mg_0014.jpg
レタスクラブ5/10号で豆乳アイスクリームを作っています。
まだギブスが取れるか取れないか…なリハビリを始めたばかりの頃に
打ち合わせをして撮影までには多分治っているから!!と
編集のNさんはじめ、スタッフの皆さまをドキドキさせながらの
撮影でしたが、こちらが復帰第一号の雑誌となりました。

後ろに移っているのはリシェスの付録。
こちらは…おすすめのパティスリーとお菓子を紹介しています。
錚々たるお店の錚々たるお菓子達がたっぷり。
見ているだけでも楽しいです。

是非ご覧になってみてくださいね。
a_mg_0016.jpg
レタスクラブのページはヘルシーだけどなめらか!を目指して
試行錯誤してみましたが、豆乳好きの方は勿論
豆乳が苦手でもフレーバーを加えたものは豆乳の風味が抑えられて
食べやすくなっていると思います。

なによりも作りやすいのでこれからの暑い季節に是非お家のおやつに
作ってみて欲しいと思います。
よろしくお願いいたします♪
ayoyeyuye.jpg
これ、わんちゃん用のおもちゃのボールです。
2月に私のリハビリ用に調度良い握り具合だったので購入。
手首をギブスで固定していたので握力のなくなってしまったのを
このボールをにぎにぎして回復させるために二つ買いました。

お風呂に連れて行ってはにぎにぎ…。
テレビを見ながらにぎにぎ…。
本を読みながらにぎにぎ…。
いつでも私が連れて歩くブルーボールをこの方が放っておくわけありません。
ayoyeyuyeoi.jpg
…私はにぎにぎよりもころころ…のほうが楽しいと思うの。
とはこちゃんはボールを転がして遊んでは自分では
取れないソファの下に入れてしまってお遊び終了。
私が必要なときはまずボール探しから始まる日々でした。

最近は私がすっかり使わなくなったこのブルーボールを使って
さんにゃんたちは新たな遊びを覚えて、それがお気に入りです。
このボール。ゴム製なので弾むのですが
弾みながら階段を落ちてゆくボールを追いかけるのがブーム。
2階の書斎で仕事をしているとかんながボールをくわえて持って来ては
私の足元にぼとりと落としてうにゃー!と啼きます。
私が階段めがけてボールを投げると再び凄い勢いでボールを追いかけて
階段を下りてはまた捕まえて戻ってくる…をボールが取れないところに
入ってしまうまでほぼエンドレスで繰り返すのです。

ネコ達の遊びに付き合ってるのは忙しいときは面倒ですが
さんにゃんそれぞれに性格が違うのでなかなか面白いものです。

Muguet …Joyeux 1er mai

zyyyeyo.jpg
5月1日はミュゲ「すずらんの日」です。
幸せを連れてきてくれる花、すずらん。
誰の所にも幸せが届きますように…。

このスズランのブーケ、素敵でしょう?
香りもすごく良いのです。
ウチに届いてから数日間、このブーケの横を通り過ぎる度に
スズランの香りを感じる事が出来ました。
お菓子教室に来てくれたMちゃんがいつものようにお母様のお庭のお花を
今回も持ってきてくださいました。
このすずらんもその中のひとつです。

他のブーケも今回はすごいのです!
お母様が作ってくださったブーケのまま撮影したかったのですが
枝ものの水揚げが必要になり、頂いた日に水揚げのためにブーケを
崩してしまったので私がアレンジし直しちゃったのですが今回はすごいのです!
zyayayyyiye.jpg
モッコウバラとニセアカシアかしら…?
もうひとつのお花の名前はまだ調べていません。
でも甘めのホワイトとモッコウバラの優しいクリーム色にきゅんと来て
この2色でまとめてみました。
しだれるようにたわわに花を咲かせた様子がなんとも素敵!
zethaaoythythceio.jpg
こちらはピンク〜紫〜ブルーグループ。
ちょっとアンダーに撮った写真が似合うエキゾチックな雰囲気。
なんともゴージャスです。
zyyythyoi.jpg
これは清楚な和花組。
お花が大好きなはこさんは興味津々です。
でもどうせ花をかじっちゃうか、花瓶を倒すのがオチですから
はこからは絶対にお花を守らなくてはなりません。
zyyythyyaeyyyae.jpg
オダマキとブルーのお花のデティール…。
はぁ〜。ため息が出るほど繊細で可愛らしいのです。
zyiyooyoye.jpg
ハーブとブルーのお花を合わせたもの。
これはお教室用に買ったアメリウムも一緒にアレンジ。
ラビットテールは猫じゃらしの親戚ですからはこのお気に入り。
もちろん絶対あげません!
zethaaoythythythyyae.jpg
こちらはハーブ&ピンクのお花を合わせたもの。
これもシャビーな雰囲気が気に入っています。
zethaaoythythadhess.jpg
…そしてこのお花はなんという名前なのでしょう?
糸のように細い繊細な茎から可愛らしい花と明るいグリーンの葉。
初めて見る草です。
お盆にふんわりと載せて写真には撮ってみましたが
このままじゃ可哀想でしょ?
zethaaoythythadhyyayo.jpg
コップにちゃんと活けました。

本当にこんなに沢山のお花を惜しげもなく摘んで
持ってきてくださるなんてどんなお庭なのでしょう?
これだけのお花が一度に咲いているんですよ?
凄くないですか???
(私が威張ることではないのですが、ちょっと誇らしい気分です。)

先日も学生時代の同級生と会って一日過ごしたときに
彼女は私のブログをチェックしてくれているのですが
Mちゃんママのお花の話になり、
「実はあのブーケを見るのも楽しみにしているのよ。」と
言ってもらえました。
そこでもひとしきり、どんなお庭なのかしらねぇ?と話題に。
uethaaoythytho.jpg
ひとしきりそれぞれのブーケを楽しんだ後、
猫たちからお花を守る為と、玄関先の方が花が長持するので
まとめて生けなおして花籠にしてみました。

お花を触っている時間は本当に無心になれて楽しいです。
そしてふとしたときに目に付くところにいお花があると
とても気持の良いものです。
そんな贅沢な時間を私にいつも作ってくださるMちゃんとお母様には
本当に感謝しています。
いつもいつもありがとうございます。

このブログをご覧になってくださっている方にも
お花の幸せのおすそ分けが届きますように…。

次のページ »