Archive for 12月, 2012

2012年もありがとうございました。

*業務連絡から失礼いたします*

1月のお料理・お菓子教室のスケジュールを
カレンダーにアップしました。
スケジュールを確認の上、ご予約をお願いいたします。
またカレンダーに入るPWをお忘れの方は
メールにてご希望の日にちをご連絡くださいませ。

お料理教室
1月11日(金)11:00〜
1月12日(土)11:00〜

お料理のメニューの詳細は未定です。
が…カラダの温まる煮込み料理なんか良いなぁ…とか思っています。

お菓子教室
1月18日(金)11:00〜(自由クラス)
18:30〜(自由クラス)

1月19日(土)11:00〜(基礎クラス)
15:30〜(自由クラス)

基礎クラスのお菓子はボンボン・ショコラです。
自由クラスはガレットデロワです。

皆さまにお会い出来るのを楽しみにしております。
3iccaao.jpg
毎年同じようなことを言っている気もしますが
一年が本当に早くて困ってしまいます。
時間の経つのを早く感じるということは充実していて
楽しいからだと思うので、そのこと自体に文句はないのですが
自分はちゃんとやるべき事をやったかな…?
やり残したことはないのかな…?と思うと自信がなくなり
時の経つのが早過ぎるような気がしてしまいます。

自分が努力すれば、頑張れば何とかなる!というレベルの所じゃない
もっと大きな社会全体や世界の情勢にあまり大きな希望が持てない
今日この頃ではあるのですが、だからといってうずくまって
絶望しているだけの日々を過ごしても何も良いことはありません。

自分なんて大海の波間に落ちてしまった一枚の葉っぱくらい
心許ない存在ではあるけれど、それなりに日々を紡いで行くしかありません。
なるべく健やかに、穏やかに、今持っているモノを大切にして
そして何かに希望の持てる日々を過ごしてゆきたいな…と思っています。

今年も一年、この拙いブログにお付き合いいただき
本当にありがとうございました。
来年はもう少し沢山ブログアップ出来るように頑張りたいと思います。
皆さま、どうぞステキな年末年始をお過ごしください。

柳瀬久美子

Y家クリスマスパーティー

yeyey.jpg
毎年恒例Y家のクリスマスパーティー。
ブログをアップせずに年を越したらMにきっと叱られる…!!と
思いながらもバタバタしていて今日になってしまいました。
でもこの記事を待っている人なんているわけない!と思っていたら
Y家のパーティーの様子を楽しみにしている方がいると判明。
今年もステキなクリスマスディナーを御馳走になりましたよー。
yeyaye.jpg
Mちゃんはご幼少の頃からブルーが大好き。
だからクリスマスツリーのオーナメントもブルーを基調に
長年デコレーションをしていたのですが、今年は心機一転。
ツリーのオーナメントもリースもゴールドになっていました。

今年のテーマカラーは「ゴールドなの♪」とおっしゃるとおり
テーブルもゴージャスにゴールドでした。
yeyaeyoyeaai.jpg
ステキなセッティングでしょう?
yeyeyeyay.jpg
こちらの麦の穂のプレートはアンティークのラリックですの。
Parisで買いましたのぉ♪
…と私が自慢してどうする?!って感じですが…
今年の6月に一緒に行ったParisでMさんとご主人のTさんが
こちらのお皿をお買い上げになる時現場に居合わせた私が
値段交渉をしたので私にも思い入れがあるのです。

1940年代のルネラリックです。うっとりしますね〜。
yeyyayoyiyo.jpg
Y家でシャンパンというとClicquotというくらい
こちらのお宅でいただくことの多いシャンパンです。
まずは泡でかんぱーい!
yeiyuyey.jpg
今年は大皿ではなく一人ずつMサマが盛り付けまでしてくださいました。
鯵のマリネのサラダ仕立て。
yeyeythyeyoyyey.jpg
今年のトマトファルシは温製で和風仕立て。
中には鶏の挽肉が入っています。
yeyay1.jpg
そしてこの季節のお楽しみ!Mont d’Orです。シアワセ〜。
今年もチーズが大好きなY君が参加してくれてるので
チーズは絶対に欠かせません。
yeyay2.jpg
Mont d’Orは二段階に分けて楽しみます。
ある程度食べたところで白ワインとニンニクを加えてオーブンへ。
即席チーズフォンデュの出来上がり!!
至れり尽くせりです〜。
yeycyuyyeyuyey.jpg
草食一家のY家。
お料理は延々と野菜づくしで続きます。
こちらはアボガドとハムのクリスマスカラーのピクルスソース。
彩りも華やかで美味しかったです。
yeoiyyae.jpg
エビのサテのソースもアボガド仕立てです。
このエビがぷりっとしていて美味しかった〜。
yeyyayiyayeyuyey.jpg
キャロットラベはオレンジのゼリーとオレンジの果肉を
合わせてあります。
こんなに沢山の品数を準備するのは大変だったでしょう…。
なんか年々進化している気がします。
yeyoyycyye.jpg
フォワグラのソテーまで出てきちゃったからもうびっくり!
こちらのソースは私が先日瓶ものチャリティーで作った
イチジクのコンフィチュールを合わせてくれました。
ポワブルロゼでおめかししていてカワイイ!
yeyayyo2.jpg
…もう今まで出てきたお料理で充分お腹もふくれて来たのですが
今年のメインはこちらです。
うわ〜〜ぁ!見事なサシの和牛です。こんな立派なお肉、毒ですってば!!
とドキドキして来ちゃいます。
yeyayyo1.jpg
昔は大喜びでいただいた和牛も年々脂に負けるようになってきて
量を食べられなくなるのは私だけではなかったようで…
Mさんもこのお肉をさっぱり食べる工夫をしてくれました。

たっぷりの大根おろしと和風の香味野菜にポン酢
和牛は王道のフレンチを作るよりもこうやって日本風にした方が
やっぱり美味しいですね。
yeyaeyuye.jpg
そして今年のデザートはこちら。
実はY家のパーティーの前日、私は今年最後の仕事で
朝の9時にスタジオ入りして終わって家に戻ったのが27時半!
お菓子をゆっくり仕上げる時間が取れなかったので
今年のデコレーションはかなりラフです。

でもお味の方は素直に美味しい自信作。
りんごのキャラメルソテーをゴールデンケーキにサンドして
ホイップクリームとキャラメルクリームでナッペしました。

何故キャンドルが「60」??
私と一日違いの誕生日のY家のTさん、今年還暦だったのです!
今年のお料理が一段とゴージャスでステキだったのは
このお祝いも兼ねていたからです。
yeyaeyyiyycyo.jpg
すくすくと素直に、そして可愛く育ったKちゃん、Yちゃん。
まぁ、怒らせるとかなりコワイけど、楽しい奥さんに囲まれて
すっかりこの日はゴキゲンさんだったTさん。
おめでとうございますー!
yeyoycyyoyiyyoye.jpg
MさんとTさんからの毎年恒例のプレゼントはピアス。
今年はちょっといつもよりも存在感があるタイプ。
これ、エメラルドなんですって!
すっごくステキ!これに合うお洋服を買わなくちゃ〜!
yeaaeaiayoyiyyoye1.jpg
そしてこのノートはKちゃん、Yちゃん姉妹からのプレゼント。
このノート、オーダーメイドで作ってもらったそうです。
yeaaeaiayoyiyyoye2.jpg
中の紙を選んで、裏表紙と表紙も綴じ方も選んで
そしてちゃんと名前まで入れてくれたこのノートは
もう大事すぎて使えませんね〜。

実は去年2人が買ってくれたクロエの手袋も
汚れると哀しいのでまだ数回しか使ってません。

このノートを使う前にペン習字を習いに行かないと!!(笑)
yeaeaaoyoyiyyoye.jpg
そしてY君からもプレゼントをもらっちゃいました!
大好物の美味しいチョコレートとクッキー。
もう本当にステキなセレクトでおばさんの心を鷲掴み!です
yeyaeyoyeyaeyyyae.jpg
今年も美味しくて楽しくてステキな時間でした。
来年はどんなメンバーで集まれるのか…
色々ますます楽しみな恒例行事になりそうです。

Tさん、Mさん、来年もよろしくお願いしまーす!

Pour Noel

que-noel-apporte.jpg

クリスマスパーティー2012

xoyey.jpg
今年のウチのクリスマスのテーマカラーはブルxシルバー。
子供の頃からピンクよりもブルーの方が好きだった私。
最近でこそ色に対する偏見がなくなりましたが
それでも長年好きなブルーは自分にとってとても居心地の良い色です。
去年まで愛用していた松ぼっくりのリースが壊れてしまったので
今年はシルバーのオーナメントにブルーのリボンを掛けて
玄関のドアに飾りました。
xyaeyoyeaeyaeyyyae1.jpg
ガーラント用に作った三角の紙をお皿の下にも敷いてみました。
これも当日の朝に突然思い付いた割には可愛い!
と一人で早朝からゴキゲンさん。
xyaeyoyeauii5.jpg
そして出来上がったテーブルはこちら。
きゃー!!!可愛すぎるっ!!私って天才!と
ここ数日間の疲れも吹っ飛ぶ瞬間です。
xiiuiyyeo7.jpg
野菜とウズラ卵のコンソメゼリーのヴェリーヌ

これは私の大好物。
たっぷりのお野菜が食べたいときに良く作ります。
今回はアスパラ・トマト・インゲン・パプリカとウズラ卵で
作りましたが、中に入れるお野菜はなんでも好きな組み合わせで…。
私の中で絶対に外せないのがウズラ卵なのです。
ハムやサーモンを入れるほどではないけれどちょっとコクが欲しい…と
言った欲求をちょうど良くカバーしてくれます。

xyyyuyi5.jpg
ドライトマトとオリーブのケークサレ

タイムの風味を効かせたケークサレはドライにしたプチトマトと
ブラックオリーブも刻んでたっぷり混ぜ込んであります。
マスカルポーネとリコッタチーズをブレンドしたチーズクリームを
ちょこんと絞ってデコレーション。
xyuyayoyyeye4.jpg
サーモンのタルトレット

ノルウェーサーモンをメープルシロップとジンジャーでマリネして
それを更にピューレ状にしてアパレイユにたっぷり混ぜ込んで
焼き上げたタルトレットです。
上にはキュウリとディルのサラダとサーモンのマリネを載せました。
xyyaeyyayyuyey6.jpg
スティックサラダの柚子味噌ソース

ベビーフェンネルとホワイトアスパラとパプリカで
クリスマスカラーにしたスティックサラダ。
柚子味噌ベースのソースを添えてお出ししました。
このソースはボイルしたお肉との相性も良くて
私の冬のお気に入りです。
xaayiya3.jpg
お友達のお家で食べさせてもらった組み合わせが
とっても美味しかったのでいつかやりたいと思っていた
生ハムx金柑のアミューズブッシュ。
そのお友達のおばあさまのお宅で採れた立派な金柑を頂いたので
さっそくコンポートにして作ってみました。
xyayyy5.jpg
黒糖のチーズケーキ

これは実は最近買った本のレシピそのまんま…いや正確には
ちょっとだけいぢっちゃったですが、ほぼまるっとそのまんま
作ってみました。
本を見たときに美味しそうだなぁ、でもどんな味なのかなぁ…と
興味深かったのでこの機会に試してみました。
ベースはクリームチーズベースのチーズケーキで
その上にヨーグルトベースの生地を載せて更に焼き
仕上げにホイップクリームを塗る…という贅沢な三層のチーズケーキです。

黒糖と言っても黒蜜を使っているので甘みがダイレクトではなく
後からじんわり〜と来る素朴でほっこりとした美味しいチーズケーキでした。
xyyyo1.jpg
スコーン

全粒粉と薄力粉をブレンドして作ったスコーンは
ざっくりとした歯応えです。
スコーンは小さめに焼き、焼き色の付いたざくざくの部分が
割合として多いのが私の好みです。
xyyyoeoci3.jpg
スコーンのお供にはマスカルポーネベースのクリームと
フランスみやげのチョコレートスプレッドとクリーミーハニー。
xyiy4.jpg
バラの風味のカップケーキ

フランスで買ったバラの花びらの砂糖漬けを沢山持っているので
それを消費すべくこのカップケーキを作りました。
トップにはローズウォーターベースのアイシングと
バラの花びらの砂糖漬けとアイシングでデコレーション。
気分が上がりますね〜。
oyyyyyoye10.jpg
ベルガモットのウィークエンド

…実はコレ、失敗作なんですぅ!
本当はウィークエンドですからグラスアローを掛けて
表面は薄く白いお砂糖の膜でコーティングされている予定でした。
そして勿論、そういう風に作ったんですよ。
でもね、グラスアローを掛けて最後に2〜3分オーブンに
入れるのですがこの時電話が!!
…そして電話で話し込んでいる間にせっかく掛けたグラスアローが
全部下に流れ落ちちゃったのでしたぁ!

でも今年の春に取り寄せた貴重なベルガモットで作ったピールが
たっぷり入ったこの生地自体の出来はとても良かったので
作り直す気にはとてもなれずに「ま、いっか!」って事にしました。

実はウィークエンドとローズのカップケーキのレシピはほぼ一緒。
どちらもバター・卵・砂糖・粉が4同割のカトルカールです。
でもシュガーバッター法とボンブ法と製法を変えて
型も替えて焼き方を変えると同じレシピでも全く食感の異なる
お菓子が出来上がります。
そんなこともお菓子作りの奥深さを垣間見るには面白いかな…と
思って作りました。
xyiyye9.jpg
そしてブッシュドノエルはこんな感じ。
今年はアールグレイ風味のビスキュイとクリームで
ごく浅めにキャラメリゼしたりんごも入れたロールケーキです。
りんごは加熱すると身崩れしやすい品種と加熱しても形を残すものと
2種類使って食感やキャラメルの味の濃さが変わるようにしてみました。
口に入れたときに味が均一でないのは立体感があって良いかな…と。

アイシングで作った雪の結晶とクッキープレートでおめかしして
出来上がり。
xyiyyeoyyyyyoye7.jpg
このブッシュドノエルとウィークエンドを中心に
テーブルセッティングをしました。
xyyayeyyyeyaeyeaea3.jpg
そして温かいお料理が何もないのは寂しいモノだと思って
メインはこれを焼きました。

これはシュトゥールデルの肉包みです。
ミートローフの様なものを作ってシュトゥールデルタイクで
巻いて焼き上げました。
xyyayeyyyeyaeyeaeae1.jpg
焼き上がりはこちら。
実はつなぎにしようと思っていた鶏レバーを買い忘れてしまって
ウチの冷凍庫で眠っていたフォアグラを代わりに使ったので
なんとも贅沢な香りがしました。
赤身だらけのOGビーフのミンチがフォアグラのおかげでしっとりと
美味しく焼き上がったのは怪我の功名。
こちらは皿盛りの写真を撮りそびれてしまいましたが
ハーブソースでいただきました。
xyaeyoye1.jpg
今年も心優しい生徒さんのおかげで一年無事になんとか
お教室を開催することが出来ました。
本当にありがとうございます。
来年もまた美味しくて楽しい、そして作ることの喜びを
お伝えできるようなメニューを作れるように頑張りたいと思います。

お教室を通じで新しい出逢いや楽しい時間を共有出来るのは
私にとってすごく大きなエネルギー源となっています。
xyiyyo3eu.jpg
今回ご用意したお酒はこちらの3種類。
どれも私のお気に入りのコスパワインです。

そしてチャリティーバザーは楽しかったです。
私が絶対にこれは売れるだろうなぁ…と思っていたものが
売れ残り、意外なものが人気だったのには驚きました。
瓶ものチャリティーと共に集計したら
年内に振り込みたいと思っているのですが
こちらのことはまた改めてご報告させていただきます。

何でも続けることは大切ですね。
今年で3回目になるこういうスタイルのパーティー。
作る量や段取りなど、ちょっとづつ上手になってくる気がします。
来年も開催することができるならもっと上手になってるはず??
乞うご期待です!

クリスマスパーティー2012/準備編

今年も気が付いたら12月です。
本当に一年早いですね。

ウチのお教室のパーティーはする年としない年がありましたが
3年前からは毎年パーティーをしています。
3年前はお酒を出しすぎたような気がします。
2年前はその反省からスイーツを作りすぎた気がします。
今年こそ、バランスの良いメニューと量で皆さまをおもてなししたい!と
思って準備を進めることにしました。

そしてもう一つ、今年はチャリティーバザーを開催して私の私物を放出。
お教室ではお馴染みの瓶ものチャリティーと合わせて
こちらの売り上げ金を福島の動物のために動いてくださっている団体に
いつものように寄付しよう!という盛りだくさんなことを思い付きました。

そんなわけでまず始めたのがお部屋の飾り作り。
xyyeyoyeie.jpg
スタイリング込みのお仕事の時に買った包装紙などを利用して
ガーラント作りに挑戦しました。
壁に貼り付けるのなら表側だけに模様があれば良いのですが
天井から吊したい!と思ったので表裏どちらにも模様が必要。
紙を菱形にカットして半分におり、ミシンで縫い合わせました。

元来がケチなのでこういう自分でも頑張れば作れそうなモノに
お金を払うのはイヤなのです。
ましてや材料が既に家にあるのですから自分で作ればタダよ、タダ!!
…でもね、始めた途端に後悔するのです。
だってすご〜〜く単純に大変な作業が延々と続くのですから…。
xyyeyoyeoyiy.jpg
どうして学習しないんでしょう?
この手間と時間を考えたら買った方がマシじゃない?って
去年も思ったじゃない、私…と自分に突っ込みを入れつつの作業中、
三角好きのレオ君は応援ではなくジャマしに来ます。
xyyeyoye1.jpg
でもね、出来上がって取り付けてみるとあまりの可愛さに
「あー、やって良かった!」と思うのです。
そして生徒さん達の反応が楽しみになるのです。
xyyeyiae1.jpg
チャリティーバザー用に整理して値札を付けた私物も
大きなバッグ6袋分になりました。
新品のお鍋や未使用のテーブルリネン類も含まれています。
そして「むぅ〜〜〜。」と悩みはしたけれど場所に限りもあるし
可愛がってもらえるところに嫁入りした方がシアワセかも…と
未練を残しつつも出品することにしたお皿などもあります。
xeoai4.jpg
瓶ものは今回3種類用意しました。
Figues au vin chaud
黒イチヂクと普通のイチヂクをブレンドして赤ワインベースで
シナモン・スターアニス・クローブ・ナツメグ・ブラックペッパー
オレンジピールとオレンジの果汁を加えて煮込んだコンフィチュール。
冬になると飲みたくなるホットワインをイメージして作りました。
TAHITI
こちらはパイナップルとマンゴーにたっぷりのタヒチ産バニラとラムを
加えて贅沢に作ったトロピカルなコンフィチュール。
Fruits rouges a la rose
これはブルーベリー・ラズベリー・いちご・ブラックチェリーなど
この夏仕事で使うためにフレッシュを買っては残ったベリーを
真空パックにして冷凍しておいたモノを全てブレンドして作りました。
フランスで買ってきたバラのシロップやバラの花びらの砂糖漬けなどを
ブレンドしてバラの風味もプラス。ちょっと乙女なお味です。

メニューを決めてレシピをだいたい作ったら買い物に行って仕込みです。
去年パーティーの前日一日で仕込もうと思ったら
思った以上に時間がかかり貫徹になっちゃったので
今年は仕込みに二日掛けることにしました。
xathssaeee.jpg
いつ何をどこまでしておくかを段取って紙に書いて
冷蔵庫に貼っておきます。
こうしておくと作業に入ったときには迷わないので
あとはどんどん作ることだけに集中出来るのです。
段取りさえきちんと組めれば仕事は6割方終わったと言っても良いくらい
この作業は大切な気がします。
xyyeyoyi1.jpg
そして毎年12月にいらしてくださった生徒さんにお渡しする
私からのクリスマスプレゼントもラッピングして…。
今年もクリスマスパーティーが始まります。

プレゼント上手

aotheth4.jpg
友人との赤羽散歩の日、帰り際に渡された
フランスからのおみやげはどっしりと重いものばかりでした。
「頼まれもしないのにヤナセの大好物買ってきた。」という
思い切り短いメールの一言で日本に来ていることを知り慌てて会ったので
彼女がそれを持っていることは会った時から知っていました。
…そしてそれが重たいものだって事も…。

お散歩を始める前に私のための重たい荷物なんだから
私に渡してくれれば良いのに…。と思いはしたのですが
こちらから「ねぇ、おみやげちょうだい。」と言うのも図々しいかしら…と
気が引けて口に出せず、そのままお散歩に突入してしまいました。
お散歩が終わって赤ちょうちんでの食事の後
「そろそろ渡さなくちゃ持って帰っちゃうね。」と言って彼女のリュックから
出てきた私の大好物は丁寧に保冷剤にまでくるまれていました。

そのステキなおみやげはそのままウチの冷凍庫に入れちゃったので
残念ながら写真はありません。
それと一緒に「こっちはオマケ!」と渡されたものがこちら。
onodassayaycy.jpg
これまた瓶もの!!重かったでしょうに…!!
これはヌテラみたいなパンに塗るチョコレートクリーム。
onodassayyay.jpg
そしてこちらは「多めに買ってきたら余っちゃったおみやげだから
ベタですが…もうひとつオマケ!」とモンサンミッシェルクッキー。
これだって缶入りで重いしかさばるのに…。

私には彼女が背中のリュックに沢山のプレゼントを持って
赤羽に降り立ったサンタクロースに見えました…。
…なんて事はまったくありませんが、
彼女の優しさが私の手元に届くその瞬間にまで詰まった
おみやげに心底じ〜ん!と来ました。

プレゼント繋がりでもう一つ。
今年はサンタが早めにウチに来るようで…。
ayoyi3.jpg
こんな可愛いボックス入りのステキなプレゼントを頂きました。
このカードがまた可愛いのです〜。
ayoyi2.jpg
クマさんのクリスマスカードだったのでしょうが
くださった方が手書きでクマちゃんを猫ちゃんに変身させてくれました。

このお茶目なカードをくださったのは料理研究家の若山曜子さん。
お互いに猫と一緒に暮らしている私達。
ひょんなことから猫繋がりでメールのやり取りをすることがあり
そのご縁でお会いしたのがきっかけで先日お食事をご一緒しました。
ayoyi1.jpg
ちょっと前に彼女がバーベリンのアユールベーダのお料理の本を
出版されていたのですが、私は前からそこに行ってみたかったので
バーベリンの本もさっそく購入。根掘り葉掘り現地のお話しを伺ったので
現地で買い求めたお砂糖とお茶を分けてくださいました。
貴重なものを本当に嬉しい!

…そして忘れずに猫ちゃんのカワイイものも入っている辺り…。
もう抜かりのないツボの押さえ方です!(笑)

プレゼント上手なヒトに逢うと嬉しくなります。
プレゼントはするのもされるのも好き。
ものと一緒にじんわりと温かくなるような気持ちとか
クスリと微笑ましくなっちゃうような想いとか
そんなものまで一緒に渡せる人になりたいな…と
プレゼント上手な人に逢うと私も頑張る!と思うのです。

赤羽散歩

もう30年近くフランスに住んでいる友人が
一時帰国をしていて行ったことのない場所を歩きたい。
とお誘いの連絡がありました。
それってどこ…?とリクエストを聞くと
戻ってきた答えは「赤羽」。

私、東京生まれ、東京育ち。
東京を離れたことは4年間のフランス生活だけですが
赤羽には行ったことありませんでした。
「なんだか良く解らないけど、楽しそうだね!」と
冬の良く晴れた寒い日に一日赤羽をぶらぶらお散歩してきました。
aotheth1.jpg
お昼に赤羽駅で待ち合わせをしてまずはランチです。
なんの予備知識もなく二人で赤羽をうろつくことに一抹の不安を
感じた私は前日の夜にちょっとだけネットで赤羽を勉強。
その時見つけた興味深いお店がここ。
朝っぱらからやっている飲み屋さんのようなお店。
有名なのは鯉と鰻だそうです。
ディープな店構えに友人も大喜び。
aotheth3.jpg
牛筋定食650円を頂きました。
お店はすでに満席に近く、私達以外のテーブルは
ほとんどの人達がお酒を飲みながら…なのでした。
aoaeaeii.jpg
食後にアーケードの商店街をぶらぶらして100円ショップや
昔懐かしい店構えの用品店などをみながら特に目的もなくお散歩を開始。

駅前で不思議にシュールなポーズの七福神を見つけて大興奮!
もちろん七神様全員写真を撮りましたが
ここでは私の特にお気に入りの恵比寿様をご紹介♪
良いポーズでしょ…?

彼女と私は20代の頃、お互い本当にお金はないけれど
時間だけはたっぷりあるParisで知り合って友人になったので
いかにお金を使わずに楽しく遊ぶか…?!ということにかける
情熱の温度と方向性が似ているのだと思います。
もう今や立派なオトナなはずなのに
この日もお互いに無駄なお金を使う気が殆どありません。
だからこの寒空の下、カフェでお茶しよう…なんて発想は皆無。
私なんてシャカパンにユニクロダウン。
リュックの中にはペットボトルでお互い飲み物完備。
aooaiiaio.jpg
きれいな景色が見えるかも…と町の高台を目指して歩きます。
晴れた日の夕方になると夕陽が見たくなるのは何故でしょう?
良い場所にはたいてい公園か神社仏閣があるものだ…という
長年のお散歩経験と野生の勘をたよりに歩いてみると
ちゃんとたどり着くんですよねぇ。
aooa.jpg
落ち葉を踏みしめて、西陽の公園を歩くなんて久しぶりです。
この光に包まれると、たいしたことない風景でも
なんだかとてもステキな景色に思えてくるから不思議です。
もうすぐ始まるマジックアワーも良いけれど
私は影が長くなる冬のこの時間帯の光が大好きです。

来た道を戻るのは嫌い。ちょっと損した気分になるから。
どうせなら知らない道を歩きたい。
多分あっちの方向を目指せば良いんでしょう…?くらいのアバウトさで
歩いていると、良い景色が見られたり、面白い発見があったりするものです。
aoyyiyeyythyyeyo.jpg
そして発見しましたよ。
可愛い可愛いパッケージ。
これ一缶4kgの業務用マーガリンのパッケージです。
aoyyiyyo.jpg
冷凍エビのパッケージもなんだかツボです。
ここは業務用スーパーでなんでも一袋が大きくて楽しい場所でした。
aoieussa.jpg
他愛ないお喋りをしながら一日ぶらぶらと歩いて
昼に来た食堂の辺りに戻ってくるとすっかり夜の飲み屋街に
なっていました。
aoieacea.jpg
古い看板をそのまま残している飲み屋さんで
お疲れ様の夜ご飯を食べてお互いに電車に乗って家路に…。
丸一日たっぷり遊んで充実の時間を過ごす事が出来ました。

帰りの電車で思ったことですが
遠回りをしたり、余計な角を曲がってみたり…。
目的地にたどり着くには無駄なことかもしれないけれど
そういうことをしたから見ることの出来た風景や出逢いって
案外ヒトの心を豊かにする大切なものだったりするものです。

忙しいといつも最短距離でよそ見をしないで用事だけ済ませて
戻ってくるようなそんなせわしない日々の繰り返しになってしまいます。
そんな日々にはそんな日々の充実感や高揚感もあるものだから
決してそういう日々を否定するつもりはないけれど
たまには目的もなく知らない駅でふらりと降りて
ただなんとなくぶらぶらと歩くような時間を持てるって良いな。と思います。

…あれ、なんか「ちぃ散歩」みたいな締めになってしまいましたが
これ、自分のこの10年を振り返って思ったことです。

モードなお仕事

cuiyyy.jpg
今発売されているVOGUE Japan Weddingで
お仕事をさせていただきました。

ヴォーグと言えば世界のトップモードマガジンのひとつ。
「モード」とは縁遠い私としてはお仕事の打ち合わせから
舞い上がりっぱなし。
いつもとは雰囲気の違う撮影現場もとても楽しかったです。

かかわらせていただいたのはRecipe for LOVEというページ。
二人のアニバーサリーの為にケーキを準備する幸せな女性の
ステキなお菓子作りを監修させていただきました。
cuiyyyaae.jpg
中身をチラリ…。
この美しい手は勿論私の手ではありません。
手タレさんは手の動きだけで感情すら表現できてしまうのでは…?
と言うくらい表情豊かに手を動かされるので
ただでさえ美しい手に私はずっと釘付け!!
キレイだったなぁ…。

カメラマンはモードな世界では有名な赤尾昌則さん。
赤尾さんが切り取る画面に自分のお菓子が写っているだけで
嬉しくなってしまうくらい色気のある写真は必見です。

…こんな艶っぽい写真でお菓子や料理の本が作りたいなぁ…と
夢見てしまいます。

このお仕事、そもそも赤尾さんがお料理カメラマンのTちゃんに
「きれいなお菓子を作れる人を探している。」と話した所
Tちゃんが「きれいなお菓子」って言われたときに一番に思い付いたのは
柳瀬さんだったから紹介しても良い?と連絡をくれたことがきっかけでした。

「きれいなお菓子」で私を一番に思い付いてくれたことが
まずすご〜く嬉しかったので、Tちゃんの顔を潰さないように
ちゃんときれいなお菓子を作らないと…!とすごく緊張しました。

でも可愛い我が子(お菓子)をこんなにステキに撮ってもらえて
本当に良い記念になりました。

良い記念と言えばもうひとつ…♪
このページのためにスタイリストさんが用意されたハイジュエリー
全部全部ぜ〜〜〜んぶ、試しに私も指に合わせてみました。
ワタクシが特にお気に召したのは
カルティエとハリーウィンストンでございました。んふふ〜。

次のページ »