Archive for 9月, 2012

クオカさんでの講習会のお知らせ

10月26日に自由が丘のクオカさんで講習会をします。
クオカさんの講習会は数年ぶりです。
yyya_mg_0050.jpg
こんなお菓子と
(フランスの栗の産地・アルデションの伝統菓子
ガトー・アルデショワをちょっと贅沢にアレンジ。)
yyya_mg_0006.jpg
こんなお菓子を作ります。
(しみじみ美味しい焼き菓子を土台に
マシュマロフォンダンでデコレーションを楽しみます。
土台になるお菓子もマシュマロフォンダンも
作り方からデモンストレーションいたします。)
自宅での教室を細々ながらも続けること15年近く…
専門学校の非常勤講師だって数年間やっていたワタクシ。
なのに、なのに何故???と言うくらい人前でおはなしするのが苦手です。

何度やってもテレビもラジオもデモンストレーションも
お話しの方は上達しません。
ですので相変わらず危なっかしい雰囲気かもしれませんが
ご案内するメニューの方は自信作です!

お時間の合う方、是非いらしてください。
お会い出来るのを楽しみにしております。

お申し込みはクオカさんのホームページからお願いいたします。
http://www.cuoca.com/library/tools/form/entry39/

No.1ピーラー 

道具のオタクの私は今でこそ、そんなこともなくなったけれど
もうちょっと前まではそりゃぁ結構な失敗道具も買いました。
まぁ、それもこれも成功への通り道。(なんの成功だ?!)
オシャレと一緒で道具も無駄な買い物をしてきたからこそ
本当に自分に必要で、本当に自分が好きなモノがわかるというもの。
…な〜んて自分に言い訳をしつつお気に入り探しの旅は
私のライフワークとなっているのです♪

最近私が見つけたこのカテゴリーでは今までで一番!なモノを
今日はご自慢がてら紹介します。
5yoye1.jpg
これ。
ピーラーです。
もう究極のシンプル!!といった風情もたまりません。

そもそも私は横刃のピーラーよりも縦刃のピーラーの方が好きで
長い間縦刃のピーラーを愛用していたのですが
横刃ではリッターが今までの中では最高の使い勝手でした。
リッターの唯一の欠点(私にとっては)は長年使っていると
野菜のアクでプラスティックの白い部分の洗いにくい細部の角などが
黄ばんできてしまうこと。
でもマメに漂白剤に浸けるとプラスティックが劣化してしまうのです。

そもそもキッチン道具にプラスティックやゴムなど
合成樹脂素材があまり好きではない私。
臭いは取れにくいし、脂がくっついたときのぺったり感や
にゅるり感が気持ち悪くてどうも私の好みから云うといけません…。
第一キッチンに色とりどりの道具はいらないし。(きっぱり!)

だからこのオールステンレスボディはまさに私好み!!だったのです。
ステンレスボディのピーラーは他にも存在していたのですが
今まで私が見たモノはデザインがイマイチ私の琴線には触れず
買うところまでは行かなかったのです。
5yoye2.jpg
さて、デザイン・素材共に文句なしなこのピーラーの実力ですが
これも文句なしの切れ味で、手の馴染みも良いのです。
まさに私にとっては機能性も良く、美しく、
オマケに手入れも楽で、今の時点では私のお道具ピーラー部門のNo.1です。

しかもこのコの偉いところはそれだけではありません。
なんと、お値段も安いのです♪
私はParisの道具屋さんで1.40ユーロくらいで買った気がします。
このコのおかげで最近皮むきが妙に楽しい私です。
yiyioo_mg_0003.jpg
ちょっと今日は涼しいからでしょうか?
それともはこの場所を取りたいレオの嫌がらせでしょうか?
なんだか無理矢理寛いでいる2匹を発見。

お野菜たっぷりの9月のお料理教室

5yaeyoye1-3.jpg
9月のテーブルセッティングは紫を基調におとなしめに作りました。
何故なら今月はいつも以上に食材がカラフルな気がするから…。

私はテーブルセッティングが主役になってしまう
テーブルコーディネートは得意ではありません。
そういう華やかなテーブルを見るとステキだなぁ…と思うのですが
いざ自分でやろうとすると、お料理が目立たなくなりそうで
怖くなってしまって出来なくなってしまうのです。

そんな私が意識して地味に作るテーブルは
本当にこうして写真で見ると尚、地味ですね…。
…良いんです。テーブルの主役はこれからですっ!と自分に言い訳。
5yyo1-2.jpg
Soupe aigrelette et froide au legumes
avec Jambon cru
酸っぱくて冷たい野菜のスープ・生ハムを添えて

こんなスープがフレンチのメニューにあるかどうかは知りません。
…多分、ないだろうと思います。
これは夏になると私がよくする和食の野菜の冷やし浸しを
フレンチ風にしたら美味しくたっぷり野菜が摂れるような気がして
考えたメニューです。

和食の冷やし浸しは出汁に薄口醤油で味付けをして冷やしたものに
彩りよくボイルした野菜を加え味を染みこませたもの。
夏になると梅干しを入れて酸味と塩気を出汁に加えさっぱりさせます。
この酸味のあるお出汁が美味しくておつゆまで全部飲んでしまいます。
…これをフレンチでやるならベースとなるフォンは何…?
酸味は何で加える…?

野菜ベースでヴィネガーとワインが入るクールブイヨンを使うことにして
試作を始めたら、色々難航。
試行錯誤、数回の後、洋風野菜の冷やし浸しが出来上がりました。
これ、私の夏の定番料理になりそうなくらい気に入っています。

…でも試作の最中にしみじみ思ったのはニッポンの出汁の偉大さです。
あんなにシンプルで、あんなにバランスが良いってすごいなぁ…
と思いました。

ゼリーで寄せても良いかも…。
ポーチドエッグも添えたら、この一皿とパンでお昼なら完璧ね。と
生徒さん達にも好評で嬉しかったです。
5eai2-1.jpg
Coquilles Saint-Jaques poelees au Parfum de l’ete
帆立のポワレ・夏の香り

帆立の貝柱をプリッと火入れする方法をご紹介しながら
このお料理は気分的には少しエスニックな風味を付けます。
ピリッと辛みを効かせたオイルで帆立をポワレにしたら
仕上げにほんの少しだけ蜂蜜を加えます。
5eai1-10.jpg
これにライムを搾っただけでも美味しいのですが
今回はもう一手間お皿の上には泡を添えました。
この泡はただの飾りじゃありません。
バイマックルーとレモングラスで香りを付けた泡です。
この泡と万能ネギ…全てを一緒にお口に運んで頂いてお料理は完成です。
5yayyo1-1.jpg
Pithivier au ragout de canard a l’orange
potiron grille,salade verte
鴨のラグーのピティビエ・グリーンサラダとかぼちゃのグリル添え

今回メインのメニューは「なにかのパイ包み」という事だけは
もう随分前から決まっていました。
理由はとっても大人の事情から…。

8月前半の仕事で大量に作ったクリームチーズ入りのパートブリゼが
冷凍庫にあって、これを有効利用したかったから。
というのがそのオトナの事情。

当初は牛フィレでも包もうか…とも思っていたのですが
教室1週間前に突然気が変わり鴨肉をラグーにして包みました。
鴨はフランス産の鴨のもも肉と胸肉を食べ応えのある大きさにカット。
事前になるべく脂を落としながら火を入れて野菜と共に煮込みます。

オレンジの風味で仕上げる鴨肉のラグーはそれだけでも美味ですが
パイとの相性もとても良かったです。

私の中で、今回のメイン食材は野菜です。
このお皿も野菜が主役。このピティビエは美味しく飽きずにたっぷりの
グリーンサラダを摂る為の脇役です。(笑)

グリーンサラダをパリッとおいしく仕上げるための野菜の下処理と
保存の方法などを説明しつつ、熱に比較的強いグリーンサラダの素材として
選んだ数種類の葉物をお皿にたっぷりの盛り付けたら
低温で甘みを出すようにゆっくりめにグリルしたかぼちゃには
ほんのりシナモンの風味を効かせ、並べます。
そして焼きたてのパイを載せて出来上がりです。

ヴェルジュを使ってフルーティーに仕上げたヴィネグレットソースを
好みでサラダにはかけながらお肉と共に頂きます。
5yayyo2-2.jpg
カッとした断面はこんな感じ。
ごろっとしたお肉をラグーソースの中から探してたっぷり入れます。
5yaeyuye2-3.jpg
Gateau a la banane
creme chantilly au rhum et coulis de mangue
バナナケーキ・ホイップクリームとマンゴーのクーリ

バナナのお菓子は美味しいですね。
大抵親しみ安くてフレンドリーな味のお菓子が出来上がります。
そんなバナナのお菓子に時として不満があるとしたら
バナナの青臭さを感じるバナナのお菓子に出逢ったとき。

他の素材の味が濃いと気にならないこともあるのですが
あの青臭さがちょっと苦手です。
バナナの青臭さを軽減する一手間をしてから作るバナナケーキ。
ラム酒風味のホイップクリームとマンゴーの酸味を合わせてみました。
相変わらずフレンドリーなバナナケーキではありますが
それでもちょっとだけおめかしさん。
5yiyyoaoco.jpg
今回合わせたワインはこちら。
サンブリはスープの酸味と見事に合ってくれて嬉しかったです。
そして帆立に添えたレモングラスやバイマックルーの風味とも
なかなか良いマリアージュでした。

そして赤は久しぶりのボルドー。
グラスに鼻を近づけただけでシアワセになる香りでした。
5yaeyoye2-3.jpg
今月もご参加くださった皆さま
本当にありがとうございました。
今月のメニューは帆立以外は作り置きの効くものです。
だからまさにおもてなしにはピッタリの
当日慌てなくて済むメニュー。

是非みなさまのお家でお役に立てると良いなと思います。

身体が求めるままに…。

6月にフランスから戻ってから8月半ばまで
ずっと慌ただしい日々を送っていました。
その頃ごじゅうかた(あえて漢字変換はしません)を
悪化させてしまったようで時間が取れるようになってからは
せっせと整体に通う日々を過ごしていました。

フランスでは日々楽しく…ではありますが暴飲暴食。
戻ってきてからは不規則な生活と不規則すぎる食生活。
食に携わる仕事をしているのだからバランスの良い食事を
日々しているのか、と言うと大間違い!
たった1つの食材をいぢりつづければ、当然それを食べ続けるわけで…。
あまり日々、ステキな食生活を送り続けることは出来ていません。
こういうの「医者の不養生」って言うんですか?←違う???

そんな日々をやっと抜けて、さぁ、久しぶりのお料理教室!
何を作りましょう?と考え始めたら、食べたいものが色々浮かび…。
5aca1.jpg
自分の心と身体が求めるままに食べたいものを揃えてみました。
今回使う野菜の種類はここに全ては載せていません。
…というか、のりきりませんでした。
とにかくたっぷりの野菜を美味しく食べたい!と私の身体が言うのです。
そんなわけでいつまでも厳しい残暑に負けないバランスの良い
そんなお料理が食べたくなってメニューを組み立てました。
5yaeyoyeyyayaeyyoy.jpg
テーブルはクロスを気持ち秋らしい色にしてみたけれど
まだまだ夏を残したかったのでお花は若干爽やかに
今あちこちで見かける山ゴボウをアレンジしてみました。
5o1-2.jpg
ちょっとお散歩すれば遊歩道になっている草なので
お花屋さんで買うのは腹立たしいような気もしますが
いざ探すと調度良い枝ぶりがなかったりしそうで怖かったので
お花屋さんで買いました。
合わせた白いお花は…名前忘れちゃった!
純白で爽やかな白いお花が欲しくてセレクトしました。
5oyaeyyyae5.jpg
山ゴボウの花もよく見るととても可愛らしいのです。
そしてこの茎の色も今のこの季節の気分。
本当に自然の創り出すものはすごいなぁ…と思います。
5oyye1.jpg
ワインクーラーにも同じ花材を挿してみました。
5yeyyoyiyye.jpg
ナイフレストは先日パレスホテルの地下のショップで見つけて
衝動買いしたバゲット型。
ホンモノみたいでしょう?(笑)
5yeyyo1.jpg
今回はライヨールのクトーをセッティング。
見れば見るほど美しい…!と毎回惚れ惚れしてしまうこのナイフ。
毎回出す度に「あぁ、買って良かった。」と思うお気に入りです。

ある年Parisに行く時に「今回はライヨールのクトーを買おう!」と
決めていたので、デパートから専門店まであちこちで色々なメーカーの
ライヨールを見て、触って、悩んで、悩んで、悩んで….。
あんなに欲しかったのに、いざ買おう!と思って改めて見ると
どうも何かがひっかかる…、「コレ、欲しい!」というコに出逢わない。

すご〜〜く欲しいのにコレじゃない…様な気がする…を繰り返し
諦めかけていたときにふと別の用事で入った寂れた普通の食器屋さんの
奥にあるガラスケースの中にちんまりとひとつだけ置かれていたのが
このライヨールのクトーでした。
5yeyyo2.jpg
私のライヨールはLaguiole Rossignolのもの。
沢山あるライヨールのメーカーの中では決してビッグネームではないけれど
鳥と傘のメーカーのロゴマークから、柄の彫りの模様から
お約束のムシ(諸説あって昆虫を特定出来ないらしい)のデザインまで
全部お気に入りの一生モノです。

はっ、またモノについて熱く語ってしまった…!!

と言うわけで、お料理についてはまた後日。

残暑対策

本当にいつまでも暑いですね。
家の二階はサウナ状態、リビングから二階に
ちょっとモノを取りに行っただけで空気が重く
汗が噴き出すような感じです。

東電に沢山電気料金を支払うのは口惜しいし
節電はして損はない…とこの夏は仕事以外はなるべくクーラーを
付けずに暮らしていました。
最も仕事で私がクーラーを使うときは節電とは無縁な使い方。
人間優先ではなく、お菓子や素材優先の温度設定にするので
身体が変に冷えてしまい、具合が悪くなる程ですから
そうじゃないときにクーラーを使わないのは
私の健康のためでもあるのです。

…でも暑い!我慢ならないくらい暑い!!!
となったとき、今年は沢山お風呂に入りました。
水風呂に近いぬるま湯のお風呂に雑誌など持ち込みゆっくり浸かるのです。
5yyayiyyye.jpg
9月に入ってもいつまでも暑くてたまらない!と
思っていたときに見つけたシャワージェルです。
香りが気に入って買いました。

この製品を使うのは今回初めてだったのですが
この香りがすご〜〜く懐かしい香りだったのです。
甘い香りなのだけど、爽やかでもあるホワイトティーの香り。
ちょっと男性用のオードトワレにありそうな香りですが
残暑の季節にとても似合う気がしています。

新旧

5ess3.jpg
ずっと好きで使っていたお盆がついにどうにもこうにも
みっともないくらい年季が入ってきちゃいました。
そろそろ違うものに買い換えないと…と思ったのは既に数年前。
…でもこれを超えるお気に入りに出逢わない限り
このコのお役は放免できないくらいお気に入りで、
そして便利に使っていました。

随分探したけれどこれを超えるコには出逢わなかったので
今回2代目を買ってきました。
5ess4.jpg
ちょっとだけ気分を変えて今回はオーバルにしてみましたが
全く同じシリーズのものです。

初代はキラー通りにあったZONAという雑貨屋さんで
20年くらい前に一目惚れして買ったもの。
ZONAでは定番で置いていたけれど、そのZONAがなくなってしまったので
もう手に入らないかも…と思っていたのですが
最近別のお店で売っているのを見つけてちょっと安心していました。

このお盆はイタリア製でフィレンツェの伝統工芸の手法を用いて
金や銀の箔をアンティーク調に仕上げているのですが
現地ではこの上に手書きでお花や鳥などの模様がペインティングされてます。
それをシンプルに仕上げたものがこちら。
木製の柔らかいラインの温かみと箔の雰囲気が何とも言えず好きで
縁が欠けても、傷から木がふやけて膨らんでも捨てられなくて
使い続けていました。
5ess2.jpg
新しいコもやってきたし、20年も使い続けたのですから
古い方はそろそろお疲れ様かしら…と思ってはいるのですが
どうも別れ難くて、色々使い途を探してしまいます。
きっと、多分…いえ、絶対にこのコがゴミ箱に入ることはないはず。
もう水回りのお仕事はさせないにしても、家の中の別の場所に
居場所を作ってまたもうひと仕事してもらいたいと思っています。
5ess1.jpg
気に入ったものを手に入れるのは楽しいし
新しいものはピカピカで単純に嬉しい。

新旧どちらも眺めてはニコニコしている私は
端から見たらちょっとアヤシイおばさんです。

8月のお菓子教室で…。

ちょっと気を抜くとすぐに時間が過ぎてしまっています。
ブログの更新は書きたいことが満載な時ほど
上手に時間が作れずに滞ってしまいます。

時間を遡って自分の記録のためにも書き上げれば良いのでしょうが
旬を過ぎたような気がして書けなくなってしまうテーマもあります。
6eayey.jpg
夏になってからドアに目印になる様に…とリースを付けました。
このリースはChionの旧市街の広場にあるお店で買ったもの。
ウチにいらっしゃる方を夏らしくお迎えできるように…と
付けたのですが、そろそろ今シーズンは(まだ暑いですが)
お疲れ様の時を迎えようとしている気がします。
6upi.jpg
8月のお教室は久しぶりの生徒さんにお会い出来て嬉しかった!
Aちゃん、ウチのお教室に通われてからお子さんを出産されました。
仕事と子育ての両立は想像するだけで大変な事だと思います。
ましてやお子さんが小さい内は物理的にも一人の時間を作るのは大変!
そんなわけでなかなか会えなくなってしまっていたのですが
久しぶりにいらしてくださいました!

なんといらっしゃることが出来た理由が第二子のご出産を控えての
産休に入られたので、少しお時間を作れるようになったとか…。
暑いのに大きなお腹でいらしてくださって本当に嬉しかったです。
…そしておみやげにうさぎやのどら焼きをくださいました。
甘さを控えた優しい味に炊きあげた風味の良い粒餡が最高!
久しぶりに食べたけど、やっぱり美味しかったです。

Aちゃん、ありがとう。
そしてまた元気なBabyの写真待ってます♪
6upassyeyyassa.jpg
夏休みを利用してドイツに行かれたMちゃんからは
こんな可愛いおみやげショコラを頂きました。
可愛くて開けるのがもったいなくてしばらくは眺めていたのですが
先日意を決して食べました。
マジパンペーストのチョコレートコーティング。
ヨーロッパのマジパンは本当に美味しくて…感激しました。
Mちゃん、ごちそうさまでした。
6upo1.jpg
こちらはさかぐちの一口あられの吹き寄せ。
ここまで行かなくては買えない詰め合わせです。
お母様におつかいものを頼まれたついでに…と
私にもこの箱詰めをご用意くださったNさん。
ありがとうございます。
6upo2.jpg
本当に「ふきよせ」でしょ。
ここのあられは美味しいのよね!とクラスで盛り上がりました。
本当に袋を持ったらずっと食べ続けちゃう危険なふきよせです。
ごちそうさまでした。
6upethaaoo.jpg
こちらはMちゃんのお母様ガーデンからのお花。
…実はちょっと期待していたのです…!!
だってお花屋さんでお花を選ぼうと一応見に行ったのですが
このクロスに合わせられそうなお花はありませんでした。

でもきっとMちゃんのお母様ガーデンのお花なら
しっくり来るんじゃないかしら…?と思っていました。

そしてほら!思った通り!!

私の今月のテーブルのテーマは「maison de campagne」
田舎の家の素朴で温かく優しく、どこか懐かしいような…
夏休みに田舎の誰かのお家に遊びに行ったような
そんな雰囲気にしたかったのです。

嬉しくていつも眺めてはニコニコしてしまうお庭のお花。
今月もどうもありがとうございました。
aeoe.jpg
ゴキゲンなかんなちゃん。

次のページ »