Archive for 2月, 2012

ドバイからのおみやげ

10年以上前、アフリカに行くときのトランジットで
UAEとオマーンに宿泊したことがあります。
でも後にも先にもアラブ滞在はこの2泊だけ。
しかも空港とホテル以外の場所はほとんど記憶にありません。

だからどんな場所か想像も付かないけれど
石油王のいる裕福でゴージャスな国…と言うイメージ。
そんなドバイに出張に行く、というKさん。
おみやげをリクエストすべくネットサーフィンを始めると…
かの国は金がすこぶるお安い…とのこと。
でもねぇ…、金の延べ棒をおみやげにはさすがに頼めません。

もっとカジュアルなおみやげを探すと今度はデーツだらけ!
む〜〜〜。デーツってあんまり好きじゃないのよねぇ。
ラクダの携帯ストラップもいらないし….。と
他人様の好意のおみやげにたいしてあれこれと注文を付ける
図々しいワタクシ。

結局選びあぐねて「なんか私の好きそうなもの!」とリクエスト。
仕事で行くというのに一番厄介なリクエストですよね。スミマセン。
でもね、そしたらこんなものが来ましたよ!
c_mg_0002.jpg
乾燥レモンとチャイミックスとマダガスカル産バニラビーンズと
お魚用シーズニング。
ステキじゃないですか!!まさに私が好きそうなものだらけ!!
むふふ〜〜〜♪

乾燥レモンは握りつぶして砕いてお料理に加えるそうです。
タジンのような料理に使ったら面白そう。
使うのが楽しみです♪
バニラビーンズもかなり上質のものでしっとりしています。
お魚シーズニングはどんな香りが開けてないのでまだ解りませんが
アフリカ料理っぽい感じです。
c_mg_0003.jpg
このニョロニョロのアラブ文字が可愛い蓋のチャイミックスは
中身が空いても保存決定です♪
a_mg_0004.jpg
そして見てください!この贅沢なスパイスの入り方!!
チャイにするまでもなく美味しさが香ってきます。
うわ〜い!!さっすがKさん♪ ありがとう!!!
温かくなる頃にでもお料理教室のメニューにエスニックを取り込んで
こちらの食材を試してみようと思っています。
乞うご期待!!
i1.jpg
今日も自由なおふたかた。
レオ君の左手は何故伸びているんでしょう?
横でもっと自由なはこさん。
…そしてこの微妙な距離感は何…?
i2.jpg
寛いでいるんですけど何か…?と言う視線です。

ステキないただきもの

お正月にご実家のある富山に帰省していたRちゃんから
ステキなおみやげをいただきました。
dyeyeaaocoe.jpg
とっても珍しいお菓子。
以前お茶の先生の所で出していただいたことがあります。
上品な和三盆の香りと甘みと薄い儚げな食感が癖になります。
珍しいので生徒さんにもおすそ分けしていただきました。

久しく通っていないお茶のお稽古にまた行きたくなっちゃいました。
dyeyeaaothe.jpg
もうひとつ。
角砂糖ならぬ丸砂糖。
この包みから出して別のスタイリングで使ったら
きっとポップで可愛い洋風のテーブルにも合いそう♪

細長いグラスに入れたら可愛いかも〜〜?と使う時を楽しみにしています。
dethaaoyyoyyuyeau.jpg
週末を利用してシンガポールに行っていた弘美ちゃんからは
TWGの紅茶をおみやげにいただきました。

TWGは自由が丘にもサロンドテがありますが
茶葉を買ったことはありません。
弘美ちゃんのお教室で同じものを煎れてくださったのですが
とっても香りが良くて美味しくてうっとり♪
いつかこれに合うお菓子のメニューの時にお教室で使おうと思っています。
aoaoe1.jpg
電話を待つかんなちゃん。
一体誰からの電話を待っているというのでしょう…?

かかって来ないにゃ…。
aoaoe2.jpg
ふにゃ〜。
果報は寝て待てだにゃ。

ここは暖房の風も当たるし、陽差しもあるので猫たちのお気に入りスポット。
でもこうやって寝ている間に良く受話器をはずしてしまいます。

昨日はこちらのファックスではなく固定電話からなんですが
私の留守中に誰かが受話器をはずし、リダイヤルボタンを押したらしく
Y家に電話をかけていたようです…。
私の留守中は書斎を立ち入り禁止にしないとアブナイ、アブナイ!!

転写シート

チョコレートに使う転写シート。
テクニックいらずで可愛い模様が付けられるので
とっても便利ですよね。
自分好みの転写シートを見つけると
「いつかの何か」の為に…♪とつい買ってしまっていました。

が!お菓子教室でチョコレートアイテムをするのはせいぜい年に1〜2回。
デコレーション用にチョコレートを使うこともそう頻繁にはありません。
そうすると買ってしまった転写シートの出番もそうそうあるわけでもなく
コレクションは増える一方。

そこで今回の自由クラスのオマケのレシピは私の転写シート放出レシピ。
dyiyiyyoyiy4.jpg
パレ・オ・フレーズというクッキーを作りました。
フリーズドライのストロベリーパウダーも一緒に放出!
淡いピンク色のクッキーにホワイトチョコを付けてみました。
ちょっと可愛いでしょ?

これはスイートチョコでも絶対に美味しいと思ったのですが
この転写シートは絶対にホワイトチョコレートの方が可愛いので
ホワイトチョコだけで作ってみました。

まだまだ持ってる転写シートコレクション。
次回はまた別のお菓子で放出作戦を考えます。

オマケと言えば、こんなオマケも…。
dyyyeyi2.jpg
ショコラカシスのヴェリーヌ仕立てです。
ヴェリーヌにしても可愛いです。

春が待ち遠しくて…。

どうも今年の冬は例年よりも寒く感じます。
これは節電のせいでも、トシのせいでもなく
本当に例年よりも気温が低いからなのでしょうが
いい加減、どんよりとした寒さに飽きてきました。

そんなわけで気分だけでも春らしくしたくて
2月のお教室用に春のお菓子を考えました。
きっかけはコレ。
dyiye4.jpg
1月のお料理教室のメインの上にちょこんとのせた
エディブルフラワーのパンジーの残りを砂糖漬けにしました。
乾燥具合もちょうど良く綺麗に仕上がったのでこれを使いたくて
メニューを考えることにしました。

私の中で主役はこのコです。
だから下のお菓子はこのコが映えるための舞台。
当たり前のことですが美味しくなくては絶対にダメだけど
可愛くなくちゃいけません。

何日も何日も悩んでいたのだけど、ある日突然思い付きました。
ちょっとクラッシックにたっぷり絞ったクリームの上に
パンジーが載っていたら可愛いだろうなぁ…♪と。

濃いピンクが差し色に入っていたら良いと思うの…。
絶対にこのピンクはカシスの色!
土台はタルトレットにしたらどうかしら…?
いや、チョコレートでも良いかも…?
…ぶつぶつ…ぶつぶつ…。と悩むこと数日。
dyycyyeyyy1-a.jpg
色々試した結果、こんなお菓子が出来上がりました。
出来上がりのデザインと味のバランスをすり合わせるのに
予想以上に難航して、ギリギリまでレシピが出来上がらず
可愛いパンジーちゃんは迷宮入りかしら??と
途方に暮れた日もあったのですが、なんとか帳尻が合って一安心。
dyycyyeyyy6.jpg
今回土台に持ってきたのはガナッシュ・キュイット。
ガナッシュ・キュイットは直訳すると「焼きガナッシュ」
これだけで1つのお菓子として成立する美味しい生地です。
重たくて濃厚なチョコレートの生地の上にカシスのムース。
どうしても他の赤い実では代用できないこの鮮やかなピンク色が
欲しくて選んだ素材です。
そしてトップは濃紺のパンジーが生える真っ白いクリーム。

実は私、カシスはそんなに好きな素材ではありません。
なのでウチのお教室のカシスの出演回数はすこぶる低いはず。
でも今回は最初にデザインありきな素材選びだったので
久しぶりにカシスを扱うことにしました。
そして予想通りやっぱりここで躓きました。

チョコレートとカシスは相性の良い素材だって事になっていますが
一体それは誰が決めたの?!
私の中ではこの組み合わせはバランス次第で
結構難しい組み合わせです。
今回もカシスの尖った酸味に悩まされました。
味を丸くする方法はいくつかあるのですが
使う素材を増やしすぎるのは家庭で作るお菓子としてはどうなの?と
味とは別の所で生徒さんのことを考えると悩んでしまいます。
でもこの悩みは呆気なく時が解決してくれたのですが。(笑)

トップのクリームは最初クレームシャンティーにしたのですが
どうも全体のバランスからするとただのクレームシャンティーでは
軽すぎてバランスが悪かったので、クリームにコクを出す工夫をしました。

今回のお菓子は小さくて可愛らしいけど見た目ですが
重厚でしっかりしたお味のお菓子になりました。
せっかくの可愛らしい姿なので可愛い名前を考えてあげたかったのですが
私、そこらへんのセンスは皆無。
なのでこのコの名前は見た目のまんま「ショコラ・カシス」

私にもうちょっと詩心があれば可愛い名前も付いただろうに…。
ま、ネーミング以外は満足行く出来上がりになったので
これでよしとします。

2月のお菓子教室

diio.jpg
今月のお菓子教室は雪で生徒さんがいらっしゃれなくて
中止になるんじゃないかしら?と連日心配になるような寒さでした。
幸いなことにお天気に恵まれお教室の開催日に皆さん普通に
いらっしゃれたので一安心でした。

でもお花屋さんに行くともう確実に春なんだなぁ…と思います。
菜の花やスミレ、チューリップなど春のお花が溢れていました。
今月は優しい色合いのお花が欲しいな、と思ってお花を探したら
こんな淡いグラデーションのスイトピーを見つけました。

何かグリーンと合わせたいと相談したらお花屋さんに
この実の付いた枝を薦められて合わせてみました。
淡いピンクのテーブルクロスに溶け込むようでここだけ小さく春です。
daeyeyoyyo4.jpg
合わせた紙ナプキンはこちら。
これは前回Parisで買ってきた紙ナプキンシリーズの最後。
ぼちぼち紙ナプキン探しの旅に出なくてはいけませんね。(笑)
diieaa.jpg
紅茶はKさんがくださったTE HANDELのもの。
ここのフレーバーティーはなんでも美味しいので楽しみです。

今月の基本クラスはシュー生地のカリキュラムでした。
dyyayyyiyc2.jpg
基礎クラスで作るシュー生地は基本配合に忠実なレシピ。
基本配合を割合としてもですが、味としても知っていれば
他のバリエーションを作るときの指針になります。
そして基本配合を上手に作れるようになれば
レシピを動かしたときの注意点も判るようになると思います。

シュー生地にはたっぷりのクレームディプロマット。
今回は生徒さんのリクエストでタヒチバニラを使いました。
実際、本当にたっぷりクリームは入っているのですが
もう一つ、生徒さん達には
「た〜〜〜っぷりに見える」クリームの絞り方も伝授。
なんでも見た目は大事♪

そしてエクレールには濃厚なショコラのクレームパティシエール。
表面は艶やかなフォンダンで仕上げます。
クリスマスパーティーの時に実はワタクシ
仕上げの時間が足りなくて焦ってフォンダンの濃度と温度調整に失敗。
ピンク色のプチシューのトップが流れて生地が見えてしまいました。

ここで失敗したら汚名返上のチャンスがなくなっちゃう!と
気合いを入れてフォンダンの固さと温度を調節します。
口溶けも良く艶も良く綺麗にかかって良かったぁ…。

フォンダンは使う度に状態をその都度、フォンダンの御機嫌を伺いながら
調整しなくてはならないので慣れの必要な作業のひとつです。
日々やっていれば難しくもなく見極められることでも
年に数回しかやらなくなると、やる度に緊張します。
そして上手く行くとすご〜く嬉しくて、失敗するとかなり凹みます。

キッチンの燈台

aoaaeio.jpg
キッチンに塩は常に数種類用意しています。
洋食にはフランスの塩・和食には日本の塩を主に使います。
しっとりとしていて粗い塩以外に
指の感触で量を量りながらパラパラと素材の表面全体に
細かく散らしたい時にはカマルグのセルファンを使っています。

この塩が無くなったら不安!と常備している塩は3種類。
それ以外は友人の海外みやげやジャケ買いした塩などを
その時の気分で使い分けています。

ちょっと前に代官山のheliopoleで衝動買いしたのが写真の塩。
燈台のかたちをしています。
洋服屋さんでまさか塩を買うとは思いませんでした(笑)。

見慣れたメンバーしかいない、どちらかというと機能重視なキッチンに
この小さな赤い帽子をかぶったような燈台がいると
ちょっと気持ちが和みます。
お味も勿論、ちゃんと普通に美味しいです。

さて今日は楽しく遊ぶはーちゃんの連続画像です。
私の書斎のテーブルは資料が広げやすい様に…とL字テーブルにしたのですが
資料を広げるはずのスペースは猫のスペースとなってしまいました。
iiio1.jpg
レシピを打ち込んだ紙の上に横になり遊びはじめるはこちゃん。
この紙のヒモ…ちょっと気になる!
iiio2.jpg
後ろではかんなちゃんもチャンスを窺っています。
くわっ!とお口を開けて噛みつきます。
…食べ物じゃないのに…。
iiio3.jpg
おててでしっかり捕まえて…と。
がじがじと頑張ってみますが、別に噛んでも味はしません。(しないはず。)
それでもかなり真剣に戦っていましたが…。
iiio5.jpg
ふ〜。ちょっと休憩。

スミマセン…。
なんか最近すっかり猫ブログになって来ちゃいましたね。
次回はお菓子ネタなど…ご用意出来れば…。と思いつつも
飼い猫自慢もまたお付き合いくださいませ♪

バレンタイン応援団

love-love-yiyooe1.jpg
今日もソファの角でLove Loveなレオとかんなちゃん。
ケンカもするけどお昼寝タイムはいつも一緒です。

さていよいよバレンタイン前の最後の日曜日です。
手作り派の女子は今頃一生懸命プレゼント作りに励んでいる頃…?
おばさんの私はバレンタインとは全く無縁に
確定申告の書類と格闘する週末となっておりますが…。

昨日、渋谷まで用事があり出掛けたついでに東急ハンズに寄りました。
入り口すぐの所はバレンタインの手作りチョコレートの
材料やラッピングの特設売り場となり可愛らしい女子が
いっぱいいっぱい商品を吟味しつつお買い物。

少し離れたところから見ているおばさんの目には
羨ましいやら、微笑ましいやら…。

我が家も朝から超パーソナルな緊急電話相談窓口を開設(笑)。
可愛い質問がちらほらと舞い込んでまいります。
こちらの専用相談窓口をお使いなのはY家のYちゃん。
本当は一緒にウチで作れれば私も楽しいし、良かったのですが
予定が合わずにお家で一人奮闘中です。

普段お菓子作りをあまりやらない女子達に私からアドバイスが
出来るとしたら….。
まず最初にレシピと作り方をしっかり一度読むこと。
読みながらお家のボウルや器具を出して頭の中でシミュレーション。
だいたいの手順と必要な器具を準備してから作り始めてね。

作業しながら、読みながら…では良いタイミングを逃すこともあるので
なんとなくで良いから頭の中に手順を入れておきましょう。

みんなの手作りバレンタイン。
心から応援しています。
love-love-yiyooe2.jpg

BOISSIER

eyuyiyyath.jpg
淡くてちょっとだけくすんだローズピンクにエンジェル…
サテンの太めのリボンが持ち手になった正方形の紙袋。
この袋だけでテンション上がっちゃいます!

暮れにParis/Londonに行かれたmi-amerさん
おみやげをいただきました。
mi-amerさんはマニアックなお菓子愛好家さん。
とある講習会で知り合い、それ以来仲良くさせていただいています。
彼女のブログは圧巻で私はよく彼女のブログでお菓子のお勉強を
させていただいております♪

Parisのお菓子屋さん巡りの記事を読みBoisserにも
行かれたことを知り、思わずコメントを残したら
「キャラメルティー、いりませんか?」とお返事が。

BOISSIERはParisの16区・高級住宅地にあるスノッブなお菓子屋さん。
私が初めてParisで住んだフランスのお姉さんの家から
一番近いお菓子屋さんでした。
ブルーを基調にしたインテリアがとてもステキで引き込まれるように
お店に入った初めての時のことを今でも鮮明に覚えています。

お姉さんの家に居候をしていたのは自分のアパートが決まるまでの
数ヶ月間だったのですが、その後もBOISSIERは私にとっては特別なお店。
時々お茶をしに行ったり、紅茶やコンフィチュールを買いに行っていました。
その後、経営者が変わりお店のインテリアも変わったし
自家製のものは僅かになったり、日本へ出店したり…と
時代の中でそれなりに変化してきたようですが
私にとってこの店が特別な店であることは変わりありません。
eyyayeyayeyaey.jpg
右の淡いブルーの缶が今回いただいたキャラメルティー。
左の缶は私が当時から持っているキャラメルティーの缶。
新旧並べて記念撮影です。

ここの紅茶を家でも美味しく飲みたくて、お姉さんのアパルトマンを出た後
当時の自分としては奮発してクリームウェアのティーセットを買いました。
私がフランスから唯一持ち帰った食器はこのティーセットだけ。

BOISSIERにまつわる思い出を語ったら止まらなくなるほど
私はこのお店が気に入っていて、当時Parisで一番好きなお菓子屋さんは?と
聞かれたら、迷わずこのお店を挙げていたと思います。

久しぶりのこの店のキャラメルティー。
合わせるのはやっぱりあのお菓子しかありません。
mi-amerさんにも召し上がっていただく約束をした再現レシピ…。
BOISSIERの名誉と私の思い出のためにもちゃんと作らねば…!
eyiyoyeyoau.jpg
一緒にいただいたこちらの可愛いおみやげはLondonみやげ。
詳しくは彼女のブログをご覧になってくださいね!
もう圧巻のスイーツ辞典ですから。

気持ちが嬉しいのです。

*業務連絡*
3月にリクエストスペシャルレッスンを開催します。
会員様専用カレンダーに予定はアップしてありますので
ご興味ある方はご検討の上お申し込みを!
よろしくお願いいたします♪
nethaaoaaoei.jpg
Mちゃんがお教室にいらしてくださった日
「先生、はい。」と手渡してくださったこの可愛い包みは
ラッピングのキュートさからは予想外の
ど〜ん!とした重みでビックリ!

なんとすごい大瓶の蜂蜜でした。
Mちゃんのご親戚の方が作った蜂蜜だそうです。
重かったでしょうに…本当にどうもありがとうございました。

そしてこのラッピングの可愛らしさ!
小さな三毛ネコちゃんの腕を広げると嬉しい、嬉しいメッセージが…!
私はお教室の生徒さんの優しさに沢山沢山支えられているんだなぁ。と
改めて思って感謝すると共に、みんなに少しでも恩返しが出来る様な
自分でありたい、と思います。

チビ三毛ネコははーちゃんみたい!とそんなことも嬉しい私。
ii2.jpg
うふっ!私のオテテも広げると可愛いメッセージが付いてるよ♪
とでも言いたいのでしょうか…?
qaoaeyiyyo.jpg
そしてこちらは遅ればせながらのバースデープレゼント。
ステキなワインを運んでくださったのはY家のMさん。
でもプレゼントの主は別の方。

不思議な事に細く細〜く、でも長く長〜く続いているご縁です。
今回のお誕生日もどうもありがとうございます。
コレ飲んで、またガンバリマス!

すご〜い可愛い写真が撮れたので今日はレオ君の連続写真を…。

レオはスーパーの袋を三角に畳んだものが大好きです。
ゴミ袋として利用するために籠に入れてしゅうのうしてあるのですが
その籠の中からくわえて持ち出してはあちこちに散らかすので
あるときから籠には蓋をしてしまいました。

それでも袋の三角が大好きなレオ君。
畳んでいるときが唯一のチャンス!と私がレジ袋を畳んでいると
やって来ます。
yiyzyn0.jpg
あ、さんかくだ!
yiyzyn1.jpg
一番手前のなら取れるかにゃ…?
yiyzyn2.jpg
えいっ!
yiyzyn3.jpg
えいっ!
yiyzyn4.jpg
やったぁ〜!これなら取れるぞ!!

隠れテーマはちょっとビター

*業務連絡から失礼いたします*

3/13(火)13:00〜 スペシャルショートケーキ
3/20(火)13:00〜  ダミエ・オ・抹茶
のリクエスト・スペシャルレッスンを開催します。
お時間のある会員様、是非ご参加をご検討くださいませ。
ご予約は会員様専用カレンダー、もしくはメールにてお申し込みください。

**********************************

お教室だけでなく、1冊の本のメニューを決めるときもそうですが
私はいつも表には出さないけれど「隠れコンセプト」
みたいなものを作ります。
そうすると自分の考えが統一されてまとまる気がするのです。
今回のテーマはちょっとビターな苦みです。
nyaeyoyeyyayaeyyoy2.jpg
qyaeyoyeyyayaeyyoy1.jpg
同じセットを置いても布の場所によって印象が違うのっておもしろい!
などと朝のセッティングの時はどちらの席にも座ってみて
感じるイメージの違いを楽しんでみます。
…これも私の隠れお遊びみたいなものです。
朝は時間がなくて焦っているくせにそんなことして遊んでみたりもします。
qyiyoyae2-3.jpg
Gateau lentilles et sardines
レンズ豆のサラダと鰯のリエットのガトー仕立て

このレンズ豆のサラダはフランスではとてもポピュラーな家庭料理。
出来たての熱々でも良く冷やしてもどちらでも美味しくいただけます。
でも私は出来たての温かい状態が好き♪
だからMathildeがこれを作っているときはいつも見張っていて
キッチンで出来たてをつまみ食いしていました。
鰯のリエットはオイルサーディンを利用した簡単メニューですが
サワークリームを使ってクリーミーなコクを出します。
最近近海の小魚を丸ごと食べるのに不安を感じる中
カルシウム不足解消に海外のオイルサーディンで小骨を摂取!
…なんてね。
qycyoyaeyy1.jpg
Endives caramelisees au agrume
アンディーブのキャラメリゼ・柑橘ソース

今回アンディーブは真空調理で味と旨味を逃さずに火入れをして
それからキャラメリゼしました。
アンディーブには後味に残るほのかな苦みがあります。
それと柑橘類の皮の苦みとキャラメルを合わせて、甘くてほろ苦い一皿。

最初は帆立のポワレと合わそうかしら…?と思っていたのですが
試作の時にメニューがあまりにボリュームたっぷりになってしまうので
今回はお野菜のみの一皿にしました。
もちろんそれで充分主役を張れるお料理ではあるのですが
お肉料理やお魚料理の付け合わせとしても使えるので
是非色々なお皿で応用してみてくださいね。
qyayyo2-3.jpg
Carbonnarde de boeuf a la flamande version St.Valentine
フラマンド風牛肉のビール煮込み・バレンタインバージョン

ベルギーやベルギーと国境を接するフラマンド地方の郷土料理の
牛肉のビール煮込みをちょっとアレンジしてバレンタインバージョンに。
ビール煮込みはビールの炭酸でお肉がとろけるように柔らかく煮込めます。
そして後味に微かに残るビールの独特の苦みも特徴。
どの銘柄のビールを使うかで味の印象はずいぶん変わってきます。

私は一番最初にベルギー人の友人に教えてもらった
ベルギービールの銘柄orvalがとても好きなのでそれを使ってみました。
…そして何が「バレンタインバージョン」なのかというと
このソースにはチョコレートが入っています。

ビール同様チョコレートもどの銘柄を使うかで味も風味も感じる甘さまで
すごくすごく大きく変わってきてしまいます。
入れる量ももちろん問題ですが、素材を知ることはそれ以前の問題で
とても大切な事。

…そんな時、cuocaさんから「チョコレート99」のお知らせが!
cuocaさんが世界中から厳選した15社99種類のチョコレートを
一同に集めてテイスティングできるイベントです。
色々なチョコレートを扱ってきたけれど
一度に沢山のテイスティングをする機会はそうそうありません。
さっそくお邪魔して色々なメーカーの色々なチョコレートを味見。

苦み・酸味・甘さのきれなどから言ってもこれがベスト!と思える
チョコレートがありました。
そしてそして、なんとそれは我が家に調度ストックのあるチョコレート!
カミサマが私に手をさしのべてくださったんだわ!!と思いました。
(おめでたい…?良いんです。おめでたく生きた方がシアワセですから。)

お皿にはココアでステンシル。
お菓子では良くするデコレーション方法ですが、お料理のお皿では
あんまり見かけません。
でもね、数限りなく持てるわけではないお家のお皿は
色々な方法で表情を変える工夫をしたいものです。
そういうL’art de vieが私にとってはとても大切で好きなこと。
qyyoyi3.jpg
Souffles au chocolat et palet glace de maccha
チョコレートスフレと抹茶の冷たいパレ

長い間持っているのになかなか出番を作ってあげられない
一番小さなサイズのシャルロット型。
やっとお教室デビューです♪
このサイズの型は蓋もついているのでいつか蓋付きで
何かのメニューに使いたいと思っています。

熱々のチョコレートスフレに抹茶の冷たいパレ。
チョコレートと抹茶は苦み繋がりで相性の良い素材同志です。
qyyoyi7.jpg
いただくときはこんな風にスフレの上にのせてパレを溶かし
ソースのような感じで一緒にお口に…。

今月のメニューもいらしてくださった生徒さん達の
お役に立てれば嬉しいです。
私の作っているお料理は難しものではありません。
難し「そう」に見せたり、ステキ「風」に見せたりする小技や雰囲気などの
一手間はお教室に通う醍醐味のひとつだと思っています。
でも普通に盛り付ければ全てただの家庭料理レベルのものです。
だから例えばこのレンズ豆のサラダとパンでワンプレートランチに…とか
メニューは解体して自由に組み合わせて使ってもらいたいと思っています。
そしてまた使えるメニューだと思っています。

自分の提案した何かがどこかのお家の「定番」や「十八番」になっていたら
私にとってこれほど嬉しい事はありません。
そんなメニューを沢山作れる自分になりたいな、と思います。
qeaa.jpg
紅茶はHちゃんのLondon土産のF&M。
美味しいアールグレイ系のお茶で柑橘の余韻を繫ぎます。
qyiyyo2-1.jpg
合わせたワインはこちらの2本。
ノエラの白ワインはお教室の生徒さん全員絶賛!
何故か判らないけど私まで嬉しくなってしまいました。
来月もまた私らしいメニューがご用意出来るようにガンバリマス!
qyyey2.jpg
クリスマスプレゼントにYさんに頂いた陶器の器に
コルクを入れてコルクホルダーにしてみました。ステキ!

2月のお料理教室

qyaeyoyeaai2.jpg
去年のこの時期はLove Loveバレンタインレシピ!として
ピンク色の食材やハートを散りばめたテーブルを演出した気がします。
ことしも一応2月なのでバレンタインをちょっとだけ意識した
メニュー構成にしようと思っています。

でもテーブルは控えめにしてみました。
冬に寒々しいかしら…?とも思ったのですが私はこの色合いが大好き。
品良大人っぽくまとまる気がします。
qo2.jpg
アクセントにしたお花は紫〜ピンク系でまとめました。
生けている最中にスイトピーから優しい良い香りが…!
今は寒いけど春は間近なところまで来ている予感がしました。
qyoye1.jpg
今月はこんなモノを使ってみようと思っています。
これは私の大好きなベルギービール。
試作の段階ではちょっと手こずったけど
調度良いときに調度良い出逢いに恵まれ見事悩みは解決!
カミサマってやっぱりいるんだわ♪なんて思ったりして…。
qyiyoyae.jpg
そしてこちらのレンズ豆も使います。
出来たてをボウルを抱えて大きなスプーンで頬張る私を
よくばあやのMathildeは呆れながらも嬉しそうに見ていましたが
あの味をオシャレプレートに変身させて前菜にする予定。
qyayyo1-5.jpg
ちょっと苦みを効かせたオトナのバレンタインメニューを
今年は隠れコンセプトにしてみました。
lovelove2-1.jpg
Love Loveと言えばウチではこのお二方。
今日もどこかでくっついています。
はーちゃん「ほ〜んといっつもくっついているのよ。」
lovelove2-2.jpg
「別に私、ひがんでなんかいないわよ。」

掲載誌とか…。

気が付いたら1月が終わっていた!
年末からずっと私はこんな感じで時の流れに追いついていません。
なんでなんでしょう?
cuimon.jpg
こちらの情報誌でバレンタインのお菓子を作らせて頂きました。
スタッフは全員この日初対面の方達だったのですが
とても楽しくお仕事させて頂けたので誌面を見てまた思い出して
嬉しくなります。
バレンタインのチョコレート、みなさん作ってくださいね♪
cuizyyoyoyoyay.jpg
ベビーブックではいちごのお菓子を特集しています。
安心なおやつはやっぱり素材から選べる手作りだと思います。
とっても簡単でお味もシンプルに仕上げてますので
是非作ってもらいたいと思っています。

aaaaozyeaa.jpg
お教室の生徒さんからはお年始やプチプレゼントを頂いてました。
こちらはKさんがくださった北欧の紅茶。
ラッピングもステキです。
aouoyycyye.jpg
Nさんからは手作りチョコレートを頂きました。
しかもラデュレの箱で!!(どっちも嬉しい!!)
このショコラは見た目よりもずっとずっと複雑なお味で
とっても美味しかったのです。
もっと食べたーい!と思っているうちになくなってしまいました。
aeazyyiyiy.jpg
Kちゃんからはハワイ土産を。
お正月にハワイに行かれるなんて芸能人みたい♪
ハーブティーは好きだから嬉しいです。
ethuzyyeyy.jpg
Mちゃんからはこんなに立派なラスクをいただきました。
私、知らなかったのですがとても有名なお店なんですね。
お客様にお茶請けにお出ししたら
「これなかなか買えないんですよ!」教えてくれました。

こちらは後を引く美味しさで超危険!
美味しいモノを沢山知ってらっしゃるMちゃんセレクトだけのことはあります。
zyaeae.jpg
ちょっと前に無事可愛い女の子を出産なさったKちゃん。
蜂蜜好きの私にこんなステキなものを送ってくださいました。
引っ越しや珠の病気などでお教室を一年近く休んでいた時期があり
再会直後から通ってくださっているKちゃんとはもう古いお付き合いです。
いつかちらりとお顔を見せにいらしてくれたら嬉しいな。

次のページ »