Archive for 12月, 2011

師走

師匠も走る年の瀬だから師走…。
誰のなんの師匠でもないワタクシではありますが
バタバタと慌ただしさだけは相当立派な師匠並み。
やれやれな気分です。

このままでは年内に出さないとタイミングをずらすブログネタが
放出できないっ!
…なので本日は一挙公開です。
ccui.jpg
まずは掲載誌情報。
冬はやっぱりことことスープです。
スープ作りって身体だけでなく気持ちも温まりますよね。
以前ESSEに出したレシピを再掲載していただきました。
a_mg_0008.jpg
12月に入ってすぐに新潟のKさんから届いた洋梨。
私の大好きな品種・ルレクチェです。
糖度も香りも高く美味しくいただきました。
Kさん、どうもありがとうございました。
a_mg_0011.jpg
仲良しの友人達がこぞって海外旅行をしたり
フランスから会いに来てくれたりしたのでしばらくの間
おみやげ三昧でした♪
トルコ・フランス・バリ・台湾などなど…。
みんなの海外の話を聞く度に旅心を揺さぶられました。
…その後私もやっと台湾に数日行きましたが欲求不満は増すばかり!
来年はもっと沢山出掛けられるようにするぞ!と密かに思っています。
a_mg_0024.jpg
お教室の生徒さんのプレゼントは今月もステキ。
私はいらしていただけるだけで嬉しくてシアワセなので
どうぞ気を遣わずに気軽にいらしてくださいね。
…とは言え、こうして私の事を考えてくださるお気持ちは
本当に有り難く、そしてまた嬉しくもあります。
Yりんからのプレゼントは小さな陶器のタルト型。
プチガトーを入れても、アクセサリーを入れてもステキ。
baeayoyiyyoye.jpg
猫型時計はKちゃんから。
これの似合うバッグを買わないと…!!うふっ!
aoyiyyo2.jpg
毎年私のお誕生日にはエーグルドゥースのお菓子を
ご用意くださるNさん。
今年はアフタヌーンティーパーティーでお菓子だらけでしょうから…と
ワインをくださいました。
ステキなワイン!開けるのが楽しみです。
a_mg_0033.jpg
これは私がおねだりをして無理矢理プレゼントしてもらったもの♪
…そんな図々しいことが出来るのはY家のMさんだけです。
これはMさん手作りのネックレス。
ハイネックが多くなる冬の装いにぴったりなロングネックレスです。
cssoyoyiyyoye.jpg
そしてこの可愛らしいリボンの付いた袋は…
福田淳子ちゃんからのお誕生日プレゼントです。
中身は色々盛りだくさんに私の好きなものの詰め合わせでした。

今年の年末も二人で「お疲れ様会」をしましょうね!と
約束をして当日を楽しみにしていたのに
なんと私、この日に体調を崩しました。(涙)
プレゼントだけ貰って帰ってきたようなこの日のリベンジは
年明け「今年も頑張りましょう会」で…!と思っています。
cssoeu.jpg
今年も沢山の本を出版した彼女。
新しいご著書をくださいました。
どちらの本もとっても可愛くて淳子ちゃんらしい仕上がりです。
具合が悪く猫を抱えてベッドにいるにもかかわらず
小さい方の本なら読めるかしら…?なんてあったかスイーツを
お布団の中で見ながら、食欲が戻ったらコレが食べたい、
アレも食べたい…いつか淳子ちゃんにリクエストして作ってもらお♪
とリストアップ。

…振り返ってみると今年もあっという間に終わってしまいました。
3.11の震災のショックやその後、未だ収束の目処も立たない原発事故。
東北の復興と本当の意味での事故収束への道程は険しくて
そのことを考えると楽しい気分でいることが難しい日々でした。

自分一人の努力や決断ではどうにもならない大きな大きな流れの中に
私達一人一人の人生って小さな花びらのように浮いているんだ…と
なんとなくそんなことを思って、落胆したり、頑張ろう!と思ったり…を
繰り返す日々があの日以降続いています。

私達が抱え込んでしまった問題は「年忘れ、年忘れ!」と浮かれて
2011年に置いてきてしまって済む問題ではありません。
また残念ながら置いていけることでもないわけで…。

だからちゃんと考えて自分の出来ることをしたいと思います。
oeae1_mg_0018.jpg
おちゃめなかんなちゃん。
iiio3.jpg
無邪気なはーちゃん。
_mg_0019_a.jpg
甘えん坊のレオ。

好きなことを仕事出来た仕合わせと
大切なものたちとの普通の日々に感謝しながら普通にいきてゆくこと。
日常こそが宝物なんだと忘れずにいたいと強く思う2011年の年末です。

一方通行のブログですが、今年も一年お付き合いくださり
本当にどうもありがとうございました。
多分ブログの更新は年明けになると思います。
皆さまにステキな年末年始が訪れますように
心よりお祈り申し上げます。

柳瀬久美子

今年もY家で…。

お待たせしました。
Y家のMさんファンの皆さま!(そんなヒト、いるの??)
今年もY家のクリスマスパーティーに行って参りました♪
yeyaeyyiyycyo.jpg
なんだかんだと理由を付けては集まりたいのはオトナだけで
妙齢なお嬢様方は本当は面倒だと思っているのか否か…。
今年もKちゃん、Yちゃん、と二人の従兄弟のY君が参加してくれて
総勢6人のクリスマスパーティーでした。
yeyoyiyyoye.jpg
今年は大きなクリスマスツリーを出さなかったY家。
プレゼントはツリーの下ではなく「ピアノの上」にセッティング。
yeio.jpg
すぐ横にはこんな立派な花を付けた蘭の大きな鉢植え。
毎年この時期にY家に行くと必ず大きな蘭の鉢植えがあります。
「いただきものよ。」とMさん。
今年のお花はピンクで可愛らしかったので写真を撮ってみました。
蘭は種類が多くてお花の名前を覚えるのも調べるのも大変。
yeyey.jpg
毎年Mさん手作りのリース。
今年は茶系でシックにまとめたそうです。
実物はとてもきれいだったのですが写真にすると
ちょっと地味になっちゃった。(はい、ワタクシの力不足です。)
yeyaeyoye.jpg
そして今年のY家のテーブルです。
今年はブルーのライトをポイントに窓辺にもブルーの灯り。
テーブルクロスもナプキンもMさんのお手製。
ちなみにテーブルクロスの布は私とお揃い♪
一緒にParisに行ったときにお互いに気に入り一緒に購入。
yeyay.jpg
最初のおつまみも用意されたのでそろそろ乾杯です!
チーズの好きなY君の為に数種類のチーズを用意。
yeyyayoyiyo.jpg
今年の乾杯はこちら。
もうお酒を飲めないのはYちゃんだけ。
Kちゃんはシャンパンで乾杯です。
yeayiya.jpg
生ハムには紫玉ねぎとパプリカを散らしてさっぱりと仕上げて。
yeyeythye1.jpg
トマトのサラダはクリスマスカラーになっています。
yeyeythye2.jpg
湯むきしてあるトマトにはすっとナイフが入ります。
カットすると中もクリスマスカラー!
アボガドとカニがたっぷり詰まっていて美味!
yeyyoiaaie.jpg
エビフライには帆立のタルタルが添えてありました。
yecoyiyyo.jpg
そしてメインに合わせてMさんが用意してくれたのは
こちらの白ワイン。
Mont-Peratだ!
「神の雫」で有名になった銘柄ですね。
おいし〜い!とゴキゲンな私。
yeyayyo.jpg
そしてこちらが本日のメイン。
ボリュームたっぷりの鶏肉をチリメンキャベツと共に
煮込んだお料理。
yecsso.jpg
そうそう、今回はもう一つ美味しいお酒をいただきました。
これはY君お手製の梅酒。
ブランデーベースで作った梅酒にアールグレイで風味を付けた
とても凝った梅酒です。
マメなY君は今は洋梨のお酒を制作中とか…。
それも是非飲みたいわ〜。
yeyy.jpg
そして今年もデザートは私の係。
このくらいは働かなくちゃダメですよね…。
でも今年はお教室をパーティーにしてしまったので
今年のクリスマスケーキを全く考えていませんでした。
それで家にある素材でテキトーに作ったのがこちら。
ウチのクリスマスパーティーで使った紙製のケーキスタンドと
セットの箱に入れて持ってきました。
写真は出来上がり直後にウチで撮りました。
yeyyoi1.jpg
ずっと前に買って使ってみたかったキャンドルスタントを
ケーキにセットしてY君にキャンドル点灯をお願いしました。
yeyyoi.jpg
わ〜!ケーキスタンドとキャンドルのおかげで
適当ケーキがステキなクリスマスケーキに変身!
それなりに見える様になったのでホッとしました。
cyoycy.jpg
毎年恒例Y夫妻からのバースデープレゼントはこのピアス。
いつも揺れるタイプをここ数年はリクエストしていたので
今年は揺れないタイプが良いな♪と言っていたら
こんなステキなアメジスト&ホワイトゴールドのピアスが来ました。

このピアスが目立つようにもっと髪の毛を切りたくなっちゃいます。
caaeayaeyyoyiyyoyeeath.jpg
そしてKちゃんとYちゃんからはこの手袋!
ひえ〜!こんな高価なものを買ってもらえるなんてビックリ!
二人とも大きくなっちゃったのねぇ…!と感慨深いものがあります。

私からはToccaのファー付きのカーデガンとIenaのキャミソールを
プレゼントしました。

毎年このパーティーが終わると私の中でのクリスマスが終了します。
これからもずっとクリスマスはY家と一緒に過ごしたいなぁ…と思う私ですが
いつまでKちゃんとYちゃんは私達に付き合ってくれるのでしょう?
それとも来年は二人の横にそれぞれステキなBoyが…???
大人数になるならそれはそれで楽しそう!な〜んて勝手に想像しては
一人ワクワクしています。
今年もTさん、Mちゃん、ご馳走さまでした−!

瓶ものチャリティ第二弾・最終報告

本当はクリスマスには振り込みを終わらせたかったのに
自分がうっかり風邪を引いてしまったり
仕事が長引いてしまったり…で振り込みが遅くなってしまいました。
前回の中間報告以降、集まった栗の渋皮煮&コンフィチュールの
全売上金が揃ったので振り込みをしてきました。
eoaiyayayeyaeyethss.jpg
今まではペイパルで振り込んでいたのですが
今回からは銀行振り込みにすることにしたので振込先が
個人のお名前になっていますが、この「ホシ ヒロシ」さんが
私がフェイスブックで見つけた福島原発20km圏内の動物たちを
救うために、今も危険を承知で助けに言ってくださっている方です。

今回振り込み分は栗の渋皮煮14本、コンフィチュール10本
そしてお気持ちとしていただいた金額を合わせて合計32,100円から
振り込み手数料を引いた31,680円となりました。
前回分と合計すると瓶ものチャリティ第二弾は93,100円の売り上げです。
本日全額寄付出来たことをこちらにご報告させていただきます。

この寒さの中、飢えと渇きと闘いながら今も福島で生き抜いてくれている
動物たちがいます。
生き物の温もりや、優しさ。
何よりまっすぐに信じて、まっすぐに愛してくれるあの瞳を
知っている人なら想像してみて欲しいです。
訳もわからず突然、うち捨てられる戸惑いや絶望を…。
そしてその後現実に待ち構えていた厳しい飢えと渇きとの闘いを。

私は色々なことに絶望しています。
国や政府の言うことを信じた先の5年後10年後の日本を考えるとき
希望らしい希望が何も見えないからとても不安に思います。

でもだからこそ出来ることをしなくてはいけない、と強く思います。
私に出来る事なんて小さな事過ぎるけれど負け戦だと諦める前に
納得の出来ないことに対してのResistanceは必要です。

…なんのために…?
自分の人生を自分自身で否定しないで済むように。
そして愛すべき存在を守るために。
_mg_0008.jpg
瓶ものチャリティ第三弾も時間を見つけてまた作ります。
その際はまたご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。

また最後になりましたが今回の第二弾、お買い上げくださった皆さま
栗を提供してくださったMちゃん&Mちゃんパパ。
本当にどうもありがとうございました。

Merry Christmas!

ブログに人物写真を入れるのは極力避けています。
ましてや自分となると絶対にイヤ!!な方です。
お仕事で撮る顔写真撮影も大の苦手です。
…でも今日は特別…。
sn3g0398_a.jpg
メリークリスマス!!!

世の中がどんな風になってしまったって
すぐには死ねないのなら、生きてゆかねばならないのです。
だったら笑いも必要。

ギンザでトナカイさんを略奪してはしゃぐ誕生日前夜のワタクシ。
このコ、自分で漕ぐのですが前に進みます。
方向転換だって出来るのです。
空も飛べたら買っても良かったんだけどな…。
ちなみに送料無料です。

はい、この翌日ワタクシ、48歳になりました。

Pour Noel 2011

_mg_0060_a.jpg
せめて今日一日くらいは
絶望ではなくて希望を…。
_mg_0056_a.jpg
優しく温かい灯りが全ての家に…。
_mg_0049_a.jpg
寒さに震えるお腹を空かせたコにも
何か救いをお与えください。

心を込めて。

mycyayo.jpg
9月から収録を始めて9週間、毎週お世話になっていた
キューピー3分クッキングのアナウンサーの森麻季さんが
12月17日に巨人の沢村投手とご結婚なさいました。

残すところ収録もあと2回…となった頃に森アナに
「結婚式でお客様にお渡しするお菓子を作っていただけますか?」と
相談されました。
「え?!私で良いの??」と思いましたがこの上ない嬉しいお話。
「是非、やらせてください♪マキと弘美ちゃんと一緒に作りますっ!」と
2人の意見も聞かずに即答。

森アナからのオーダーは3分クッキングらしい何かを取り入れて貰いたい…
との事だったので、森アナが気に入ってくれた「ガトーショコラナンシー」を
土台に小さなカップケーキを作ってケースに納めることにしました。
uoc.jpg
大量生産は今年2回目。
でも前回よりも数が少ない上に、マキも弘美ちゃんもいてくれます。
私としてはすご〜く心強い最強メンバー。
マシュマロフォンダンでカバーしたお菓子の上に
お二人のイニシャルもマシュマロフォンダンで抜いたものを…。
そして12月の花嫁さんには銀粉と雪の結晶をあしらってみました。
ecaae.jpg
森アナがセレクトしてくれた茶色のトリュフケースに詰めて
こんな感じに仕上がりました。
シアワセのお手伝いは気持ちの良いものです。
ましてや可愛らしくて優しい森アナの為です。
3人で心を込めて最後のリボンかけまでやらせていただきました。
yeyuyoecc.jpg
ラッピングの終わった箱がずらりと並ぶと達成感!

お二人の末永い幸せを心からお祈り申し上げます。

クリパでオール

今年最後のお菓子教室は広告のお仕事の日程と重なりそうだったので
クリスマスアフタヌーンティーパーティーを開催することにしました。
急遽スケジュールを変更して思い立ったように決めたこの企画、
なかなか大変でしたが楽しかったです。
a_mg_0016.jpg
今年は震災やその後今も続く原発事故の放射能汚染問題など
悲しい事や心配な事欠だらけのとんでもない一年になってしまいました。
だから少しでも気持ちが明るく楽しくなるように
可愛らしくカラフルなデコレーションをしたいなぁ…と思って
こんなものを作ってみました。

夜中に一人短冊を輪にして繫げているときは
ちょっとサミシイ気持ちにもなりましたが
絶対にこれを飾ったら可愛いだろうなぁ…と内職仕事に励みました。
baeee.jpg
今回のパーティーの隠れコンセプトは「紙」。
飾りに作ったチェーンも紙ですし、このケーキスタンドも紙製品。
可愛いでしょう?
baeyyayo.jpg
当然カップケーキはメニューの中に組み込まれるでしょう。
このカラフルな紙カップは私の紙カップコレクションでParisで買ったもの。
baeyeyoyyo.jpg
紙ナプキンはオトメな生徒さん達にぴったりなバンビちゃん。
byyeyythyyoyiyyoye.jpg
こちらは生徒さん全員へ私からの今年のクリスマスプレゼントとして
用意したもので、やっぱり紙カップ♪
少しずつ色々決めてゆく作業はとても楽しかったです。

そして当日、セッティングをしたテーブルはこんな風になりました!
yaeyoyeaai2.jpg
じゃ〜ん!
可愛いので別カットでもう一度…!
yaeyoyeaai1.jpg
じゃ〜ん!!!
反対側にはティーセットをセッティングしていたのですが
それは写真を撮るのを忘れてしまいました。
当日はバタバタで撮りこぼしが結構あって残念でしたが
撮ったものだけご紹介です。
yyyyuyi2.jpg
トマトとベーコンのケイク・サレ
先週のキッコーマンでの講習会用に作ったレシピが美味しかったので
こちらでもご紹介。
yyayeyayeyoyy.jpg
キャラメルフィグ
キューピー3分クッキングではバーにカットしましたが
今回はスクエアに。
yyeyoyiy.jpg
オリーブパイはアペリティヴスナックにぴったりな味。
思わず泡モノが飲みたくなります。(笑)
yyoyiye.jpg
コーヒーロールは私の大好きで自慢のビスキュイのレシピで。
yyyo.jpg
スコーンは卵黄と生クリームを加えた贅沢なレシピで…。
そして勿論ウチのスコーンには欠かせない例のクリームも添えましたが
写真には撮りそびれてしまいました。
yyyoyuyi.jpg
こちらのスコーンはサレにしてブラックペッパーで風味を。
添えたディップは白インゲン豆のペーストですが
こちらも写真を撮り忘れてしまいました。
マグレブ料理のフムスに似ていますが
フムスよりもさっぱりとしたこのディップはイタリアンレシピ。
yyayyeyyaye.jpg
プチシューは3種類作りました。
こちらはグリオット。
yyayycyye.jpg
こちらはショコラ。
フォンダンをかけたので味はエクレールみたいです。
yyayoye.jpg
ピンクのフォンダンはシロップを加えすぎて失敗作品!
や〜ん!ワタクシとしたことが!!
でもお味は美味しいのでそのまま出しちゃいました。
ラズベリーとストロベリーのピューレをたっぷり加えた
クレームパティシエールは色までピンクです。
中がお見せ出来ないのが残念!(はい、外は失敗ですってば…!)
ythyiyoyyayooyeyyayyeye.jpg
上のカップケーキはマロンのカップケーキ。
生地にマロンペーストがた〜〜〜っぷり混ぜ込んである
とっても贅沢なレシピです。
下の段はライムのタルトレット。
ライムカードは甘さもバターも思い切り控えめなので単体だと
かなりとんがった鋭い味なのですが、パートシュクレや
クレームダマンドとの組み合わせでバランスを取ります。
土台のタルトはバナナの風味を隠し味として加えてみました。
yiyyeyayoyeiyyoyoyyayaye.jpg
パイナップルのコンフィチュールをた〜〜っぷり混ぜ込んで作った
クグロフは出来上がりも可愛かったのに、何故撮りそびれたのでしょう。
残念です!
…こちらはコンフィチュールのメイキング。
特別ルートで入手した極上のタヒチ産バニラを加えて炊いていると
まるでタヒチにいるような気分になるくらい
部屋中がバニラの香りで埋め尽くされました。

アフタヌーンティーには欠かせないサンドウィッチも作ったのですが
それも写真に撮るの忘れちゃいました。

そう、タイトルの「クリパでオール」
私のクリパでオールはクリスマスパーティーの準備でオールナイトでした。

でもいらしてくださった皆さんが喜んでくださって
「かわいい!!」と沢山沢山の歓声が聞こえたので私も大満足な一日でした。
beaa.jpg
ティーパーティーですから紅茶も数種類お出しすることにして
生徒さんからいただいたものや季節に合いそうなものをセレクトして
こんなラインナップにしてみました。

…来年はこれにヘクセンハウスもあればもっと可愛いかも…?
デコレーションをこっちのコーナーにもすれば良かった…!
と一人終わって反省会。

来年もパーティー形式にするかどうかはともかくとして…
きっとこういうこともやればやるほど上手になるはず。
また機会を作ってアフタヌーンティーパーティーを開催しようと思いました。

レオの好きなもの

a_mg_0020.jpg
掲載誌です。
年末年始はみんなで集まる機会も多いと思います。
参考になりそうなお料理が沢山載っています。
ご覧になってみてくださいね。
yiyico1.jpg
レオはお気に入りのおもちゃはくわえて持ち歩くのが好き。
その場で遊ばず、その日の気分で自分の好きな場所まで運んで
それから遊びます。

レオに遊ばれたくない小さなぬいぐるみ達は書斎の引き出しの中に
しまってあるのですが、レオはちゃ〜んとソレを知っています。
yiyico2.jpg
引き出しが開いていると2本足で立って中を真剣に覗きます。
…この中にいるんだよなぁ〜…。
yiyico3.jpg
見つけると一生懸命手で掻きだすように自分の方に引き寄せて
さっとくわえて持って行ってしまうのです。
yiyico5.jpg
やったぁ〜!捕まえた!!

レオ君、それが好きなのは知っているけど
おばさんにとってもこのコは大切なのよ。
まだ小さかったY家のKちゃんが作ってくれた編みぐるみです。
貰ったときから多少微妙ではあったのですが(苦笑)
レオが沢山遊ぶからもっと微妙な感じになってきてしまいました。
もっと優しく遊んであげてよ。

12月のお皿

ayyeyayoye5.jpg
フランスで過ごした4年間、色々な場所でクリスマスを体験しました。
最初の年はドイツの友人宅で。
2年目はフランスの実家(私にとっては第2の実家)で。
3年目はスウェーデンのママ(私には沢山の義or偽?ママがいます)の家で。
4年目はローマで。

ローマ以外は全てお家で伝統的なクリスマスを体験しました。
毎年違うお料理とちょっとづつ違う風習を見てきたけれど
きっとそれぞれのお宅は毎年同じ事をしているのだと思います。
それはちょっと日本のおせち料理と同じ感覚…。

でもお教室はそうは行きません。
去年と同じお料理じゃお教室にならない!(笑)
a_mg_0095.jpg
Soupe aux champignons et julienne de poireau frit
色々きのこのスープ・ポワローのジュリエンヌ添え

私にとってはスウェーデンの冬の思い出の味。
寒くて凍えそうな時に身体の芯から温めてくれたキノコのスープ。
その味を再現したくて試行錯誤して作ったレシピです。
フランスから買ってきたセップとジロールも加えてコクを風味をプラス。
ayiy5.jpg
Pomme de terre rectangle parfumee aux truffe
トリュフの香るジャガイモのパイ

パートブリゼオフロマージュの上にジャガイモのスライスを載せて
焼き上げたパイの上に贅沢にトリュフをスライスして載せます。
トリュフオイルの風味もほのかに効かせて…。♪
aaeu2.jpg
Roti de boeuf au chou rouge d’epice de Noel
ローストビーフ・クリスマススパイスの紫キャベツ添え

ローストビーフの火入れの方法は何通りもあります。
今回は一番オーソドックスで伝統的な方法をご紹介。
和牛ではなくOGビーフを使っています。
脂のきつくない、肉の味をダイレクトに味わえる外国産の牛肉の方が
こういうお料理には私は向いていると思っています。
aaeuauee1.jpg
私の好みの火入れはブル−。
日本の一般の人の好みよりもやや浅い火入れかもしれません。
でも中心まで温まっていて良い状態に出来上がれば
しっとりとした柔らかいお肉は臭みもなく美味しいと思います。

一緒にオーブンに入れたミルポワと肉汁を赤ワインで煮詰めて作る
ソースは最後の仕上げに「魔法」をかけます。
赤ワインソースは酸味が苦手…とおっしゃる方達には目から鱗の解決法。
a_mg_0113.jpg
Pain d’epice et coulis de chocolate
パンデピスとチョコレートソース

パンデピスは紀元前に既に作られてたと言われる古いお菓子。
こういう本当に古いお菓子って世界中に似た味のものがあるから
おもしろいと思います。
伝統菓子に忠実に作るとかなり噛み応えのあるお菓子になります。
それはそれで美味しくて好きなのですが今回はデザートにもう少し
モワルーな口溶けが欲しかったのでレシピをそんな風にアレンジ。

台湾帰りのワタクシはここで台湾で買ってきた龍眼の蜂蜜と
スパイスに五香粉を使いました。
でも五香粉の五香はシナモン・クローブ・スターアニス・フェンネル・
オレンジピール…などですから、これはまさに「パンデピススパイス」
にピッタリなのです。
_mg_0021_a.jpg
チョコレートソースには弘美ちゃんのフランスみやげの
リキュールドパンデピスを隠し味に…。
ayiyyo4.jpg
合わせたワインはこの2本。
FEFAUXのles Lysは大好きなシャブリです。
2001年の熟成した香りがきのこの風味と合っていたと思います。

赤ワインのMadiranは強い牛肉に合わせて…。
こちらも好きな組み合わせでした。
ai3.jpg
今年もなんとか一年お料理教室が終わりました。
来年以降、食の安全を含め、日本はどんな風になってゆくのか
想像も付きませんが、楽観できる要素はなにもありません。
事象から目を反らさない勇気が食を扱う人間にも
求められてくるように思います。

食べ物は命を繫ぐものであって欲しい。(基本です。)
そして食を囲むテーブルは気持ちを豊かにさせてくれるものであって欲しい。
安心で、楽しくて…。

そんなテーブルを提案し続けて行けたら良いな、と祈るような気持ちと共に
どんな世の中でも食べなくてはならないのだから
時代のニーズに合わせて、楽しいテーブルを作れるようにしたいと思います。

今年も一年、私の拙いお料理教室にお付き合いくださり
ありがとうございました。

12月のテーブル

短いバカンスのお話しはまた機会を見つけて
お話しさせてくださいね。
戻ってきて早々に2本の撮影を終わらせ
週末はお料理教室でした。

今年最後のお料理教室…今回もギリギリまでメニューに悩み
バカンス先の台湾でもずっとそれが頭の片隅にあったくらい。
時間に余裕がないからこうなるわけではないのです。
結局時間があればあったでその時間ギリギリまで使って
悩むのが私の性分なのだと思います。
だってお料理の組み合わせや可能性は無限大なんですもの。
ayaeyoyea3.jpg
クリスマスらしいオーナメントも今年は新調していません。
年に一度しか使わないものを沢山買い揃えるのは場所も取るし
元来ケチな私にはどうも納得がいかない…。
毎年今年の気分に合わせて何かを買い足したり、手直しをするくらいです。

今年はテーマカラーにピンクを使いたい気分だったので
そんなキャンドルを用意して、オーナメントの紐もピンクのリボンに変更。
a_mg_0043.jpg
ワインクーラーには枝もので実の付いたものを生け
手前に去年生徒さんにいただいたオーナメントを飾ってみました。
ayeyoyyoyeyoy2.jpg
クリスマスですから久しぶりにシルバーのナプキンリングを…
と思ったら引き出しの中で真っ黒になっていて(涙)
お教室の前日の真夜中に磨きました。
「あぁ!ばあやが欲しい!」と思うのはこんな時。
ayeyeyayo.jpg
ワタクシ、生まれて初めて自分で買いました!
フランス産トリュフでございます。
クリスマスメニューですもの。どこかで盛り上げないとね♪
a_mg_0053.jpg
おみやげレシピ…ではないけれど少しだけ台湾の香りを。
デザートに使うスパイスや蜂蜜にちょっと旅のエッセンスを…。
aaeinssa2.jpg
そして食後のお茶は感動して買った高山茶です。
今は冬茶の新茶の季節だそうです。
凍頂はまだ茶摘みが始まっていないけど
高山茶の新茶は出来たてだそうで、お茶屋さんで薦めていただきました。
香りの良い本当に美味しいお茶です。
a_mg_0074.jpg
中国茶に凝っていた時期に台湾に行って買った茶道具も
久しぶりに登場です。

和洋折衷…と言うか、中洋折衷…とでも言うのでしょうか?
どんな風にまとめたかはまた後日…。

次のページ »