Archive for 8月, 2011

シトロンヴェール

ycyoyeyeyayaeyyyae2_a.jpg
暑い夏に爽やかなお菓子を味わっていただきたくて考えました。
優しいクリーム色の舞台にライムのグリーンはとても良く映えます。
ただ、惜しまれるのは自由クラスのお教室開催日は全てお天気が悪くて
気持ち肌寒いくらいの気温だったこと…。
私は思いっきり夏らしいお菓子にしちゃったのにぃ…!
ycyoyeyeya1_a.jpg
今回のお菓子はこんな感じでした。
フロマージュブランにココナッツの風味を合わせたムースです。
センターにはライムのピュレで作ったジュレをしのばせてあります。
そして土台にはダックワーズを敷きました。

フロマージュブランとココナッツのムースは優しい味わい。
ライムのジュレはキリリと酸味を効かせています。
全体をまとめるのにカリッとした歯応えとライムの酸味に負けない
強い甘みと香ばしさを合わせたくてダックワーズを選んでみました。
ycyoyeyeyaacii5_a_a.jpg
カットした断面がとってもきれいでしょ?
ライムのピュレだけだと尖った酸味になってしまうので
そうならないように全体に統一感を持たせる工夫をしました。

一つ一つの味わいがどんなに良くても組み合わせると
お互いの良さを活かせない事ってあります。
そんな時に全体を一つにまとめ上げて足し算したり、引き算したりして
1台のアントルメのレシピを仕上げるのはお洋服をコーディネートしたり
テーブルセッティングをしたりする作業とちょっと似ているかもしれません。

味のバランスもお菓子のデザインも全てが気持ちよく自分好みに仕上がると
靴からヘアースタイルに至るまで全て上手くできた!って思える満足感と
同じような嬉しさがこみあげます。

毎月ギリギリまでレシピが出来上がらない私のお教室ですが
来月の自由クラスのレシピはもう出来上がっているのです。(かなり自慢!)
来月は久しぶりに全員参加方のお教室の予定。
みんなで「きゃいきゃい♪」と可愛い歓声を上げながら
可愛いお菓子を作りましょう!

ご予約は会員様専用カレンダーで!

8月のお菓子教室

*まずは業務連絡から*
会員ブログに9月のお料理・お菓子(基礎・自由)・リクエスト
全てのレッスンのご案内をそれぞれアップしました。
またスケジュールのカレンダーもアップしましたので
ご参加をご検討の皆さま、是非ご確認くださいませ。
yaeye12_a.jpg
お料理教室に引き続き、またまたテッポウユリを見つけたので
嬉しくなって購入♪
でも今月のお菓子とは全く合わないのでサイドボードに置きました。
テッポウユリとドライになりかかっている蓮の実です。
一月に二回も同じ種類の花を買うのは相当珍しいことです。
本当にこの花が好きなんだなぁ…。と自分でも感心します。
eaa1_a.jpg
今月の紅茶は久しぶりのクスミティー。
柑橘の香りが今月のお菓子とマリアージュしてくれるかな…と思って。
o7_a.jpg
そして今月テーブルに飾ったお花はこちら。
透明感のある薄黄色のカーネーションにミニパイナップルと木イチゴの葉。
別に花に罪はないのですが、カーネーションって
本当はあまり好みの花材ではありません。
だから自分でカーネーションを買うのは本当に久しぶり。
でも今回写真を撮りながらしみじみと「きれいじゃない…!」と
思ってしまいました。
あんまり偏屈に選り好みしないで素直なココロを持たなくちゃダメですね。
aeyeyoyyo2_a.jpg
今月の紙ナプキンはシンプルなデザイン。
Parisのsiaで買いました。
siaのものは日本でもイミテーションフラワーやフラワーベースなどを
見かけることはあるけれどテーブル周りのものはあまり見かけません。
テーブルリネンなどもなかなか素敵なものがあるので
Parisに行くと必ずショップを覗きます。
yiyiyiyc1_a.jpg
基礎クラスは今月、ババロアを作りました。
調度頂き物のぶどうもあったのでソースと一緒にデコレーション。
淡いグリーンが入ると爽やかな印象になりますね。
yiyiyiyc5_a.jpg
タヒチ産バニラを贅沢にたっぷり使ったバニラのババロアに
オレンジ風味のベリーソースの酸味を合わせます。
ババロアの基本中の基本、アングレーズソースを丁寧に炊いて
基本に忠実に作ったババロアです。
濃い色のテーブルクロスにババロアの色が映えます。

瓶モノ・チャリティー

_mg_0046_h.jpg
先月たっぷり作ったコンフィチュールは
置き場所もないしこんなに出来ちゃってどうしましょう…?と
ちょっと途方に暮れていました。

そしたらお料理教室に参加してくださった生徒さんが
「これ買えないんですか?」と声をかけてくださいました。
売り場所があるならその売り上げをチャリティーしたいな…と思っていたので
私にとってはとても嬉しいお言葉。
「いくらなら買ってくれる?」と伺うと「いくらでも…」と太っ腹。
「じゃあ1本500円!」とあっさり交渉成立。
他の生徒さんも買ってくださり合計16本が売れました。

震災以降、数カ所に義援金を送っていましたが
今回の売り上げ金は全額こちらに送金させて頂きました。
_mg_0101_a.jpg
写真が小さくて見えにくいのですが
「311見捨てられた動物基金」という所です。
個人で今も福島の立ち入り禁止ゾーンに取り残されて
見捨てられてしまった動物たちをレスキューする活動をしている団体です。

フェイスブックでこちらの活動を知って以来
そのレポートに何度涙したことか…。
福島原発20km圏内はそこにいらした住民の方もですが
家畜・ペットたちも本当に悲しすぎる理不尽な仕打ちを受けています。

日本政府は福島県民をはじめ、国民の命を軽く考えているとしか思えない
対処しか震災以降今日までしてきていません。
そんな政府に20km圏内に置き去りにされた動物達の
命のことなど期待してもするだけ無駄です。
線量の高い危険な地域であることを承知の上で動物たちの為に
行動を起こしている人達の活動に私は深く心を打たれました。

こんな光景を見てしまったら私なら心が壊れてしまう…と
思うようなむごい犬や猫、家畜たちの最後を実際に目にしながらも
それでもまだ生きている命のために活動を続けている人達です。
気持ちはあっても実際に行動しない(出来ない)私に出来ることは
こうやって義援金を送ることくらいしかありません。

今回、偶然の産物のようにたまたまたっぷり作ったコンフィチュールが
こうやってお金を生んでくれました。
大好きなMathildeのルセット。
お教室の生徒のYちゃんから届いたブルーベリー。
生徒さん達がこのコンフィチュールのために払ってくださったお金。

私が私の大切な人達と一緒に作ったお金です。
ほんの少しでも役に立ってくれると良いな。と祈るような気持ちです。

次は渋皮煮を作ろうかしら…?
イチジクのコンフィチュールも良いルセットがあるのよね…。と
瓶詰めモノ作りとチャリティが結びついたことに気をよくした私。
色々次回作を考え中です。
_mg_0006_a.jpg
はーちゃん、今日も私の仕事に付き合ってくださっています。
_mg_0044_a.jpg
かんなちゃんも相変わらず可愛い顔して甘えてくれます。
_mg_0059-a.jpg
レオは呼べば必ず一番最初に私の元に駆け寄ってきてくれます。

もしも東京に福島20km圏内と同じようなことが起きたとしたら…
行政の「取りあえず逃げてください。」の言葉を私は絶対に信じない。
絶対にこの子達を置いて「取りあえず避難」は有り得ない。
福島の悲劇と同じ轍は踏まない。

無邪気に私にまとわりつく3にゃん達のことを考えるとき
私の気分は既に3匹連れて亡国の難民です。

yaeye6_a.jpg

桃の季節、朝顔の季節、オールシーズン猫!

_mg_0040_a.jpg
毎年、この季節になると山梨から立派な桃が届きます。
Tちゃんが毎年送ってくださる桃は絶品なのです。
今年も到着しました!
桃好きの私には本当に素晴らしい、暑い夏を乗り切る救世主のような存在。
毎年、気を遣わせてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいになりますが
それでも嬉しさがこみあげちゃう贈り物です。
ありがとうございます。

_mg_0002_a.jpg
こちらはRちゃんのおみやげの品。
福島のいわきでのボランティア活動に参加なさったRちゃん。
気持ちはあってもなかなか実際に現地に飛んでいくことの出来ない
私からするとただただ尊敬!!
変な言い方になりますが
行ってくださっただけで感謝の気持ちでいっぱいなのに
おみやげまで頂いてしまい恐縮です。
季節感たっぷりのこの包装も素敵です。
_mg_0006_g.jpg
そして中身もですが、この箱もとっても素敵!!
お菓子は有り難くいただき、空き箱も何かに利用する予定♪
ありがとうございました。
_mg_0123_a.jpg
この猫ちゃん、何だと思いますか?
これを見たときにすぐに私の事を考えてくださったTちゃんは
いつもいつもセンスの良い贈り物をくださいます。
_mg_0122_a.jpg
これはバターナイフ。
もったいなくて使えません!
(でも使うのも楽しみ!!)
_mg_0128_a.jpg
Tちゃんのプレゼントは私の好きなモノだらけ。
いつも本当にそのセンスの良さと優しい心遣いに感動してしまいます。
ハンドタオルはお仕事にも使えるように…と
わざわざ名前を刺繍で入れてくださっています。
えぇ、仕事場に必ず持って行きますっ!
_mg_0124_a.jpg
私はお教室の時に、みんなの顔が見られて
一緒にお菓子やお料理を囲んで楽しいひとときを過ごせれば
それで充分満足なのです。
だからね、お気遣いは本当に無用です。

またお時間に余裕のあるときに元気なお顔を見せてくださいね。
_mg_0044_a.jpg
かんなもまたみんなに会えるのを楽しみにしているにゃ。
毎日暑いから身体に気をつけてにゃ!
かんなはこうしてなが〜くなって伸びています。

8月のメニュー

yaeyoye9_a.jpg
8月のお教室はこんな感じのメニューでした。
テーマは「夏に負けない!」
美味しいものを食べて暑さを乗り切る料理をご提案…のつもりで考えました。
yyoiyyyeyi2_a.jpg
Verrine de creme de mais grille
焼きトウモロコシのヴェリーヌ

網の上で少し焦げ目が付くくらいまで香ばしく焼いたコーンを
使って作った冷製のコーンスープをゼラチンで緩く固めました。
予め焼くことでコーンの甘みと香ばしさが引き立つのですが
それだけだと味がぼやけた感じになる気がして
しゃっきりとした歯応えと「何か違う味」を加えたくて
きゅうりのコンカッセのヴィネグレットソースを添えました。
aeo2_a.jpg
築地のやっちゃばでこんな可愛いきゅうりの花を見つけたので
これを添えたら「まぁ、可愛い!!」

でも私は初日のお教室でこのヴェリーヌを早く固めるために
冷凍庫に入れて出すタイミングを誤り、凍らせてしまいました!
ちょっと凍った感じがスムージーみたいで美味しい!と
優しい生徒さん達はおっしゃってくださいましたが…。(反省!)
yyeiyyiyaye4_a.jpg
Galette de crabe a la sauce poivre rouge
et creme fleurette legerement fumee
毛ガニのガレットパプリカのソースとスモークしたクリーム添え

今回のこのメニューは私の自信作!
美味しかったぁ!←自画自賛!!
数種類のハーブとライムの風味を効かせた温かい毛ガニのガレットに
冷たいソースとクリームを合わせます。
本当に夏らしい一皿になったと思います。
oioiyiyaey2_a.jpg
Carre d’agneau roti a la rose, la lavende ,la canelle et etc…
子羊肉のロティ・バラとラベンダーとシナモンと…色々なスパイス風味

メインはこちら。
子羊肉と夏野菜のロティをちょっと変わったスパイスで風味を付けました。
バラやラベンダーやシナモンなんてロマンティックで
お菓子に使いそうな素材の乙女な素材ですが
出来上がりはかなりスパイシーなオトメです。
adh1-a.jpg
チュニジア人の友人に教えてもらったミックススパイスに
更に色々なスパイスを足したり、引いたりして
自分の好みの味に仕上げたこのミックススパイス。
内容が分からないくらい粉状になるまで石臼ですり潰すのが
ちょっと大変ですが、その価値はあると思っています。

焼き面にたっぷりのスパイスをすり込みたかったので
羊肉は骨2本分ずつにカットして火入れをしました。
yaeyyeyssy4_a.jpg
Tiramisu au milieu d’ete
真夏のティラミス

デザートはティラミスです。
コーヒー味の定番ではなくトロピカルフルーツにサンブーカと
タヒチ産バニラで風味を付けたマセドワーヌを合わせて
さっぱりと仕上げます。
生クリームを使わずに作るこのレシピは軽く仕上がるので
こんなにたっぷり??と思っても皆さんぺろりと完食でした。
yiyyo12_a.jpg
今回合わせたワインはこちら。
何故か今月は3本になってしまいましたが
まぁ、それも夏だから…と言うことで…。
カニに合わせたMichel Turgyのシャンパンは幸せの味でした♪

9月のお料理教室はスケジュール的に開催が危ぶまれますが
次回のお料理教室も笑いの絶えない楽しいひとときになる様に
美味しいメニューを考えます。

お料理教室の朝。

yaeyoyeoyuyyeyuye2_a.jpg
8月のお料理教室も無事終了。
今月もおかげさまでとても楽しいひとときでした。
yyayaeyyoy3_a.jpg
今月のテーブルセッティングはこんな感じでした。
いつもはお教室が終わるとすぐにナプキンは洗濯して
翌日にも同じ布をアイロンをかけ直して使うのですが
今月は何故か洗濯中に力尽き眠ってしまったので
翌日には間に合わず。別のナプキンを出しました。
yyayaeyyoy6_a.jpg
リネンの色が一部変わるだけで印象がガラリと変わります。
どちらも自分で選んだのですから気に入っていますが
色が淡い方がお昼の時間帯のお教室には合っていたかも…ですね。
yaeye1_a.jpg
今月のお花はテッポウユリです。
お花にも流行があるらしく、最近テッポウユリは人気がないのか
お花屋さんで予約をせずに買うのは至難の業!
どうもユリ系の最近の流行はスカリユリ系のものみたいです。

ユリは大好きな花です。
その中でもヤマユリとテッポウユリは特別な存在。
私の中では別格です。
テッポウユリは私がなりたい、と思う女性の要素を
全て兼ね備えている憧れの存在。

だからちょっとくじけそうな気分になると
この花を目の届くところに生けて気持ちを立て直したりしたものです。

今回の私は何にもくじけていませんでしたが(笑)
あまりに久しぶりに見つけたテッポウユリだったので迷わず購入!
やっぱりステキ。
この方が居てくれるだけで姿勢が良くなるような気がします。
aa3_a.jpg
今月のお茶はこちらのフルーツティー。
Dallmayrのこのティーバッグシリーズは最近のお気に入り。
yaeyoye1_a.jpg
お教室の朝は慌ただしくて、起きたらすぐに猫にご飯をあげて
ブラッシングをしたら、そのまま掃除機をかけて雑巾がけをします。
クロスのアイロンかけなどを終わらせたら私はシャワーに直行。
この時点で3にゃん達にはリビングの立ち入り禁止令が出ます。
それから材料を量ったり、キッチン周りのことをして、テーブルを整えて
全て終わるのはお教室開始時間の20分前くらい。
息つく間もないほどの舞台裏です。

毎回この準備時間は焦りまくりなのですが
全てが整い、生徒さんがいらっしゃるまでのほんの数分間は
ちょっと好きな時間。
ちょっと引いたところから全体を眺めるのは
舞台の袖から自分の出番を待つ子供の頃に習っていた
バレエの発表会の気分に似ています。

pas de mot

cimg2615_s.jpg
je ne sais pas quoi dire pour toi…
seulement je veux pas te dire “Adieu”.
On n’est pas prête.

お命、頂戴いたします。

最初に失礼します。

*会員の皆さまに業務連絡です*
会員ブログに8月のお菓子・自由クラスのメニューをアップしました。
ご覧になってくださいね。

さて、本日のブログタイトルはちょっと物騒ですが…。
yye_a.jpg
旬の毛ガニを築地で手配していただきました。
たっぷりの保冷剤と氷に包まれておかくずの中で
じっとしていたカニさんですが流水で洗っていると
突如目を覚まされて動き始めました。

力強い動きにこのカニさんが「生きている」ことを実感。
尖った足先やはさみがちょっと怖かったりして私はおっかなびっくり。
でも命懸けなのは私ではなく彼の方。
これから湯気の立った蒸し器に入れられちゃうのですから…。

私達は普段から誰かの命を頂いてそれを糧にしている、と言う
当たり前のことをこうやって「活きた素材」を扱うとリアルに実感します。
罪悪感…とはちょっと違うけれど命を頂くことをこうして実感するときには
何とも言えない気持ちになります。

結局いただいてしまう命なら無駄なく美味しく頂くことが
せめてもの供養だと思うのは人間側の勝手な言い分で
カニさんにとってはどうでも良いことなのでしょうが
私はそんな風に感じてしまいます。
yyeyuyyeaa_a.jpg
蒸し上がったカニさんです。
蒸し器に入れて蓋をしてからしばらくは鍋の前から離れられなかった私。
「ごめんね。でもありがとうございます。いただきます。」と
神妙にお祈りをしてしまいました。妙におセンチな気分。
でも変な言い方かもしれませんが
こうして命をいただく怖さを実感することは大切なことかもしれません。

蒸し上がったカニさんの身はお教室で使います。
殻は今回のメニューでは使わないのですが
カニのビスクを作ることにして殻もちゃんと活用させていただくことに。
yyeyoyy1_a.jpg
出来上がったビスクは冷凍してリゾットでも作るときに
使わせていただく予定。
カニさん、ありがとうございました。

次のページ »