Archive for 5月, 2011

タイムリーな話題

_mg_0003-r.jpg
週末にクウネルの「料理上手の台所2」が届きました。
あれ?取材受けてないんだけど…?と思いながらも
このテの本は大好きなのでパラパラとページをめくっていったら
私ちゃんと載っていました。(笑)
本誌で以前受けた取材の再編集を掲載してくださっていました。
その内容は「ゴミ箱」のこと。

調度、近々ウチのゴミ箱のことをブログのネタにしよう…と
思っていたところだったので、本当にすごいタイミング!
_mg_0002_f.jpg
コレ、ウチのゴミ箱です。
ハイロちゃん。ドイツ人です。サイズは60リットル。
このゴミ箱をどうしているかはクウネルを読んでいただくとして…
新たなゴミ箱ネタはですね…。

前日ハイロちゃんの蓋が割れちゃったのです。
まぁ、蓋部分はプラスティック製ですから割れることもあるだろう…と
思いつつも、そりゃぁ、お気に入りのゴミ箱でしたから悲しかったです。

私がこのゴミ箱を買った当時は結構色々な店で見かけたのですが
最近あまり見かけない…。ゴミ箱のサイズに合わせて棚だって作ったのに
代わりがなければどうするのぉぉぉぉ?と途方に暮れつつ
ネットでハイロの商品を検索。

そうしたら、なんとすごいんですよ、ハイロちゃん。さすがドイツ人です。
蓋だけのばら売りがあったのです!!もうハイロ社に感謝感激です。
さっそくネットで注文をして届いた新たな蓋を装着したウチのハイロちゃん。
まだまだ私のお台所の相棒として頑張ってもらえることが嬉しいです。

壊れたら直してまた使う。ものをぽんぽん捨てない。
その為には本当のお気に入り以外は身近に置かない。
そう思って揃えているウチのメンバーです。
今回のことでハイロちゃんをますます好きになってしまいました。
_mg_0006-t.jpg
本つながりでもう1冊。
お仕事を時々ご一緒するカメラマンの回里純子さんが
この度と〜〜〜〜ってもカワイイ写真集を出されました。
この本の出版を記念して六本木ヒルズでエクスポジションを開催。

この本は子供達に「あなたのタカラモノはなんですか?」と聞いて
そのタカラモノと一緒に写真を撮る、というコンセプト。
かたちのあるもの、ないもの、子供達のタカラモノはさまざまですが
そのタカラモノの事を想っている子供達の表情を切り取る回里さんの感性が
素晴らしいから、ますます子供達が生き生きと見えるのでしょう。

本当にステキな写真集です。
是非ページをめくってみんなの宝物を見てみてください。
きっと「そんなアナタ達こそがタカラモノだよ!」という気持ちになります。

全部、嬉しい!

_mg_0005_d.jpg
いつも動物の話で盛り上がるお教室の生徒さんのYちゃん。
とってもステキな香りのキャンドルをくださいました。
「停電になってもコレで大丈夫ね!」と。

私達はお互いに動物と一緒に暮らしています。
福島の避難区域の様なことが起きたときに後回しにされてしまうペットたち、
あの悲劇から少しでもまだ生き残っている動物を救う活動を支援すると共に
自分たちの身に同じ事が降りかかったときに、自分のコ達を守る術を
きちんと考えておかなくてはならないね…。と話をしました。
_mg_0016_a.jpg
ご存じでしたか?「坊ちゃん石鹸」。
私は初めて見ました。
会った瞬間坊ちゃんに恋に落ちました。カワイイ!

Kちゃんは大好きなおばあちゃまが宮城に住んでいらして
今回の震災のあと、GWにやっとおばあさまに会いに行けたそう。
おばあさま達がご無事だったのでそれは本当に良かったけれど
大好きな美しかった風景が一変していたことにとても胸を痛めていました。

「子供の頃からあちらに行くと必ずこの石鹸なんですよ。」とKちゃん。
宮城名物なの??
使うのが楽しみです。♪
_mg_0030-g.jpg
じゃーん!!
とってもステキなミニミニ茶箱に鳥獣戯画の絵。
これは京都「雅柳ほりゑ」の限定品だそうです。

もう長いことお教室に通ってくださっているTちゃんは
私の鳥獣戯画好きを よ〜くご存じ。
これを見た瞬間に私を思い出してくださったそうです。(感激!!)

箱を開けると中にはたっぷりのお茶が入っています。
柳櫻園のお茶も嬉しいけれど、この桐箱は永久保存版です。
_mg_0033_g.jpg
屈託なく笑い転げる兎ちゃん。
鳥獣戯画はあの時代のかなりの風刺画だそうですが、ユーモアたっぷり。
私達もどんな時代でも生きてゆかなくてはならないのなら
笑いを忘れちゃいけませんね。

そう言えば今年は卯年で私は年女。
何事にもめげずにぴょんぴょん元気に跳ねてゆきましょ!
_mg_0044_a.jpg
かんなのお耳を大きくしたらうさぎちゃんに見えるかな?
「縞模様の兎なんていないよ!」とかんなに言われそう。

守りたいものがあります。

コレと言って報道することがないくらい安定しているから
TVは最近の福島第一原発の「現在」を報告しないのか、
それとも口にするのも恐ろしいことが起きているので
政府が報道規制をかけたから何も報道しないのか
今や自分の国の政府をひとかけらも信用出来ない私には
どちらなのか判断も付きません。
_mg_0015_a.jpg
8年間一度も花を付けなかったドッグローズが今年は咲きました。
yyeyoioe.jpg
こちらも8年間一度も付けたことのない花芽を付けた我が家のオリーブ。

単純に、純粋に本当にこのコ達の「成長」と喜んで良いのでしょうか?
そんなことすら疑心暗鬼になる今日この頃です。

私は食育とかヘルシーフードとか…いわゆる身体に良かったり
正しい栄養の摂りかたなどに特化した料理研究家ではありません。
それでもやはり食に関わる仕事をしている人間として
命を繫ぐものであるはずの食べ物が
安心から程遠いものになっているかもしれないのに
それを報されない今の現状には疑問があります。

スーパーで「福島産」とか「愛知産」と言った産地表示ではなく
「国産」と書かれた野菜の表示を見たときは
言葉を失うと共にこの国の政府に対して寒気を感じました。
最近増えてきましたね。この「国産」表示。
…そうまでして国が守りたいものは一体何なんでしょうね?
どうやら国民の信頼ではない、ということだけはもう充分わかりましたが。

広島も長崎もチェルノでさえも、被ばくしても健康をたいして崩さずに
生きている人もいるのだから、福島も東北も関東も全国一丸となって
みんなでそれに賭けよう!って思っていらっしゃる…?
そのついでに程よく淘汰されたら年金モンダイも一気に解決…?

今回の震災と福島原発事故以降、悔しくてニュースを見ながら何度泣いたか、
たった一人の人間が声が枯れるまで叫んでも、泣いても、騒いでも
その声が届かない、無力感に何度絶望したことか、
そして一体どれだけの人の心が折れたことか…。

でも一方で小さな声が集まって大きな声になったから
変わったことが一つもなかったわけではありません。
福島原発20km圏内のペットや家畜の事だって満足のいく結果とは
言えない部分も多々あるけれど、声がなければもっと悲惨な状況のまま
うち捨てられてしまっていただろうと思える部分もあるのだから。
_mg_0020_a.jpg
私にも守りたいものがあります。
そんなものがあるが故に人のココロは弱くも強くもなれます。

特別な知恵も力もないけれど
おかしいことはおかしいと声が枯れるまでせめて言い続けようと思います。
_mg_0028_a.jpg

嬉しいお知らせ

お教室をやっていて嬉しいのは「復習しました。」
と連絡をもらえた時。
あぁ、本当に気に入ってもらえたんだなぁ、と思えて安心します。

今月のお料理教室をきちんと復習してくださったY家のMさん。
写真付きでメールを送ってくれました。
dscf1594_a.jpg
画像が小さいのがちょっと残念ですがとっても綺麗!
dscf1590_a.jpg
食器が変わるだけで同じお料理でも見た目の印象も違って見えます。
ガラスのお皿のアスパラの前菜は涼やかだし
ブルーのガラスのボウルに白いスープも映えますね。

なるほど…。こういう食器があったら良いかも…。なんて
私にとっても参考になります。
dscf1601_a.jpg
メインは穴子ではなく鱚が手に入ったのでそちらを使ったそうです。
鱚でも絶対に美味しいと思うので、これは私が食べたかったなぁ。(笑)

おもてなしのお役に立てて良かったです。
_mg_0031_a.jpg
ウチのキッチンは猫たち出入り禁止です。
ちゃ〜んとそれを3にゃんは認識しているのですが
お教室が終わってキッチンの扉が開いていると誘惑に抗えなくて
点検に入る方がいらっしゃいます。
シッポをぴん!と立ててぽてぽてと歩くはこさん。
_mg_0032_g.jpg
くんくん…なんか美味しいニオイがする…。
_mg_0033_a.jpg
この上がアヤシイと思うの…!!

と上を見たところで私に怒られます。
「はこぉ?そこって入って良いところだっけ?」と声をかけるだけで
はこさんは「やべっ!」と思うみたいです。
_mg_0034_a.jpg
なんだ、おばさん見てたのね…。と
すたこらとキッチンから出てきます。

見ていなかったら何をするのか、と思うと
絶対にキッチンの扉を開けっ放しにはしておけません。

好きな組み合わせ

好きなフルーツの組み合わせは沢山あるけれど
最近の私の中でのリバイバルヒットはバナナ&ブルーベリー。
_mg_0001_a.jpg
バナナとベリーの相性はブルーベリーに限らずどれも合うけれど
特にブルーベリーと合わせるのがお気に入り。
フレンドリーなお味なので安心な組み合わせでもあります。
先月はこの組み合わせでワッフルを作り、生徒さんに大変好評でした。

そこですっかり気をよくした私。
今月のサブメニューも懲りずに同じフルーツの組み合わせです。
_mg_0014_a.jpg
バナナ&ブルーベリー・ヨーグルトマフィン。
このレシピは材料をぐるぐる混ぜちゃえば出来る超簡単おやつレシピ。
最初は油脂もサラダオイルで「ヘルシー&簡単」で試作をしました。
結果は….多分「ヘルシースイーツ」とか「ローカロリーのおやつ」
なんて雑誌の特集だったら充分許せるところまでは漕ぎ着けた気がしますが
やっぱり「うわぁ、美味しい!」と言うレベルからは程遠いお味。

今月はメインのメニューが自分の中では「超美味しいっ!!」
のレベルだったので(自画自賛)尚更両者の差が大きくて感じ
レシピの完成度が気になります。

「まぁまぁ美味しくて簡単vs美味しいけれど手間がかかる」とか
「ヘルシーだけど味気ないvs美味しいけれど高カロリー」とか
一長一短の究極の選択をするとき、私は色々悩んでも結局
お菓子に関しては間違いなく100%「美味しい」をとるタイプ。

私は「簡単・ヘルシー・安上がり」を目の敵にしているわけではありませんし
それが必要なことがあると言うことだって理解はしているのですよ。
日々のご飯なんてむしろこちらを実践しているくらいです。(笑)
ただこと、お教室のお菓子に関してだけは違うんですね。
やっぱり美味しくあって欲しい…。

結局、「簡単」は残ったけれどヘルシーと安上がりは諦めて
「素朴だけど美味しい」というところで落ち着かせることにしました。
_mg_0019_t.jpg
フレッシュのベリーが弾けてじゅわっと果汁が出た部分って
フォトジェニックだし、美味しそうですよね。
冷えたミルクと一緒に食べたいマフィンの出来上がりです。
_mg_0030_a.jpg
お教室中はリビングには入れない猫たち。
教室が終わるとぞろぞろと二階から降りてきます。
お教室中は試食が終わる頃までは猫はで切り禁止です。

気分

毎月お教室のレシピが出来上がるのはいつもギリギリ。
本当に自転車操業とはこの事だわ…と良く思います。
時々滑り込みセーフでもいつも間に合う自分を
密かに褒めてあげたいっ!と思ったりしていますが
裏を返せば、計画性ゼロの行き当たりばったり。
もっと段取りの良いシステマティックな方法があるだろう…と
反省するところかもしれない…と思ったりもしています。

でも私は気分屋なので例え自分の立てた計画でも
それに束縛されると時々とってもイヤ〜な気分になるのです。
だから「今の気分」で作りたいものを作った方が性に合っているので
お教室の「年間メニュー」は多分一生かかっても作れないと思います。

でもこれからはせめて一月前にはお教室のメニューを
発表出来るようにしたいと思っています。
yiyeyoyiyyeycyeyeyyayeyaye5_a.jpg
…そして、今月はこんな気分でした。
「初夏のパリ・ブレスト」

シュー生地は基本配合から大きく数字をずらして
軽く焼き上がるように調節しました。
このシュー生地は本当に口当たりが軽くて生地の存在感はあるのに
重くおなかに響かない本当に女性に嬉しいレシピ。

そしてクリームはパイナップル風味のクレームと
キャラメル風味のシャンティ−。
yiyeyoyiyyeycyeyeyyayeyaye2_a.jpg
口に一口入れると爽やかなパイナップルの酸味が広がって
本当に初夏の味!自分で作って感動しちゃいました。(笑)

毎回どのレシピもお教室で発表するレシピは
自分で納得しているものだけをセレクトしてお出ししているので
どのレシピも大切な私の一部だという意識ではいるのですが
それでも「久々の大ヒット!」みたいな気持ちになるものが時々現れます。

今回のこのお菓子。
本当にその「久々の大ヒット!」でした。

私には「本当のお気に入り」しか載せないレシピノートがあります。
このコはそのノートに入れようと思っています♪
_mg_0042_a.jpg
レオ兄の腕枕ですやすや眠るかんなちゃん。
心から安心している顔に見えます。
…こんな風に安らかで穏やかな日々がずっと続きますように…。

5月のお菓子教室

_mg_0003_a.jpg
色々とお国のやることが信用出来なくて気分が滅入るので
せめてお花は「ぱぁ〜!」っと景気よく明るくしたいなぁ…と思って
今月はお花屋さんへ足を運びました。

元気なひまわりとガーベラ。
震災以降私のお花のセレクトは随分雰囲気が変わったなぁ…と思います。
自分にしか解らない事だと思いますが
お花のセレクトは多分に私の心のありように影響されていると思います。
お花の持つ力にあやかりたくて、そんな気分の花を選ぶのだと思います。
ちょっとその日着るお洋服を決めるのと似ているかもしれません。
_mg_0015_g.jpg
今月のお茶はこれもウチでは珍しく紅茶ではなくルイボスティー。
アンチエイジング効果もある、と言われているルイボスティーを
ベースに色々なフレーバーを加えたこのお茶は今月のお菓子には
相性が良さそうだったのでこちらをセレクト。
aeyeyoyyo1.jpg
そして今月の紙ナプキンはこちら。
Parisで買ってきた紙ナプキンコレクションです。
この紙ナプキンは可愛くて4面柄が違うのです。
aeyeyoyyo2.jpg
aeyeyoyyo3.jpg
aeyeyoyyo4.jpg
今月のお菓子教室はこんなテーブルで皆さまを初夏にお連れできるような
メニューでお待ちしております。
cimg4036_b.jpg
暑くなってくると猫は丸まらなくなります。
はーちゃん、こんな格好で寝ています。

ホームページリニューアルオープンです!

_mg_0063_f.jpg
PCの画面を写真に撮ってもちっともその可愛らしさが伝わらない。(涙)
どうぞ皆さま、直接アクセスしてご覧になってくださいませ。

去年の秋頃からお料理教室のご案内も含めてホームページの
リニューアルをするつもり…と申しておりましたが
この度やっと出来上がりました。
お待たせしましたぁ!

でも思ってから1年足らずで出来上がったって、私にしてはかなり優秀。
ホームページの開設なんて構想から実現まで3〜4年かかってますから!
(ここ威張るところじゃないんですけどね…・苦笑)
あ、かおちゃん&アンさんの名誉のために言っておきますが
彼らの作業が遅いわけではないのです。
実際お二人と具体的な話をし始めてから実現までは一月くらいで
本日を迎えられているのです。

…じゃぁ、何故にそんなに時間がかかるの???と言うことですが
それはワタクシの頭の中を整理させるまでに必要な時間なのです。
Macをお使いの方はご存じだと思われる「虹色のくりくり」。
あれが私の頭の中でなが〜〜〜〜い間くりくりくりくりくりくりくりくりくり
くりくり…と回っておりました。

今回かおちゃんは以前よりもシンプルにあまり写真を使わずに
デザインしてくださいました。
最初はちょっと殺風景すぎるかな?と思ったのですが
見ているウチに段々気に入ってきました。
スッキリしていて見やすところもお気に入り!

そしてお教室のシステムをこの度大きく変えました。
今まではコースを選んで頂いて、基本月1回のお稽古のように
通っていただくようになっていたのですが
今後はご入会いただいた方はどのコースでもお好きなものを
お好きなときに参加をご検討いただきその都度予約をしていただくような
システムに変更しました。(詳しくはホームページをご覧ください。)

新規のご入会随時受付中ですので是非、ご参加くださいませ!

お教室は私のものでありながら、私のものではありません。
皆さまと一緒に創り上げて行くものなんだと思っています。
これは細々ながらも10年以上教室を主宰してきて思ったことです。
ひとつの箱の中で同じ時間を、同じ空気を共有するのです。
どちらにとっても居心地の良い場所であって欲しいと願っています。

だから私は一度きりの、次にどこかですれ違ったとしても
名前も思い出せないようなお付き合いを
私の生徒さん達としたくはありません。
細くても良いので永いお付き合いが出来れば良いな、と思っています。
そうすればお互いに無理なく、少しづつかもしれないけれど
緊張しないですむ、和やかな楽しい場所を創ってゆくことが出来るのでは?
と思っているのです。

そんなお教室です。
ご一緒していただける方、お待ちしております。
_mg_0012_a.jpg
小さく業務連絡:
現行の生徒の皆さまには別途メールをお送りしますが
今後の事務処理の関係でいくつかお願いがございます。
ご面倒をおかけしますが、メールが届き次第お手続きの方
何卒よろしくお願い申し上げます。

Kanna dit…C’est moi!Je suis Miss Dior!!

先日打ち合わせの帰りに靴が欲しいなぁ…と
何となく立ち寄ったデパートで端から端まで真剣に靴を見たのに
ひとつも欲しい靴が見つけられずにトボトボと階下の
化粧品売り場にたどり着いたとき
せめてペディキュア用にネイルを買おう!とネイルを物色。

私の欲しい靴はオープントゥのパンプスかバックストラップのサンダル。
だからつま先のネイルがお気に入りの色だったら気分が良いと思ったのです。
靴は見つけられなかったけれど、ネイルは見つけました。
ROCK COATは色の濃いトップコート。こちらはかなりお気に入り♪
_mg_0047_a.jpg
帰り際、Miss Dior cherieの発売記念のリボンムエットをくれました。
家に帰って袋の中身を取り出していたらさっそくはこちゃん登場。
ムエットに吹き付けてくれた香りが気になるのかくんくんと点検です。
_mg_0050_a.jpg
あら、はーちゃん。やっぱり女の子ねぇ。
この香りが気になるの?と首に巻こうとしたらはこさん、発狂!
首輪など付ける習慣のないウチの3にゃんは身体に何かを
巻き付けられるなんて以ての外!
しかも嗅覚の鋭い猫にとっては相当強い香りの筈です。

でも私はカワイイリボンをはこに付けて記念写真を撮りたくて
無理矢理押さえ込みましたがはーちゃんはさっさと退場。
結果、背中にリボンを載せたブレブレの写真しか撮れませんでした。
_mg_0068_g.jpg
そこで別の部屋で寝ていたかんなにリボンを巻いてみることにしました。
かんなは熟睡していたので大人しくリボンを付けてくれました。
_mg_0063_a.jpg
ほらぁ!な〜んて可愛いんでしょう!!
かんなちゃん、ウチのMiss Dior cherieに決定!!
と喜んだのは私だけ。(ほ〜んとバカですみません。)
寝ぼけていたかんなも香りに驚いたのか段々目を覚まして発狂!
あぁ、残念!とっても似合っていたのになぁ…。

…その後のムエットですか?
そりゃもう瞬殺です。

もうひとつのワッフル本

_mg_0062_a.jpg
私が柿の木坂で地味〜にワッフルブームを一人で再燃をさせてた頃
巷ではちゃんと、本当にワッフルブームが起きていたのでしょうか?
福田淳子ちゃんと山崎しづかさんの共著でこんな本が出版されていました。

淳子ちゃんがご著書を送ってくださいました。
お二人のアイデア満載のこの本があればワッフルメーカー購入を
迷っていたヒトにも色々楽しめるから良いかも〜?と思ってもらえそう…。

本当は3月にまたデートをしましょうね!と言っていたのに
震災の影響ですっかりそんな気分になれずにデートは流れてしまいました。
せっかくたまにしか会えない淳子ちゃんと会うのなら丸一日空けたい!と
思うとなんだかんだとお互いのスケジュールを合わせるのが難しくて
今度会えそうなのは夏ごろ…?な感じです。

ところで皆さん、レシピ本はエッセイの挿入でもない限り
著書の人物像は判らないってお思いですか?
私の考えは少し違います。
レシピの数字、生地の選択、デコレーションのあしらい、果ては皿の上の間…
みたいなものにその人の好みや考えが見え隠れしていると思うのです。

勿論本は著書一人のものではないので他のスタッフ全員の想いや企画の意図も
ありますから、それはその人のほんの一面で全てではないのだけど
会ったことのない人の本で「きっとこの人はこんなヒト。」
と想像するのも楽しいし、知っている人の本だと「らしいなぁ…。」
と思ったり、逆に「大変だっただろうなぁ!」なんて思ったり…。(笑)

時代が違いますから当然と言えば当然ですが
私のワッフルの本とは全然違うアプローチのこの本。
熟読しながら「淳子ちゃん、すご〜い!」とか
「山崎さんってこんなヒトかなぁ?」なんて楽しみながら見ています。
_mg_0002_q.jpg
赤いハートを抱くレオっち。

おみやげ

_mg_0054_a.jpg
お料理教室がゴールデンウィークの終わりの方だったので
前半で韓国旅行を楽しまれたRちゃんからおみやげを頂きました。
韓国海苔って食べ始めるとあと引くんですよね。
大好物です♪ありがとうございました。
aaa1_a.jpg
そしてMさんはこんなボトルの綺麗なスパークリングウォーターを
わざわざお持ちくださいました。
ちょうど今月のテーブルと色も合っていてステキ♪
e_a.jpg
そして最近時々私のお料理教室に出没するY家のMさん。
3月に大阪&京都に家族旅行をなさってたそうでそのおみやげです。
うわ〜い!俵屋の落雁と石けん!どちらも大好きなので嬉しいです。
aa_a.jpg
Y家のTさんは静岡出身。
美味しいお茶をいつもくださいます。
これは今年の新茶だそうです。早く使いたいっ!
ee_a.jpg
今年の4月から社会人になったKちゃんは卒業旅行で友人達と
北欧〜Parisを旅したそうです。
その時のおみやげでこちらはフィンランドで買ってきてくれたそうです。
…これ、以前Hちゃんにもらった猫とシリーズじゃない…?
_mg_0068_a.jpg
マークも一緒です。すご〜い!仲間がいたんですね。
どっちも可愛くてそうそう簡単には使い始める決心が付きません。
あっという間にKちゃんも社会人です。
これから「ステキ女子」の流行はKちゃんに教えてもらお!
athyiye_a.jpg
…で、こちらはワタクシの母校の大学ノート。(大嘘)
Yちゃんは今年から大学生です。
「学校に行ったら大学のマークの入っているノートを買ってきて!」
と私がリクエストをしていたのです。
何に使うかは未定。でもお教室の何かに使おうかな?

良いなぁ。私もどこかに行きたいなぁ…。
でもなんだかこのまま行くと秋が終わる頃までは
長いお休みは取れそうにありません。
上手く時間を見つけて小旅行を楽しむように頭をシフトしないと
東京に釘付けになっちゃいそうです。
_mg_0011_v.jpg
「かんなはおるすばんはキライです。
行くならかんなも一緒にいきます!」byかんな

次のページ »