Archive for 10月, 2010

美容の秋

今年の夏はあまりの暑さに必要最低限のこと以外何も
する気になれませんでした。
仕事も必要最低限。家事も必要最低限。

オシャレに至っては必要最低限も出来ていたかどうかアヤシイくらい。
お化粧したって汗ですぐに落ちちゃうし
ステキなお洋服を着たって家から3歩も歩けばもうドロドロだし…。
とやる気をそがれる理由満載だから必然、お出かけもしたくなくなります。
この悪循環スパイラルと仕事にかまけ、ふとこの夏を振り返ると
買った洋服もTシャツ程度。
新しいワンピースもステキなバッグも何も新調しませんでした。

日々のお手入れも面倒臭くて必要最低限のUVケアと洗顔だけ!
新しいお洋服よりもバッグよりも今やこちらを怠ると
もはや回復不能なお年頃だというのにやっちまいました。
_mg_0039_a.jpg
全てをこの夏のせいにするわけではありませんが
最近鏡を見るのがイヤです。
鏡と向き合う度に「おばさん」がこっちを見ているのです。(涙)
どうにもこうにも拍車がかかって止められない老化が顔のあちこちに…!!

今更慌てたって…化粧品程度じゃ焼け石に水…とネガティヴな想いを
打ち消しながら、それでもやらないよりはマシに違いない!と
悪あがきを始めました。

効果の程は…劇的な変化は望めませんがでもとっても気持ち良いのです。
良い香りに包まれてほんのひととき自分にかまける時間。
もう少しそういう時間をこれからは大切にしないとなぁ…。と思います。
_mg_0002_c.jpg
そうよ、おばさん。
美は一日にしてならず!日頃のお手入れが大切なのよ。
…と我が家の女子も申しております。

乙女な撮影隊

久しぶりにオールスタッフ女子な撮影。
別にそんなに珍しいことではないのですが
私にとっては久しぶりの光景でした。
_mg_0032_a.jpg
そして嬉しい事にメンバーは全員とっても久しぶりな方々。
カメラマンの寺ちゃんに至っては最後にお仕事をご一緒したのは
10年くらい前…???なんてくらい久しぶりです。
他の方々も2〜3年ぶりのお仕事です。

そんなだから撮影前日の仕込みの時からワクワク・ドキドキ。
撮影が始まってからもオトメな会話で部屋の中が華やぎます。

スタイリストのみっちーはちゃんと私のブログをチェックしてくださり
「猫ちゃん、来たんですよね!」とウチの3にゃんにプレゼントを
持ってきてくださいました。
_mg_0018_a.jpg
「でもねー、買ってから気付いたんだけどコレ犬用だったんですぅ!」と
お茶目ぶりを発揮。ぎゅっと握ると音のするオモチャです。
確かに猫はこれが鳴るほどしっかりは噛みつけないけれど…。
でも大丈夫!みんなで転がして楽しく遊んでいます。
このコの名前はコロコロ転がるので「まるちゃん」と命名しました。
みんなで大切に遊びます!
_mg_0014_a.jpg
そして私には「香りがとっても良かったのぉ♪」と
イスパハンの香りの紅茶をおみやげに持ってきてくださいました。
この乙女な香り!良い気持ちになれますねぇ。
_mg_0020_a.jpg
そして編集のEさんはこの本とオモチャを…。
この雑誌と同じ出版社のお仕事だったので見本誌をくださいました。
今度こちらの編集部に売り込みをさせて!と私。
これでウチの3にゃんをスター猫にするぞ!と取らぬ狸の皮算用です。

撮影が終わった後、やっとリビングに入れてもらえた3にゃん達は
乙女撮影隊の3名様にたっぷり遊んでもらってご満悦。

この日の撮影は私の大好きな「あの」お菓子。
大好きなだけにちょっと得意です♪
掲載誌を最近ご紹介しそびれっぱなしですが忘れずにご案内できるときに
なったらお知らせしないと…!

今度「秋のくいしんぼう乙女会」と題してみんなでお食事に行く約束も…。
秋は乙女にとってもやっぱり食い気…な季節なのです。
楽しみ−!
_mg_0063_a.jpg
ウチの乙女猫ちゃんたちです。

いただきもの

お教室の生徒さんのHちゃん、先日青森に行かれたそうです。
おみやげに蜂蜜をくださいました。
_mg_0004_a.jpg
黄金色に輝くきれいな栃の蜜です。
包みもすごくステキで捨てられずに冷蔵庫の扉に貼ってあります。
旅先では恐山にも行かれたとか…。私もいつか行ってみたいな。
_mg_0007_b.jpg
こちらの立派な栗はMちゃんのご実家の庭から来ました。
すごい…!そんじょそこらの売り物より立派な大きさの
つやつやの栗です。

お料理教室のデザートの時に「家の栗で作ってみます。」と
おっしゃっていたMちゃん。
私も早速この栗で色々作ってみようと思います。
栗のポタージュも美味しいし、豚肉と一緒に煮込んでも良いし…
あ、でもやっぱり栗ご飯…渋皮煮…!と想いはどんどん広がります。
_mg_0004_b.jpg
「どれ、どれ…。」と何でも確認したいメンバーが集まってきました。
君たちのご飯じゃないし、おもちゃでもありません!
_mg_0013_a.jpg
栗坊はよく見るとカワイイやつで、アタマに毛が付いていました。
これは花の名残なのかしら…?
「毛が3本♪」とオバQの唄を口ずさんでしまうワタクシ…。
はい、昭和なニンゲンです。

季節はまさに秋。
キッチンの窓を開けて仕事をしていると
どこからともなく金木犀の香りがしてきます。
暑くもなく寒くもないこの季節。
お外にお出かけしても楽しいけれど、手仕事もはかどる季節です。
限られた時間をどう使うか…それがモンダイです。
(オマケにお昼寝にも良い季節ですよね〜。)

la princesse Banane

今週は撮影ウィークでした。
ブログに載せたい話題は沢山あるのですが
どうもブログを書く時間と話題の数のバランスが悪くネタが溜まるばかり…。
時系列はバラバラになってしまうけどあまりタイミングがずれないうちに
ご紹介したいと思っています。

今日は広告の撮影でキッチンスタジオに行ってきました。
撮影小物としてバナナが必要で築地で手配したバナナは
丸ごと一房の立派なものでした。
AD(アートディレクター)のKさんとカメラマンのたけちゃんは
この大きな房のバナナをどう使うかバナナを前に話し合っていました。

と次の瞬間、私たちが目にしたものは…。
sn3g0183_b.jpg
たけちゃんにバナナをかぶせられたKさんの姿!
でもあんまりにも似合っていて(?)可愛かったので
その場にいたスタッフ全員が携帯のカメラに収める興奮!
Kさんも諦めてポーズまでとってくださいました。

カワイイ、カワイイ!と盛り上がる私たち。
「…お、重いっ…。」と呟くKさん。
でも誰かが「これ、バナナ反対の方が良くない?」と言い
たけちゃんが再びバナナを向きを変えてのせてみると…。
sn3g0184_a.jpg
ほんとだ〜!こっちの方が収まりがイイネ!!と
再びスタッフ一同撮影会。
Kさんも乗ってきたのか今度はスムーズにポーズをくれます。
かわいいバナナ姫の出来上がりです。

普段私のブログは基本的にヒトは載せないし
載せても後ろ姿とか気配だけ…にしているのですが
どうしてもバナナ姫は載せたくてKさんに無理矢理許可を取りました。
…でもなんだかとっても似合っているでしょう?カワイイのです。

たけちゃん、ナイスないぢり方です。さすが。
マジメな職場にちょっとした笑い…大切ですよね。
…って、私たち笑ってばっかり??(いえいえ、仕事もしています。)

秋の収穫

10月もひっそりとお料理教室を開催しました。
今月は綱渡りな気分の開催でかなりぎりぎりまでレシピが
出来上がらず、ヒヤヒヤしました。(自業自得)
最終的に自分で納得のいくレシピになったのは教室の前日!
何故、私っていつもこうなんでしょう…?反省。
_mg_0012_a.jpg
今月のテーマは「秋の収穫」です。
大昔にベルギーで買って、一度も使っていなかったオレンジ色のナプキンを
やっとデビューさせることが出来ました。
_mg_0002_a.jpg
野バラの実と同じ色のナプキンです。
_mg_0028_a.jpg
クーラーにも野バラの実とカラスウリの蔓を添えてみました。
フランスでは11月1日のToussin(万聖節)の方が
10月31日のハロウィンよりも伝統的なお祭りなので
ほとんどハロウィンを意識せずに暮らしてきましたが
そこは何でも取り入れちゃうニッポン人の私が主催のお教室です。
このオレンジ色もメニューもハロウィンを意識したものも入っています。
_mg_0034_a.jpg
Tartelette salée aux champignons et gambas
色々きのことエビのタルトレットサレ

パートフォンセの中には軽く白ワインで風味を付けたエビと
ポルチーにの香りのアパレイユを焼き込んで
上には5種類のキノコをソテーしたものをのせました。
パルメザンチーズのパレを添えてちょっとおめかし。
_mg_0030_a.jpg
Soup pour Halloween
ハロウィンのためのスープ

オレンジ風味のかぼちゃのスープにワインで蒸したムール貝を添えました。
何でもかたちから入る私はハロウィンのカボチャ…オレンジ色…
ムール貝を添えたらコウモリみたいで良いかも〜?と一人出来上がりの図を
想像してワクワクしていたときには味の方はあんまり考えていませんでした。
が!!!このスープにオレンジの風味を付けたことで
ムールとの相性がすこぶる良くなったようで見た目だけでなく
お味の方もとっても満足な出来上がりになりました。
_mg_0036_a.jpg
Cuisse de poulet à la vigne
鶏肉のマスカットソース

手配した骨付き鶏もも肉が私がお願いしたものよりも大きくて
大変ボリューミーなメインになってしまいましたが…
鶏の骨とフォンドヴォーと白ワインでコトコトとソースを作りました。
_mg_0041_a.jpg
Mont-blanc,mais pas de montagne
和栗のモンブラン

今回全てのお料理のネーミングは時間がなくてかなりいい加減。
フランス語と日本語は対応していません。
どうもフランス語で考える時と日本語で考える時って
同じ思考回路ではないようなのです…。

今の時期しか楽しめないフレッシュの和栗を使ってみました。
モンブランは通常その名を冠しているのですから山高に仕上げますが
今回は全てのパーツをお皿に並べてみました。
まったりとしたモンブランペーストにはカシスも合うけど
グリオットもなかなかの相性だと思っています。

プレゼンテーションを変えるだけで印象がすごく変わるので
「ガトー」と「デセール」ってどっちも楽しくなっちゃうのですよねぇ。
_mg_0017_a.jpg
合わせたワインはこちら。
今回はぎりぎりまでメニューが決まらなかったので
いつも相談するワインのインポーターさんにお願いする時間がなくて
とっても心細かったけど自力で選びに行きました。
(結局ワインショップのソムリエさんに助けていただけましたが!)

ドキドキのお料理とのマリアージュはとても良かった気がします。
自力では選べなかった地方のワインだと思いますが
薦めてくださって感謝です。

来月はまた季節が1歩進みます。
その頃には何が美味しくなるのかな…?

Bon et Joyeux Anniversair! mes enfents!!

一年前の今日は穏やかなお天気でドライブ日和でした。
箱根の山の駐車場での出逢いから一年です。
cimg0993_a.jpg
まだひな鳥みたいなふわふわな毛を纏ったちびちゃん達。
あばらが見えるほどやせっぽちだったけど
傾きかけた陽の光の中で揺れる草花と無邪気に遊んでいた姿に
「おかあさんがいないならこのままここに置いていけない!」と
何故か強く思ってしまったのはこのコの毛並みが
ほんの少しだけ珠に似ていたから…かもしれない。
cimg0996_a.jpg
あの日、あのままここで別れていたらこの子達は今頃
目つきの鋭い野性味溢れる野良猫として立派に山で
生き抜いて今日を迎えることが出来たのだろうか…?

箱根の山で育つのと東京の狭い家の中だけで育つのとでは
猫の一生は大きく違う。
自分が猫で、選ぶ権利があるとしたら私はどちらを選ぶだろう?
柔らかい陽差しの中で草むらにいるこの日の写真を見るたびに
ちょっとだけそんなことを考えます。

もちろん優しい日だけではなくて厳しい冬や飢えや車など
キケンも沢山あるのだから退屈でも今の方が安全だけど…。

おばさんはこの一年、あなた達と一緒でとっても楽しかったよ。
困ったことも沢山しでかして、家の中も随分私の思い通りでは
なくなってしまっているけど、それも仕方ないや!と思ってるよ。
_mg_0011_a.jpg
家に帰ってくると階段の上から「おばさん、お帰り!」と
迎えてくれるレオは3にゃん一の甘えん坊になりました。
_mg_0211_a.jpg
多分3にゃんの中では一番アタマの良いはこちゃん。
でも仕草がユニークで動くぬいぐるみみたいです。
_mg_0126_a.jpg
おばさんの朝寝坊やお昼寝には必ず付き合ってくれるかんな。
箱根で出逢ったときは一番積極的で人なつっこいのだと思ったけれど
実はそうでもなくて3にゃんの末っ子的な感じです。

まだまだあどけない表情をするときもあるし
遊び方などは仔猫っぽいところも残っているけれど
それでももう3匹一緒にだっこできないくらい大きくなっちゃったね。

これからも仲良く一緒に暮らしていこうね。
_mg_0175_a.jpg
_mg_0069_a.jpg
sn3g0183_a.jpg

それでもやっぱり…。

頑張ったら頑張っただけの結果が出たり対価を得たりすれば
世の中は分かり易いと思うけどカナシイかな社会はそんなに
単純な計算式ばかりではないようだ…。

そんなことは良いオトナなら一度ならず経験しているはず。
それでもそういうことは何度味わってもやっぱりキツイし
全く傷つかないでいられるほどフツーの人はタフじゃない…。

例えば、自分の大好きな人がそういうことで傷ついているとしたら
私は具体的な解決法は何も持っていないとしても
トモダチに元気になって欲しいから、せめて自分に出来ること…
話を聞くことと、美味しいと思えるものを食べさせることを
ココロを込めてしようと思う…。

というか、それしか私に出来ることはない…。
もう充分過ぎるほど頑張っている人に他にかける言葉がないとしても
それでもやっぱり「頑張って。」と思うのならば
せめてお腹いっぱい食べ物で満たして
明日を歩く勇気につなげて欲しいと思う。
26fk0179-2_a.jpg
大丈夫だよ。大変かもしれないけどきっと上手く乗り越えられる。
…そして今を笑い話に出来るようになるよ。

LOVE・¥100Shop

築地で買ったムール貝の貝殻を掃除するのに
金のたわしがあったら便利…
と場内から駅までの帰り道に探したのですが
見つけたものはあまりに大きくて私には返って使いにくそうな
感じだったので、家の近所で探すことにしました。

最近私の家のすぐ近所に新しく建ったマンションは
1階が東急ストア、2階に100円ショップが入っています。
たいした期待もせずに「普通の金たわしがあれば充分」と
店に立ち寄ると、なんとも素晴らしい発見が!!
_mg_0017_b.jpg
直径5cm弱のこのステンレスのたわし、可愛くないですか?
これが全部入っていて100円です。
全く期待していなかったのに、使い勝手も良く見目形も良い
カワイコちゃんに100円ショップで出逢ってしまいました。

あまりの嬉しさにアンティークのガラスジャーに入れて
棚にディスプレイする私。
大きなもみの木にぶら下げたらクリスマスのオーナメントにも
良いかもぉ…?なんて考えてしまったりなんかして…。

そして肝心のお仕事ぶりもなかなかでした。
女性でも握りやすい大きさなので力がちゃんと入り
ムールの表面の汚れはこれでキレイに取れました。

それなりのお値段でそれなりの美しさとはたらきをするのは当たり前。
コストパフォーマンスの良い出来るコを発見すると満足感あります。
生徒さんに自慢しよ♪
_mg_0009_e.jpg
これはかんなの「撫でて。」のポーズです。
かんなはスタスタっと私の前まで歩いてきて
いきなり目の前で「ドタッ!」と倒れ込みこのポーズで横になり
「撫でて。」を要求します。
毎回その唐突さにまんまとやられ、忙しくてもかんなを撫でる私です。

« 前のページ次のページ »