Archive for 5月, 2010

大切な本

_mg_0001_c.jpg
おかげさまで新刊の「手のひらサイズのロールケーキ」は売れ行きも好調…
との連絡があり、胸をほっと撫で下ろしているところです。
ロールケーキは手軽に作れて、しかも作るのが楽しいお菓子だと思うので
この本が皆様のお役に立てれば嬉しいなぁ、と思っています。

しかもこのサイズのロールケーキは通常のロールケーキにはない
可愛らしさなのです。
この可愛らしさを皆様にも是非見て頂きたいっ!!と
来月のお教室のサブメニューに手のひらサイズのロールケーキを作る予定♪
どんな味にするかはまだ決めていませんが
それを悩むのも楽しい作業です。
_mg_0006_h.jpg
本日バタバタと書斎の中で立ち働く私を手伝いもせずに眺めているレオ君。

先日の大掃除の結果、書斎の模様替えを決意した私ですが
明日その家具が届きます。
IKEAで出した見積もりが私にとっては結構ご立派なお値段になったので
これはもうよそには頼めない!とそのままIKEAの家具を注文しました。
幅3メートル、高さ2メートルちょっとの大きな扉付きの収納家具を
作る予定なので今日は朝から書斎の既存の家具を別の部屋に移動させたり
再び小さな引っ越し作業のような事をしています。

本を段ボールに詰める作業をしている時に見つけました。
私の大切で大好きな本です。
_mg_0001_e.jpg
上野万梨子さんの本と堀井和子さんの本。
どちらも私が今の仕事をする前、そう…フランスに行くよりも前に
出版された本で、その当時に買ったものです。
新しい方の堀井さんの本でさえ今から22年前に出版されたものです。

その頃の私はお菓子屋さんやレストランで職人として働いていたけれど
まさか将来今の職業に就くとも、また就けるとは思ってもいなかった頃で
「なんてステキな世界!!」とページをめくって胸をときめかせた本です。
後に自分がこの職業に就いてから改めて上野さんの本のクレジットを見たら
この本のスタイリングは堀井さんがなさっていたことに
更にびっくりしたものです。

私たちの年代くらいからはじまりもっと若い世代の人たちまで
この職業に就いている人、またはこの世界に入ろうと思っている人には
その昔、(そして今も)堀井さんに憧れて
それがきっかけになった人たちがすご〜く沢山いるのではないでしょうか。

そして上野さんの本は
(私如きが評するのはおこがましくて震えちゃいますが)
今見ても全然古びていない盛りつけのセンスもさることながら
その技術と知識の高さ、正確さに感動します。
あの頃の日本は手に入らない食材が今よりもずっとずっと多くあったから
レシピはその代用品で作られていたり…と
それなりに時代を感じさせるところもありますが
それが出来るのはきちんとした技術と知識があるからなのですものね。

この本は何度も開いて眺めては満足し
何度もキッチンまで連れて行き色々作ったので
背表紙がこすれていたり、調味料のシミが付いていたり…
ともうボロボロです。

一度もお会いしたことのない方ですが
私は自分がこの仕事を始めたばかりの頃に料理研究家になるんだったら
上野万梨子先生みたいなお仕事の出来る先生になりたい!と
憧れていた方です。もちろん今も変わらず憧れの料理研究家の先生です。

お料理やお菓子の本は沢山持っています。
知らない国の知らないお菓子や料理のレシピが知りたくて買うこともあれば
その本の写真やスタイリングの雰囲気が好きで買うこともあります。
そしてそれこそ収納場所に限りがありますから
何年かごとに本棚を見直して整理します。

そんなことを繰り返しても繰り返しても私の本棚に残り続ける本。
この2冊以外にもあるけれど、この2冊は間違いなく私にとってはお宝本。
絶対に手放さないだろうと思います。

どこかで誰かが私の本をそうやって大切にしてくれていたら…。
私の本がきっかけでお菓子作りやお料理を好きになってくれたなら…。
こんな嬉しいことはありません。

…本棚の整理はどうも余計なことに心奪われ時間がかかっていけません。
まだまだ片付け途中なのに…。
引き続き頑張りま〜す。

Marie-Anne CANTIN

_mg_0026_ba.jpg
こんな美味しいものを持っているときは
シンプルにその美味しさを味わいたいです。
だから…
_mg_0011_e.jpg
焼きました。

本当はお菓子など焼いてみたい気もするのですが
それはマリー・アントワネットもびっくりな贅沢さ。
いつものお菓子が後戻り出来ない美味しさになっちゃったら
怖すぎるのでやめました。

メープルシロップも蜂蜜もなにもない本当にシンプルなバター&パンケーキ。
美味しいってシアワセです。
_mg_0070_a.jpg
私がソファでうたた寝していると「うわ〜い!!」と猫は私の上で寝ます。
それは良いんですけどね。
目覚めたときに私の目に飛び込んできた最初の風景はコレ…。

かんなちゃん…。あなた、猫としても女の子としてもどうなの…?

毛玉

_mg_0073_a.jpg
猫のブラッシングは私の日課。
レオ・はこ・かんなは私がブラシを持っても興味を示しません。
むしろ追いかけ回して捕まえないと
ブラッシングさせてくれないので面倒です。
捕まえてしまえば、ゴロゴロと喉をならして嬉しそうなのに…なんで?!
犬や猫はブラシを持つと喜んで近付いてくるものだと
思っていた私にはびっくりです。

写真の毛玉は大きい順にはこ・かんな・レオのもの。
微妙に毛玉の色が違うのが面白いです。
それと毛玉の大きさと身体の大きさが比例していないところも面白いのです。
レオはあまり沢山毛が抜けないアレルギーの私には嬉しい体質です。
かんなは毛足は短いのですがとても滑らかな細くて柔らかい
猫っ毛の中の猫っ毛。思っている以上に抜けます。
はこはみんなよりぽっちゃりして見えるけど、実は一番ちびっ子なのです。
膨らんで見えるのは全て毛のせいですから
これはハンパじゃない抜け毛です。

ブラッシングの後に出来上がったこの毛玉団子を
投げてあげると大喜びで遊びます。
自分の身体で自分のオモチャを作れるなんてエコだわぁ!
_mg_0006_f.jpg
先日お教室の生徒さんに「先生はオートミールをどうやって食べてます?」
と聞かれました。
私は甘いオートミールは滅多に食べません。
かなり邪道にオートミールを食べています。

これは先日のお昼ごはんのオートミール。
少量のお湯で炊いたオートミールにほんの少し残っていた砂肝のコンフィを
加えて温めてから、鍋の中に卵を割り入れて火を止めて蓋をして
ちょっとだけ蒸らしてから器に盛りつけて卵を崩しながら食べました。
食べるときに塩とブラックペッパーを
適当にふりかけてみたら美味しかったです♪

和風だと前日の残りのおみそ汁の具を一度取り除き
汁だけでオートミールを炊いて蒸らすときに具材を鍋中に戻した
オートミールなんかも一人のお昼ごはんなら有り。
(すみません。オシャレじゃなくて…。)

でもオートミールの香りが好きなのでシンプルにただお湯で
固めに炊いただけのプレーンなオートミールが一番好きです。
なんかね、噛めば噛むほど美味しいのです。
これとサラダとハムくらいで私の簡単ご飯は出来上がりです。

そうそう、オートミールもダイエット食品でしたよね!
私には全くその効果は現れていないように思えますが
この間生オートミールをたっぷり召し上がったウチの猫さん達は効果覿面!
3日間お腹を壊した後、すっきりとお痩せになりました。
本当にお馬鹿さん達です。

ママのおやつ♪

改めて言うほどのこともないのですが私は機械オンチ。
PCは全ての設定を「誰か」がやってくれて私に必要な事を
懇切丁寧に教えてくれてやっとナンとか使えている状態です。
今やパソコンは仕事に必要な命綱のような存在なのに
ちょっと調子が悪くなるともうどうしたらいいのかプチパニックになります。

そんなダメダメちゃんの私のPCを管理してくれている
「誰か」はアンさんです。
ホームページのことだけお願いしているはずなのに
私がこんなだから、「新しいPCはどうしよう?」
「プロバイダーからこんなお知らせが来た!」など
些末なことまで相談するので成り行き状私のPC全体の面倒を
見ざるを得なくなってしまった感じです。本当にすみません…。

ここの所私のMacちゃん、調子が悪くて突然ブ〜ン!と音を立ててみたり
急に真っ黒に落ちてみたり、色々な意味不明な行動をします。
そこで新しいPCにするにあたり色々相談したいことがあり
週末にアンさんのお宅に行きました。
sn3g0110_a.jpg
日曜日のアンさんは「奥さん」バージョン。
遊びに行ったらキッチンで何やら作っていました。
のぞき込んだら「!!!」なんともアメリカンなチーズケーキが!!!
「食べる?」とアンママ。
私はここに来た目的も自分の職業も忘れ「たべるぅ〜!」と叫んで
いそいそとダイニングテーブルに♪

サラサラなクラストにこってりなチーズクリーム
そして爽やかなチェリーソース。
何故私はアンさんの本当のムスメに産まれてこなかったんだろう?!と
本気で思う瞬間です。(笑)

素朴で素直でダイレクトに美味しい「おうちのおやつ」の味。
こういうものを食べて育ちたかったなぁ…。と憧れます。
そしてこういうものを食べて育ったから
アンさんは「ガイジン」なんだなぁ…と思います。
sn3g0112_s.jpg
キッチンの中にはもう一つ何やら興味深いものがあるじゃないですか…。
「アレは何?」と私。「コーンミールブレッドよ。」とアンさん。
これも食べさせてもらいました。
プチプチするコーンミールの歯ごたえが美味しいクイックブレッドでした。

そしてお腹も満たしたところでPCのアドバイスももらい
私の方の準備が完了したらウチまで設定をしに来てくれる段取りを
全て立ててくれました。

私は最近一番の心配事がほぼ解決に向かい、しかも美味しいおやつを食べて
すっかりシアワセな気分で アンさんのお宅を後にしたのですが
帰り道、「アンさんはコンピューター関係の仕事をしている訳じゃないのに
こんなにコンピューターに詳しくて、本業では超の付くキャリアウーマンで
オマケにメイドやコックのいるような家で育ったお嬢様なのに
あんなに美味しいごはんやおやつも作れて…それに引き替え私は…?」
と考えたらなんだかすご〜く落ち込みました。
100521_143604_a.jpg
はこはスリッパサーフィンが大好き。
勢いよく走ってきてスリッパの中に前足を突っ込みスリッパごと滑るのが
楽しくて仕方ないようです。
「ピンクのスリッパにオテテを入れているはこちゃんかわい〜い!」と
アシスタントのともちゃんが携帯で写真を撮ってくれました。

胸キュン!なプレゼント

今月も生徒さんからステキなプレゼントをいただきました。
_mg_0006_d.jpg
とっても綺麗なカラーバリエーションのマスキングテープはMちゃんから。
さっそくおみやげ用のダックワーズを包装するのに使わせて頂きました。
こういうモーブな色合いってステキですよね。
くださったMさんの雰囲気もこんな感じの優しくふんわりした印象です。
_mg_0003_b.jpg
セレブでグルメなYちゃんからは立派すぎるマンゴーをいただきました。
このマンゴー何しろ大きいのです。
玉文マンゴーという品種で大きくて紅くて甘いのが特徴のレアものです。
ちゃんと追熟させてから召し上がってくださいね♪とYちゃんのアドバイス。
毎日観察しています。「その日」が来るのが楽しみ〜!
_mg_0007_a.jpg
こういうそんじょそこらでは買えないものを頂けるとすご〜く嬉しい私。
ティーインストラクターの資格をお持ちでご自宅で紅茶とお菓子のお教室を
主催していらっしゃるKさんから夏の紅茶と一緒にティースプーンを。

2種類の茶葉はアイスティーにしてもお茶が濁らないものだそうです。
茶葉の段階ですでに良い香り!
私でも美味しくいれられるかしら…?との不安は残りますがガンバリマス!
美味しくてクリアなアイスティーが自宅で楽しめるなんて楽しみです。
_mg_0007_b.jpg
GWにご実家に帰省していたRちゃんからは
お気に入りのコーヒーショップのナッツをいただきました。
お店でコーヒーを注文すると一緒にサーブされる、とおっしゃっていたので
朝のコーヒーと共にお味見をしたら、なんと止まらない美味しさ!
こういう後を引くものってヤバイ!です。(笑)

ふと思い付き、バナナと一緒に食べてみたらこれもまた合って
コーヒーとバナナとくるみで朝ご飯になってしまいました。
_mg_0002_b.jpg
「先生。今月はこんなもの見つけたの♪」と毎月とてもセンスの良いものを
探し出してくれるTちゃん。
香りのとっても良い、でも惜しくて使えそうにない入浴剤をくださいました。
_mg_0007_d.jpg
Tちゃんからはもう一つ、
「先生、お仕事に使ってね。」とこんな可愛いクリップも。
いやぁ、もったいなくてお仕事になんて使えませんっ!
大切にしますね。
_mg_0010_d.jpg
こちらは別のTちゃん。山梨からいらしてくださっている生徒さんです。
「最近どら焼きにハマッていてね、おすそわけです。」と
小さくて可愛くて美味しい御笠山というどら焼きをくださいました。
…どんなだかお見せ出来なくて残念です。
写真を撮る前に食べちゃいましたぁ!
Tちゃん、がっつきなワタクシをお許しください!
_mg_0001_d.jpg
気温とお天気には敏感な猫たち、
最近は暑かったのでみんな離ればなれだったのに今日は雨で寒いのでしょう。
久しぶりに猫団子になっていました。
でもそこ、私の席なんですけど…。

ダックワーズ

_mg_0010_b.jpg
今月のお教室のサブメニューはダックワーズにしました。
ちょっと前に生徒さんからリクエストをいただいていたこのお菓子、
実は日本人が作ったお菓子なのですよね。

今回生地はオーソドックスなダックワーズの生地を作りましたが
サンドするクリームはちょっと珍しいレシピを採用。
普通のバタークリームよりも
使うバターが少ない分だけあっさり仕上がります。
卵を一切使わないので混ぜ込むものの味が素直にダイレクトに
出てくれるのもこのクリームのメリットのひとつかもしれません。

プラリネクリームのダックワーズには表面にカカオニブを散らしてみました。
そしてもう一つにはローズペタルを散らして
クリームにはバラのジャムを混ぜ込んでサンドしました。
ピエトロ・ロマネンゴの美味しいバラのジャムを持っていたから
思い付いたのですがアーモンドもローズも
同じバラ科の植物だから相性は絶対に良いはず。
香ばしいアーモンドの風味の生地にローズの香り…。
ロマンティックなダックワーズが出来上がりました。

来月の自由クラスはアメリカンチェリーを使ったお菓子にします!と
強気に予告してしまったので間に合うようにレシピを作らないと…。
でも期限やお題目がないととことん怠ける私には生徒さん達との
このゆる〜いお約束が新しいレシピを作る原動力になります。

abricot・abricot!

_mg_0009-b.jpg
自分ではかなりの自信作!と思える出来栄えになった今月のお菓子。
見た目もとっても気に入っています。
本当はカモミールの小さな花ではなくて
マーガレットを飾ろうと思っていたのですが
小ぶりのカモミールを沢山飾ったこの姿も可愛らしいと思います。

杏を使ってアントルメを作る、ということだけは決めていたのですが
それをどんな構成で作るかは最後まで悩みました。
ピスタチオペーストを入れたビスキュイにしようか…
杏はムースにしようか…
杏の味に組み合わせるものは何にしよう…等々。
_mg_0012_a.jpg
私のイメージはとにかく口いっぱいに
甘酸っぱくてフレッシュな杏を感じること。
主役の杏が絶対的な存在感を放っていてもらいたくて
杏を引き立ててくれる素直で可愛い脇役達を探しました。

ビスキュイの表面に散らしたピスタチオはオーブンの中で
香ばしくローストされて食感の楽しさとナッツの香りを添えてくれます。
ホワイトチョコレートのムースはヨーグルトの酸味を足してより爽やかに…。
色々試してみたけれど、イメージ通りに仕上がって本当に嬉しい!

爽やかな初夏の日に木漏れ日の射す庭で
う〜んと冷やしたこのお菓子を食べたら美味しいだろうなぁ…。と妄想中。

砂肝のコンフィ

_mg_0002_a.jpg
サラダをたっぷり食べたくなったときに良く作ります。
砂肝のコンフィを温め直してたっぷりのサラダの上にのせて食べると
野菜を美味しく沢山摂れるので嬉しいのです。

お教室ウィークのお昼ご飯は簡単にさっと作れて手軽なものが良いから
たっぷりのボリュームサラダとパンなんていうブランチメニューは最適です。
私のコンフィはMathilde仕込み。
動物性油脂は使わずにサラダオイルを使ってコンフィにします。
この方法は「美味しい待ち時間」に鴨のコンフィのレシピで紹介しています。
コンフィのオイルを使ってドレッシングも作ります。
_mg_0006_e.jpg
自由クラスの5月は初夏のアプリコットなアントルメです。
爽やかでとっても美味しいお気に入りのレシピに仕上がりました。
カモミールの小花を散らして仕上げると生徒さんから歓声があがります。

美味しい隠し味をあちこちに忍ばせているのでそれを試食の時に
生徒さんに褒めて頂けると「やったぁ〜!」と思います。

今年は天候不順が続いているので野菜だけでなくフルーツなども心配ですが
これからフレッシュフルーツの楽しい季節が続きます。
杏の季節ももうすぐですね。

サイン

_mg_0024_a.jpg
基礎クラスで作ったパウンドケーキです。
プレーンパウンドとキャラメルパウンド。
プレーンパウンドはしっかりエアレーションをしてふんわりとさせた生地に
粉類をしっかりと混ぜ合わせます。

よくお菓子の本では「練らないようにさっくりと。」と書きますが
これは全くの初心者さんへの配慮から。
ある程度お菓子作りが上達したら「さっくり」とではなく
「しっかり」と混ぜ合わせないといけません。

生地の状態をちゃんと良く見ていると生地が「今よ!ここよ!!」と
教えてくれます。(笑・でもホント。)
それが見極めれられるようになれれば失敗は随分少なくなるはず。
生地の声を聞き逃さないで!
_mg_0008_b.jpg
生地の見極めが難しい…と
生徒さんが良く嘆かれるのがシュー生地です。
確かにシュー生地は間違いなく計ればO.Kという生地ではなく
固さを自分で判断して加える卵の量を
調節しなくてはならないので難しいです。

粉を加えてからどのくらい火にかけて水分を飛ばしたか…
その日の湿度、生地の温度etc…卵の量はこれらによっても変わってきます。
こちらも生地の硬さや艶を見逃さないように気を付けます。

基礎クラスで生徒さんとお菓子を作っていると生徒さんが何に悩んでいるのか
どんなことに困っていらっしゃるのか解って、私も勉強になります。
生地はこんな風に「出来たぁ!」ってサインを送っているんだよ、というのを
なるべく沢山生徒さんに解りやすくお伝え出来たら良いな、と思っています。

ふんわりカリッと焼けたシュー生地に
贅沢なレシピで作ったクレーム・ディプロマット。
基礎クラスで作るシューは私の大好物のひとつです。
_mg_0031_a.jpg
前回のオートミールを食べた直後のはこの写真が
本当に「悪そう」だと巷で評判だったので名誉挽回。
かわいいはこちゃんのワンショットです。

はこは動くぬいぐるみのように動作もしぐさも
ポテポテしていて可愛いのです。
でも…やるときはやります。はい、そりゃあもうしっかりと!(苦笑)

初夏のタルト

_mg_0018_a.jpg
基礎クラスで今日はフルーツタルトのカリキュラムをやりました。
このカリキュラムで基本のタルト生地・クレームダマンド
そしてカスタードクリームを覚えてもらいます。
これはフルーツタルトの三種の神器。
これさえあればフルーツはお好み次第。
季節に合わせてお好きな組み合わせで楽しめます。

今回は「おとめメロン」とブルーベリーで初夏のタルトにしてみました。
お買い物に行くまではバナナとブルーベリーのタルトにしようかな?と
思っていたのですが、とても美味しそうで名前も可愛らしい「おとめメロン」
を見つけて気分が変わりこちらの組み合わせに急遽変更。
バナナは一年中手に入りますものね。

ジューシーで甘いメロンと
コアントローとメロン果汁を混ぜ込んだカスタードクリーム。
思った以上に爽やかで美味しいタルトになりました♪
_mg_0016_b.jpg
かんなとレオが抱き合って眠っていたので
真ん中にハートのオモチャをのせてみました。
ラブラブかんな&レオ君です。
でもオモチャをのせられたのが気に食わなかったのか
目を覚ましてしまいました。邪魔してごめんね。

次のページ »