Archive for 1月, 2010

嵐の前の常備菜

集中して考えなくてはならない仕事の時は
日々のご飯作りに裂く時間が煩わしい、と思うことがあります。
かと言って外食や店屋物に頼るのも馬鹿らしいし…と忙しくなると解っているときは
事前に作り置き出来るおかずをいくつか用意しておきます。

来週は2月末撮影予定の1冊の本のレシピを作ります。
そして毎年恒例確定申告の書類作りもしなくてはなりません。
私の苦手なデスクワーク続きになるので常備菜を作りました。
_mg_0047_b.jpg
これでご飯を炊いておけば余裕がない日でも取り合えず食いつなげられそう…。
自宅にいながらにしてお弁当作りっぽく、いつもより少し味を濃いめに仕上げます。
ササッと食べられるものがあると思うと安心できます。
_mg_0052_b.jpg
Aちゃんが送ってくださったソーセージでポトフを作りました。
無農薬のかぶや人参・新じゃがに新ごぼうを見つけたので
皮を剥かずにごろごろっと大きな野菜と鶏肉と一緒に煮込みました。
これで週末のご飯は万全!というくらい大量に作っちゃいました。(笑)

こちらは味をうんと薄めに仕上げてディジョンマスタードと共に
いただくのがお気に入りの食べ方。
昨日はいつもお世話になっているお仕事仲間との新年会、
おとといはちょっとセレブなワインの講習会…と美味しくて楽しいけれど
二日続きで夜遊びをするとこんな優しい味のスープがカラダに優しい感じです。

本日の猫は箱入り娘ならぬ、「かご入りはこちゃん」です。
i_a.jpg
冷蔵庫の上においてある白雪布巾の入っているかごに入って得意顔のはこちゃん。
ここまで来られるのは今のところはこだけです。
_mg_0006_c.jpg
こちらは私の書斎に置いてあるとりあえずのものを入れておく為のかご。
この中に入るのもはこだけです。
何故かはこはかごが大好き。

最新のお知らせをアップデートしました。

今回は動画も含まれています。

以心伝心?!

年々寒がりになっている気がします。
そして若い頃から末端冷え性だと思っていましたが
最近のカラダの冷えは尋常じゃない気がします。
自分と他の人は比べられないので解りませんが絶対に私は
かなり深刻な冷え性だと思うのです。

…なんの自慢にもなりませんが冷え性の私はチョコレート細工向きな手をしています。
ガナッシュを手で丸めたり、テンパリングしたチョコを薄く手で転がして
コーティングをしたりするのにはもってこい!
何しろ暖房を切った部屋で作業をしていれば私の手の平で
テンパリングしたチョコは綺麗な艶で固まります。(トホホ)

少し寒さは楽になった、と天気予報では言っていますが
私のカラダはまだまだ寒いよ!と申しております。
今日はかぶとジャガイモを買ってきて家にある他の野菜と共にポトフを作ろうかな …
と午前中に考えていたら宅急便が届きました。
_mg_0006_b.jpg
なんとそれはお教室の生徒のAちゃんからのお年賀でした。
鶏肉は冷凍庫にあったのだけど、美味しいベーコンかソーセージを探さないと…と
考えていたら届いたので本当にびっくり!!!以心伝心です。
Aちゃん、いつもお気遣い本当にありがとうございます。
今週はデスクワークが貯まりに貯まっているのでコトコト煮込み料理は
一度に沢山作れて本当に嬉しいです。…しかも美味しそう!
_mg_0001_b.jpg
書斎でエアコンを入れっぱなしで仕事をしていると部屋中が乾燥して
肌が痛くなってくるような気がするのでオイルヒーターと加湿器を出しました。
ウチのオイルヒーターはDelonghi。因みに加湿器はVenta君です。(何故か君付け)
猫たち、オイルヒーターがお気に召したようで自分たちでタオルを持ち込み
ヒーターのそばで巣作りです。
1匹足りない…?残りは私の膝の上です。

ホンモノ主義

数年前からボチボチと流行り始めていたタジン鍋。
マグレブ料理好きの私としては絶対欲しいアイテムの一つです。
フランス製の使い勝手の良さそうなものが日本でも発売されて久しいのですが
何故かそれは買う気にならず、日本の焼き物のタジン鍋もデパートで売られているのを
見たことがあるのですがそれもイマイチ買う気にならず
仕方ないのでタジンが食べたいときはルクルーゼや土鍋を使って作っていました。

何故本家本元のタジン鍋は日本で売っていないのかしら…?と不思議に思っていたのですが
色々調べてみると焼きの甘い本物のタジン鍋は強火にかけると割れたり
持ち運びでも壊れやすいから…と言うのがその理由だそうです。
なるほど…。と納得はしたものの、それでもやっぱり「ホンモノ」が欲しい。

去年Parisに行った時発見しました。「ホンモノのタジン鍋」
お値段もとっても安いのです。でもとっても重い!
厳重に梱包して本体以上の送料をかけてついに私のものになったタジン鍋。
_mg_0099_a.jpg
それがこのコです。ふふふ、これで安心♪
無事日本に到着した鍋の梱包を解き、割れていないのを確認して
すっかり安心しすぎたワタクシ。持っていることも忘れていました。
モロッコからフランスに輸出され、そこで変な東洋人に買われたかと思ったら
パッキンぐるぐるにされて今度は極東の国まで旅してきたのに
箱にしまわれたままストックルームの陰に置き去りにされていたなんて!!ヒドイ。

「タジンが食べたい。」とリクエストをされて思い出したこの鍋の存在。
1年振りに箱からやっと出してもらえました。
割れないようにちゃんと使う前にたっぷりのお水に浸して時間を置いて下準備O.K!
_mg_0124_a.jpg
鶏肉とレモンのコンフィのタジンです。
ウチのタジンはとっても美味しいと食べた人からは評判が良いのです。
何か特別なことをしているとしたら、それは加えるドライフルーツが
フルーツケーキ用にブランデーに漬けてあるものを使っていること。
これだけでタジンの味の深みが全然違います。
_mg_0107_a.jpg
付け合わせは仲良しのモロッコ人に教えてもらった人参のサラダ。
コリアンダーとクミンを効かせた温野菜です。
_mg_0130_a.jpg
さてタジン鍋の実力ですが、ホンモノはさすがに違います。
…いや、きっとフランス製でも日本の陶器製のものでもこの鍋の形態なら
同じなのでしょうが、今まで土鍋やクルーゼで作っていたときよりもずっとずっと
素材からの水分が飛ばずに残ります。
砂漠の民の少ない水分で効率よく調理する知恵が作ったお鍋なのですねぇ。
鶏肉もホロリと骨からはずれてくれました。
_mg_0115_a.jpg
トルコのフィグを食べたくてチーズも買ってきました。
程良く柔らかくて穏やかな甘味の美味しいイチヂクでした。
_mg_0103_a.jpg
合わせたワインはこちら。
樹齢90年のグルナッシュ75%にシラー25%のワインです。
スパイシーな感じがタジンに合うかな?と思って選んでみました。
おニューのソムリエナイフもこのワインでデビューさせました。

はるばる長旅をさせてウチにやって来たタジン鍋です。
これからはもっと沢山活用してあげないとね。
_mg_0053_a.jpg
おすまししているレオ君。

けちけちソーイング

お正月初めの手作りシュシュでミシンを出したついでに色々縫いました。
…良く他人様に「本当にマメね。」とか「器用なのね。」と
言って頂きますが、それは大きな間違い。
私はマメでもなければ器用でもなくてただの「ケチ」です。

例え自分には必要なくなってしまってもまだ使えるものは捨てたくない。
商品と値段のバランスの悪いものにお金を払いたくない。
そして気に食わないものは身近に置きたくない。
こんな理由が私を手作りに走らせているのです。
ついでに言ってしまえば私は「手作り好き」でもありません。
誰かが私の代わりに「タダで」私に「気に入るもの」を作ってくれるのならば
それに越したことはないのです。ただそんな人がいないだけです。(当たり前。)

そこでシュシュと一緒に私が作ったものは
・サイズの合わなくなってしまった古いシーツでピローケース。
・シミが付いてしまったテーブルクロスでエプロン。
・くったりしてきたバスタオルで足ふきマット。
と全てリサイクルソーイングとなりました。
捨てられずにとってあった大物の布が片付いてすっきり大満足!
_mg_0101_a.jpg
「エプロンはこだわって白い布を買ってきて自分で縫っている。」と
昔「白いお菓子」という著書に書いたことありますが
私のエプロンが最近白くない理由は「元テーブルクロス」だから…。
「ケチ」と「こだわり」の両立は難しいです。(笑)
変わらぬこだわりは「私のマーク」を胸に刺繍で入れることのみになってしまいました。
_mg_0029_a.jpg
たまには気分を変えて…といつも同じパターンで作っていたエプロンのデザインを
少しだけ替えてみました。
「手作りは好きな訳じゃない」と言ったけれど、全て出来上がったときの達成感と
無駄をしなかった満足感と…そして誰かに作ったものを褒めて貰えたときは
嬉しいのです。

バレンタインにいかが…?

_mg_0083_a.jpg
シャブロン型を使って作った今月の自由クラスのアントルメは
こんな感じの仕上がりになりました。
ビスキュイ・アンプリメでサイドの帯を作っただけでなく
表面全体もカバーしてみました。

最近ウチの近所のスーパーで見つけたオレンジとイエローのアラザンは
日本製だけど「許せる」可愛らしさだったので買っておいたのですが
シャンパングラスからスパークする泡のように表面に散らしてみました。
最近のデコレーションブームで可愛いアイテムが日本でも入手し安くなったのは
嬉しい限りです。特に輸入物ではなく日本製のもので可愛いものを見つけると
なんだか本当に嬉しくなります。
_mg_0009_a.jpg
カットすると中はこんな感じ。
下にソースのようになめらかなクレモー・ショコラを敷き
その上にジンジャーのコンフィと洋梨のコンカッセを散らしてから
洋梨のババロアを流しいれてみました。
ジンジャーの風味がほのかに香るところがポイントです。

ほんの少しだけチョコレート味のこのお菓子。
シャンパングラスを傾けながらオトナのバレンタインにどうかしら…?と
妄想しながらレシピを作ってみました。
_mg_0094_a.jpg
油断も隙もありゃしない、ウチの猫たちです。
甘やかしてクセにしてしまうと仕事にならないので何度でも覚えてくれるまで
気長に注意をし続けるしかありません。
…でもこういう姿はとっても微笑ましいのです。

シャブロン型

_mg_0014_a.jpg
去年、お教室の生徒さんや私の周りのお菓子作りを好きな人への
クリスマスプレゼントに作ったシャブロン型です。
厚さ1mmのビニールクロスを5cm幡にカットしてクラフトパンチで
一つ一つ抜いて作りました。
同じ方法で作ったシャブロン型を使って作るお菓子を
去年暮れに出版した本「おうちでつくれるかわいいお菓子」で紹介しています。

クラフトパンチは本来厚紙を抜くためのものだからビニールクロスを抜くのは結構大変。
でも洗って何度でも使えるものにしたくて頑張りました。
ビニールクロスは固いのであまり複雑な模様のパンチは開けられません。
可愛いシャンペングラスのクラフトパンチは単純な模様だったので
沢山作ってもクラフトパンチが壊れることなく無事人数分作れました。(笑)

今月の自由クラスではこのシャブロンを使ったアントルメをご紹介しています。
アイデア次第で色々なことを楽しめるビスキュイ・アンプリメ。
綺麗な模様を出すためにふんわり作った生地を締めるのですが
それでも冷めても固くならずに柔らかく美味しいレシピで作ります。

どんなお菓子が出来上がるかは又次回。
_mg_0049_a.jpg
かんなちゃん。ソファの縁に座って私がお菓子の材料を計量したり作っていると
真剣にいつも見ています。
「お菓子作りに興味があるの?生徒さんになる…?」…ってそんな訳ないか。
…どんなに真剣に見つめたって何にも分けてあげないよ。
「いつでも腹ぺこ隊」の隊長はかんなです。

お年賀のいただきもの

お教室の生徒さんがお年賀にお持ちくださった様々は
そのお気持ちが嬉しくて本当にありがたく思います。
毎月生徒さん達から美味しいものや可愛いものを教えて頂けて私は本当に幸せ者です。
でもね、本当にそんなお気遣いは無用ですから気軽にいらしてくださいね。
_mg_0022_a.jpg
Kさんからは美味しいきんつばを頂きました。
しぶ〜い日本茶を煎れて頂くと寒いこの季節に気持ちからほっこりします。
_mg_0030_b.jpg
Hちゃんからは可愛い紙袋もツボなクスミティーを。
紅茶はお教室でみんなでいただきましょう。
_mg_0011_a.jpg
Kちゃんはご実家の近くの蔵元の日本酒をくださいました。
久留里にあるこの蔵元には行ったことがあるのですごく嬉しいです。
お店では酒粕なども売っているのですよね。
また暖かくなったら是非、ドライブがてら行ってみたいな。
Kちゃん、私の分だけでなく同じクラスの生徒さんにもお酒をおすそわけくださいました。
さぞや重かっただろう…と申し訳なくなります。
_mg_0032_a.jpg
Mちゃんはそれはそれは美味しいみかんジュースと京都のぶぶづれを。
このぶぶづれはパッケージもステキで今度私が京都に行ったときに
おみやげにしたいリストに入れちゃいました。
_mg_0013_a.jpg
ね、ステキでしょ?
_mg_0006_a.jpg
新婚旅行でトルコに行かれていたMちゃんからは
グランバザールで買ってきてくださったスパイスの詰め合わせと
本当に見事なドライホワイトフィグ。
_mg_0003_b.jpg
旅の話しを伺いながら、私もまたトルコに行きたくなっちゃいました。
…このフィグ、お菓子作りに使うべきなのでしょうが美味しそうなので
このまま食べちゃって終わっちゃうかも…。
週末に美味しいワインをチーズを買っちゃおう!と密かに思っております。

_mg_0096_a.jpg
最近ウチの猫たちは知恵と体力が付いてきて食べ物のあるところに飛び乗って来ます。
「いけない」と知っているので恐る恐る私の様子を見ながらするのですが
腹ぺこ3ニャントリオですから隙あらば…といつも何かを狙っています。
流しの中にあるバターの付いたナイフや生地のちょっと残っているボウルを舐めたいレオ。
なんか長い。

新しい出逢い

年が明けてから新たにお教室にいらしてくださる方が何人か増えました。
二月からのお申し込みをいただいている方も数名いらっしゃいます。
新しい出逢いはいつでもワクワクと心躍ります。

お菓子作り全くの初心者の方から、色々なお教室に通われた経験のある方…
生徒さんのレベルは本当に様々ですが、私の教室ではお家のキッチンで
限られた材料や器材で気軽に簡単に楽しめるお菓子作りを目指しています。

家庭でも素朴なだけじゃなく、可愛らしいお菓子を作ることは出来ますし
その為にあると便利な道具などはご紹介するものももちろんありますが
器材を含め材料や環境を選ぶようなお菓子作りは専門学校やパティシエさんから
学べば良いのでは…と思っています。
お菓子屋さんとはひと味違う気軽さや、売り物では出来ない別の贅沢など
家庭のキッチンから生み出されるお菓子作りを皆様と楽しめたら良いな…と思っています。

今日の午前中も新しい生徒さんがいらしてくださいました。
_mg_0017_a.jpg
今日のコフレは中の仕切りをはずして全面をパヴェで箱詰めしてみました。
コフレに詰めたりしている内に手作りチョコレートに気分が盛り上がってきました。
今年は久しぶりに作ってみようかな♪…なんてね!
_mg_0036_a.jpg
新たな生徒さんのTさんが「先生はタオルフェチなんですよね?」と
ステキなタオルをくださいました。しかも良い香りの石けんと…!!
オーガニックコットンのタオルの肌触りは本当にやわらかくて気持ち良い。
嬉しい嬉しいプレゼントでした。
…そして添えられていたカードがまたとっても可愛い三毛猫ちゃん。
Tさんのセンスの良さを感じます。
_mg_0024_a.jpg
「可愛い三毛猫とはワタクシのことでしょうか?」と対抗心を燃やすはこちゃん。
…どうでも良いけどテーブルの上から降りなさい。

バレンタインに…。

_mg_0021_a.jpg
コフレにきちんと入れると手作りチョコでもかなり本格的に見えるから不思議。
やっぱり見た目は大事ですね…。
基礎クラスで作ったガナッシュです。

パヴェとキャラメルガナッシュのトリュフとフルーツガナッシュのボンボンショコラ。
去年はフルーツガナッシュをフランボワーズで作ったけれど
ことしはアプリコットで作ってみました。
酸味のあるフルーツのピューレとホワイトチョコレートを組み合わせて作るこのレシピは
私のお気に入りの一つです。
_mg_0018_a.jpg
3種類ともテンパリング不要な初心者でも失敗の目立たないレシピです。
基礎クラスではこの3種でガナッシュについて理解を深めてもらおうと
思っています。バレンタインに是非作ってみて欲しいな…。

ところで今朝、お教室の前に我が家でちょっとした事件がありました。
お教室の日の朝の私はちょっと慌ただしいです。
以前は出来る準備は全て前日の夜にしてテーブルセッティングなども
ある程度済ませておいたのですが、今は猫がいるので全て当日の朝に
セッティングをします。

猫にイタズラされそうなもの以外ほぼセッティングを済ませ化粧をしていると
階下から「ゴトン」とものの落ちる鈍い音がします。
でも化粧を済ませてから…と数分後にリビングに降りた私が目にしたものは…!!
_mg_0005_b.jpg
小麦粉を舐める猫たちでした!

バターやクリームや卵ならまだ解ります。
出しておいた私が悪いと思えますが、ボウルに入れてラップまでしてあった
薄力粉を猫が食べるなんてまさか想像もしていませんでした。

キッチンの棚の上に登ってボウルを落としたのは多分レオ。
でも3匹ともそれを嬉しそうにむせながらも舐めているのです。
しかもすでに随分広い範囲に粉を散らしてくださっています…。

私もあまりの事に怒るのを忘れて思わずカメラを手にしてしまいました。
_mg_0007_b.jpg
おひげも鼻も粉まみれで満足しているかんなです。

飢えた経験のある子達ですから食べ物への執着が強いのは理解出来ます。
しかも今でも1頭飼いとは違って食べ残せば他の兄妹に残りを食べられちゃうから
全員ご飯の時間は一気に完食します。
…でも生の小麦粉食べるなんて…!!困った子達です。

お教室の準備

今月もお教室ウィークになりました。
1月のお教室は控えめに…ではありますがテーブルもメニューも
なんとな〜くバレンタインを意識します。
_mg_0023_a.jpg
…と言うわけでテーブルはピンクです。
去年、Parisで見つけたこのクロスは派手かなぁ…と思いながら買ったのですが
実は結構なお気に入り♪だってとってもフォトジェニックなんですもの。
_mg_0007_a.jpg
お花もクロスと同じ色のラナキュランスと白いラナキュランスです。
それに淡い紫のリラを合わせてみました。
温室育ちのリラは私の知っているリラとはまるで別物のように繊細な感じです。

今月の紅茶は生徒さん達のプレゼントを気分によってセレクトするつもり。
色々あって私も味わうのが今から楽しみです。
_mg_0001_a.jpg
そしてもうひとつ、今月のお教室で忘れてはならないもの!
それはこのピアスを付けること!!
大学三年生のかなちゃんからのプレゼントです。

このピアスに負けないくらいラブリーなお菓子を作らないとね。

大慌て!

今年もフランスへ行こうと計画中だったのですがふと気が付き
パスポートの有効期限を調べて見たらなんと期限切れ間近!
大変!大変!!と朝一番で有楽町のパスポートセンターへ行ってきました。

私のパスポートは10年ものだったので安心していたら
今年がその10年目だったのですねぇ。
スタンプを見てみると台湾・タヒチ・香港・フランス・アメリカ・イタリアなど
あちこち行った記憶が懐かしく蘇ってきます。
旅は楽しいですね。

行ったことのある場所でも違う季節にはきっと全く別の表情を見せてくれるはず…
だから同じ場所に何度でも通ってしまうこともあるけれど
行ったことのない場所にももっともっと行ってみたい、とも思います。
一生旅していられたら良いのに…?!(苦笑)

今月のお教室の準備をしなくてはならないし
せっかく行ったセール期間中の銀座界隈でしたがあまりのんびりせずに帰りました。
_mg_0086_a.jpg
今日の私の慌ただしさを表現するとこんな感じ。
でも私はちょっと走っただけでゼーゼーするけど猫たちは全然平気。

次のページ »