Archive for 12月, 2009

自分にプレゼント

_mg_0022_b.jpg
え?持っていなかったんですか?!と驚かれることが多いのですが
持っていませんでした。
確かに鍋中で簡単にポタージュが作れたり
空気を抱き込ませずにガナッシュを乳化させたり…とその実力は
認めるところだったのですが何故か今日まで持たずにいました。

フードプロセッサーもあるし、ブレンダーもあるし、キッチンエイドもあるし…と
大は小を兼ねるの論理で行くと「絶対になくては出来ないもの」が何もないので
イマイチ買う気にならなかったのが実情です。
…でも講習会や色々なお宅で便利に使っているのを見るとやっぱり欲しい…と思い始め
色んな人にどこのメーカーの物が良いのかリサーチをしました。

バーミックスは馬力があるけど本体とミキサー部分が離れないので洗うときが面倒。
ボッシュはコードレスだから使いやすい気もするけれど充電場所を設置しないと…。
貝印など日本製もあるらしいけどその実力は周りに使っている人がいないので不明。
私の周囲で評判が良かったのはブラウンでした。

だから私もブラウンを買うつもりでいたのですが
今年いっぱいで消滅してしまうポイントを使おうとお店に行ったら
そこのお店にあったのはバーミックスとボッシュとクイジナートでした。
クイジナートは私のリサーチには入っていなかったので実力は不明…。
でもなんだか可愛いし、親切な店員さんに各メーカーの長所・短所を教えてもらうと
私にはそんなに多機能なものは必要ないこともよく解りクイジナートに決定!

長い間買うか買わないか迷った挙げ句やっと手に入れたからでしょうか?
なんだか妙に嬉しい…♪
初おろしは何を作りましょう?
_mg_0062_c.jpg
かんなのお腹は水玉模様です。

温もりをつたえるもの

_mg_0019_b.jpg
本当に肌触りの良いカシウェアのブランケットが突然届きました。
贈り主は髪の長いチャーミングな女の子…のフリをした珠…のフリをした
髪の長いチャーミングな女の子…。

包みを開けてお手紙を読んで感傷に浸る間もなく…やって来ました。
「なんでも探検隊」の先鋒はこさん。
_mg_0013_b.jpg
あれぇ?!見たことのない気持ちよさそうなものがあるー。どれどれ…。
_mg_0014_d.jpg
うわー。気持ちいい!と〜っても気持ち良いっ!!これ大好きー!
とふみふみを始めてしまいました。

私はまだ私も使っていない珠ちゃんからのプレゼントをいきなり新入りの猫たちに
使わせる気持ちにはなれず「こら、はこさん。降りてください。」と
無理矢理はこをソファから降ろしてしまいました。かなり心の狭い私。

お手紙には「いつかまた会える日まで代わりに。」とありました。

珠、想うことは沢山あります。
でもここには書きません。長くなりすぎるから…。
野性的で山猫みたいだったたんちゃんに比べると
レオとはことかんなはおっとりしていて動くぬいぐるみのようです。
誰も珠には似ていません。でもね、それがとても嬉しいです。
だってみんなそれぞれがUniqueな存在だから。

珠、あたたかいものをありがとう。
私の想いがちゃんと珠に届いていて珠が寂しくなくて孤独じゃなくて
珠を優しく包み込みあたためることの出来るブランケットのようでありますように。
img034.jpg

眺めの良いレストラン

_mg_0007_a.jpg
どんなクリスマスを皆さまお過ごしでしょうか?
昨日も今日も東京はお天気に恵まれましたね。
特に今日がクリスマスだから…と言うわけではなかったのですが
今日は昔の東條会館(現ONE FOUR TWO)にあるフレンチレストランargoで
ランチをしてきました。(例によってレストランの写真はありません)

東條会館は子供の頃に良く行った場所です。
その頃は中華料理のレストランがあり、親戚全員を連れて行く祖父の
お気に入りの場所でした。
お堀沿いにあるので眺めが良くて、そして中華料理の回転するテーブルが嬉しくて
子供ながらにおじいちゃんが「東條会館に行くぞ!」と言うとワクワクしたのを
思い出します。

随分前にかつての東條会館はなくなり今の建物になったそうですが
眺めの良いレストランがあるから行ってみよう!とのお誘いを受け
久しぶりに出かけてきました。
皇居や国会議事堂が見え、イギリス大使館の敷地に建つ可愛い洋館も見え
お料理は今時なおしゃれなフレンチでとっても美味しかったです。
この冬初めてのジビエで蝦夷鹿をいただきました。

皇居が目の前だから視界が広くて本当に気持ちの良い場所です。
滅多に足を踏み入れない麹町半蔵門近辺ですが国立劇場の後などに
立ち寄れたら優雅な時間を満喫出来そうです。

このお誘いのおかげで全然クリスマスらしくなかった私の日々が
ちょっと救われた感じです。
私だけご馳走を食べたのでは申し訳ないので
猫たちにはモンプチゴールドを1匹1缶!という贅沢ディナーをプレゼントしました。
1匹で飼っていた珠にとっては独り占めで一缶食べるのが当たり前でしたが
このこ達はいつも一缶を三等分にしてカリカリを足していたので
あまりのご馳走にびっくり!!でした。(貧しい家でごめんよ。)
_mg_0036_d.jpg

マキちゃんのシュトーレン

私には大好きなのに自分では一度も作ったことのないお菓子があります。
こんな仕事をしているのに意外に思われるかもしれませんが
私の中でこのお菓子は「自分で作るお菓子」でもなければ「買うお菓子」でもないのです。
…じゃあ、どんなお菓子なの?!
それは「作ってもらうお菓子」なのです。

そのお菓子とは「シュトーレン」。
どんな風にして作るのかも知りません。
また誤解を恐れず言うならば知ろうとも思っていません。
だって一生「作ってもらう」から。

私が初めて「これは美味しい!!!」と感激するシュトーレンに出逢ったのは
とある調理師学校の職員室でした。
当時、私はその学校に非常勤講師として授業の枠を持っていたのですが
同じように非常勤講師でいらしていたTさんが実習で作ったものでした。
以来、年に一度クリスマスの頃に学校に行くと食べられるシュトーレンは
私の楽しみの一つでした。

以前食べたシュトーレンは喉に引っかかりそうなくらい重くて美味しくなくて
私のシュトーレンのイメージはとても悪かったのですがTさんのシュトーレンで開眼!
そこで色々なお店のシュトーレンを買ってみたこともあるのですが
一度Tさんの「本当に美味しいシュトーレン」を食べてしまった私には満足のいく
シュトーレンがありませんでした。

そんな話しをTさんにしたら、彼女はとても喜んでくれて
「じゃあ久美子ちゃんがシュトーレンが食べたくなったらいつでも作ってあげるね。」
と言ってくれたのです。
お互いに学校の仕事を辞めてしまってからもTさんは何度か私のために
クリスマスの時期になるとシュトーレンを作って持ってきてくださいました。

私の元アシスタントのマキちゃんはこの学校の卒業生です。
Tさん直伝のシュトーレンのレシピを持っています。
キューピー3分クッキングのお仕事を手伝ってもらっていたときに
シュトーレンの話しをしたのを心に留めていてくれたようで
先日家に帰るとドアに可愛い紙袋に入ったシュトーレンが!!!
マキちゃんがわざわざ焼いて持ってきてくれたのです。
私は可愛くて優しい、そして優秀な弟子を持ってシアワセモノです。
_mg_0020_d.jpg
焼いているときにとじ目が開いてしまったのとTさんのレシピから
多少アレンジしてあるからお口に合うかどうか…。と書いてあったけど
口に入れると懐かしい風味が口いっぱいに広がります。

久しぶりに食べたシュトーレンは本当に美味しかっただけでなく
懐かしい人たちのことまで思い出させてくれました。
年が明けたら疎遠になっていたTさんに連絡してみようかな…?
マキちゃん、ステキなクリスマスプレゼントをどうもありがとう。
_mg_0026_b.jpg
Kさんに頂いていたダマンフレールの紅茶、包みを開けてびっくり!
ダマンフレールのいつもの黒い缶ではなくて
こんなに綺麗なクリスマスバージョンの缶に入ったクリスマスティーでした。
_mg_0035_a.jpg
茶葉も華やかな花びらと白茶のブレンド!
今晩ウチはマキちゃんのシュトーレンとこのクリスマスティーで
ささやかながらも幸せな聖夜を過ごすことが出来そうです。

Joyeux Noel!!
皆さまもどうぞステキな聖夜をお過ごしくださいませ。

プレゼントいっぱい!Vol.2

_mg_0002_b.jpg
イラストの3にゃんがウチのコ達に似ている!とお教室のYちゃんが
買ってきてくださいました。
山田詩子さんとは大昔一度お仕事でご一緒したことがあります。
久しぶりに詩子さんの紅茶、楽しみです。
…それにしてもこのイラストのにゃんこ達、確かにウチの子達みたいです。
Yちゃん、来年はウチの子達を抱っこしてみてね!
_mg_0004_d.jpg
徳島からいらしてくださるSちゃんはフットワークのとても軽い行動派な方。
可愛らしくてふんわりとした雰囲気のどこにそんなパワーがあるのかと思いますが
お話しを伺うといろいろな事をなさっていてそのパワーにいつも憧れてしまいます。
そんなSちゃんからは京都のおみやげにリップクリームをいただきました。
_mg_0003_c.jpg
イタリアのオーガニックワインをくださったのはTさん。
彼女は自然派のお料理や飲み物にとても詳しい方なので
これからもいろいろ教えていただきたいです。
「自然派のワインは二日酔いしないですよ♪」とおっしゃっていたので
安心して(?)沢山飲めますね。
_mg_0017_d.jpg
これは9月に北欧に旅行に行ってらしたM姉妹のおみやげです。
ブルーのパッケージに蝶々のデザインの可愛らしい袋はゼラチンだそうです。
ゼラチンのパッケージがこんなにおしゃれだなんて!!!羨ましいです〜。
_mg_0018_c.jpg
M姉妹は雑貨がとても好きな仲良し姉妹です。
彼女たちのセレクトは私のツボにもピタリとはまり、いつも本当に感激します。
_mg_0020_c.jpg
Yちゃん、Kちゃん、本当にいつも可愛いものを探してきてくれてありがとう。
_mg_0023_c.jpg
こちらはKさんからのお誕生日プレゼントです。
「Bon Kumiko」って最高でしょ?!
私の本のレシピで作ってくれたクッキーにメッセージを付けてくれました。
「Bon Anniversair!と書こうと思ったらスペースがなくなっちゃったの!」と
おっしゃるKさん。良いんです。Bon Kumikoの方がなんだか嬉しいです♪
_mg_0030_a.jpg
_mg_0032_b.jpg
これはAちゃんからのスリランカみやげの紅茶とクリスマスバージョンの
アオハタのジャムです。
私が先日キューピーのレアデザインのボトルを喜んでいたのをブログで知り
「ではアオハタバージョンも…。」とわざわざ持ってきてくださいました。
小さくて可愛い天使様と白いボトルが気に入りました。
_mg_0055_c.jpg
これはTちゃんからのプレゼント。
山梨にお住まいのTちゃんは今年一人暮らしを始めました。
私は「パジャマを持って泊まりに行く!!」と勝手に決めています。
Tちゃんのお家に泊まりに行って一緒に甲州ワインのワイナリー巡りをするのを
楽しみにしているのです。ふふふ♪
そんな話しを覚えていてくれたTちゃんからは
今注目のワイナリーの今年の白ワインをプレゼントにいただきました。

沢山の優しい気持ちと生徒さんの笑顔に囲まれて今年のお教室も
無事に締めくくることが出来ました。
そしてみなさんと共に過ごしている間に気が付くと一つトシも取りました。
私は本当に優しい生徒さんに恵まれて幸せだなぁ…!と思っています。
みなさんともっと長くもっと楽しく過ごせるように
みなさんが満足してくださるレシピや空間を作り出せるように
これからもより一層ガンバリマス。
本当にいつもどうもありがとうございます。

なんでもノエル

_mg_0028_e.jpg
先月一足早くブッシュドノエルのカリキュラムを終わらせてしまった基礎クラスでは
アップルパイを12月のカリキュラムにしました。
アップルパイのデコレーションもノエル使用。
ちょっと無理矢理な感じもしますが…それでもやっぱり気分は盛り上がります。
_mg_0010_c.jpg
去年から「先生が本当に美味しい!と思えるレシピで作った
ショートケーキが食べたい!…いや私も作れるようになりたい!!」と
リクエストをしてくれていたYちゃんのクラスはスペシャルショートケーキで
今年を締めくくりました。デコレーションはもちろんノエル使用です。
このショートケーキの何が「スペシャル」か…?は内緒です。(笑)

…と言うか別に何か特別なことをしたからスペシャルなわけではありません。
私が本当に美味しい、と思えるジェノワーズのレシピを基本に忠実に丁寧に焼き
軽さと風味を考えてブレンドした生クリームを基本に忠実にホイップして
美味しいいちごと合わせて作っただけです。
強いて言うならシンプルに基本に忠実に作ることが「スペシャル」な味になった感じです。

でも手前味噌でちょっと恥ずかしいのですが久しぶりに食べた自分のショートケーキ
自画自賛の勢いで美味しかったです。
_mg_0036_c.jpg
ペッシュドヴィーニュとマスカルポーネのムースはカットするとこんな感じ。
_mg_0040_a.jpg
どんなお菓子もアイデア次第でクリスマスっぽくデコレーション出来るものです。
いつものお菓子をおめかしさせてクリスマスを演出してくださいね。

NOEL2009

_mg_0009_g.jpg
悩みに悩んで辿り着いた今年のウチのクリスマスケーキです。
色合いはシックにクリスマスカラーでまとめましたがお味は爽やかな仕上がりです。

「赤いお菓子」の赤はペッシュドヴィーニュを使うことにしました。
カシスのドラマティックな深い色合いも捨てがたかったのですが
久しぶりにペッシュドヴィーニュを味わいたくてこちらをセレクトしました。
_mg_0025_d.jpg
程良い酸味と梅を彷彿させる強い香りを持つペッシュドヴィーニュは
日本の白桃とはまた違った美味しさ。
フレッシュなものがあるのならタルトにするのも大好物です。

マスカルポーネのムースのセンターにはペッシュドヴィーニュのクーリを
たっぷり詰めてあります。
隠し味にドライベルモットで風味を付けてみました
桃とノイリーの合性はとても良いと思うのです。
_mg_0013_a.jpg
ドーナツ型に焼いたマカロンには薄くシルバーパウダーを塗り
パールのような艶を付けてちょっとだけ聖夜のおめかしです。
生徒さんの評判も良くほっと一安心。試作で悩んだ甲斐がありました。
_mg_0011_a.jpg
ボクはイケメンなレオ君です。
ボクは今日おばさんのお気に入りのガラスのコンポート皿を割りました。
おばさんはこのお皿を大切にしていたらしいんだけど
ボクがちょっとそばを早足で歩いたらこつんと当たって割れたんだよ。
そんなに大切ならばこんな所に置いておかないできちんとしまっておけば
良かったのにね…。
ボクはあんまり悪くないと思う。
でもおばさんはちょっとがっかりしちゃって可哀想だから
あとでおばさんの膝の上に乗ってゴロゴロ言っておばさんを慰めてあげるんだ♪

はい、その昔 伊藤まさこちゃんにもらったコンポートが割れました。
まぁちゃん、ごめんなさい!!
…でもレオの言うとおり、そんなところに置いておいた私が悪いのです…多分…。

プレゼントいっぱい!

_mg_0043_a.jpg
「エーグルドゥースのケーキが食べたい!」と以前お教室の時に
生徒さんの前で話したことがあります。
それを覚えていてくださったNさん、私の誕生日も忘れずにいてくださり
バースデーケーキを買ってきてくださいました。
美味しかったのも勿論ですが、自分のためのバースデーケーキを見るのは
何十年振りな気がしてちょっと目頭が熱くなってしまいました…。
_mg_0052_a.jpg
Nさん、ありがとうございました!
_mg_0041_a.jpg
こちらはKちゃんからのハワイみやげです。
「センセイはブルーがお好きでしたよね?」とちゃんと私の好みを覚えていてくださり
こんな可愛いリボン!感激です。センセイはブルーも好きですが
この色々カラーの水玉リボンもと〜っても気に入りました!
_mg_0003_b.jpg
Kちゃん、他にもこんなステキなオリーブオイルとバルサミコをくださいました。
最近簡単なお料理しか作っていないので一度気合いを入れてきちんとした
料理を作りたくなってきました。その時に使わせていただきます。

_mg_0001_f.jpg
今月はお教室にいらっしゃれないのにわざわざ送ってくださったKさんからの
プレゼントはダマンフレールの紅茶です。
Kさんはご自宅で紅茶とお菓子のお教室をなさっている方なので
彼女のセレクトの紅茶なら絶対に美味しいに違いない!
問題は私の入れ方ですね。心を込めて丁寧に入れます。
_mg_0027_b.jpg
_mg_0004_b.jpg
_mg_0002_a.jpg
外部でする講習会が心細いよ…!と不安を漏らしたときにも駆けつけてくださったし
事あるごとに応援メッセージをメールで送ってくださるAちゃん。
その優しい気持ちだけで嬉しいのにネコ好き・ブルー好き・ショコラ好きの
三点を全て押さえたセレクトでプレゼントを揃えてくださいました。
_mg_0006_d.jpg
Mちゃんからはこんなに可愛いキャンドルと嬉しい言葉の詰まったカード。
火を灯すのがもったいないこのキャンドル、バラの香りも漂っています。
_mg_0008_c.jpg
Mちゃんは美味しいものを見つけると良くおすそわけをしてくださいます。
先日もお味噌とお漬け物が届いたばかり。いつも本当にありがとう。
_mg_0031_d.jpg
…私、生徒さんに甘やかされ過ぎていますよね…。
ステキなものから美味しいものまでいつもいつも本当にありがとうございます。
私は毎月みなさんとお会いしてお菓子を通して色んな話しが出来て
楽しいひとときを過ごさせていただいているだけで充分なんですよ。
だからどうぞお気遣いなくお願いしますね。
_mg_0081_a.jpg
今日ははこのあくび姿です。
毎朝明け方にはこに起こされる最近の私。
明け方に布団の中に入りたがり、入れてあげると「撫でて」とせがみます。
まだ眠い私は適当にしか相手にしないと「もっと一生懸命心を込めて撫でて!」と
怒られます。…大あくびがしたいのはこっちの方だよ。はこにゃん。

ブッシュドノエル

_mg_0008_b.jpg
今年最後のお教室ウィークです。
猫たちが転がせるものは何でも転がしたいお年頃なのであまり色々な飾りが出せない
今年の我が家のクリスマスデコレーションは結構地味になっています。

透明のガラスのボールオーナメントは私の大のお気に入りですが
その昔、ツリーに登るのが大好きだった猫のこいしに随分沢山割られました。(涙)
買い足したいのですが、シンプルなただのガラスのこのオーナメントは
その後常に気にして見ているのですが、売られているのを発見出来ないので
今となっては貴重品!チビ達に割られたら諦めがつかないので
午前のお教室と午後のお教室の合間にはマメに片付けなくてはなりません。
でもほんの少しテーブルを飾るだけで雰囲気は出るものですね。
_mg_0015_b.jpg
基礎クラスではブッシュドノエルを作りました。
ロールを巻くのにとても扱いやすく、しかも作りやすいシートの生地は
軽い口当たりと優しいココアの風味がお気に入りのレシピです。
ふんわりとしたマロンクリームも親しみやすくお年寄りからお子様まで
召し上がりやすい味になっています。
生クリームたっぷりのこのロールケーキはどこか懐かしい昭和の味って感じで
たまにはこんなJadisな味も良いな、と思います。
_mg_0024_c.jpg

紫のバラ

_mg_0009_f.jpg
…「ガラスの仮面」じゃないけれど紫のバラです。
でも「紫のバラの人」から送られたわけではありません。
最後の収録の日にスタジオにフラワーコーディネートされていたものです。
マダムバイオレットという品種のバラ。とても上品な花びらにうっとり。
_mg_0024_b.jpg
お教室のお花は別の色で別のクロスを考えていたのですが
このバラがとてもステキだったので急遽色々変更してみました。
週明けから始動の12月のお教室ですが、自由クラスの生徒さんの人数が増えてきたので
土曜日は第二週も最近お教室をやっています。

来年こそもう少しお教室の日程やカリキュラムを考え直して
今より更に充実したお教室の実現を目指したいと思っています。
…それにはまずは引っ越しから…?!なんて夢だけは大風呂敷を広げたように
膨らんでゆくのですが、現実と相談しながらね…。
_mg_0011_b.jpg
今月のお茶はマリアージュのウェディングインペリアル。
優しいキャラメル風味のこの紅茶をパリで初めて飲んだときの感動を
久しぶりに思い出しました。私にとっては思い出深いお茶です。
_mg_0057_a.jpg
昨晩、お教室が終わってリビングに猫たちを開放してしばらくしたら
全員がソファで眠っていました。
かんなちゃん「生まれたときからここにいるわよ、ワタシ。」っていうくらい
警戒心ゼロな寝姿です。
えぇ、勿論ここはあなたのお家ですから寛いでくださって構わないのですが
そのポーズ、ネコとしてどうなの?(この姿のまま15分くらい眠っていました。)
_mg_0058_b.jpg
でもおかげでかんなのひとつだけオレンジ色の肉球の写真が撮れたので
おばさんは満足です♪

12月の弘美ちゃんのお教室

cimg1116_s.jpg
おとといまで私のテレビ収録のお手伝いをしてもらっていた弘美ちゃん。
昨日は私のワインの先生に。
弘美ちゃんのお教室、第二弾はクリスマスメニューです。
テーブルはシックなブラウン系にまとめられていてました。
cimg1142_s.jpg
冷たい雨の降る中、築地まで美味しい食材を揃えに行ってくださって
本当に立派なホタテの貝柱を使った前菜からのスタートです。
このホタテのラビオリの中には塩ゆでにしたタピオカが入っています。
合わせたバジルソースは柚子の香りをまとっています。
バジルソースと柚子ピールとポワブル・ローズでクリスマスカラー。
cimg1097_s.jpg
合わせたワインはこちら。
自然派ワインが注目を浴びるずっと前から独自の哲学で自然派なワインを
作り続けているGerard SCHUELLERのSylvaner100%のワイン。
果実味もミネラルも酸もしっかりしていて独特の風味。
美味しいけれどお料理と合わせるのは難しそう…と思ったけれど
お料理と一緒に頂くと柚子の風味ととても合ってワインの味が変わって感じられます。
cimg1139_s.jpg
グラスの中では色の濃いトロンとした感じのワインに見えましたが
口に広がるのは爽やかな酸とミネラルの風味。
アルザスワインってどうも自分では選べない…と思っていたのですが
良いワインを教えていただきました。
cimg1151_s.jpg
メインは鴨のパイ包み・赤ワインソースです。
鴨のミンチのつなぎにはパン粉や卵を使わずにレバーを使っています。
そして中央にほうれん草を巻いた鶏のささみが入っています。
お肉の火の通し方が難しそうなこのお料理。
生ではダメだけど火を入れすぎるとミンチもささみもぱさついてしまいます。
ほんのりピンクがかっているけれど、ちゃんと火の通っているささみの部分が
とってもきれいでしょ?美味しかったです♪
cimg1095_s.jpg
赤ワインはこちら。
Pommardなんだけど味はVolnayっぽくてエレガント。
このお値段でこの味は本当にお買い得だと思うの!と弘美先生。
ほ〜んと!高級ワインの味わいです。
お料理との相性も文句なく、つなぎに使ったレバーの風味や赤ワインソースと
ワインの鉄分や酸が仲良くマリアージュ。
パイ生地の油脂が全体を丸くまとめてくれます。
cimg1157_s.jpg
デザートはホワイトチョコレートのムースとフランボワーズのブッシュ。
なめらかな口当たりのホワイトチョコのムースが美味しかったです。
cimg1161_s.jpg
最後に弘美ちゃんから生徒さんにクリスマスプレゼント。
_mg_0025_c.jpg
ワインの注ぎ口に差して使うディスクをくださいました。
弘美ちゃんのお宅でいつも見ていてずっと欲しかったものだからすごく嬉しい!
大切に使います。
_mg_0028_d.jpg
そして私にはもう一つ、特別なプレゼントが。ふふふ♪
これはお誕生日プレゼントです。
京都のちどりやさんの洗顔石けんとシャンプー&リンスです。
お肌のとても綺麗な弘美ちゃんの愛用のオススメ洗顔石けんです。
私もこれで弘美ちゃんの様に可愛くなれるかな♪(それは無理・無理!!)

今回も教わるところの沢山ある有意義なひとときでした。
…でも酔っぱらって半分くらい忘れているかも?!
ま、楽しかったから良し!とします。

タオルフェチ

私の肌触りの良いもの好きは父親譲りの気がします。
子供の頃から父と私はお気に入りのタオルや毛布が一緒でした。
そして動物好きもこの肌触りの良いところから来るのかもしれません。

超長綿が良い、いやエジプト綿が良いらしい、から始まりお気に入りのメーカーの話しや
洗濯の方法(柔軟剤を入れるか入れないかとか…。)について等々
一緒に住んでいる頃は良くタオルについて熱く語り合いました。(笑)
_mg_0027_a.jpg
12月は私の誕生月です。
ぼちぼちプレゼントが届き始めています。
さすがにこのトシになると誕生日も派手なお祝いなどはしなくなるものですが
それでも私の誕生日を覚えていてくれている人達とのささやかな交流は嬉しいものです。
そして最近では自分が生まれてきたこと、
この世に送り出してくれた両親と神サマに感謝したりするようにもなりました。
「いやぁ、この世は大変なことだらけですが、実に面白いところです。」と…。
_mg_0029_c.jpg
プレゼントの包装紙を見ただけで内容がだいたいわかり盛り上がったワタクシ。
箱の中はこんな上品な柄のステキなバスタオルでした。
使うのがもったいない!とまだ箱から出せずにいますが
お誕生日当日の夜に下ろそうかな♪と思っています。
_mg_0006_c.jpg
我が家で一番触り心地の良いねこはかんなちゃんです。
兄妹なのにみんなそれぞれ微妙に毛質が違います。
かんなの毛は短いけれど本当になめらかで柔らかいのです♪

次のページ »