Archive for 11月, 2009

お花と紅茶

_mg_0070_a.jpg
来週テレビの収録があるため、木曜日だけお教室の日程を前倒しにしてもらいました。
今月のお花は私としてはかなり珍しい花材を選んでしまいました。
カーネーションと菊…。本当はどちらもあまり好んで使う花材ではありません。
行ったお花屋さんにあまり種類がなく、かといって他の花屋を回る余裕もなかったため
仕方なく選んでみました。

一生懸命咲いた花に罪はなく、生けてみれば別にそんなにイヤなわけでもないまとまり…。
一体何が好みじゃないのか上手く説明出来ませんが、普段は選ばない花材なのです。
_mg_0062_b.jpg
今月の紅茶はこちら。
Blue Starというアールグレイのものです。
以前生徒さんに頂いた紅茶ですが香りもパッケージもとても気に入ったので
今月はこちらを用意してみました。

何を作るかギリギリまで悩んでいたお教室のメニューも無事に出来上がりました。
この季節にぴったりの秋色なお菓子で生徒さんをお迎えしようと思います。
_mg_0079_a.jpg
今日無事抜糸を終え再び「ハダカ猫」に戻った女の子グループです。
ふと気付くと拾った頃よりもみんな模様がはっきりしてきて柄が変わってきた気がします。

頭をつかう料理

忙しいのが終わったら美味しいものが食べたい!と思っていた私。
ちょっと前に念願叶ってQuintessenceに行きました。
dscf2346_s.jpg
その日アペリティヴに頂いたシャンパンがとっても美味しかったので
ソムリエさんに「美味しい、美味しい。」と何度も言ったら
帰り際に「今日の記念に。」とエチケットをくださいました。

お料理も噂に違わず美味しかったです。
ミシュラン三つ星にワタクシ如きが語るのもおこがましいのでございますが
どのお料理も繊細で絶妙のバランスで良く考えられて作ったものなんだろうなぁ…と
その発想の柔軟さやアイデアに感心したり、驚いたり。
本当に面白かったし、また是非違う季節に行ってみたいと思いました。

でもこれは私側の問題ですが私にはcuisine contemporaineは時々キツイです。
作り手の「想い」を食べる側にも「考えること」を望んでいるような
頭をつかって食べる料理はこちら側もそれなりにコンディションを整えて
そのつもりで挑まなくてはならないような気がするのです。
夏に行ったLes creations de NARISAWAでも同じ事を感じたのですが
食べ終わってお店を出るときには沢山のことを五感で味わい、吸収して
大満足だったのですが、何故かとても疲れました。(苦笑)

どちらも私以上にグルメな友人と一緒に行ったので教わることも多く楽しめましたが
ロマンティックにアイ(愛)を語らうようなデートには不向きなお店かもしれません。
そのくらいお料理に集中しなくてはもったいないので…。

Quintessenceのメレンゲのアイスクリーム。
夢に出てくるくらい美味しかったです。
_mg_0031_a.jpg
本文とは全く無関係のはこちゃん。
はこの顔を見ていてずっと「誰かに似ている」と思っていたのですが
奈良美智さんの描く生意気そうな目つきの悪い女の子に似ていませんか?

猫の洋服

_mg_0025_b.jpg
知り合いから猫の術後服についての問い合わせを頂きました。
困っている方って結構いるんだ….と思い、
こんなので役に立つならと不器用な私でも作れるものなので紹介します。
写真は完成型の「超簡単!猫のお洋服」です。

退院時に着ていたものは包帯を通してある穴も両手両足の為の穴も
ただハサミでカットしただけのものでした。
だんだん元気になって遊びはじめると布がほつれて来て
大昔流行ったグランジなお洋服になってきます。
猫たちは服の上からでもグルーミングをしようとするので糸くずが
口に入ったり、ほつれが牙に引っかかって鬱陶しそうです。

そこで着替え用にもらった布はこんな風に加工してみました。
この素材は多分医療用のサポーターみたいなものだと思います。
筒状の厚手の包帯みたいな感じです。
これを猫たちの胴の長さに合わせてカットします。
そして切り口を三つ折りにしてまつり縫いにしました。(ミシンがけでもO.K)
次にヒモを通す穴をカットして周りをブランケットステッチでかがります。

手と足の為の穴を適当に開けたら一度猫に着せて穴の大きさチェックします。
そして猫さん達に動いて頂くと勝手に穴が広がり調度良い穴になります。
_mg_0009_b.jpg
こちらは縁とヒモ通しまでが終わって試着段階のおべべです。
(しばらく遊んでもらったら疲れたらしくお昼寝中。)
こうして適当に手足の穴が広がったら穴の周りもかがります。
私はミシンのかがり縫いを利用しました。
こうして出来上がった完成型が一番上の写真です。
ミシンを出したついでにまつり縫いした部分もミシンでもう一度縫ってみたり
ヒモ代わりの包帯の端もかがってみたりしてみました。
最初は包帯ではなく可愛いリボンを通そうと思ったのですが
どうやらこの包帯の伸縮性にも意味があるような気がしてリボンは断念。
_mg_0028_b.jpg
プレゼントにぴったり!?おしゃれキャットの箱詰めです。
_mg_0050_a.jpg
こちらはおしゃれキャットのお食事風景。

ヒモ通しの穴ですが、私は面倒くさいので4ヶにしましたが
丁寧な方は6ヶで作った方がより可愛く仕上がると思います。

…あと2〜3日の為だけにお裁縫まではじめてしまう優しいおばさんに
少しは感謝してもらいたいものですが
洋服シスターズにとって私は服を着せたり、薬を飲ませたり…
イヤな事ばかりするウザイおばさんのようです。(涙)

*きっとこの猫服はフリースやトレーナーの袖を利用しても作れるのでは…?
と思います。
健康な猫に洋服は必要ないと思いますが、必要な時には参考になれば嬉しいです。

忘却の彼方

今月のお教室のメニューを朝からずっと考えています。
先月のお教室を急遽お休みにさせて頂いたので先月考えたメニューにしようと
思ったのですが、どうしたことでしょう?
全く思い出せません!!
私は一体何を作ろうとしていたのでしょう…???

仕方がないので新たにメニューを考えようとBellouetの本などパラパラめくり
ずっとずっとずーーーっと考えているのですがまとまらず返って混乱するばかり。
忘れてしまった先月のアイデアが舞い戻ってきてくれないことが悔やまれます…。
…っていうか、忘れるし思い出せないしって私の脳みそどこ行っちゃったんでしょう?
_mg_0017_a.jpg
私と一緒に椅子に座っていてくださるかんなさん。
_mg_0025_a.jpg
昨日からこの箱がお気に入りのはこさん。
_mg_0029_a.jpg
私のお気に入りのかごは猫たちにとってもお気に入り。
レオ君が今日は誰にも渡そうとしないで占領しています。

私の書斎はこんな感じで「ねむい・ねむいオーラ」が蔓延しています。
こんな中でモノを考えようとしているからダメなのでしょうか…。
月曜日には試作をしないとお教室に間に合わない。助けてください!

これで安心?!

_mg_0009_a.jpg
_mg_0010_a.jpg
9月に行ったBellouet Conseilの講習会の時に予約した本を
今日わざわざGECSさんが届けに来てくださいました。
最新作とショコラの本。
本を持っているだけじゃ何も始まらないのに手に入れただけで何故か安心してしまいます。
これで勉強しなくちゃイケナイのにね。

でもこの本ったらフランス語と英語しか書かれていないのです。
単なる「飾り」にしてしまうには少々贅沢なお値段ですから無駄にはしません!
…と言いつつ、棚にディスプレイして満足しているワタクシ。

GECSさんはBellouetの日本での講習会を企画なさったりするほか
少人数のツアー旅行を企画・コーディネートなさったりしてくれる会社です。
いつかお教室の生徒さんや美味しいものが好きな方達と一緒に巡るParisなんて企画を
お願い出来たらさぞや楽しい旅になりそうです。
実現出来る日が来るように頑張りま〜す。
_mg_0001_b.jpg
お洋服着用のおしゃれキャットのかんなちゃんとはこちゃんです。(嘘)
実は昨日3にゃんは去勢・避妊手術をしました。
こんな幼い身体にメスを入れるのは可哀想な気もしますが
好き放題産ませてしまっても面倒みられないし、第一兄妹同士はキケンですし、
世の中にはすでに今助けを求めている、不幸な犬や猫が沢山いるのですから
我が家で増やす必要はないと思った次第です。

前の猫たちの時にも経験していますが手術の前に同意書にサインをします。
「万が一….」の文面を読むたびに難しい手術ではないと解っていても緊張します。
レオ君は当日退院で昨日帰ってきました。
女の子組は今日お迎えに行き連れて帰ってきました。

写真は帰宅直後に家の中の点検を始める姿です。
お腹の傷を舐めたり噛んだりしないように病院で着せてくださったお洋服。
筒状のスウェット地に切れ込みを入れて手と足の穴を開け
首の部分は包帯を通してきゅっとしばってあります。
背中で結んだ包帯の蝶々結びがちょっと大きめで妙に可愛いのです。

勿論当の猫たちはこんなものは早く脱ぎたい!と思っているのでしょうが
1週間は「お洋服猫」です。着替え用の布を予備でくださったので
ウチでは可愛いリボンで作ってあげよう♪と変なところに楽しみを見いだす飼い主。
かんなはブルーではこは赤いリボンが似合いそう。
昨日は一人ぼっちで寂しくて啼いていたレオ君ですが
このお洋服が気に入らないのでしょうか…?
他の二匹にシャーシャーフーフー威嚇しまくっています。困った。

梅干し風味の鶏うどんと苔玉

_mg_0001_a.jpg
先週お隣のぼんママが風邪でダウンしました。
悪いことにその日、ぼんパパはお仕事で海外出張!
夕方ぼんちゃんのお散歩へ出かけるぼんママと
ばったり玄関先で会ってそのことを知りました。

「お散歩だったら代わりに行くよ。」と言う私に
でもタロウ君は公園で遊びたがっているし、連れて行かないと収まりがつかないから
自分で行ってくる…とがらがらの声でぼんママは言います。

あまりに辛そうなぼんママを放っておくのは可哀想すぎて
「じゃあ夜ご飯は私が作って届けてあげる!」とご飯作りを買って出ました。
そして作ったのが鶏鍋うどんです。

風邪引きのぼんママに食べやすく、元気なタロウにある程度の食べ応えを…と思い
骨付きの手羽元で出汁を取り、人参・きのこ・かぶ・長ネギなど具だくさんの野菜を
梅干しと煎り酒と薄口醤油とみりんで味付けしました。

最近梅干しで煮物やおひたしの味付けをするのがちょっとブームの私。
酸っぱすぎたり、しょっぱすぎたりするそのままでは食べにくい梅干しを
持っているときにはオススメです。

良いお出汁は出るけれどちょっぴり脂のキツイ手羽元も
丁寧にあくを引きながら浮いた脂も取り除けば梅風味でさっぱりします。
img_0127_a.jpg
後日、土鍋を返しに来てくれたぼんママからこんなプレゼントを頂いちゃいました。
おくるみを着ているみたいで可愛いでしょ?
img_0129_a.jpg
おくるみを取るとこんな姿に!苔玉につるこけももの盆栽です。
困ったときはお互い様。お礼なんて良かったのに…と思いますが
センスの良いぼんママからのプレゼントはやっぱりステキ。
私、桜エビ程度のもので鯛を釣っちゃいました。
_mg_0028_a.jpg
本当に仲良しの3兄弟。
かんなちゃんはレオ君を両手で抱いています。
かんなの口元からほんの少しだけピンクの舌が出ていて可愛いのです。
(画像が小さいからこれじゃわからないですね…。)

昨日でウチに来て調度一ヶ月でした。
栄養状態が良くなったのと育ち盛りの時期だから一月前に較べると
すご〜く大きくなりました。
オトナの落ち着いた猫の持つ風格も好きだけど早過ぎるよ…。
もっとゆっくり育ってもらいたいなぁ。

FLOUR SACK TOWELS

_mg_0062_a.jpg
WILLIAMS-SONOMAが日本から撤退すると決めたとき
ほとんどの商品は別のお店でも探せばあるし「別に困らない。」と
思ったものですが一つだけ残念に思っていた商品があります。
それはこのFlour sack towels。
昔、小麦粉を入れておくのに布製の袋を使っていたそうで
その布で作ったキッチンタオルです。

コットン100%のこのキッチンタオルは3枚セットで当時1,000円くらい
(記憶が定かではありません。)とSONOMAの商品としてはとてもお手頃価格で
しかも本当に使いやすかったので愛用していました。

そんなわけでアメリカ圏に行く友人におみやげのリクエストを聞かれると
今でもこれを頼むことが多い私です。
先日仕事で会った大谷マキちゃんとそんな話しをして盛り上がっていたら
翌日マキちゃんが「お家にストックがまだあるから…。」と
このキッチンタオルをくださいました。
久しぶりのこの感触!嬉しい!!
img_0140_a.jpg
今日はレオ君の肉球です。
ピンクと小豆色の肉球が交互に並んでいるところがお気に入り♪
中央のクリームパンは小豆色。

大好物

_mg_0039_s.jpg
昨日は夏日だったのに今日は肌寒い東京です。明日はもっと寒くなるとか…。
気温の変化について行けずに風邪を引く人も多いのではないでしょうか?
気を付けましょうね。

寒い日に食べたいご飯の一つに湯葉ご飯があります。
京都で初めて食べたときから大好物になりました。
お出汁に薄口醤油とお酒とみりんでほんのりと味付けしたものに生湯葉を入れ
葛でゆるめにとろみを付けます。
あつあつのご飯にこれをかけて三つ葉とわさびを添えれば出来上がり。

簡単で美味しくて身体も温まるヘルシーご飯。
お酒のあとのほんの一口にも良いけれど、一人のお昼ご飯にも良い感じ♪

« 前のページ次のページ »