Archive for 9月, 2009

料理の撮影

cimg0986_s.jpg
ずっとここの所お菓子の撮影が続いていましたが今日は久し振りに料理の撮影でした。
お菓子の撮影と料理の撮影では何が違うの?と思われるかもしれませんが
私は気分が全然違うのです。
ずっと料理の撮影ばかりが続くとお菓子の撮影がしたくなるし
お菓子の撮影が続くと料理の撮影が恋しくなります。

お菓子の撮影は前日の下準備でほとんどの事が決まってしまいます。
だから前日が大変!と言えば大変ですが、逆に万全の準備さえしてしまえば
現場には安心して入れます。
一方料理の撮影はもっとライブっぽくて前日に出来る下準備はごく僅か。
現場で一気に仕上げてゆくのでこちらの方が現場は緊張します。

約1月ぶりくらいなのに料理の撮影を「懐かしい」と思うのは
その間ずっとお菓子三昧の日々だったからなのでしょう。
今日は撮影の後に面白いものをもらっちゃいました。
cimg0989_s.jpg
海外向けのラベルのお醤油です。なんだか嬉しい。

…ところで私は何かに触ってしまったのでしょうか?
今日の写真は日付入りです。…何故??

わがまま

cimg5144_s.jpg
私生活ではそんなことあんまり思わないけれど(それも問題?!)
仕事ではわがままは言うよりも、誰かのわがままを聞いている方がずっと楽だ。
我を通した後にこんな風に後味の悪さを引きずるくらいなら。

言いたい放題やりたい放題してスッキリするならともかく
その反対なら馬鹿みたいだ。
案外気が弱いんだなぁ。実につまらん!

好きな感じ

_mg_0024_s.jpg
お花を生けるのは大好きです。
習ったことがないから自己流ですが花の言うことを聞いて
無理矢理あっちを向かせたりこっちを向かせたりせずに自然に生けるのが好きです。

花はどんなに小さく生けてもすごい存在感で部屋の雰囲気を変えてくれます。
押しつけがましくないのに周りの雰囲気を変えられるってすごいなぁ…。と
いつも花を飾るたびにそう思います。
_mg_0022_a.jpg
撮影に使った花たちを整理して生け直しました。
撮影中はライトを浴びたり、撮影が終わるとお花にとって良い環境ではない場所に
置いておかれたりするので(ウチが狭いので…。)ちょっと可哀想でした。

好きな感じに生けられたので記念撮影。
どこに置こうか思案中。

撮影の合間に

_mg_0001_b.jpg
お教室の生徒さんのMちゃんに続きAちゃんからも栗を頂きました。
いつもはラム酒&バニラのシロップで煮込むのですが
今年は普段グラニュー糖を使っていたのをカソナードにしてみました。
お酒好きの私は風味がはっきり残るくらいたっぷりラム酒を入れるのですが
今使っているラム酒がとても風味豊かなせいもありカソナードのコクとぴったり!
バニラアイスにちょっと添えただけでシアワセ気分のデザートになります。

撮影用のお菓子の仕込みをしながら栗は一緒にコトコト煮ました。
_mg_0006_a.jpg
今日は11月出版予定の本の撮影の後半を撮り始めました。
明日、あさってでこの本の撮影は終わります。
お皿にソースで書いた文字を口に見立ててバナナで目と鼻を付けてみました。
撮影中に私はこんなことをして遊んでいます。バカですねぇ。

…どんな本になるか心配ですか?
大丈夫。本のお菓子はマジメに作っていますので乞うご期待!

夜中のクッキー

_mg_0010_a.jpg
昨日は明日から3日間続く撮影用のお菓子の仕込みで一日終わってしまいました。
夜中に続々焼き上がるクッキー。次の段階を待っています。
そして今日はこれらの仕上げと生菓子の仕込み…。

Bellouetの講習会で撮った写真やメモをノートに整理したいのだけど
そんなことをする時間が出来るのはまだまだ当分先になりそうです。
達筆(嘘)な私のメモは自分でも時間が経つと解読不能になってしまうので
全てを忘れてしまったらどうしよう…?!と今はそればかり気になります。

お休み返上で働き詰めのこの2ヶ月間。
さすがに全く自分のことが出来ないのにはそろそろ参ってきました。
このバタバタが落ち着くのは10月の末になりそうですが
のんびり出来たら少し自分のために時間を使おうと思っています。

でもそののんびり出来る時間に何がやりたいの?と自分で問いかけると
お裁縫だったり、レシピの整理だったり、手抜きじゃないご飯を作りたい…だのと
結局自分の仕事からそう遠くないことばかり思い付きます。
そう、私は結構な「お仕事中毒症」なのかもしれません。

一番好きなことを仕事にしたのですから当然と言えば当然かもしれませんが
私としてはもっとONとOFFがしっかり色分けされている「趣味は趣味!」みたいな人に
憧れます。唯一仕事に結び付かない趣味と言えば「仏像探し」の旅くらいなものです。
手近なところで仕事とはかけ離れた趣味を探してみようかな?

贅沢な時間

シルバーウィーク、皆さまはどのようにお過ごしでしたか?
私はここ4日間は久し振りにお菓子を習いに行っていました。
Parisのお菓子専門学校Bellouet ConseilのMr.Perruchonの来日講習です。
申し込んだのは今年の春先、まだ寒い頃でした。

講習会には興味があって「行きたい」という気持ちはずっとあったのですが
情報を仕入れるのが遅い私は色々なものを後日談として聞く事ばかりで
長い間誰からもお菓子を教えてもらう機会をなく過ごしてきてしまいました。
まさに「百聞は一見にしかず」で本を読んでも解らないことが目の前で実際に
作っているところを見ると「なるほど〜!」と簡単に理解出来る事って沢山あるものです。
知らない素材や触ったことのない器具も一度触らせてもらえば納得する、というか
そんなにコワイものじゃないんだ、と思えるようになります。

頂いたレシピも大切な宝物ですが、私は今回Mr.Perruchonのレシピやメソッドに対する
考え方が私のお菓子作りに対する考え方の根底にある私の師匠の言っていたことと
同じだったことに妙に安心するような、感動するような気持ちになれたことが
何よりも嬉しかったです。
cimg0422_s.jpg
今回講習があった場所は青山の Ecole de patisserie POILVETでした。
こちらはMr.POILVETの主催するお菓子の学校です。
こちらの大先生でいらっしゃるPOILVETさんが場所を提供してくださっただけでなく
Perruchon先生のアシストまでしてくださるという期せずして超豪華講師陣!となった
この講習会。しばらくは美味しいお菓子と贅沢な時間の余韻に浸っていたいものです。

なんだか楽しそうなお二人…。兄弟みたいでしょ?(笑)

お教室が終わると…

毎月お教室が終わると生徒さん達から頂いた「何か」で
棚の上がディスプレイされています。
そんなに気を遣ってくださらなくて良いのに!と本当に思いますが
それでもその気持ちがとても嬉しくて有り難いなぁと思います。
_mg_0002_b.jpg
このオシャレな缶の紅茶はNさんがご自分で召し上がって美味しいと思ったものを
セレクトしてくださいました。次回のお教室のお茶にさせて頂くつもり。
私も今から楽しみです。そしてこの缶はもちろん「永久保存版」です。
_mg_0019_s.jpg
こちらは吉祥寺のカフェ「横尾」のサブレです。
今月から生徒さんになってくださったHちゃんが持ってきてくださいました。
以前一度お友達に連れて行ってもらったことのあるカフェですが
とても落ち着くステキなカフェです。
美味しそうな焼き色にエンボスのマークがカワイイです。

_mg_0007_c.jpg
そしてこれはウチのお教室で二番目に古株のYちゃんからのプレゼント。
アイピローとフレグランスのサシェと手ぬぐいです。
全てにウサギのモチーフが付いています。(私はウサギとネコにちょっと弱い。)
Yちゃんはもうすぐ出産を控えているので今月でしばらくお教室をお休みなさいます。
その前に私だけでなく、クラスのみんなに小さなプレゼントを用意してくださいました。

Yちゃん、初めてお会いした頃は独身でした。
ご結婚なさってもお教室を続けてくださり今月まで約8年の長いお付き合いです。
なんだかそうやって考えると感慨深いものがあります。
Yちゃん、まずは出産を無事にすませて、落ち着いたらベイビーちゃんと共に
遊びにいらしてくださいね!!がんばれ〜!!

実りの秋

_mg_0003_a.jpg
お教室の生徒さんのMちゃんのご実家の庭には栗の木が3本もあるそうです。
お庭で出来た栗をおすそわけで頂きました。
バニラビーンズとラム酒で風味を付けてシロップ煮にしたらお教室で使えるかしら…?
なんて思案中です。
それにしてもお庭の栗の木でこんな立派な栗が出来るなんて羨ましい!
_mg_0002_a.jpg
こちらはだめ押しの今年最後の桃…かも…?
アンさんの所に届いた超高級マンゴーピーチをほぼ1箱丸ごともらっちゃいました!うふっ!
この桃がアンさんのお宅に届いた翌日から旅行に出かけてしまうので
桃好きのワタクシの所に里子に出された桃ちゃん達です。
_mg_0011_b.jpg
まるで今月のお教室のテーブルセッティングに合わせてくれたような色合いの
秋色紫陽花を持って来てくれたのは山梨からの生徒さんのYちゃん。
Yちゃんのお宅の近所から摘んできてくれました。
あらかじめ多少乾燥させてから持ってきてくださったので
しばらくはこの色や雰囲気を楽しめそうです。
_mg_0020_s.jpg
こういう色合いに自然になるなんて本当に紫陽花はオシャレさんです。
余りに呆気なく夏が走り去った感じですが実りの秋も楽しみになってきました。

ミルクティーと…。

_mg_0009_s.jpg
今月の自由クラスは実に久し振りに焼きっぱなしのお菓子にしました。
先週急に寒くなった日に思い出してすごく食べたくなった大好きなお菓子です。
フレッシュのジンジャーをたっぷり混ぜ込んで焼いたジンジャーブレッド。
今回は新生姜を使ったので優しい風合いに仕上がりましたが
普通の生姜を使うともう少しパンチの効いたお味に仕上がります。
私はどちらも好きです。

焼きっぱなしのお菓子の素朴な表情も嫌いではないのですが
小さなレースペーパーを使ってステンシルするとちょっと可愛くなります。
_mg_0014_a.jpg
そしてサブメニューはショートブレッドをクッキープレスを使って仕上げました。
ショートブレッドはサクサクの食感が信条のお菓子です。
去年ふと思い付いて小麦粉の一部を米粉にしてみたら、とても良い感じに仕上がりました。
その時、「こんな事を思い付くなんて私ったらすご〜い!!」と自画自賛していたのですが
それをある時イギリスのお菓子に詳しい方に話したところ
「イギリスでもライスフラワーをブレンドする作り方があるんですよ。」
と教えられびっくり!
「米粉流行りの昨今に私が思い付いたすご〜いアイデア」だと思っていたものは
なんと元々の伝統的なレシピにもある「普通のレシピ」だったのです!!(笑)

今回のメニューはミルクティーと合わせたい、と思っていたので
今月の紅茶はいつものようなフレーバーティーではなくウバにしました。
これからいよいよ寒くなってくる季節、こんなお菓子でのんびりティータイムを
過ごしたらステキだろうなぁ…と言う私の夢をかたちにしてみました。

紙カップコレクション

_mg_0004_s.jpg
紙ナプキンやら紙カップやら紙製品にはどうも弱い私。
海外に行くと日本にはない柄などを見つけてはついつい買ってしまいます。
最近は日本でも輸入されているものが増えてネットではかなりの種類のものを
見かけるようになりました。
でもどちらかというと私は実際に自分の目で実物を見てお買い物をするのが好きなので
ネットショッピングは「あぁ、ここで買えるのね。」と見て安心して
本当にそれが必要になるまではあまり利用しません。

そんな私が足で集めた(?)紙カップコレクションです。
Paris,N.Y,台北、東京のあちらこちら…などなどで買いそろえたものが
随分な数になってきました。これはそのほんの一部。
「いざというときに使おう!」などともったいぶっていて使わないものだから増える一方。
だいたい「いざ!」ってどんな時???と自分に突っ込みを入れる今日この頃…。
いい加減デビューさせてあげよう、と今月のお教室で使ってみました。
_mg_0016_s.jpg
多めに出来てしまった生地をカップに入れて焼いてみました。
なんだかとっても可愛くてゴキゲンです。
使ってこその道具なんだからやっぱり出し惜しみしていないで使わなくちゃね。

次のページ »