Archive for 7月, 2009

Morning peach♪

090723999_10_s.jpg
桃ネタ、引っ張ります。
だって大好きなんですもの。うふふ。

最近毎朝桃を食べています。ステキな生活です。
瑞々しい果肉が朝の部屋の光の中でとても綺麗だったので記念撮影。
これで横にシャンパンがあって、そして場所は気持ちの良い高原のホテルだったら…。
な〜んて朝っぱらから妄想に浸ります。脳内バカンス。
090723999_9_s.jpg
車検に出ていた車が帰ってきました。
ディーラーさんは車を預けると毎回オマケのプチプレゼントをくださいます。
今年はThe O Dorのサッシェと車のマークの付いたメモ帳でした。
色んなフレーバーが入っていて嬉しいな。

戻ってきた車はすこぶる調子が良くなっていてどこかドライブに行きたくなります。
きれいな景色と爽やかな風の場所をのんびり車で走ったら気持ちいいでしょうねぇ。
こちらも脳内ドライブ。

さてと…仕事しよ。

夏野菜のカレー

090726999_s.jpg
夏野菜たっぷりのカレー煮込み中です。
急激に忙しくなってしまったこの夏のスケジュール。
フランス人並みのバカンスは夢の又夢と消え、8月は週末もなくぎっちりみっちりと
働く事になりそうな予感です。
このご時世、お仕事が忙しいというのは本当に心から有り難いことですから
文句を言ったらバチが当たります。…でも暑い…!!
夏が苦手な私はなんとかこのスケジュールを乗り切る体力と栄養を付けなくては。

と言うわけで、夏野菜満載のチキンカレーを作りました。
忙しくなるといちいち毎回のご飯の支度をするのも億劫になります。
作り置き出来て簡単に食べられるものを多めに作っておいたらお昼ご飯が楽になるはず。
生徒さんに頂いた美味しい野菜も新鮮な内に沢山使えるしね♪

ウチのカレーは色々なスパイスの調合から始まります。
仕事で必要なので様々なスパイスを単品で揃えていますが
日々そんなにスパイシーな食生活を送っているわけではありませんから引き出しの中では
そんなスパイス達が出番を待っているのです。
これらの一斉大量消費も兼ねて、インド料理の本を見ながらスパイスを調合します。
今回はレシピには載っていなかったけどアニスシード・オールスパイス・五香粉など
色々なスパイスもミックスしちゃいました。
その分美味しくなったかどうかは不明。私には普通のカレーの味に思えました。(笑)

暑い中汗だくになりながらスパイス類を煎ったり、タマネギをソテーしたり
この季節に作る料理じゃない!なんて思いましたが出来上がると
暑い夏を乗り切れそうなスパイスの力にちょっと頑張れる気がしてきました。

めだか保育園

090713999_s.jpg
2年前に知り合いに分けてもらったメダカをぼんママと一緒に飼い始めました。
その当初は沢山いたメダカが私たちの飼い方が悪かったのか3匹しか居なくなり
「全部全滅しちゃったらどうしよう?」と思っていたら
今年1匹のメダカが卵を産み始めました。
どうやら残った3匹は黒メダカのメスと黒メダカのオス・ヒメダカのオスのよう…。

私たちは生まれた子供を立派に育てよう!と決意を新たに(?)
日々親メダカの水鉢を覗いては、卵の付いた水草の根や生まれた子メダカを
親に食べられないように別の水鉢に移す作業に専念しています。
赤ちゃんメダカはちゃんと黒いのと赤いのと2色います。

金魚の絵柄の小さい水鉢はメダカの保育園です。
順調に育っているらしく先日水の取り替えの時に数えたら現在42匹!!
しかもお母さんメダカはまだ日々産卵を続けています。
これが全部育っちゃったらすごいね〜!!とぼんママとタロウちゃんと3人で
大メダカ家族を楽しみにしている私たち。

早く大きくならないかな♪

終わりました!

090725999_1_s.jpg
昨日無事cuocaさんでの講習会が終わりました。
あいにくのお天気にもかかわらずいらしてくださった皆さまには本当に感謝です。
お会い出来て嬉しかったです。ありがとうございました。

今回の講習会のメニューは「一煮立ちさせる」「とろみが付くまで冷やす」など
一人で作業をしている分には長い時間だとは思わないけれど
講習会など人前での作業になるとその時間の間を保たせるために何か必要になる
微妙な時間の多いメニューでした。本当に待つとお湯って沸かないんですよねぇ…。
何か喋らないと!!と焦るばかり。(苦笑)

でも幸いいらしてくださった方達は皆さん、とても暖かい眼差しで迎えてくださり
だんだん緊張も解けて楽しく講習することが出来ました。
いつもながらcuocaスタッフの皆さまにも大変お世話になりました。

講習会が終わって試食の時に「おいしい」と笑顔で言ってくださる方達を見ると
本当に初めて心底ホッとします。
今回のレシピは私の大のお気に入りだったので尚のこと、嬉しさもひとしおです。
夏に向くメニューですので是非、ご自宅で作ってみてくださいね。

わざわざ本を持参なさってサインを求めてくださった方までいて
びっくりするやら感激するやら…。でした。
偶然にもサインをさせて頂いた本は「お菓子な人生」と
「美味しい待ち時間」と「白いお菓子」ばかりでした。
この3冊は私の中でも個人的思い入れのとても強い本だったので
この本を手にとってくださって大切にしてくれている方達と実際にお会い出来たのは
何よりも幸せなことす。

最後に嬉しいサプライズ!「チーズケーキ」でご一緒した福田淳子先生が
写真のブーケを持ってひっそりと応援に駆けつけてくださいました。
私は優しい人たちに恵まれて本当に幸せ者だと思った1日でした。

改めて、本当に皆さんありがとうございました。
またどこかでお会い出来る日を楽しみに、
その日の為に美味しいレシピを沢山ご用意出来るよう日々精進いたします!

おいしいものたち

090721999_s.jpg
お教室に通ってくださっているKさんからこんな立派な桐の箱に入った
フルーツコンポートが届きました。
千疋屋の文字だけですでに有り難いのにこの木箱が有り難さを更にグレードアップ!
桃と洋梨とピオーネの三種類。どんな味かすご〜く楽しみです。
090717999_ss.jpg
Kさんは一緒に暮らしているワンちゃんのトリミングに毎月小淵沢まで
行かれているそうです。その時にブルーベリー園で摘んできたブルーベリーも
お教室の時にみんなにおすそわけでくださいました。
ワンちゃんのために小渕沢まで行くなんてセレブな生活に憧れます…♪
頂いたブルーベリーは口に入れると良く熟した濃い風味が口にいっぱいに広がります。
さすが山梨県!と妙なところで納得です。
090718999_4_s.jpg
こちらの野菜も朝摘みの新鮮さでTちゃんが山梨から持ってきてくれました。
調度良い熟し具合まで大地と繋がっていた野菜は本当に味が濃くて
シンプルに素材の味だけで充分に楽しめます。

インゲンを見ていたら急にレモンバターソースで和えたものを食べたくなって
久し振りにフランス気分で作ってみました。
口いっぱいに広がる夏の味。お陽さまの恵に身体の中から元気になる気がしました。

クリームチーズ

090713999_2_s.jpg
今月の基礎クラスは全てチーズケーキのカリキュラムでした。
生徒さんの進み具合によって全てのクラスのカリキュラムがいつも一緒、
と言うわけではないのでいつも色々な材料を少しづつ揃えることが多いのです。
でも珍しく大量のクリームチーズが必要になったので今回は2kgの業務用サイズを
購入してみました。初めて使うメーカーのものはどんな味になるのか自分でも楽しみ。
しかもウチでは珍しい特大サイズのパッケージを開けるのも楽しかったです。

ベイクドチーズケーキのようにクリームチーズが材料の半分以上を占めるレシピは
チーズの味によってかなり出来上がりの味が変わります。
もちろん「食べられない」ものにはならないので、どのメーカーのものでも作れますが
色々な味を比べてご自分のお好きなクリームチーズをお使いになるのが良いと思います。

小売りタイプでこのパッケージを見たことがないのでそうそうこのメーカーのものは
買えませんが、チーズの風味豊かな味の濃いクリームチーズでした。
小売りタイプで手に入りやすいものだとフィラデルフィアとキリが主流だと思いますが
今回のこのチーズはどちらかと言えばフィラデルフィアに近いタイプでした。

お教室の時は生クリームも業務用サイズで牛乳パックと同じサイズのものを購入します。
小さいサイズを沢山買うとゴミの量が増えるので昨今はなんとな〜く罪悪感があって…。

ところで私はそんな業務用サイズを購入するときは麻布にあるニッシンに行きます。
お店屋さんは業者さんから直接買うことの方が多いでしょうに、ニッシンにはいつも
こんな風に特大サイズのクリームチーズや生クリームが置いてあります。
外人さんのお買い物客が多いせいでしょうが、一体日々どんな風にこれらを
消費していらっしゃるのか興味津々。

ありがポ

090722999_3_s.jpg
立派な桃が今年もまた生徒さんから届きました。
宅急便のお兄さんから箱を受け取った瞬間に開けていない箱から
ふわ〜っと甘い桃の香り!シアワセです。
本当にそんなに気を遣わないで…!と思います…。
でも本当に本当にシアワセです。ありがとうございました。
090722999_2_s.jpg
箱の横の桃の絵が妙に可愛く思えたので写真を撮ってみました。
大粒でとても香りの良い桃。
本当に山梨の生徒さんが送ってくださる桃の美味しさは格別なのです。
こんなにステキな桃を独り占めしてしまったらバチが当たるかも?!と思っていたら
窓の外からお隣のタロウちゃんに呼ばれました。
「くーさん、くーさん。」と呼んでいるタロウちゃんは回覧板を持っています。
「ありがとう。」と受け取ると嬉しそうにぴょんぴょん跳ねて帰ろうとしています。

タロウちゃんはとってもフルーツが好きなことを思い出し
桃をおすそわけすることにしました。
タロウの手は小さいので大きな桃を一度に沢山は運べません。
一つ手渡すと嬉しそうな顔をして「ありがポ」と言います。
タロウは「ありがとう」が「ありがポ」になってしまうのです。(かわい〜〜〜!)

隣のおばさんはこの「ありがポ」が聞きたくて桃をもう一つ手渡してみました。
何度やっても「ありがポ」ひゃ〜っ!!かわい〜〜〜!!
ステキな桃と可愛いタロウちゃんに楽しませてもらいました。

Tちゃん、毎年毎年本当にありがポ…いやありがとうございます。

基礎クラスでは

090718999_s.jpg
今月の基礎クラスではベイクドチーズケーキとレアチーズケーキを作りました。
ベイクドチーズケーキはそれこそ失敗知らずの混ぜれば出来るお菓子。
お教室のカリキュラムに入れるには簡単すぎる…とも思ったのですが
ここで「違う素材同士を混ぜるときの考え方」の説明が出来るので入れています。

ベイクドチーズケーキの生地は直火で焼いても湯煎で焼いてもどちらでも作れます。
それぞれに熱の当たりが違うので同じレシピでも食感がかなり変わってきます。
最近では湯煎で焼いたベイクドチーズケーキを「N.Y.スタイル」と呼ぶようですが
N.Y.では直火で焼いたものも湯煎で焼いたものもどちらも「N.Yチーズケーキ」と
書かれて売られていました。私もずっとどちらでも「N.Yスタイル」だと思っていたので
一体いつからそんな風になったんだろう…?と密かに疑問に思っています。

そもそもベイクドチーズケーキはParisでもユダヤ人街に行くと売られています。
N.Yはユダヤ人が多く暮らしているからそんな名前が付いたんだろうなぁ。
と想像してますがもともとはユダヤの伝統菓子の一つだったんですよねぇ。
お菓子の由来や歴史を勉強するとそれもきっと面白いのでしょうね。
私ももっと色々知りたいと思います。
090718999_1_s.jpg
ま、難しい話しは置いておいて、美味しければそれでかなりシアワセですが。(笑)
基礎クラスで作っているレシピのベイクドチーズケーキは
私は湯煎で焼くよりも直火で焼いた方が好きです。
090718999_2_s.jpg
レアチーズは生クリームをナッペして仕上げました。
酸味とブランデーの味がポイントのレアチーズを優しいホイップクリームが包み込んで
味を丸くしてくれます。私の中ではこのレシピ、ナッペまでして出来上がりです。
フランスで買ってきた砂糖菓子とキャンディーを散らしてオトメな雰囲気にしてみました。
すみれの香りのこのキャンディー。とっても可愛いのですがお味はイマイチ…。
ミントリーフなどでデコレーションした方が理に適っているのですが
今月のテーブルセッティングにこのキャンディーは似合うと思ってのせちゃいました。

レアチーズも違う素材同士を混ぜるときのこと、ゴムべらやホイッパーの使い方など
説明をするのに解りやすいレシピ構成です。
ものとものと合わせるときの基本をお伝えしたかった今月のカリキュラム。
生徒さん達、理解してくれたかな?

cuoca shop自由が丘の講習会

皆さまにお知らせをしよう!と思っていながら遅くなってしまいました。
今年も自由が丘のcuocaさんで講習会をさせて頂くことになりました。
今週の金曜日、7月24日です。
簡単なのに難しく見える(笑)夏向きのデザートをヴェリーヌ仕立てで
2品ご紹介します。

この2つのレシピは家のお教室の生徒さん達にも評判の良い
私が家のお客様のデザートとしても良く作るくらいお気に入りのレシピです。
お時間あるようでしたら是非この機会に講習会でお会い出来たら嬉しいです。

お申し込みはcuocaさんのホームページをご覧になってくださいませ

今回どんなものを作るかというと…。
090623999_2_s.jpg
巨峰とフロマージュブランのヴェリーヌ。
一番下の巨峰ジュースの色をした部分はゼリーではなく液体です。
小さなグラスの中で3層になっているこのヴェリーヌは夏らしい
爽やかな見た目とさっぱりとしたハーブの風味が自慢のちょっと自信作です。
090623999_7_s.jpg
もう一品はこちら。ブラマンジェ・ショコラ・アメール。
ブラマンジェは「白い食べ物」と言う意味でオーソドックスなものは
アーモンドの香りが優しいお菓子です。
今回はこれをチョコレート味にしてみました。
チョコレートが入っているのにどうして白いの…?のヒミツは講習会で!
サクサクのラング・ド・シャを添えて食感も見た目も楽しくしてみました。

あがり症の私はすでに緊張し始めているのですが去年の講習会も
終わったときはとても楽しかった!と思えたので、今から楽しみでもあります。
短い時間ですがお会い出来るのを楽しみにしております。
お時間のある方は是非!!よろしくお願いいたします。

講習会の詳細はこちら

090719999_1_s.jpg
夕方携帯にメールの着信音。誰だろう?と見てみると幼なじみの友だちから。
「くーちゃん、虹だよ!」とただそれだけ。
???と思いつつ外に飛び出してみたけれど虹は見つかりません。
「どこに?」と返信すると「太陽の反対。まんまるだ。」と…。

家には脚立を立てないと登れないのですが見晴らしの良い屋上があるので行ってみました。
そしたらありました。目の前に広がる大きな虹!!!
本当にまんまるに綺麗なアーチを描いていました。
写真を撮ってみたけど収まりきらないし、きれいな色が出てくれませんでした。(涙)
でも久し振りに感動的な大きくて立派な虹を見ました。
090719999_2_s.jpg
そして虹の反対の太陽の方角はこんなドラマティックな色の夕陽。

そんなにマメに連絡を取り合っているわけでもない友だちが
この景色を見てメールをくれたこと。
ちょっと離れた場所で今、同じ景色を見ているんだ。ということ。
美しい景色のプレゼントもさることながら
古い友人との細くても何故か切れない強い絆が妙に嬉しい瞬間でした。

グリオット

音の響きが好きです。「グリオット」
それだけでカワイイ気分になってしまいます。
090717999_s.jpg
今月の自由クラスのお菓子はグリオットチェリーのムースです。
鮮やかな紫がかったピンク色も好きです。
そして独特の風味と程よい酸味もグリオットがお気に入りの理由の一つです。
日本でも生産してくれればフレッシュが手にはいるようになって良いのになぁ…。
090716999_4_s.jpg
カットした姿もフォトジェニックなグリオットちゃん!
テーブルセッティングとの色のバランスも良くて生徒さん達にも喜んで頂けました。

レシピを作り始めた当初はガナッシュとグリオットのムースで表面をストライプに
しようと思っていました。でも試作を始めたら想像していた以上にチョコレートの味が
きつかったので、これ以上チョコレートを使いたくなくなって表面はナパージュで
仕上げることにしました。

一つ一つのパーツは決して不味くなくてもバランスを崩すと美味しく感じないものです。
このバランスは人それぞれの好みやセンスの違いもあるから「正解」はありません。
私は調度良い、と思ったものが他の人にはきつすぎたり、又は物足りなかったり…。
レシピを作るときには自分の感性を信じるしかないです。実に心細い!!(笑)

次のページ »