Archive for 6月, 2009

トロピカルな小物

090615999_1_s.jpg
お教室で使うフルーツを買いに行ったついでにお花も買ってきました。
今月はトロピカルな雰囲気の花にしたいと思って選んでみました。
花瓶は南の島つながりで石垣島でアンパル陶房のもの。
久し振りに使った花瓶だけどとってもキレイだなぁ。と改めて思いました。
でも今回のお花は生けるのが難しかった!
090615999_4_s.jpg
椰子の実にも余ったお花を生けました。こちらはオアシスを仕込んであるので簡単。

それから押し入れの中をひっくり返し、トロピカルな小物を探しました。
sable Roseも見つかったし、一緒にシャコ貝の貝殻も出てきました。
(ウチの押し入れはこんなものばかり入っていて一杯です。)
090615999_2_s.jpg
フルーツも追熟させたいので良い頃合いになるまでは一緒にディスプレイしておきます。
090615999_3_s.jpg
今月はハワイ・バリ・タヒチ・ザンジバル・石垣島と小物は全部「島」のもの。
行く先々で買ったり拾ったりした小物たちが日の目を見られてちょっと嬉しいです。

バカンス気分で

090613999_3_s.jpg
今月もお教室が始まります。
今回のお菓子はおみやげに頂いた極上タヒチバニラを使ったお菓子。
テーブルセッティングも少し南の島をイメージする感じにしてみました。

タヒチはお気に入りの南の島の一つです。
島ごとに雰囲気はそれぞれ違い、それぞれの魅力があるので
1番は決めにくいけど、私のお気に入りはRangiroa島。
今すぐにでもバカンスに行けるものなら行きたいです。

悪戦苦闘の試作でしが、試作の度に部屋中に香るタヒチバニラの香りは
「仕事の香り」ではなく「バカンスな香り」でした。
Rangiroaで泊まったKra Oraのマゼドワーヌと同じ組み合わせのフルーツをベースに
お菓子作りを始めたからだと思いますが、どこまでも青く澄み渡った海や
色とりどりの魚たち、涙ぐむくらいきれいな夕陽などなど
印象的だったタヒチの風景が頭に浮かび、ますますバカンス気分を煽ります…。
090608990_s.jpg
でもバカンスなんて夢のまた夢!当分は働かなくちゃ!!という現実を前に
せめて気分だけでもバカンスっぽくしようとテーブルセッティングをしました。
探してみると出てくるもので、ハワイで買ったお皿、バリ島のおみやげの木の皿。
椰子を編んだテーブルセンターなど南国ムードのものが結構出てきました。
ザンジバルで拾った椰子の実の器は花器にしてみました。090612999_s.jpg
きっと探せばRangiroaのsable Roseもどこかにあるはず…。
東京はどんより梅雨空だけど今月はバカンス気分で部屋をディスプレイして
生徒さんをお迎えしようと思います。

収穫

090608986_s.jpg
庭のブラックベリーとワイルドストロベリーの実が熟してきました。
ブラックベリーはここに引っ越してきてから今年が一番状態が良いです。
でも以前住んでいた家の方が陽当たりがずっと良かったので
あの頃のような収穫はこの庭では望めそうにありませんが…。

私の都合で引っ越すたびに根っこから抜かれ、植え替えられて…。
キミ達も大変だよねぇ。
今年も実を付けてくれてありがとう。

お客さま

090609999_2_s.jpg
今日は久し振りにお会いする方が家にいらしてくださいました。
お仕事関係のお知り合いなのですがお会いするのは6〜7年振りです。
彼女に手料理を振る舞うのはとても緊張するのですが
簡単なランチをご一緒して頂くことにしました。

失礼をしっぱなしの上に、あまりに久し振りなので自分の緊張をほぐすために
フランスにいた頃、週末の家でよく使っていた花柄のクロスを敷きました。
この家にはお休みの時以外は行かなかったので、そこで使っていたものを出すと
ちょっとは気分が和むかな…?と期待して。

そしてせっかくお忙しい時間を割いて会いに来てくださるのだから
少しでもお長くお話ししたいと思って、メニューはなるべく席を立たずに済むものを
考えて作りました。
090609996_s.jpg
前菜に野菜のコンソメジュレ。
美味しそうなグリーンピースやヤングコーン・ウズラ卵に
彩りを合わせてグリーンの映える野菜をセレクト。
簡単なのに見栄えが良いし、何よりも野菜をたっぷり摂れるのでお気に入り。
090609999_1_s.jpg
メインはサーモンのシャルロット仕立て・ピストー添え。
下準備でオーブンに入れる前の所まで作っておけば焼き時間はたったの15分。
前菜を食べている間に出来上がっちゃいます。
090609997_s.jpg
デザートはカッテージチーズのゼリーに桃のコンポートを添えて。
ゼリーにはレモングラスとレモンバームで風味を付けました。

久し振りにお会いしたその方は相変わらず頭の回転がとても速くて
おっしゃることは的確だし、だからといって威圧感があるわけではなく
どちらかというと面白くて…。本当に頭のいい人ってやっぱり違うなぁ。と
しみじみと思ってしまいました。
090609999_s.jpg
手みやげにステキなクレンジングミルクをくださいました。
「お料理関係の人に食べ物やお花を手みやげにしてもねぇ…と思って
自分でも使っているんだけどとても感触が良いのと
洗面台に優しいピンク色のものがあるのってちょっと嬉しくない?」と彼女の弁。

そんな細やかな気遣いの出来る彼女に対して、私ったらフランスのおみやげを
渡すのを忘れてお帰ししてしまいました。(汗)
次回は6〜7年先にならないように早々に今日お話ししたことを活かして
お仕事が実現出来るようにして、渡しそびれたおみやげもお渡ししたいと思います。

夏の準備

090608989_s.jpg
前にブログにも書いたことがあると思いますがウチの玄関は蚊がすごいのです。
庭にある大きな木や茂みが蚊にとっても過ごしやすいのでしょう。
そこでお隣のぼんちゃんちもウチもこの季節からは蚊の対策に追われます。

庭仕事の時は蚊よけスプレーを使ったりもしますが
普段の生活ではもっぱら蚊取り線香です。
この頃の季節に朝夕窓を開けていると漂ってくる蚊取り線香の香りは
どこか懐かしくて嫌いじゃありません。

昨日久し振りにしまっておいた蚊取り線香立てを玄関に設置しました。
この蚊取り線香立ては壁から吊すタイプ。
ウチの玄関の壁は黒いのですっごく渋い雰囲気になりました。
ここだけ切り取るととってもカッコイイ雰囲気です。(笑)
先月生徒さんに奈良のおみやげで頂いた蚊取り線香を焚いたら
普段の蚊取り線香よりもずっと良い香り!

梅雨が明けたらお隣のタロウちゃんを誘って花火でもお庭でしたいな…。
ぼんは花火は怖がるのかしら…?その時は浴衣でも着ようかな…。

ぼちぼち夏の準備をはじめる頃になりましたね。

野菜が食べたいのです。

090603961_s.jpg
私の身体はまだ「野菜食べさせてくださいっ!」と叫び続けています。
一体どんだけここの所の私は不摂生をしていたのでしょうか?
…確かにステキなお食事をここ10日間くらいの間に3回はしましたが
原因はそれではない気がします。

原因は6月のお教室のカリキュラムの試作&試食。
頭の中にあるイメージと出来上がるお菓子のギャップが埋まらず
何度も何度も繰り返し作っては食べているせいです。

単純に簡単に自分好みの味にする方法は解ってはいるのですが
そうではなくて普段私があまりやらない組み合わせで美味しくてキレイで
しかもお家でみんなにも作りやすいお菓子にしたいと思って悪戦苦闘中です。
教室までにレシピ出来上がるのかなぁ…?とちょっと弱気に焦ってます。頑張れ、私!

そんなわけで口の中がまったりと甘い気分の日々が続いているので
夜ご飯は超ヘルシー。
水切り豆腐と香菜と長ネギとキュウリを白ごまと塩・ごま油で和えたもの。
たっぷりの野菜が摂れて食べ応えもあるのでお気に入りです。
レモン果汁やお酢などを入れていないので時間を置いても比較的野菜がシャキっと
していてくれます。
何年か前に行った台湾の食堂で食べたこの一皿は簡単なのに美味しいのでお気に入り。

よりより

090603956_s2.jpg
月曜日の撮影でご一緒したカメラマンさんの長崎みやげのお菓子です。
名前は「よりより」。この姿、ネーミング。もうそれだけででツボなのですが
これがメチャクチャ美味しくてすっかり気に入ってしまいました。

美味しさのヒミツは「唐あく」を使っていることにあるそうです。
生まれて初めて聞く名前。唐あくってなに?!
インターネットなどで調べたところ、長崎では皿うどんやチャンポンの麺にも
使用しているものだそうです。
この独特の歯ごたえとコシは唐あくのおかげなんですね…。
揚げ菓子の割には重くないのも私の好みに合いました。
食べ始めると味もそうですが歯ごたえが楽しくてあとを引くキケンなお菓子。

長崎には高校生の時の修学旅行以来行ったことがありません。
よりよりを買いに行きたくなりました。

Jumpyの友だち

img013_s.jpg
古い写真の中から懐かしいものを見つけました。
赤ちゃんだったこいしとJumpyのツーショット。
2001年の冬頃の写真です。
Jumpyも今より心なしか若い…?(そんなわけないか。)

この子はお散歩の出来るネコちゃんにしよう!と友人からプレゼントされた
リードを付けて戸惑い気味のこい君です。(後にお散歩上手になりました。)
まだひな鳥みたいな子供独特のふわふわの毛をまとって
大きな目をさらにまん丸にしています。
Jumpyも同じようにまん丸な目をしています。
同じ方向を見ているみたいでしょ?文句なくカワイイ!!

浜町

090603955_s.jpg
滅多に足を踏み入れないエリア・人形町界隈浜町に行きました。
以前お教室の生徒さんにとても雰囲気の良いお店で美味しかった、と教えてもらい
是非行きたい、と思っていたレストランLe Bouchonでランチ。
お料理は前菜に選んだズワイガニとアボガドのカクテルがとっても美味しかったです。
ご一緒したお友達はワインにとっても詳しいステキな女性。
彼女にセレクトしてもらいBourgone Cuvee Gerard Potel2006を飲みました。

ワインに詳しい人と一緒にワインを飲むと色々なことが解りとても楽しいです。
お料理とのマリアージュ、時間が経って変化する香りのこと、作り手さんのこと等々
私も彼女のみたいに詳しくなりたいなぁ。と憧れの眼差しで見つめてしまいます。
ワイン修行の道は長く険しい…けど、楽しいのでこれからものんびりと続けたいです。

レストランを出てすぐの所にあったパン屋さん。
ドイツのマイスターの手で焼き上げているドイツパンのお店だそうです。
090603959_s.jpg
ラウゲンスタンゲン・ドッペル・ロッケンブレーチェン・ケーゼスタンゲン
と言う二度と名前では頼めないような名前のパンを買ってみました。
お店にはドイツのチーズも置いてあり、チーズを選び、それに合うパンを
お店の方にセレクトしてもらいました。
今回はこれだけしか買わなかったけど、クーヘン(ケーキ)もありそちらも興味津々。

人形町の駅からお店までは甘酒横町を歩きます。
有名なお豆腐屋さんの双葉ではお豆腐の唐揚げを買いました。(美味しい!)
下町風情の残るこの界隈、そしてフレンチやドイツパンのオシャレなお店もあり
また是非あちこちお散歩がてら歩いてみたいと思いました。

東京在住だと結局生活エリア以外の場所って「いつでも行ける」と思っていながら
あんまり行かないものですね。
Parisの街を練り歩くように東京の観光ガイドを買ってあちこち歩いてみるのも
楽しいのかもしれません。

飽食の合間に

090602953_s.jpg
ここの所ステキな外食、あまりステキじゃない外食共に続いていたので
少し疲れ気味だった身体が「野菜が食べたい!野菜を食べさせてくださ〜い!」と
訴えかけているような感じがしていました。

仕事柄お菓子ばかりを食べ続ける日があったり、試作料理がご飯になったり
撮影でお弁当が続いたりと毎回の食事をバランス良く摂るということが難しい生活です。
だから家で作れる日は日頃一番不足しがちな野菜を中心の食事を心がけるのですが
今回はちょっと度を超していたようで「野菜以外食べたくありませんっ!」と
身体は言っていました。

そこでこんなゴハン。
野菜の蒸し物オンリーです。
黒酢と紹興酒とごま油を混ぜ合わせたものにたっぷりの香菜を刻んだものを入れたタレで
野菜をひたすら食べました。

私はこういう自分の身体の声を案外信頼しています。
理想は毎回バランスの良い食事、もしくは一日の中でバランスを取ることなんでしょうが
なかなかそうは行かないものです。
何日間分をまとめてバランスを取るしかないときに身体が訴えてくる声に耳を傾けて
食べたいものを食べるのは正しい選択なんじゃないかって思ったりしているのです。

神楽坂

cimg0195_s.jpg
日曜日に神楽坂に行きました。
大昔日仏学院に通っていた頃は馴染みのある場所でしたが
最近では「行ってみたいな。」と思ってもなかなか足を運ぶことの少ない場所だったので
久し振りに行った神楽坂は楽しかったです。

しかも神楽坂に詳しい人と一緒だったのでまるで路地ネコのように
狭いビルとビルの隙間の道を通って入るお店や雰囲気の良い石畳の道などを
お散歩出来てとても楽しかったです。
美味しそうなレストランやビストロ、雰囲気の良さそうな割烹など
一度は入ってみたいお店が沢山ありました。
雨上がりの路地で見つけた咲き始めたばかりの紫陽花。
紫陽花は雨が降って嬉しそう。

そしてディナーは予約が取れないことで有名なLA MATIEREでお食事♪
店内の雰囲気もお料理も良かったです。
前菜に出てきた海の幸のタルタルの上にハーブたっぷりのサラダの載った一皿は
とってもボリュームもあり、美味しかったです。
(例によってレストランの写真はありません。あしからず!デス。)

神楽坂で久し振りの衝動買いをしてしまいました。
090601951_s.jpg
黒猫のぬいぐるみ。
お店で思わず抱き上げたら、大きさ・長さ共になんだか調度良くて
もとの場所に戻せなくなってしまいました。
A面もB面も顔がないシルエットだけなところもお気に入りのポイント。

« 前のページ次のページ »