Archive for 7月, 2008

久々のぼんちゃん

cimg4060_s.jpg
何故かウチでつぶれているぼんちゃんです。
ぼんはここも自分の家だと思っているのか、夕方水遊びをしている一家に
合流した私と一緒にウチに入ってきてくつろいでいらっしゃいます。
変なコ。

ぼんはお客様が大好きです。
ウチのお教室ウィークの時や撮影でスタッフが家に来るときなどに
たまたまぼんちゃんがお庭で遊んでいると、お客様と一緒にウチに入ってきます。
みんなに可愛がられるってわかっているからなのでしょうがその姿は結構笑えます。
入れてあげないと、ウチのドアをカリカリと引っ掻いて「中に入れてよぉ。」と
催促します。
今日もウチは明日の収録の準備のためにアシスタントをしていくれている
マキちゃんと弘美ちゃんが来ていたので、お姉さん達に遊んでもらいたかったのでしょう。
cimg4054_s.jpg
…でも二人とももう帰っちゃったんだよ。
「な〜んだぁ。くーさんしかいないんじゃつまんないなぁ…。」って感じでしょうか?
家の中をお姉さんを捜して一周した後、居ないとわかると私の足元でふて寝を始めました。
「だったら帰る?」と玄関先に私が立つと、まだ帰りたくないのか部屋の奥に逃げます。
ほんと、なんだと思っているのでしょう?犬の言葉が解る人に聞いてもらいたいです。

あれこれ想像しながらぼんちゃんを見ているととっても和んできます。

リップバームコレクション

cimg4044_s.jpg
海外に遊びに行くとドラッグストアで必ず買ってしまうのがリップバームです。
見たことのないメーカーのものをジャケ買いしておみやげにします。

考えてみるともう長い間自分の為にリップバームを買った記憶がありません。
いつも同じように誰かの海外みやげなど頂き物を使っている気がします。
今日、試供品やおみやげなどでかさばっていた化粧品のストックを整理していたら
こんなに沢山の未使用のリップバームが出てきました。

興味を引くのはsexwaxのリップバーム。
sexwaxはサーファーじゃない私でも知っているサーフボードのワックスのメーカーです。
小さい文字を読んでみるとサンスクリーン効果のあるものでSPF23だそうです。
蓋を開けてみるとボードのワックスと同じ匂いなのですが
なんとなく夏の湘南海岸のような香りがします。
この夏のアウトドアライフ(?)で威力のほどを試してみようと思います。

お気に入りのバター

cimg4034_s.jpg
バターが手に入りにくくなってもう随分経ちますね。
政府も色々考えてくれているようで以前よりはあちこちでバターを見るように
なったとは言え、まだまだ好きなバターをいつでも好きなだけ買える状態では
ありません。

長い間私はカルピス特選の無塩バターを主に使い続けていたのですが
このバター不足のおかげで期せずして色々なメーカーのバターを使うことが出来ました。
同時に同じレシピのお菓子を違うバターで作ることなどが何度かあり
色やエアレーションの感じの違い、風味の違い、加熱したときの匂いなど
本当にメーカーによって色々違いがあるのを興味深く思いました。

そして改めて最近その味の良さにしみじみと感動しているのが国産では
この高梨特選の北海道バターです。
バター不足以前からあまり沢山のお店では見かけないバターでしたが
これからはこのバターを見つけたら必ず買おう!と思っています。

スタイリングチェック

cimg4030_s.jpg
週明けの撮影のために昨日リース屋さんで食器を借りてきました。
品数の多い撮影の時は料理やお菓子を作ることに集中したいので
たいていの場合、スタイリストさんを付けて頂くようにお願いするのですが
自分でスタイリングするのも大好きです。

週明けのお仕事はこのシリーズが始まって以来、ずっと私がスタイリングを
させて頂いているお仕事です。
自分ではとても気に入っているお仕事の一つなので今回もドキドキ楽しみ。
リース屋さんからお借りした食器やクロスと私物を組み合わせて
色味や全体の雰囲気を確認してゆきます。
cimg4021_s.jpg
ひとり色々並べながら「ひゃ〜!カワイイ!!」とか「あれ、これ変。」とか
ブツブツ独り言を言いながらクロスを換えてみたり、カップを換えてみたり…。
カメラアングルがこうなるなら抜けが必要だから…とか
あーでもない、こーでもないと考えます。
なかなか楽しそうなお仕事でしょ?
でもピタリと来るものがないときの悩みは深く、そんな時は食器の山の中で
泣きたくなるような気分になります。

今日はスタイリングチェックが終わったら覚悟を決めて庭仕事をします。
オリーブを食い荒らす虫の正体が判っちゃったのです!
なんとスズメガの幼虫でした。(ガーン….!)
蛾はいけません。しかもこんな大きな蛾がウチの玄関先を飛び交っていたら
私は怖くて家に入れなくなっちゃいます。

この暑さの中、長袖・長パンで間違っても虫に触れないように完全防備して
虫駆除にいそしみます。やれやれ…。

庭の訪問者

cimg4009_s.jpg
毎日暑いですねぇ。こんな中庭仕事は苦痛以外の何ものでもありません。
日焼け止めを塗って、蚊よけの薬を塗って外でしゃがみ込む勇気のない私は
ここの所最低限の水やりしかやらずにいました。

その結果野バラは青虫に食べられ放題、今まで虫なんて付いたことのなかった
オリーブも正体不明の虫に新芽を食べられ心持ち丈が短くなっちゃった気がします。
「これじゃ可哀想…」と思ってはいるのですがどうもやる気が起こりません。
そんな中、お薬も撒かずに虫天国になっているからでしょうか?
庭で赤ちゃんカマキリを発見しました。
虫は嫌いですが、この程度の大きさのカマキリなら怖くはありません。
それになんだか動きがユーモラスなのでしばらく観察してみました。

カメラを向けると立ち止まり威嚇のポーズなのか小さいカマを持ち上げる
チビカマちゃん。
こんな庭で良ければ、気が済むまで遊んでいってくださいな。
cimg4015_s.jpg
ここの所、毎週木曜日はスタジオに入っています。
昨日も収録だったのですが終わった後にスタジオに飾ってあった花を頂きました。
大きなカサブランカやバラの入った豪華な花束をアシスタントをしてくれている
マキちゃんと弘美ちゃんと山分けしました。
バラはマキちゃんの家へ。カサブランカは弘美ちゃんの家。
ウチはグリーンとブルーを合わせたもの。
涼やかな印象の組み合わせが部屋の中にあると、それだけで気分も良くなります。

力のある素材

cimg3995_s.jpg
普段のご飯の写真は撮っているヒマもないほどお腹を空かせている私。
でもこのお野菜は絶対に何かを作ったら写真に撮ろうと思っていました。
先日生徒さんから頂いたお野菜を食べた日のことです。
野菜の味がとってもしっかりしていて、あまり調理する必要がないくらい
美味しかったことに感動しました。
旬の素材を良い状態で食べられるときに手の込んだ料理は不要、と思うほどです。
インゲンは和え物にしました。
cimg3991_s.jpg
なすとししとうは揚げ浸しに…。
そして大好物のキュウリはショウガ風味で叩ききゅうりに。
私の普段の料理はかなり薄味だと思うのですが
今回は更にいつもより薄味で仕上げたのに、全然物足りなさを感じずに食べられました。
cimg3988_s.jpg
力のある素材はすごいなぁ。とますます手作り野菜への想いは膨らんでゆきます。
成井さんの器は私のへっぽこ料理でもとてもステキに食卓を彩ってくれます。
もともと持っている家の食器との相性も良かったので、こちらも大満足!
最近日々成井さんの食器が登場しています。

cuocaさんでの講習会

終わりました!
暑い中わざわざいらしてくださった皆様、そしてcuocaのスタッフの皆さま
本当にありがとうございました。
予告通り(?)今朝は家を出る前から緊張して始まるまでは逃げ出したいような
気分だったのですが、やっぱりやって良かったです。(笑)

作ったお菓子を「美味しい」と召し上がって頂けて、笑顔でお店から出られるのを
お見送りしたあとの充実感は本当に大きなもので、朝からの緊張やプレッシャーは
一体なんだったの?と言う感じで「あ〜、楽しかった!」と本当に心底思ってしまいます。
あがり症で人見知り…なんてカワイイこと言っていますが、お調子者でもあります、私。

さて、講習が終わり自由が丘をぶらぶらした後夕方家に戻ってくると
門を開けたところで蚊取り線香のにおいが漂ってきました。
きっと今日は暑かったからお隣のタロウちゃんはプールで遊んだに違いありません。
そしてぼん・ママが蚊取り線香を焚いてくれたのでしょう。
ふと足元を見てちょっと感動しちゃいました。
cimg4002_s.jpg
割り箸にはさんで庭の土に刺してあります。
これってすごいアイデアじゃないですか?!しかもなんだかカワイイ!
こうすればあちこちに蚊取り線香を焚くことが出来ます。
ぼん・ママ頭良い!!と感心しながら記念撮影しちゃいました。
ちなみにぼん・ママはとってもステキな蚊取り線香立ても持っているのです。
cimg4004_s.jpg
まだまだ柔らかくておいしそうなタロウちゃんを蚊から守るべく
あちこちに設置された蚊取り線香はまさに「母の愛」ですね。

明日の準備

cimg3983_s.jpg
明日はいよいよ自由が丘のクオカショップでのイベントです。
講習の後、試食していただくお菓子と、焼き時間などを待てないので
差し替える分を今日中にある程度まで仕込みをしています。
こんなに気温の高い日にタルト生地を小さな型に敷き込む作業は辛いものがあります。
冷蔵庫で生地を締めながら何度も繰り返します。

普段は1単位で作っているものを、2〜3倍で作ると作業自体が豪快で
お菓子屋さんにいた頃のことを思い出しちょっと楽しいです。
…でも明日のことを考えると今から緊張してきます。
とにかくわざわざいらしてくださる方達ががっかりするようなことがないように
美味しいお菓子と有意義な時間が作れたら良いなぁ、と思っています。
cimg3974_s.jpg
先週買った百合とルリ玉アザミの疲れた花たちを取り除き
小さい花瓶にアレンジし直しました。
一緒にアレンジしても合う花材だったんですね。
花を生けるときに組み合わせを考えるのは楽しいし、好きなことです。
こういう偶然出来上がった組み合わせが自分の好みにぴたりとはまると
すご〜く嬉しくなり、何度も花瓶の前に立ちニコニコと一人喜んでいます。

朝穫れた野菜

cimg3981_s.jpg
昨日のお教室の生徒さんが自宅の庭で朝穫れた野菜をおすそわけでくださいました。
どれもこれも瑞々しくてきれいでしょう?
包みを開くとグリーンの香りが広がるくらい新鮮でした。
こういうお野菜を食べていれば、元気で健康でいられに違いありません。
美味しいうちにもりもり食べなくちゃ!

私は東京生まれ、東京育ちで田舎がありません。
それでも子供の頃は下町にあるおばあちゃんの家にも自家菜園がありました。
表の庭は見て楽しむためのもの、裏の庭はご飯のおかずになるものを育てるんだよ。
とおばあちゃんは言っていました。
おばあちゃんの菜園は決して広くはなかったのですが、なすやキュウリ
そして沈丁花の下には茗荷が植えてありました。
ざると鋏を渡されて、好きなキュウリを採っておいで。と言われると
喜んで裏庭に行った思い出があります。
今はあの頃の敷地は分割されておばあちゃんの家の裏庭はもうないけれど
あんな風に裏庭で野菜を育てるのはみんなやっていたことなんでしょうね…。
(裏庭って家族以外にはあまり見せないから、よそのお宅のことは解りません。)

フランスでもばあやのMathildeは裏庭でレタスやハーブを育てていました。
…そう言えば彼女はカタツムリも飼っていたっけ…!
裏庭にはさくらんぼの木もありました。

この野菜をくださった生徒さんのお宅は農家ではありません。
ウチのおばあちゃんもMathildeも農家出身じゃなかったです。
でもみんな上手に野菜を育てるんですね。そんなに難しくないのでしょうか?

裏庭文化はなかなか楽しくて、しかも美味しく健康的かもしれません。
私もいつか裏庭が持てるような生活をして自分で野菜を育ててみたいと
俄然興味が湧いてきました。

実現するにはまず第一に裏庭付きの家を持つためにそれなりの経済力が必要ですが
私の虫嫌い&恐怖症も克服しないと農薬漬けの口にするのも恐ろしい野菜達に
なってしまいますね…。
どっちの道の険しそうです。ガンバレ!私。

あずきとうふ

cimg3948_s.jpg
ここの所あるお仕事の時だけアシスタントをお願いしている弘美ちゃんから
あずきとうふを頂きました。彼女は京都出身の女の子。
七條甘春堂のあずきとうふは彼女の大好物で、この間まで住んでいたパリにいる頃も
これが食べたくて、フランスに遊びに来る人になんとか持ってきてもらえないか
調べてもらったほどの惚れ込みようだそうです。
(結果は生ものなので無理だったとか…。)

七條甘春堂は知っていましたが、このお菓子は初めてです。
フランスまでお菓子の勉強に行かれて、プロとして雑誌のお仕事などもボチボチ始めた
弘美ちゃんがそんなに好きなお菓子だなんて、私も興味津々。
楽しみに口に入れると…夏にぴったりの甘さを控えた上品小豆の香りと
何とも言えない歯ごたえとのど越しのお菓子でした。
水ようかんのような、ういろうのような…、そのどちらでもないような…。
とにかく美味しいのです!良いお菓子を教えて頂きました。
夏場に京都に行くことがあったら、お薦めのおみやげの一つです。

お菓子を包んである帯にあった口上書きに
「大豆ににがりを入れるとかたまりますが、小豆ににがりを入れてもかたまりません。」
とありました。…そんなことも知らなかった私。
色々まだまだ勉強しなくてはいけませんねぇ。

三連休は結局3日全て仕事になってしまいましたが、この涼やかなお菓子を励みに
暑いオーブン作業を乗り切ろうと思います。

ヴェリーヌ

cimg3962_s.jpg
今月のお教室ウィークもなんとか無事に終了しました。
何もしないでも疲れるような暑さの中いらしてくださった生徒さん達に感謝です。
百合もルリ玉アザミも一週間なんとか保ってくれて
まさに最終日の今日、テッポウユリは満開になりました。

写真のお菓子は自由クラスで作ったヴェリーヌです。
…って言われても何だか解りませんよね?
生徒さんが俯瞰から撮っていらっしゃるのを見て、私も真似してみました。
水玉模様みたいでちょっと可愛いです。
これはバナナとチョコレートのムースをカプチーノ仕立てにして
ドンテール・オランジュを添えたものです。
横から見ると…
cimg3964_s.jpg
こんな感じ。
ちょっとレストランデザート風です。

次のページ »