Archive for 4月, 2008

大好きな場所へ

cimg3429_s.jpg
海も好きですが、高原も好きです。
緑の豊かな場所に分け入ってゆくと気持ちがリフレッシュします。
最近ではもう昔のように鬱そうとした森の中まで分け入ることはしなくなりましたが
それでも林と森の中間くらいの場所に入ってゆくのは大好きです。
東京にいるとたった1匹の虫で大騒ぎするほどの虫嫌いの私ですが
何故かこういう場所に入っていっている間は怖いながらも耐えられます。
ま、あちらのお宅に私がお邪魔しているようなものですから
こちらが我慢するしかありませんよね。

中央高速を須坂で降りて20号を走っていると白州の道の駅があります。
もう少し行くと蔦木宿の道の駅もあります。
この二つの道の駅は私のお気に入りリストに入っている道の駅です。
早起きをしてここに出かけて食材を買いました。
今回は信州味噌とお米と野菜などなど…。
高速代とガソリン代をかけて行くのですから、いくら野菜が安くても
そのためだけに行くのでは「高いお買い物」になってしまうのでしょうが
その後、気の向くままに車で山へ登ってゆくと必ずステキな場所に出逢えるので
お買い物はそのついでです。
cimg3459_s.jpg
朝早くに着くと生産者の方が野菜を棚に並べています。
採れたての元気いっぱいの野菜達や天然物のクレソンなどは
やっぱり出かけてゆかないと手に入らないので見つけると手に取らずにはいられません。
以前は興奮して買いすぎて、結局無駄にしてしまったりもしたものですが
さすがに最近は慣れてきて、そんな失敗もなくなりました。

5月末か6月初旬くらいには山の上の方も花盛りになるのではないかしら…?と
シロウト予報を立てた私。その頃にもう一度山に行って、今度は山の遅い春を楽しみたいです。
そして道の駅では沢山のルバーブを買って…。とまだまだ楽しみは続きそうです。

GWの計画

cimg3321_s.jpg
GWに突入しましたね。皆さまどのようにお過ごしになるのでしょう?
私はどこかに出かける予定は特にありません。
忙しくなると土・日もなく働きづめになることもありますが
基本的には自分でスケジュールを決められるのがフリーの特権。
何もあちこち混雑するときに出かけなくても…。と思うわけです。
そのくせ、他人様が休んでいるときに自分が忙しいと
「ちっとも私は暦通りに休めない!」と泣き言を言うのだから
ワガママというか、お調子者というか…。

今年のGWは私も暦通りにお休み出来そうな感じです。
仕事で使うために買った布類が端もかがらずに大量にあるのを整理して
クッションカバーやエプロンなどを作りたい、とずっと思っていたので
それに着手しようかしら…などと思案中。
写真のアロマキャンドルはN.Yのヘンリ・ベンデルで買ってきたもの。
とっても良い香りなので、このキャンドルの香りを楽しみつつ
のんびり家でお裁縫する時間を作りたいと夢見ています。

それから庭の手入れもしておかないと、風通しがそんなに良くない我が家の庭の
植物たちはこれからの季節、病気と害虫に悩まされます。
そしてGWではありませんが、5月の私は病院月間。
歯医者さん・皮膚科・他あちこち治療や再検査などなど自分のメンテナンスが目白押し。
病院は半日仕事なので仕事に支障をきたさないように、のんびりしている内に段取りを
付けておかないといけません。

でもでも、新緑の季節。
やっぱり気持ちの良い場所にも行きたいなぁ…。
とりとめのない私のGWの計画はすでにGWが始まっているにもかかわらず続きます。
やりたいと思ったこと、やらなくてはならないこと、一体いくつ実現可能なのか
はなはだ疑問であります。

にんじん

cimg3424_s.jpg
ぼんママからのおすそわけで獲れたてにんじんをいただきました。
土がついたままでいかにもさっき畑から獲ってきたばかり!といった感じです。
美味しそう!葉も無駄にせずに食べたいものです。
何作ろう…?

最近の我が家はとても産直づいていて、先日の竹の子以外にも
タラの芽や根三つ葉など色々なものが新鮮な状態で届きました。
季節の恵みを味わえるシアワセを満喫しています。
…でも茹でた竹の子、毎日水を換えながら保存していますが
そろそろ食べるのにも飽きてきました…。
保存用に瓶詰めにしようかなぁ。なんて思っています。

今週は比較的ののんびりした一週間でした。
お菓子が大好きで編集者から洋菓子研究家になるべくフランスに勉強に行っていた女性が
帰国の連絡をくれたので彼女とランチをしてきました。
沢山の事を吸収して戻ってらした様子がとても眩しく、今後の活躍が今から楽しみです。
お菓子だけでなく料理やワインについても詳しくなられたそうで
いつか自宅でワインと料理のお教室を開きたい…とおっしゃっていたので
その時は私、絶対に生徒になって通おうと思っています。

あとは打ち合わせで出かけた日テレのエレベーターがすごかった!です。
何がすごいってスピードがやたら速いのです。
私は絶叫マシンも大好きだし、相当な揺れの船でも酔わない質なので楽しかったですが
あのエレベーターには酔うヒトが絶対にいるはず!というくらい速かったです。
私も二日酔いの日には乗りたくないと思います。
でも、またエレベーターに乗りに行きたいな!ってアトラクションじゃないんですよね。

パスタ

cimg3416_s.jpg
とってもきれいなお花の写真のパネルです。
この写真で見るよりも実物はもっと透明感があってふんわりしていてステキなのですが
私の技術とニコニコデジカメでは、そこまで伝えられる写真は撮れません。

でも同じ花を棚に飾ってリビングの棚の上に飾ってみたら
なんだかそこだけ絵みたいにきれいだったから写真を撮らずにはいられませんでした。
このガーベラは「パスタ」という名前だそうです。
そう言えば、花びらの色が美味しそう…?
そんなことを考えていたらお腹が空いてきてお昼ご飯にパスタを作って食べました。
結局「花より団子」の私です。

ダミエ・オ・抹茶

cimg3395_s.jpg
今月のお菓子教室・自由科のメニューのひとつです。
「ダミエ」はフランス語で市松模様のこと。
ヴィトンのバックの名前としてご存じの方も多いのではないでしょうか?
オーソドックスなフランス菓子で、プレーンの生地とココア生地で作るのが一般的です。

今回は抹茶のダミエにしました。
生地同士をつなげるのと、ナッペを抹茶のガナッシュでしてから
グラサージュ・ショコラブランで全体をコーティングすると
中の抹茶の色がほのかに透けて、淡いグリーンのお菓子になりました。
新緑の季節にぴったり!と自画自賛(?)です。
仕上げにはニューヨークで買ってきたバイオレットのキャンディーと
銀のアラザンをちょっとふりかけてみました。
抹茶のグリーントバイオレットの色合いは何となく和風にも見えて
品の良い反物の色合わせのようにも思えてきます。

撮影でお菓子や料理を作るときもそうですが
出来上がったときにみんなに「きれ〜い!」とか「かわいい〜!」とか
言ってもらえると、ホッとすると同時に「やったー!」と思います。
これだけ長い間このお仕事をさせて頂いていても
その一言を聞けると心底嬉しいものです。
そして試食の時に「美味しい!」の声が聞こえてくれば完璧!!です。

おみやげ

cimg3344_s.jpg
先日東京から熱海に引っ越されたお教室の生徒さんがおみやげに
伊豆名物の干物とニューサマーオレンジを持ってきてくださいました。
お教室を続けてくださるだけでも嬉しいことなのに
こんな美味しくてカワイイおみやげまでいただいてしまって…。
中身もさることながら、このネットの袋が妙に気に入ってしまった私です。
絶対に捨てないでとっておこうと思っています。(何に使うの?!)

cimg3376_s.jpg
そして別の生徒さんからは京都のおみやげにコンフィチュールをいただきました。
このいかにも手作りな感じのパッケージにこちらも感激!
味を知るのも今から楽しみです。

お教室の生徒さん達は、折に触れて私にプレゼントをくださいます。
これはとても嬉しいことです。
何が嬉しい、って単純にものをいただくことが嬉しい訳ではなくて
旅先で、折に触れて、何かを見たときに私のことを考えてくださったことが
とても嬉しいのです。

私も旅に出ると生徒さん達におみやげを探します。
たいていは自分の好きなものをみんなにもおすそわけするような感じですが
お教室の生徒さん用のおみやげ探しは結構楽しくて、旅先で「燃える行事」のひとつです。

私がみんなへのおみやげを探すときに心がけるのは消耗品であること、です。
海外の場合はそれに加えてかさばらないことや、重くないことなどが加わります。
お一人お一人趣味も違うだろうし、その全てに対応しながらのおみやげ探しは
さすがに出来ないので、いつか消えてなくなるものだったら許してもらえるかな?と
そんなものを探して歩きます。

オペラ

cimg3362_s.jpg
自由科の生徒さんのリクエストで久しぶりにオペラを作りました。
ビスキュイ・ジョコンドはそのまま食べても美味しい大好きな生地。
試食の時に久しぶりに食べて、やっぱり伝統菓子は美味しいなぁ….。と
しみじみ思ってしまいました。
cimg3359_s.jpg
全部をプチガトーにしてしまうのはもったいない気がして
アントルメ風に仕上げたものも作ってみました。
オペラは生地とクリーム二種とグラサージュと作る素材が多くて大変そうに見える
お菓子だけど、それでもこんなお菓子が自分で作れたら嬉しいですよね。
cimg3327_s.jpg
基礎クラスではレアチーズケーキに生クリームでナッペをしたものを作りました。
このレシピは私が一番好きなとっても口当たりの軽いレアチーズのレシピです。
その昔「チーズケーキ30」に載せたレシピ。
…教室ウィークはお菓子を食べ過ぎないように注意しないといけません。(笑)

今月のお花

cimg3340_s.jpg
今月もお教室ウィークになりました。一月って早いです。
お花屋さんで微妙な色がステキなバラを見つけたので
今月はこのバラに合わせて深紅のスカビオザをアレンジしてみました。
私は咲き始めのバラよりも開き切ったバラの方が好きです。
少し疲れた感もありますが円熟味が出て味わい深くなる気がします。

こういうロマンティックな色合いのアレンジって以前は好きでも自分の家には
使わなかった気がします。
巷の流行もあるのでしょうが、自分の好みも変わるものですね。
cimg3313_s.jpg
ウチのスミレも化粧室に活けました。
自分の家の花を自慢するのは家族を褒めちぎるようでちょっと恥ずかしいですが
ほ〜んとにカワイイです。

残り物の福

cimg3291_s.jpg
先日の撮影で使ったリコッタチーズとサワークリームが冷蔵庫の中に残っていました。
どちらも微妙に半端な量だったし、お菓子にしてしまうよりは
おかずの足しにしようと思い、スモークサーモンとハーブとニンニクを混ぜて
塩・こしょうで味付けしたあと、水切りガーゼにくるんで一晩水を切りました。
これで私の大好きなフレッシュチーズディップの出来上がり!

お昼ご飯にパンに付けて食べています。
ここ最近は貴重なバターを私のごはん如きに使ってしまうのは気が引けていたので
このティップはそんな意味でも助かります。

バター不足、いよいよ深刻になってきましたね。
私ももう以前のように「カルピス特選」にこだわっていられなくなっていて
外に出かけてバターを見つけるとせっせと買い込み、冷凍庫に入れるようになりました。
なんでも二年くらいは続くとか…?困ったモノです。
食料品は色々なものが値上がりしたし、光熱費も上がったのですよね。
生活に必要最低限のものがこうして値上がりするのは嫌なことです。

生クリームを一生懸命撹拌して分離させるとバターが出来ます。
あれってお菓子作りにも使えるのかしら?
いよいよバターが手に入らなくなったらバター作りから始める…?!

季節の恵み

cimg3288_s.jpg
先日大きな竹の子を頂いたので早速水煮にして冷蔵庫に入れておき
「今日は竹の子の煮物にしようかな?」などと考えていたら
別の方から再び、しかも今度は大量に竹の子が届きました。
畑で取れた新タマネギも一緒です。すごい!!

とてもウチだけでは消費しきれない量なのでぼんママやご近所にもおすそわけ。
それでもまだこんなにあります。
これからしばらくは竹の子づくしのメニューになりそうです。

「今日掘ったばかり。」と言うことで小さな竹の子は皮ごとオーブンに入れて焼き
ブラックペーパーと塩とオリーブオイルでシンプルに食べました。
ほのかにえぐみは感じるものの食べられないほどのえぐみではありませんでした。
残りは早速水煮にしたので、竹の子ご飯や焼きびたしなどを作ろうと思っています。

いつも竹の子を煮るたびに思うのですが、皮を剥いていくと大きな竹の子でも
食べられる部分はほんの少しです。
一体誰がこんな想いまでして竹の子を食べようと思い付いたのでしょうね?

春は山菜の季節でもありますね。
私は山菜採りはしたことはないのですが、私が子供の頃の東京には今よりも
原っぱが沢山あったので、家の近所でのびるやヨモギを摘んでは母に持ち帰り
ごはんのおかずに使ってもらったものです。
毒草との見分けが付くほど詳しくないので怖くて自分一人では出来ませんが
自分で野山に入って摘んだ山菜を使ったごはん作りは楽しそうですね。

本日のノルマ

cimg3287_s.jpg
「沢山遊んだ!」とか、「沢山寝た!」とかお気楽なことばかりの
最近のワタクシではありますが、一応仕事もしています。
でも、どうも気分がのんびりペースなのです。
それもこれも春だからでしょうか?
なんだかおっとりしてしまっていました。

今日は久しぶりにお菓子を作ります。
明日の撮影のために今日中に準備出来る所まで仕込みをします。
このテーブルの上に置いた型が全てなくなったときがお仕事終了です。
外はあいにくのお天気です。今日は仕事日和ですね。

最新のお知らせを更新しています。

今月の掲載号のご案内です。

次のページ »