Archive for 3月, 2008

シャルロット・オ・フレーズ

cimg3199_s.jpg
今月のお教室のメニューのひとつです。
いちごのムースを中に詰めたシャルロットをリクエストしてくださった生徒さんに
お応えして…。

アントルメを作ると仕上げをどうするか考えるのは楽しみのひとつです。
お店じゃないのだから仕上げは気分で変えれば、同じお菓子も印象が違って見えます。
今回は露地物のいちごの状態があまり良くなかったので、大きないちご(普通のサイズ)
を使って仕上げました。
いよいよ春本番!という感じの淡いピンクのムースと爽やかな味、
そして買ったばかりのお皿にお菓子を載せることが出来て大満足!でした。

お花

cimg3177_s.jpg
お教室ウィークにはなるべくお花を飾るようにしています。
今月は大きなガラスの器にコデマリを活けました。
コデマリは昔飼っていた猫の珠が大好きな花でした。
(決して花を愛でるためではありませんが。)
珠は変な猫で花瓶の水を飲むのが好きで、花を活けると花瓶にアタマを突っ込み
水を飲むのです。
多分、コデマリのしなやかな枝は珠が首を突っ込むと良い具合に揺れるのでしょう。
そこから珠の遊びが始まります。
きれいに活けた枝が花瓶から抜き取られ、花はバラバラになり
時には花瓶を割られたことも…。(涙)
コデマリにはそんな猫との思い出もあるのですが、そうでなくても爽やかなグリーンと
純白の花をたっぷり活けるととて部屋が気持ちよくなるので好きです。
cimg3180_s.jpg
そしてもう一つ、クリスマスローズもコーナーに。
庭のクリスマスローズも咲いたのですが、まだ摘む気になれず
今回はお花屋さんで購入。
シャンペングラスに活けたバイモユリもあるし
今月のお教室は春らしくお花だらけになりました。嬉しい。

バイモユリをくれた女性

cimg3192_s.jpg
私は子供の頃から花が好きで、花の名前はかなり知っている方だと思います。
花に関しては意外と勉強熱心で、知らない花があると名前を調べるのも
苦ではありません。そして花を活けるのも好きです。
習ったことはないので自己流ですが、お花がある生活は良いですね。

今日、バイモユリをもらいました。
くださったのは私の行っているスイミングに通ってらっしゃる80代の女性です。
このスイミングスクール、私の通っている時間帯のせいもあるのかもしれませんが
中年以上の女性がほとんどです。
ここにいると私はピカピカの「若手」でいられるところが気に入っています。(笑)
でも、皆さん私なんかよりずっと泳ぎも上手で、体力もあるように感じます。
私がヘトヘトになって息が上がっている横で、「気持ち良いわね〜!」と
涼しい顔でおっしゃるような50・60・70代の方達ばかりです。

今朝更衣室で「お花いらない?」と声をかけてくださったので覗いてみると
和菓子屋さんの包装紙にくるまれたバイモユリです。
「どうなさったのですか?」と訪ねると「庭の花なんだけど折れちゃったのよ。」と
お答えになります。
「せっかく咲いたのに折れちゃって可哀想だからどなたか愛でてくれたらと思ってね…。」
とおっしゃるその風情になんだかすっかり感動してしまいました。
もともとバイモユリは好きな花のひとつです。
丹誠込めてこの方が世話して咲いたんだなぁ。と思うといっそう可憐さが増して見えます。
そう言えば先日は庭の柚子をみんなに配っていらしたっけ…。

若輩者の私はなかなか諸先輩方の輪の中に入れず、皆さんの名前もわからない始末ですが
もっと仲良くなっていつかお庭を拝見させて頂きたいな!なんて野望を抱いています。

ほんわか・春

cimg3190_s.jpg
今日は何も予定を作らなかったのんびり日曜日。
昨晩目覚ましもかけずに「起きたときが起きるとき。」と決めて寝たら
目が覚めたのは10:30でした。
コーヒーを淹れて庭のベンチで飲みながら植物のチェックをして
その後今読んでいる本を持ち込み、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かって
それから朝昼兼用の簡単ごはんを食べました。こんなふにゃふにゃの休日も好きです。

でも夕方の4時からは絶対にF1の開幕戦をテレビで見たかったので
このまま家にいると一日どこにも行かない、何もしない一日になってしまう!と
それはさすがにもったいなくなり、駒沢公園までお散歩に行きました。

一本の梅の木の下でわんこがなんともの気持ちよさそうにお昼寝しています。
…今日の私、まさにこんな感じです。

おすそわけレシピをアップしました。

3月の【おすそわけレシピ】はヘーゼルナッツ・パウダーのポルポローネです。

cimg3173_s.jpg
あんまり傘を持って歩くのは好きじゃありません。
…と言うより、雨の日の外出は極力避けたい私です。
なぜなら雨の日に歩くのがとても下手だから…。
どんなに気を付けていてもハネをあげてしまいます。

そんなわけでレイングッズにはあまり興味が湧かずにいたのですが
それにしてもあちこちで傘をなくして来る自分には少し前から厭気がさしていました。
最後に傘をなくしたのは去年の今頃だったと思います。
それ以来私は傘ナシの人生でした。
なんとなく車だったり、なんとなく小雨だったり、人がいたり…と
なんとな〜く傘のないことを世間様に詫びながらも図々しくやって来てしまっていました。

でもこのまま一生傘ナシ人生を歩むつもりは勿論ありませんでした。
「今度傘を買うときは絶対なくさない傘を買おう!」と思っていて
なくさないためには、高価な傘を買えば良いのではないかしら?
そしたらきっと緊張してどこかに忘れてくるなんてしなくなるはず!と考えたのです。
そこであちこちお店をリサーチしてたどり着いた
六本木ヒルズにある超高級傘専門店(名前を忘れてしまいました)の傘を買ってやるっ!
と息巻いていたのですが、今日かわいいビニール傘を見つけてしまいました。

普通のビニール傘よりもドーム型になっていてプリントが入っているのです。
1本1,260円。
いかにも安物かもしれないけれど、なんだかとってもかわいくて、気に入ってしまい
柄と色を違えて2本買ってしまいました。
一年ぶりの傘アリ人生です。快挙です。
値段じゃなくて、気に入っていれば安物の傘だってなくさないんじゃないかしら?と
思っているのですがどうでしょう…。

この傘に不都合を感じたり、なくしちゃったりした時は
今度こそ!!高級傘専門店です。

露地物

cimg3164_s.jpg
仕事柄一年中いちごを身近に感じます。
そしていちごは今では一年中入手しようと思えば何とかなるフルーツになりました。
でも露地物は別です。
限られた時期にしか出回らず、しかも紀ノ国屋などの高級スーパーは扱ってくれない
露地物いちごが私は大好きです。なんといってもこの可愛らしさ。
庶民派アイドル…って感じですか?

大きさもかたちも不揃いだったりしますが、ちゃんと熟したものは甘くて美味しいし
お菓子作りに使う場合はデコレーションにもこの小粒加減が「きゅん!」と来ます。
リーズナブルなのでコンフィチュールにしたり、シロップやリキュールを作ったり…と
大量のいちごを使いたいときは露地物に限ります。

露地物があるうちにたっぷりいちごを満喫しようと思っています。

おすそわけ

cimg3132_s.jpg
おとなりのぼんちゃん宅から「鯨肉の塩漬け食べない?」と声をかけてもらったのですが
一体どういうものなのかも判りません。
鯨肉、食べたことはあるけれど料理したことはありません。
「食べてみたいけどどうしたらいいかわからない。」と答えると
ぼんママとぼんママのお義母さまが作ってくださりおすそわけを頂きました。

鯨肉はプルンとしていて不思議な歯ごたえでした。
お芋やごぼうやにんじんと一緒に炊き合わせてあり、とても上品なお味で
とっても美味しかったです。
ステキな器にきれいに盛りつけてあってお店みたいでしょ?
こんなお隣さんを持っている私は幸せ者です。

東京は日々少しずつではありますが随分春らしくなってきました。
庭の植物も毎日観察している私にしか判らないくらいな小さな変化ですが
今年も元気に育ってきています。

ふと去年のブログを読み返してみると、去年も今頃から庭の話題が増えてきます。
毎年同じ事で喜んでいる単純な私の単調な生活…?!
いえいえ、日々はそう思ってしまえば退屈極まりないただの繰り返しですが
その中にも小さな発見があったりするものなのです。
去年と同じように今年もチドメグサと戦い、スミレやワイルドストロベリーの
花の数をかぞえ、毛虫や病気に一喜一憂しながらも
去年とは違う今年の庭がどうなるのか、今から楽しみです。

最新のニュースをアップデートしました。

今月の掲載誌のご案内です。

久しぶりのドライブ

cimg3129_s.jpg
すごく久しぶりに週末をのんびり過ごせることになったので
昨日はドライブがてらお蕎麦を食べに行こうと裾野まで出かけました。
東名の海老名インターで出逢った木登り猫ちゃんです。
この子、別に降りられなくなっちゃったわけではありません。
実際この木は私が手を伸ばせば届くくらいの高さです。
「こっちへおいで。」と声をかけたらそっぽを向かれてしまいました。

それから御殿場のアウトレットに立ち寄り細々ながらも続いているプール通い
の為の水着とTシャツを新調。
そしてお蕎麦を食べて、近所をドライブして帰ってきました。
富士山の近くはまだ雪が残っていて寒そうでしたが、陽差しは春っぽくなりました。
原っぱの枯れ草の間からはイヌフグリの花やタネツケソウの花が咲いていて
可愛らしかったです。
東京に戻ると近所の庭からは沈丁花の花の香り…。
この香りがすると春だなぁ…。と思います。

お買い物

cimg3127_s.jpg
食器類を見るのは大好きです。
これは仕事のリサーチと言うよりは限りなく趣味に近い感覚です。
そして世の中にはステキな食器が沢山あります。
でも「ウチに調度良い食器」と「ステキな食器」は必ずしも一致しません。
とってもステキで欲しいなぁ…と思っても今の家のインテリアとしっくり来ない気がしたり
あまりに自分の生活とかけ離れすぎているとどんなにステキでも買って帰ろう
と決心出来ません。

そうやって自分の食器を探すと案外買えないものです。
だから「これだ!」と思えるものに出逢ったときは、ちょっと興奮します。
そしてあんまり値段も見ずに「これくださいっ!」と言ってしまいます。
今日、久しぶりにそんな食器を見つけて買いました。

ここの所ホールのお菓子をのせるお皿がもっと欲しいな、と思っていたので
気に入るものを見つけることが出来て嬉しいです。
こんなお菓子をのせたら映えるだろうな、と思えるものがいくつも思い浮かび
なんだか一人でワクワクしています。
ウチの食器の中では珍しいくらい甘いタイプの可愛らしさですが
シャープなお菓子も似合いそうな気がします。

昨日は仕事のことでちょっとどう考えたらいいのかわからないことがあり
アドバイスが欲しいような、ただ話しを聞いてもらいたいような
そんな気分になり思わずいがらしろみちゃんに電話をしてしまいました。
突然電話をして「今から行っても良い?」と聞く私に「どうぞぉ!」と
おおらかに応えてくださり久しぶりに会って夕ご飯をご一緒してもらいました。

ろみちゃんと私は同業者ですが、実際やっている仕事はかなり違います。
雑誌や書籍の仕事以外にお店を持っているろみちゃんは私の知らないことを
経験しているので、色々話しを聞かせてもらうと楽しそうなことも大変なことも
すべて興味深く楽しいひとときでした。
楽しかっただけでなく、懐のふか〜いろみちゃんに感謝したり感心したりする夜でした。

次のページ »