Archive for 10月, 2007

バレンタイン?

cimg2468_s.jpg
今日がハロウィンだと言うのに、私のブログはバレンタイン?と言った感じです。
本当に季節感のない生活をしています。
今日は朝から沢山のトリュフを作っています。
これは今度撮影するCF用のお菓子です。

たった15秒か30秒のCFを作るのにそれはそれは多くの人々が関わり
そしてすごく長い時間をかけてゆきます。
きっと写真のチョコレートの出来上がりが画面に映るのは良くてもほんの2〜3秒のこと。
それでも撮影の時に何かアクシデントが起きてもすぐに対応出来るように
必要な量よりもずっと沢山のものを全ての段階で用意します。
沢山の人が関わっているお仕事の中で私の所で何かつまずきがあったらイヤですものね。
自分の中の心配事は取り除いて、準備万全で臨みたいです。

私は自分がクローズアップされる雑誌や著書のお仕事も好きですが、
こういった自分の名前の出ない広告やCFのお仕事も大好きです。
本のお仕事の主役は「私」だったり「私が作るもの」だったりするのに対して
広告などのお仕事では私は多くのスタッフの中の一人です。
「フードコーディネーターのおねいちゃん(おば…?!)」なのです。
「私」である必要はなくて求められているものをきちんと作れる人間ならば
誰でも良いのです。
そんな世界で「ヤナセさんにお願いすれば安心。」という信頼を得られれば
とてもとてもシアワセです。
そしてそういうお仕事や日々の生活の中で私が感じた「おいしいもの」や
「楽しいこと」を時々雑誌や著書で語らせてもらえる機会があるのは
これもまたとてもとても幸せなことです。

今のお仕事のバランスが私はとっても気に入っていて、
自分は恵まれた環境におかせてもらっているなぁ…と常々思っています。
あら、なんかシアワセ自慢になっちゃいましたね。
でも素直に自分はシアワセだなぁ。と思うのですよ。

ハロウィン

cimg2403_s.jpg
随分前からこの季節になると雑貨屋さんなどはハロウィンのディスプレイをしていますが
ウチにハロウィンのおやつをもらいに仮装した子供たちが訪ねてきたことは
未だかつてありません。
そして私もハロウィンにおやつをもらいに行った経験は一度もありません。
ハロウィンってどのくらい日本で浸透しているのでしょうね?
一度もハロウィンパーティーなるものに参加したことのない私は
ハロウィンを経験してみたくて興味津々…!(もうオトナになりすぎ?!)

今月のお菓子教室でパンプキンパイとハロウィンクッキーを作ったので
我が家もほんの少しだけハロウィンらしくパンプキンをディスプレイしてみました。
…でも正直イマイチ盛り上がりません。
やっぱり自分にないものはひねり出そうと思っても出てこないものですね。(苦笑)

おみやげ

cimg2391_s.jpg
ぼんちゃんの飼い主さんがヨーロッパから戻られました。
2週間近いぼんちゃんのお泊まりは無事終了!
大好きなお父さんとお母さんと弟(人間の赤ちゃん)と再び一緒で
ぼんちゃんもやっと一安心な事でしょう。

さて、ぼんちゃんのパパ・飼い主さんからステキなおみやげを頂きました。
イタリアのジェノバの老舗お菓子屋さん、ピエトロ・ロマネンゴの砂糖菓子です。
このお店の商品は日本でもいくつかのものは手に入るのですが
おみやげにしてくれたものは日本での入手不可能な箱詰めだそうです。
すでにきれいなブルーの包装紙にやられてしまった私。
そっと包装を解いてゆくと…。
cimg2400_s.jpg
ステキな木箱に詰められたドラジェやボンボンやピールの衣がけ…。
思わず歓声を上げてしまいました。
珊瑚のような白いものは太い方はオレンジピールです。
細い方はシナモンの衣がけなのですが、これが本当にステキなお味で!!
ぼん・パパが商品をセレクトして箱詰めにしてもらったそうです。

我が家はぼんちゃんがいなくなって動物の気配が消えて妙に静かになってしまい
少しサミシイ気もしますが、ステキなおみやげにゴキゲンの私です。

かわいいお菓子

cimg2327_s.jpg
最近ちまたで流行のお菓子は色とりどりのクリームがたっぷりのったカップケーキだったり
アイシングをほどこされたクッキーだったり、かわいいお菓子が多いですね。
私もかわいいお菓子は見るのも作るのも大好きです。
でも雑誌などのお仕事では滅多にそんなお菓子は作りません。

理由は多分、食料色素をそんなに何色も揃えても一般家庭では使い切れないし、
又食料色素を使ってのカラーリングには抵抗のある方が多いため
家庭で作るお菓子を提案する雑誌などでは特集を組みにくいからなのでしょう。

でも最近珍しく、味は関係ないクッキーを使ったお仕事が立て続けにありました。
どちらもレシピ提案のお仕事ではなく、出来上がったものを撮影するものだから
かわいければそれで良い!と言うオーダーでした。
一つはクッキーでお菓子の家を作るお仕事。
もう一つはクッキーで色とりどりのちょっとずつ模様の違うものを作るお仕事でした。
これはクッキーに模様の違う仕上げをしている最中のほんの一部。
久しぶりに大量のアイシングを作って、何色ものカラーリングをして楽しかったです。

本当に食べられないくらい味に問題があるお菓子はさすがに困りものですが
たまには味よりも見た目重視のかわいいお菓子も食べたくなったりするものです。
街のカップケーキ、実際お味の方はどうなのでしょう?
まだ食べたことないのですが買いに行ってみようかな?なんて思っている今日この頃です。

ぼんちゃんからの重大なお知らせ

cimg2381_s.jpg
みなさん、こんにちは。
ボクはくーさん(ボンはそう呼んでいる…ような気がする。)の家の隣の犬のボンです。
今ボクのお父さんとお母さんは遠くに行っちゃっているので、
くーさんのオウチでお留守番をしています。
居候なのでくーさんに「何かボクに出来ることありますか?」と訪ねたら
新しい本の宣伝を頼まれました。
本が売れたらボクにも美味しいものを食べさせてくれるそうです。
だから頑張って宣伝してみます。

ボクの前にある本が新しい本です。「おいしいドーナツの本」と言います。
ボクはドーナツを食べたことがないのですが、見ているだけでおいしそうです。
実はボクはこの本の撮影中もくーさんの家でお留守番をしていました。
撮影中はボクに油をかけたら大変!とリビングに入れてもらえなかったのですが
スタッフのみんなが帰った後のリビングはいつも良い匂いがしていました。
だから多分この本の通り作ったらおいしいと思います。
cimg2385_s.jpg
ちょっと匂いを嗅いでみますね。
う〜ん…。本は匂い付きではないようです。
cimg2387_s.jpg
ドーナツ食べてみたいなぁ…。
ボクが宣伝した2冊の本が爆発的に売れますように!!
みなさん、何とぞよろしくお願いします。

新刊「おいしい待ち時間 私の保存食」

cimg2361_s.jpg
10月に入ってから新刊が2冊出ました。今日はそのうちの一冊のお話しをします。
本当ならば9月に出版予定だったのですが、ちょっと遅れて10月になってしまいました。
MOOKではなく書籍としては初めてのお料理中心の本です。
以前私のアプリコットのコンフィチュールはちょっと特別!と自慢したことがありますが
そのレシピもこの本に収めました。

この本は「ずっとお仕事をご一緒したい!」と思っていた編集の方との
念願叶っての一冊でした。
だから信頼して私が大切にしていた思い入れの強いレシピも
この本に収める気になりました。
上手く言えませんが、そういう信頼関係の築ける方とのお仕事は
安心して自分の仕事に集中出来るので、やっていて本当にとても楽しいものです。

大切なレシピを大好きな人たちに委ねて出来上がった一冊です。
本当に沢山の方たちに見て頂きたい、そして可愛がって頂きたい本になりました。
cimg2372_s.jpg
ぼんちゃんからもつぶらな瞳でお願いです。
「是非、買ってください!」と言っています。(?)

…おとといからまたウチにお泊まりしているぼんちゃんです。
「居候は肩身が狭いです…。」と言うので、
「じゃあ本の宣伝をしてよ。」と頼んでみました。

最新のお知らせを更新しました。

10月の新刊と掲載誌のお知らせを更新しています。

金木犀の香

cimg2321_s.jpg
すっかり秋らしくなってきましたね。
家の窓を開けるとどこからともなく金木犀の香りがしてきます。
甘くて柔らかい金木犀の香りはこの季節の楽しみです。

金木犀が街に香る頃になると冷たいお茶を作るのをやめて
そろそろ温かいお茶が飲みたくなる季節になってきます。
私のお気に入りのブレンドはプーアール茶に金木犀の花を乾燥させたものを
ブレンドさせたもの。「桂花茶」として売られているものもありますが
私は自分でブレンドして、桂花の香りを少し強めにしています。
中華街の食材屋さんで売られている乾燥した桂花やジャスミン・バラの花などを
買っておくと、お菓子の香り付けにも使えますが、
お茶のブレンドを自分ですることも出来てなかなか楽しいものです。
特にプーアールなどクセの強いお茶が苦手な方にはお花を香りを付けるのはオススメです。

少し前にのんびりペースでプールに行っている…なんてブログに書きましたが
のんびり出来たのは束の間でした。再びバタバタと仕事に追われる日々です…。
でも一つ一つのお仕事がとても刺激的で楽しいので、肉体的にはかなり疲れていますが
毎日充実しています。
考えてみるとこの仕事を初めて今年で14年が経ちますが、こんな風にお仕事から
刺激を与えてもらい続けられるのは本当にシアワセな事です。

お気に入りのお茶でほっと一息…。
仕事が落ち着いたらやりたいことや行きたい場所を
思い浮かべるのもまた楽しいものです。

バースデーケーキ

cimg2330_s.jpg
お誕生日に生クリームたっぷりのベタなデコレーションケーキの上に
キャンドルを立ててお祝いしたい、とリクエストされました。
いくつになってもお誕生日をお祝いされるのは嬉しいものですし
お祝いするのもとても楽しい気分になるものです。
久しぶりにう〜んと昭和っぽいデコレーションでケーキを作ってみました。
キャンドルを灯してみたら、妙に可愛らしかったので記念写真。

仕事の用事で知人に電話をすると、今ケンタロウさんと一緒にいるとのこと。
しかも今日はケンタロウさんの誕生日だと判明。
彼には「白いお菓子」の表紙の帯に推薦文を書いてもらった借りがあります。
電話の向こうから「ボクのバースデーケーキは…?」と呟く声が聞こえます。
お祝い事大好きな私としてはお礼も兼ねて、絶好の機会です。
「じゃあ、帰りにウチに寄ってね。」と約束をしました。
cimg2333_s.jpg
ケンタロウさん達にピックアップされるのを待っている
冷蔵庫の中のバースデーケーキです。
なんかすっかりバースデーケーキ作りにはまってしまった感じです。
身近な人で誕生日が近い人って次は誰でいつだったかしら…?

次のページ »