Archive for 7月, 2007

うふふ…。

cimg2093_s.jpg
桃の季節の到来です!シアワセです!!
やはり山梨から通ってきてくださっているお教室の生徒さんから桃が届きました。
しかもすこぶる立派な桃です。
幸せすぎて、とろけてしまいそうです。(大袈裟ではありません。)

フルーツの中で一番好きなものは桃!と 著書の中でも書いているし、
日頃から常々そう話していたせいで、返って気を遣わせてしまった感もあり
ちょっと申し訳ないような恥ずかしいような気分ではありますが
素直に言ってしまえば、「うれし〜〜〜〜っ!」の一言です。
しかもこの桃が大きくて立派なこと、甘くてジューシーなこと。びっくりです。
…まだこんなに沢山あるんです。ちょっと自慢したくて写真を撮っちゃいました。

cimg2085_s.jpg
こちらはおくつろぎ中のぼんさんです。
昨日はパパ・飼い主さんにお風呂に入れてもらいました。
ぼんちゃんは背が低いし、色は黒いし、最近は午前中のお散歩は暑くて辛そうです。
ぼんちゃんは海に行ったら嬉しいのかな?泳げるのかな…?
連れて行ってみたい気もするのですが、肝心の私がしばらくは東京から離れられません。

来週から新しい本の撮影が始まります。
やっと全てのレシピを作り終え、ギリギリのペースで進んでいる余裕のない私すが
壊れていたクーラーも取り替えたし、暑い夏に負けずに頑張ってみようと思います。

ブルーベリー

cimg2075_s.jpg
山梨から通ってくださっているお教室の生徒さんからブルーベリーをいただきました。
たっぷりのブルーベリーはとっても瑞々しい良い香りがします。
これで何を作ろうかなぁ…。と考えつつ、通り過ぎるたびに口に放り込んで
随分減ってしまいました。
そのままでも美味しいブルーベリーはちょっと久しぶりです。

自分の作るマフィンの中で一番好きなのはブルーベリーマフィンです。
マフィンは朝ご飯に冷たいミルクと一緒に食べるのも好きです。
まずはマフィンは絶対に作りましょう。たっぷりクランブルをのせてトップは
香ばしく焼き上げたいな。
cimg2070_s.jpg
すっかりウチでのお留守番にも慣れてきたぼんちゃんです。
おとといまではお散歩から帰ってくると、まず自分の家のドアの前に行こうとして
私に引っ張られていたのですが、昨日からは迷わずウチの玄関の前ですわるように
なりました。すごい学習能力です。
ぼんちゃんのしっぽは普段はお尻でくるんとマンガのブタのように巻いているのですが
くつろいでいる時はてろりんと伸びて脱力しています。

友人の家などでそこの犬と遊んだり、お散歩をしたことはありますが
飼い主さん抜きで、こんなに長く深く一匹の犬と関わったのはぼんちゃんが初めてです。
当然、こんなに犬に頼りにされた経験も一度もありません。
なんだか自分が犬に認められたような、はたまた自分が犬になっちゃったような
不思議な気分です。

真っ黒ちゃん

cimg2069_s.jpg
お馴染み、お隣のぼんちゃんです。
ぼんちゃんのママ・飼い主さんは昨日から帰郷していて
ぼんちゃんのパパ・飼い主さんはここの所お仕事がとても忙しく
ママの留守中、とてもぼんちゃんがひとりぼっちの時間が長くなってしまうので
ウチでママが帰ってくるまで「お預かり保育」(?)をすることになりました。

すでに勝手知ったる第二の我が家みたいな感じでおくつろぎ中のぼんちゃんです。
ぼんちゃんは全身真っ黒だし瞳も黒いので、眠っているのか起きているのかが解りません。

一日中私のそばから離れずに、のんびりくつろぐぼんちゃん。
…私はと言えば、莫大な(大袈裟)仕事の量に押しつぶされそうになりながら
追われるような気分でパソコンとにらめっこです。
そんな時、足元でぼんちゃんの安らかな寝息が聞こえると
かる〜くぼんちゃんに嫉妬してみたりして…。

でも、こんな時一人だと丸一日外に出ずに終わってしまうのが
ぼんちゃんがいるとお散歩に出るので、それが良い気分転換になります。
一緒に歩いていると、すれ違う人たちに「かわい〜!」と声をかけられたりして
私の犬じゃないのに、すごく誇らしげになってしまったりします。

「最新のお知らせ」更新しました。

7月20日発売「天然生活 9月号」を加筆しています。

かわいいパッケージ

cimg2061_s.jpg
お教室の生徒さんの名古屋のおみやげに紅茶をいただきました。
とっても可愛い紙のパッケージに入っていたのでまずは記念写真。
生徒さん曰く、とっても美味しい紅茶だったそうです。
今から開けるのが楽しみです。

ここの所カラリと晴れるお天気の日がない東京です。
私は東京の夏がだぁぁぁいっ嫌いだし、オマケに今年はキッチンのクーラーが壊れ
新しいクーラーを設置するまでウチのキッチンはオーブンを付けるととても暑いので
涼しいのは有り難いのですが、それでも季節が季節らしくないのは
なんだか不安になります。
過不足なく雨が降り、お日様が降り注ぐ「普通」の気候が良いなぁ…。と
つくづく思う今日この頃です。

杏のコンフィチュール

cimg2050_s.jpg
昨日は友人から届いた杏を使ってコンフィチュールを作りました。
私の杏のコンフィチュールはちょっとスペシャルな美味しさです。
このコンフィチュールを食べたことのある人は、私が威張ってこう語るのに
必ず納得してくれる、自慢のコンフィチュールです。

このコンフィチュールの作り方を教えてくれたのはばあやのMathildeです。
毎年この季節になると一緒にマルシェに行って山ほどの杏を買い込み
大きな鍋でコンフィチュールを作ります。
家族みんなが大好きなこのコンフィチュールは一回しか作らないと一年保たないので
杏の季節には何度も作ってカーブの棚を埋めてゆきました。
私もフランスに行くたびに家のカーブからMathildeのコンフィチュールを盗み(?)
日本に持ち帰っていたものです。

私には、こんな仕事をしているくせに人に教えたくないレシピがいくつかあります。
「この美味しさを伝えたい!作り方も簡単だったら尚のこと、広めたい!」
「あ〜!でも内緒にしておきたい!!!」…そんな気分になるレシピがあるのです。
この杏のコンフィチュールもそんなレシピの一つです。
Mathildeとの他愛ないお喋りや、季節の光・風・香り、
仔猫だった珠が杏の種を投げるとその都度飽きずに追いかけ回していた庭…。
そんな思い出が思い入れを強くして、なかなか調度良い居場所を見つけられずに
長い間発表する気になれずにいたのです。

でもこのレシピ、9月に出版予定の本でついにデビューさせました。
この本、実は私が一番出版を楽しみに待っているかも?!と思うくらい
大切なレシピを沢山放出しました。
タイトルがまだ未定なので、宣伝になっていませんが乞うご期待!!デス。

7月の「おすそわけレシピ」アップしました。

旬のフルーツにひと工夫した素朴で懐かしいフランス家庭菓子のような季節のお菓子です。

かぼす

cimg2036_s.jpg
おとなりのぼんちゃんのお宅からのおすそわけでかぼすを頂きました。
ちゃんとカバーが着いていて、シールが貼ってあり、高級そうなかぼすです。
並べてみたら可愛らしかったので写真を撮ってみました。

台風の影響で今日の東京は外に出る気分にはならないお天気です。
そんな日は諦めて、たまっている仕事をするのが良いと、パソコンに向かっています。
先週まで撮影が続いていた9月に出版予定の本のレシピや原稿を仕上げたり、
8月初旬から撮り始めるもう一つの本のメニューを考えたり、と
やらなくてはいけないこと満載なのです。
今年は有り難いことに沢山の方から本の依頼を頂きました。
スケジュールが合わなくてお断りしたもの、コンセプトが合わなくてお断りしたものなど
その全てにお応え出来なかったのは残念ですが、その分、(本のお仕事に限らずですが)
実現したお仕事には丁寧に、愛情を込めて関わってゆきたいと思っています。

…そんなわけで3連休はマジメに働きます。

シーコーミング

cimg2005_s.jpg
海岸を歩いて落ちている色々なものを拾うことを「シーコーミング」と言うそうです。
日頃の運動不足とここの所の不摂生をなんとかすべく海に出かけました。
…だったら泳げば良いんじゃない?とは自分でも思うのですが
水の冷たそうな海に入る気合いがどうしても出ずに、砂浜をお散歩しました。

そして砂浜で拾った収穫が本日の写真です。
真ん中にお花の模様が入っているように見えるのはウニの仲間の
「タコノマクラ」の殻です。
海外では「サンドダラー」と言い人魚の通貨と言われているそうです。
こちらの方が可愛いネーミングですね。
それと陶器の欠片も拾いました。
時代は判らないけどもしかしたら大昔の沈没船から流れ出てきたものかも…?!と
考えると楽しいです。

拾いものはしている最中はとても楽しいのですが、「これを何にするつもり?」と
考えると困ってしまうものも拾ってしまいます。
本当にいらないものは、その場だけ楽しみ再び海に還してしまいますが
なんだかウチにまでは持って来ちゃうものってあるんです。
この陶器の欠片などはその最たる例。でもきれいだなぁ、と思ってしまうのです。

タコノマクラは洗って、中の砂を流して漂白剤に浸けておくともっと白くなるので
インテリアに飾ったり、箸置きにしたりと夏の間は結構活用出来ます。
そして、褒めてくださった方には気前よく差し上げてしまいます。

ところで海に行ってお散歩すると、腹の立つこともあります。
それはゴミが多いこと。
花火で遊んだら片づけましょう!ビニール袋を浜に捨てないで!と
小うるさいオバサンの様に思ってしまいます。
みんなが楽しむために海に来ているのに、楽しんだ後海を汚したままでは悲しいです。
地球の環境は今、決して良い状態ではないのだから
生き物が人間のせいでこれ以上苦しまないために、
自分に出来ることは本当に小さな事だけど考えたいものだと思います。

肉体労働

ここの所日々すごい量のお菓子を食べています。
8月から撮影の始まる本のリサーチのために普段あまり買わないお店の
お菓子やコンビニデザートなどを買い、巷の流行をチェックするためです。

勿論私は甘いのもが大好きです。でも一度に沢山は食べられません。
美味しいお茶と美味しいお菓子を優雅につまむティータイムではなく
例えば同じ種類のお菓子を何種類も用意して、仕事の舌と頭を駆使して
食べるお菓子たちは、どんなに美味しいお菓子でも度を超すと苦行になります。

昨日はこちらも撮影の残り物の豚の角煮の夜ご飯の後、
7種類のお菓子をデザートに…。
最後には胃もたれを起こし、ソファにダウン!
こんな事を続けていたら、高脂血症か糖尿病になっちゃう〜!と
嘆きつつ、つくづく私の仕事は肉体労働だと思ってしまいました。
運動しなくちゃ…。ガンバレ、私。
cimg1993_s.jpg
アーティーチョークの花を頂きました。
昔働いていたレストランでシェフがお店のディスプレイに
食用で買ってきたアーティーチョークをしばらく飾っていたことがあります。
何日か後、首の部分から切られていて、お水もやらずにコロンと置いておいた
だけなのに、見事な花を咲かせたのには驚きました。
あざみは本当に強い植物なんですね。
この花のこと「コワイ」とおっしゃる方もいますが、私は結構好きな花です。

次のページ »