Archive for 4月, 2007

差し入れ

cimg1786_s.jpg
昨日の撮影に仲良しの編集者お二人が陣中見舞いに来てくれました。
その時に持ってきてくれた島パイナップルと島バナナです。
普通のパイナップルやバナナに比べてずっと小ぶりなのに
部屋中とっても良い香りが漂う、味の濃い美味しいフルーツです。

可愛らしいのですぐに食べるのももったいなく、先日ハワイで買ったお皿にのせて
まずは香りと姿を楽しむことにしました。
南国つながりなのか、ハワイのお皿との相性もばっちり。
何度も眺めては一人ニコニコしている私です。

この本の撮影も残すところあと1日となりました。
ほとんどの物を撮り終えて、手前味噌ですが今から出来上がりの楽しみな本です。
写真やスタイリングは文句なく私好みの仕上がりですし、
お菓子のレシピもここ2〜3年で作った私のお気に入りが満載です。
8月3日発売予定だそうです。楽しみにしていてくださいねー。
…ってその前にレシピやエッセイと書かなくちゃならない宿題も満載です。

使い方いろいろ…?

cimg1781_s.jpg
今日は撮影でした。
スタイリストの大谷マキちゃん、調度良い大きさのレースペーパーが
見あたらなかったので、大きなものをカットして使うことにしました。
きれいにくりぬいたレースペーパーを頭にのせて「天使みたい〜!」と
喜ぶライターさんをサラリと受け流し、真剣な表情でラッピングをしています。
でも、天使のマキちゃん、ちょっとかわいかったので写真を撮ってみました。

cimg1777_s.jpg
「あら、こんな風にしてもステキじゃない?」とライターの小橋さん。
次回は{ここまで出来る、レースペーパーの使い方}なんて本を
出されるかもしれません。(嘘です。)
このライターさん、とてもテンションが高くて、楽しくて困ります。
なんで楽しいのに困るの?と思われるかもしれませんが、笑いすぎてしまうのです。
真剣にお菓子を仕上げている最中にもずっと横でおかしな事を言っているので
無視して集中するのい苦労するのです。

cimg1783_s.jpg
少し離れたところで黙々と仕事をしているカメラマンの日置さん。
…一応、仕事をしている風な所も見せておかなくちゃ…!と思い
撮影風景を撮ってみました。

デビュー

cimg1772_s.jpg
先日買った最近の私のお気に入りです。
ずっと棚の上に飾っておいたのですが、「そろそろデビューさせたいな。」
と思っていたら、今撮っている本でデビュー出来そうです。
一緒にやっているスタイリストさんも「これを使わない手はない」と
考えてくれていたようです。嬉しいな。

明日から本の撮影も後半戦です。
ゴールデンウィーク明けには全て撮り終わる予定。
私としては「かわいい」ではなく「きれい」な本になると良いな、と思っています。

がんばれ!洗濯機。

cimg1765_s.jpg
ここのところすっきりとお天気の日が少ないですね。
洗濯物は外に干してお日様で乾かしたい私は
曇り空だとどうも気持ちが洗濯モードになりません。
でも、そんな事も言っていられないここ最近のお天気に
ついに諦めてシーツやらテーブルクロスやらの大物を
洗濯を始めた先週からの我が家です。

洗濯機でほぼ乾燥させた後、アイロンをかけて、それから室内に干して…
と一手間も二手間も行程は多いのに、お日様乾燥には勝てない虚しさ。
なんだか余計に疲れちゃいますね…。

何かと文句の多い私とは逆に黙々と働き続ける洗濯機。
偉いなぁ、グチも言わずに働いて…。と思いながら眺めると
とっても愛着が湧いてきます。

4月のおすそわけレシピー、アップしました。

蒸し器で蒸した、懐かしいカスタードプリンのおすそわけです。

ちびっこ葱坊主

cimg1732_s.jpg
昨日のドライブで見つけた道沿いの産直のお店で見つけた葱坊主です。
一口サイズのかわいらしさに思わず買ってしまいました。
お店の方に調理法を聞くと「天ぷらにすると美味しい。」とのこと。
今日の夜ご飯に天ぷらにしてみました。

ネギの香りのする歯ごたえのある美味しい天ぷらが出来ました。
昨日は他に「朝摘んできたばかりだよ。」とおじさんが言っていたタラの芽や
天然のクレソン、生そばなども買いました。
今晩の我が家はお蕎麦と野菜でお精進でした。

ドライブの楽しみのひとつに、道中地元ならではの何か美味しいものや
カワイイものとの出逢いがあります。
この葱坊主などは東京のスーパーでは見たこともありませんでした。
手作りのかごや素朴な雑貨も時には見つけられます。
東京の雑貨屋さんのようにコンセプトのしっかりした品揃えではないところで
自分の「好き」を見つけるのは難しいけれど、見つけたときの喜びも大きいものです。

遅いお花見

cimg1727_s.jpg
東京の桜はすっかり終わってしまいました。
桜が見頃だった時は忙しくてきちんと桜を楽しめずにいたので
ちょっとのんびりしている今、お花見をしよう!と思いつき
少しだけ早起きをして中央道に乗りました。

中央道は高速道路の中では景色がキレイで好きな道です。
道中桃の花も楽しめたし、富士山の雪景色もくっきり見えてゴキゲンな気分で
高速を降り、あとは気の向くままにドライブです。

陽当たりの良い河原を散歩すると、イヌフグリやたんぽぽ、ぺんぺん草など
可愛らしい花も沢山咲いていて、桜だけでなくいろんなお花見を満喫しました。
その河原にあった1本の木が今日の写真です。
これも桜の一種なのでしょうか?
ソメイヨシノよりも小ぶりの白い花をたっぷり咲かせていたのですが
かなり離れたところからでもとても良い香りがしました。

久しぶりに本当にのんびりしていられたここ3〜4日…。
私にとってはとてもステキな春休みでした。
エネルギーをチャージして明日から再び始動です。

あ、大変!今月の掲載紙のお知らせにひとつ忘れ物がありました。

「かわいい生活」vol.6(主婦と生活社刊)4/13発売で
{眺めて幸せ、使って楽しい 暮らしに布を}のページで
取材をしてくださいました。この本、タイトル通りカワイイです。
是非!!

美術館

cimg1725_s.jpg
ちょっとご無沙汰しておりました。
忙しい日々の中休みのように、今週は撮影を一つしただけで
あとはのんびりペースです。
元来怠け者で何をするのもスローペースの私はたまの休みも
お家でのんびりしているとあっという間に過ぎ去ってしまうのですが
今週は懐かしい人と会ったり、前から行きたかった所に出かけたりしました。

昨日は美術館のはしごをしました。
国立新美術館でやっているエクスポジションとお台場に出来た移動美術館での
写真展。さすがに美術展を二つみるとかなり疲れましたがずっと行きたかったもの
だったので満足しました。

でも…日本の美術館ってどうしてこんなにチケットが高いのでしょうね?
どちらのエクスポジションも内容には満足しているのですが
どうしても値段の高さには腹立たしさを覚えます。
海外からの借り物が多いから仕方ないのかしら…?と思ってみても
では日本のものならチケットが安いのかというとそうでもないし…。
そう言えば映画も高いですよねぇ…。
もう少しリーズナブルに文化的なものに触れ合えたら、と毎回美術館に行くたびに
思ってしまいます。

グチはさておき、話題の国立新美術館。
建物のデザインの好き嫌いは分かれるところでしょうが、
館内の明るさは気持ちの良い明るさでした。
展示物のライティングもおもしろくて、オブジェなどは楽しく見ることが出来ました。
今回は並ぶ時間が惜しかったので、ポール・ボキューズは通り過ぎましたが
一度は行ってみないと…。と思っています。

人の多いところが苦手は私は、トレンドから3〜5歩くらい遅れてやっと
話題の場所にたどり着くのが常です。
六本木ヒルズなどは出来てから2〜3年経って初めて中に入りました。
今回の国立新美術館は私としては随分早めにたどり着いたと我ながら感心。
この勢いで次回はミッドタウンに出かけてみましょうか…?

新入り

cimg1649_s.jpg
昨日の夕方ぼんちゃんとお散歩しているときに、
最近取り壊されて原っぱになってしまった空き地で白いスミレを発見。
ここに新しい家が建てられれば、今生えている草花は全て全滅してしまう運命。
だったらこのカワイイすみれはもらっちゃっても良いのでは…?と思い、
今朝シャベルを持って採ってきました。(もしかしてこれも泥棒?!)

ウチの庭にすでにいる紫のすみれと共存してくれたらきれいだろうなぁ、と
そのまま地面に植えてみました。
このコにとってウチの庭が環境の良い場所であることを願って
何年か後の庭の風景を思い描く私です。

明日は引き続き本の撮影です。
今日はそのためのお菓子を作ります。

本の撮影

cimg1645_s.jpg
今日からいよいよ本の撮影が始まりました。
初日の撮影が終わり、まずはほっと一息です。
次回の撮影日が近いために、スタイリストさんが揃えてくれた食器を
棚に並べたまま、本日の業務は終了です。

今回の本のテーマに合わせて揃えられた食器は、統一感があって
並んでいるだけでもきれいなディスプレイのように見えます。
しげしげと棚の食器を眺めながら、こんなお菓子や料理をのせたら
ステキだろうな…などと、今回のお仕事とは関係のないことまで
考えて楽しんでいます。

撮影のお仕事の時、私は当日のその瞬間までどんな風に仕上げるかは
ほとんど決めずにいます。
自分でスタイリングをするときはお皿を決めるのも、料理の仕上げを決めるのも
私ですからその前にある程度考えられますが、
スタイリストさんにスタイリングをお願いするときは
当日までお皿の色も大きさもバックの色も判らないので、
それらを見てから決めることの方が多くなります。

自分でスタイリングをするの時は、事前にに完成予想図が判っている分
安心と言えば安心ですが、つまらないと言えばつまりません。
やはり自分以外の人間のテイストが加わることで、私にとっては見慣れた料理やお菓子が
全く違う表情を見せてくれるのは、嬉しい発見です。

ここに並んでいるお皿…一体何が上にのることになるのでしょう?
乞うご期待!!です。

次のページ »