Archive for 1月, 2007

プレゼント

cimg1372_s.jpgcimg1380_s.jpg
プレゼント、もらっちゃいました。
お誕生日でもないのに唐突にプレゼントです。なんか嬉しい。

しかも、頂いたものがこんなにこんなにカワイイと「きゃー!」と歓声を
上げたくなっちゃいます。(実際歓声をあげました。)
この絵本、全ページ飛び出すんです。しかもページの中に更にページがあり
それも飛び出すギミックが付いています。
昨日から何度も繰り返しページをめくっては、その都度ニコニコしている私です。

このプレゼントの贈り主は、20年来の私の恩人です。
誰の人生にも何かしら影響を与える人との出逢いがあると思いますが
私にとってこの方は私の仕事に対する姿勢のお手本となっている人の一人です。
職種も業界も全く違うのですが、話をすると勉強になることだらけの人生の先輩です。
私の働いていたレストランのお客様だったのですが
知り合った頃、当時30才くらいで会社を立ち上げたばかりだったと思うのですが
お仕事の商談にも、プライベートにもその店を利用してくれていました。

レストランなど水商売の面白いところは、個人的には全く親しくない人のことでも
お客様が気に入ってお店に通ってくださるとその人の色んな時の色んな表情を
垣間見ることが出来、だんだんお店にいらしてくださったときの私たちとの会話や
雰囲気でその人の人となりや何となくの状態を知ることが出来るようになることです。
ハタチそこそこの当時の私は彼を見て、商談で渋い顔をしているときも、
仲間内で楽しそうに食事をしているときも、「なんだかオトナって楽しそうだなぁ。
私もあんなオトナになりたいなぁ。」なんて思ったものです。
昨日久しぶりに時間を作ってもらって会ったときにすごく変な言い方ですが
昔思ったのと同じように「私もこんなカッコイイ大人になりたいなぁ。」と思いました。

私は「追いつきたい、あんな風になりたい」ってずっと想い続けて来ました。
…生意気にも同じラインで話をしている気分になった30代半ばの頃がありました。
でも昨日「あぁ、追いつけないんだぁ。」って素直に思いました。
私がどんなに頑張っても(そんなに頑張っていないのだから尚のことなのですが…。)
あんまり距離は縮まらないんだなぁ…って妙に納得しました。

私は昨日、「アリス」の他にもう一つ良いプレゼントをもらった気がしています。
それは、最近身体の老化に不便を感じていたものだから歳を重ねることの
ネガティブな側面ばかりを考えていたのですが、
どうやら50代もやり方によってはかなり楽しそうじゃないですか!?と言うお手本を
見せてもらった気がします。

満足な週末

久しぶりに土・日どちらもお休みの週末です。
土曜日は六本木まで映画を見に行きました。見たのは「マリー・アントワネット」。
映画の中に出てくるお菓子をラデュレが作っているのと
出てくる靴がめちゃくちゃカワイイ!と言うことで見たかった映画です。
一言で言ってしまえば、女の子の「好き!」がみんな詰まったカワイイ映画でした。
フランスでは評判の悪かった映画だと聞いていて、見てみるとそれも納得なのですが
それでもやっぱり私はこの映画はかわいくってそれなりに楽しめる映画だと思いました。

お菓子や靴やドレスなども勿論見る価値アリなのですが、私が一番嬉しかったのは
全編に流れる音楽がツボにはまったことでした。
ベルサイユを舞台にロココな世界をUKロックが流れるのです。
しかも私が大好きな、New OrderやThe Cureなど…。
UKロックが昔から大好きだったのですが、最近あんまり聴いていなかったので
思いがけないところで大好きな友達に再会したような気分になりました。

そして日曜日、早起きをして海に行きました。
砂浜をぶらぶらとお散歩しながらサーフィンをしている人を眺めたり、
犬のお散歩をしている人に犬を触らせてもらったり、シーグラスや貝殻を拾ったり…。
特に目的がなくても、海は気持ちいいので気分もリフレッシュできます。
cimg1366_s.jpg
そして、満足するまで遊んだ後は漁港に立ち寄って市場でお魚を買います。
新鮮な上に安いので、ここに行くと色んな物を買いたくなってしまいます。
今回はたらこと鮭とアジとタコなど安くて美味しそうな物ばかりを選んで
堅実にお買い物。(昨日見た映画との落差を自嘲しつつ、庶民は庶民らしく…ね。)

漁港にはもう一つ、私には小さな楽しみがあるのです。
cimg1371_s.jpg
それはこの辺りをうろうろしている猫達の観察です。
もしかしたら飼い猫なのかも知れないけど、
みんなとっても目つきが悪くて凄味があって、ふてぶてしいのです。
通りを悠然と歩いていたり、道ばたでお腹を見せて寝ていたりする猫たちは
私がやっていたような超過保護な飼い方では絶対に持ち合わせられない
猫本来の逞しさを持っていて、微笑ましいです。

写真の猫は歩道に座っていたので「写真を撮らせてね」と声をかけたら
「触っても良いよ。」とお腹を出してくれたなつっこい猫さん。
久しぶりの猫の感触に大満足の私でした。

壁紙

cimg1362_s.jpg
年末から続いているウチのリフォーム計画。今日は壁紙の張り替えです。
さすがにこれを自分でやる自信はないので、
幼なじみで内装業をやっているともちゃんにお願いしました。

お友達に頼むとお互いあまり気を遣わずに済むので、
ずっとソファに座って作業を観察出来るのが面白いです。
内装業で使う機械にはキッチン用品を大きくしたような物があったり
ゴムべらなどは私たちが使う物と同じだったりして妙な親近感が出てきます。

私のくだらないお喋りに付き合いながら、テキパキと作業を進めていくともちゃん。
やっぱりプロはすごいなぁ、と思うのは動きに無駄がなく、動作がとても美しいのです。
これはどんな職業の職人さんにも言えることだと思うのですが、
きれいな仕事をする人は、周りを必要以上に汚さないで仕事をします。
そしていとも簡単そうに作業を進めるので、見ている方は「自分にも出来そう?」なんて
勘違いしてしまうのですよね…。でも、実際やってみるとすごく難しかしいのです。
私はそういう職人さんの仕事を見ているのが大好きです。

年末に塗ったペンキは以前のものよりも青みの強い白を選んだし、
今回張り替えてもらうクロスも前よりも白い物にしました。
棚板を茶色に塗ったので、部屋のイメージは以前より少しクールに仕上がる予定。
そしたら今度はアレをして、コレを作って….と色々思い付いちゃうのですが
まずはその前に仕事してお小遣い貯めなきゃね!働くぞ〜!?

グッドデザイン

cimg1338_s.jpg
お教室の生徒さんからお年始で頂いた榮太郎飴です。
とっても懐かしく久しぶりにこの缶を見ました。

子供の頃おばあちゃんの家に遊びに行くとおやつに
この飴を口の中に入れてもらったものです。
優しい素朴な味が大好きだったのですが
よく考えると自分で買った事って一度もないものでした。

久しぶりに再会した榮太郎飴。
見てみると缶のデザインなど、とってもグッドデザインではないですか!
いつ頃、誰がデザインしたのでしょうね?
おつかいものにグッドデザインで懐かしい榮太郎飴を選んでくれた
彼女のセンスの良さにも感動です。
私も何かの折りに使わせて頂こう、と思いました。

今日は榮太郎飴をお供に一日原稿仕事でPCとにらめっこです。
頑張りましょ〜!

お教室ウィーク

cimg1332_s.jpg
今週はお教室ウィークです。
お教室の週には家にお花を飾るようにしています。
普段からお花を生けるのは好きなのですが
自宅での撮影が続くとカメラの機材や
スタイリストさんの食器や布などで部屋はいっぱいになり、
ウチのそう広くないリビングではお花を飾っておくゆとりの場所など
なくなってしまうので、お花を飾れるお教室ウィークはちょっと楽しみです。

今回は白いチューリップとベージュのバラ(ジュリア)です。
パープルのクロスを敷いたテーブルの上にチューリップの花瓶をのせたら
とっても清楚で可愛かったので、教室が始まる前に写真を撮ってみました。

このチューリップ、暖房の効いたリビングで過ごすとふんわりと花を開かせるのですが、
開き過ぎちゃうので教室が終わると玄関先など涼しいところに移動させます。
しばらくすると花先を閉じたかたちに戻っているから可愛いなぁ、健気だなぁ、
って思います。
そして「切り花はなるべく長く楽しんであげなくちゃいけないっ!」って
せっせと花瓶の水を取り替えたり、水切りをしたり…と世話をしてみます。

毎朝のコーヒー

cimg1299_s.jpg
朝起きるとまず一番最初にポットを火にかけてお湯を沸かします。
そしてコーヒーを淹れるのですが、
私はイタリアンロースト(エスプレッソ用の粉)をペーパーフィルターで
ドリップしています。
朝一番のコーヒーはある程度濃いコーヒーにミルクと砂糖を入れて飲むのがお気に入り。
コーヒー豆はもう20年近くLAVAZZAのものを使っています。
フランスで暮らしていた頃からずっとこれです。
理由は簡単。安いから。
親の仕送りで暮らしていたフランス生活の最初の頃はなんとなく後ろめたくて
贅沢をする気になれず、なるべく切りつめた生活をしていたので
「安い」は「嬉しい」でした。(まぁ、今でも安いは嬉しいですけどね…。)

でも時々浮気をします。
一時期はライオンコーヒーに付いているクリップ欲しさに
ライオンのバニラフレーバーコーヒーを買っていた時もあります。
そして時々は話題のコーヒー専門店のコーヒーを買ったりもします。
でも結局長年飲み続けているせいかLAVAZZAに戻ってしまい、
ウチのコーヒーの味はこれなんだなぁ…と思います。

今回久しぶりの浮気です。
なんだか陽気なパッケージに惹かれて買ってみました。
明日の朝からこのコーヒーになります。
ちょっと楽しみ…。

のんびり…じゃなくて、のろま?

cimg1297_s.jpg
なんででしょう…?
気が付くとやらなくてはならないことが山積みになっています。
私は相当段取りが悪いのか、仕事がのろいのでしょうか…?

今日も朝から起きていてお昼寝もしないで(当たり前?!)
洗濯と掃除をして、おすそわけレシピの写真を撮って
それから銀行に行って支払いを済ませ、教室の買い物をしたりして
お家に帰ってきてからは終わらせた仕事の原稿を書いたり、
次の仕事のメニュー案を作ったりしているのですが、
まだまだ「本日のノルマ」が終わりません。

でもでもなんだかお腹が空く時間になっちゃって、
今日の夜ご飯はどうしましょう…?と他の事が気になり始めて
集中力がなくなってきます。
はぁ〜。どうしてお腹って空いちゃうんでしょうね?

*本日のノルマで出来たこと。
洗濯のついでに水通しをした白雪ふきん。
フンワリと空気を抱き込み気持ちよく洗い上がりました。
年末のペンキ塗りやお掃除に大活躍してた年季の入ったコ達に代わり
新しく下ろしてみました。
白い布が積み重なっているのってなんだか見ていて気持ちいいですね。

少しずつ…。

最近毎朝起きると庭に出る習慣が出来ました。
めちゃくちゃ寒いのですがあやしいくらいの厚着をして寝癖頭もそのままで
庭のベンチに座ってコーヒーを飲みます。

ウチの小さな庭でも春の準備が始まっているのを観察するためです。
去年沢山咲いたスミレの株には小さいけれど濃い緑色の芽が出始めたし
スズランの鉢ではツノのような芽が土の中からほんの少しだけ顔をのぞかせています。
ブラックベリーの木の根本にも芽がふくらみ始めたし、
クリスマスローズは花芽が出始めています。
植物はこんなに寒い時期から準備を始めていてエライなぁ…なんて思います。
そして私も頑張らないとなぁ…と励みになります。

まだまだ寒さはこれからが本番ですが、
冬至を過ぎてから少しずつだけど陽が長くなってきているのを
感じながら過ごすこの季節の夕暮れも好きです。

初おろし

cimg1282_s.jpg
今日から仕事始めです。
お正月は結局のんびりしたような、しないような微妙な感じでしたが
それでも仕事の電話や原稿に追われることなく過ごせたので
やっぱりのんびり出来たのでしょう。

お休みの間に考えた今年のプラン、どこまで実現可能なのかは
やってみないと判らないことですが、焦らずマイペースでやっていこうと思います。
でも、久しぶりに(?)少しだけ行動的な気分になっています。
いろんなものを見て、感じて、触れて、ココロを豊かにして
自分にとって居心地の良い自分でいたいな。って思っています。

「自分にとって居心地の良い自分」っていうのは多分
自分に自分で言い訳をしなくて良い状態を作ることだと思います。
他人をごまかすのはある程度簡単だけど、自分をごまかすのは大変です。
だって自分という人間の一番熱心な観客は自分自身ですから…。

仕事始めだから…と言う訳じゃないのですが、絞り袋を新調しました。
絞り袋はいろんなメーカーの物があるけれど、私の愛用品はコレです。
色々試してこれに落ち着いた…と言うほどではないのですが、
他のどのメーカーの物よりも文字の入り方や色などデザインが気に入っているのと
使い始めからの手の馴染みが硬すぎず、柔らかすぎず調度良いのです。
私がその昔働いていたお菓子屋さんもこの絞り袋を使ってたから
ほとんど「すりこみ」状態なのかもしれませんね。
以前は合羽橋に行けばどの店でも買えるくらいポピュラーだったのですが
ここ最近では外国ブランドに押され、おいているお店が少なくなり
絞り袋を買いに行くときは、合羽橋のお店を端からのぞき、必死で探します。

私はクリームを絞る以外にもグラスにムースを注いだり、
マフィンカップに生地を絞り入れたり…ということにも絞り袋を利用します。
スプーンやレードルを使った方が早い気がするかも知れませんが
グラスの縁や型を汚さずに、均等に生地を流すには絞り袋を使った方が
結局キレイに、そして早く出来るからです。…これも慣れの問題なんでしょうけどね。
私にとって手に馴染んだ使いやすい絞り袋はとても大事な相棒です。

明けましておめでとうございます。

cimg0623_s.jpg
2007年がスタートしました。
私の年末年始は、ペンキ塗りが何とか終わったのが大晦日の夜中。
年越しそばを茹でている最中にテレビでは行く年来る年で除夜の鐘が鳴り出し、
結局年越しそばを新年に食べる事になってしまいました。
でもでも、なんとか片づいた我が家でちょっと一息しています。

元旦にはそれでも初詣に行きたくて、目黒不動まで初詣に行きました。
そしてその後、私のホームページを管理してくれているかおちゃん&アンさんの
お宅に電話をして、「おせちもお雑煮も何にもないのぉ〜!」と泣きつき
アンさんのおせち料理とお雑煮をご馳走になり、正月気分も味わえました。
そして二日は生まれて初めて「初売り」に行きました。
何故かセールの時期にはいつの季節も忙しく、セールで物を買うことの少ない
私はただただ人の多さに圧倒され、買う気満々で出かけたのにバーニーズで
靴とスカートとニットを一つずつ買うのがやっと。くたくたになって帰ってきました。
でもなんだか嬉しいお買い物です。

今日はこれからペンキの塗りムラの手直ししてから
12月29日に刷り上がった年賀状を書き始めようと思っています。
なんとかお正月休みの間に全ての遅れの帳尻を合わせ、
仕事始めまでには気持ち良くスタートの切れる家と私でいたいものです。

私の去年は、人の優しさに支えられた一年でした。
優しい人に助けられ、引っ張ってもらって新しい事を始めたり、
忙しくて大変な時期を乗り切る為に、物理的・精神的に助けてもらったから
やり遂げられた事がいくつもあります。
今年は少しでも私が人の為にそうなれる一年にしたいと思います。
今年も一年、お付き合いのほど何とぞよろしくお願い申し上げます。

次のページ »