Archive for the 'わん・にゃん' Category

Y家のクリスマスパーティー2016

このネタを密かに楽しみにしている人がいるというのに
ここ数年、あまり丁寧にY家のパーティーの様子を
ブログにアップ出来ずにいました。

アップしていない年もY家のクリスマスパーティーは
毎年ちゃんと行われていて、私もちゃんと出席していたのですが
もごもご…ブログにまで手が回らず…もごもご…。
yaeyoyeia.jpg
Y家のKちゃんYちゃんももうすっかりレディ。
お酒の飲める年になって早数年。
Mさんのテーブルセッティングもそれに合わせてシンプルに
オトナっぽくなって来たように思います。
yey.jpg
Mさん手作りのフレッシュリースも毎年恒例。
でも今年は何と光るんです!文明開化!!!(違)
素敵でした。

でもちびっ子達がちびっ子じゃなくなっちゃったので
もう大きなクリスマスツリーが飾られていませんでした。
yaeyoyeyyayaeyyoy.jpg
私の中でY家のクリスマスパーティーのシンボルは
このバカラのクリスタルのお星様。
これを見るとY家のクリスマスだ−!と条件反射のように嬉しくなります。
今年のセッティングはツリーのペーパークラフトがポイント。
yay.jpg
今年の泡はMOETのHANABI
限定ボトルはやっぱり華があって気持が盛り上がります♪
yyeyeyyiyyae.jpg
アペロに出てきたのはなんと!タルトソレイユ!!
Y家のMさんと言えば、お料理は上手でもお菓子づくりには全く!
そう、全く!!興味を示さない人なのに見てください。
それでもこんなに綺麗なタルトソレイユが焼き上がっていました。

これで私ますます自信を持ちました。
「タルトソレイユは誰にでも作れる簡単なもの」
素晴らしい!!!
Mさんもすっかり得意になっておりました。
yuyayoyssyyayiyyyeyi.jpg
サーモンミキュイのヴェリーヌ
これは美味しかった〜!
yyuyayaiyuyey.jpg
カボチャとワイルドライスのサラダ

これはカスタムサラダからMさんがお気に入りのサラダとして
作ってくれました。
ちゃんと本を活用してくれてて嬉しいなぁ〜。(感涙)
iiuiyyeyyo.jpg
温かい前菜として野菜のグラタンラグーソース。
ズッキーニをパスタの代わりに使ったラザニアのような感じで
これ自体はグラタンにしてはあっさりと食べられるのですが
写真を撮りそびれている前菜が他に数種類あって…
そして写真を撮るよりも先に飲んじゃった美味しいワインが他に
数本あって…Y家のパーティーは量も質も充実していてすごいのです。

私はココで既にかなりお腹いっぱいだったのですが
yayyo.jpg
じゃ〜ん!!こんなメインが出てきたら食べないわけに行かない!
yayyoeoci.jpg
メインの付け合わせのヌイユにメインのソースを絡ませない
訳にはいかない!!
と頑張ってしまうのですねぇ〜。
そして、美味しいから食べられちゃうんですよねぇ〜。
写真じゃちょっと解りにくいかな。
メインは豚肉と栗の煮込みでした。
栗はフランス産の栗を使っているのだそうです。すごい!
yaeyuye.jpg
そしてデザートは毎年恒例私の係。
今年はお教室で評判が良かったいちごのパリブレストです。
クリームと焼いたシュー生地を別々に持っていって
酔っぱらいの私の指示の元、その場でみんなで作りました。

Y家のクリスマスが終わると、私の2016年はほぼ終わり。
あとは大掃除してお節準備に入るのです。

私の2016年は色々な意味で大変な一年でした。
良くも悪くもスピード感があって必死にもがいていたら
一年過ぎてしまった!という感じでした。
良いことも沢山会ったし、辛いことの方がむしろ少なかったと思うけど
なにしろ「大変だった!」という以上の言葉が今はまだ出てこないくらい
振り返って総括するほど、頭も気持も整理されていません。

でも2016年に新たに出逢えた方、新たに挑戦したこと。
そのチャンスをくださった巡り合わせの全てには感謝しかありません。
どうもありがとうございました。
oeth.jpg
かんなからもありがとうございました!
aiaai.jpg
はこからもありがとうございました!

カスタムクレープ&ガレット 続編

yyiyoyiyo.jpg
カスタムクレープ&ガレットの本の中でクレープを焼くのに
使ったのは3種類のクレープパンです。
マトファーのフライパンタイプの縁に立ち上がりのあるものを2種類
大(上部の直径26cm ・底直径21cm)小(上部の直径18cm・底直径14cm)
と、写真のストウブの直径30cmの縁のないクレープパンを使いました。
(注:現在ストウブの直径30cmのクレープパンは縁に若干の立ち上がりが
あります。私が使用したのは旧タイプでモデルチェンジしたそうです。)

縁のあるものはフライパンで作るのと同じように
生地を流し入れたらクレープパンを回して生地を広げます。
ストウブのクレープパンには付属で写真の様なトンボと言われる生地を
広げるための器具が付いているのでこれを使って広げます。
ストウブは鋳物ですから重くて、他のクレープパンのように
クレープパン自体を回すのはちょっと無理。

このトンボを使って生地を広げるのはちょっと練習が必要です。
でも一度コツを掴んでしまえば、案外簡単に思えてくるようになるので
もしもストウブのようなタイプ(他のメーカーさんも出しています。)を
使ってみたいな。と思われたら、いくつかのアドバイスがあります。

鋳物や鉄のクレープパンを入手した場合
私の最初のアドバイスは「ガレットではなくクレープを焼こう!」です。
ちゃんと油慣らしをしたつもりでも、そば粉のガレットは小麦粉のクレープに
比べて油脂の含有量も少ないので、くっつきやすいのです。
私はこの本のレシピにあるクレープの生地を1回分焼いたあとに
そば粉のクレープを焼いたらくっつかなくなりました。
yyiyoaeaeeei.jpg
2番目のアドバイスは火の当たりを均一にするには
大きなクレープパンの場合はクレープパンの縁にも火が当たるように
時々クレープパンをガス台の上でずらして、火の当たりを均一にすること。

やってみていただければこれはすぐに解ると思いますが
家庭用のガス台に比べてクレープパンの直径が大きいと縁の方まで
パリッと焼けにくいのです。そんな時は是非こまめにガス台の上で
クレープパンの位置をずらしてみてください。

この二つのアドバイスは本には書ききれなかった内容だったので
もしも新しいクレープパンを購入した場合は参考にしてみてください。
本ではガレットを焼くプロセスでトンボを使って焼く方法。
クレープを焼くプロセスでフライパンタイプで焼く方法をそれぞれ
写真付きで入れているのでそちらをご覧になってくださいね。
yyiyoaeeiiycyayo.jpg
今回この本ではガレットの生地を4種類。
クレープの生地を2種類ご紹介しています。

ガレットは面白くて配合によっても変わりますが焼き方で
食感が大きく変わります。
一般的にガレットはパリッとざっくりしているのが美味しいとされてますが
実は私、もっちりしたガレットも香ばしさよりそば粉の風味が強くて
案外好きなのです。
そんなもっちりしたガレットを作りたいときは生地を厚めに
そして気持火加減を弱くして、ゆっくり焼き上げます。
クリームソースのガレットはソースの絡み加減や食感がこっちの方が好み。

そば粉のガレットはシンプルなそば粉・塩・水のみのレシピから
そば粉に小麦粉をブレンドして卵やバターを加えたリッチなレシピまで
全4種類です。色んなレシピと焼き方で好みのガレットを
見つけて頂けたら幸いです。
yssyeyyiyoyuyeaiu.jpg
クレープの生地は2種類。
基本のクレープの生地と薄く焼き上がる軽めのタイプ。
ミルクレープに合う生地と、普通のクレープに合う生地は違うと思うのです。
ミルクレープって作ったことのある方はご存じだと思いますが
結構な量のクリームが必要になります。
そこに一枚でも充分な食べ応えのあるクレープ生地を重ねたら…
私はちょっと胸焼けがしてきます。
そこで沢山のクリームに重ねるミルクレープの生地は軽く軽く、
一枚では物足りないくらい薄く、薄く焼けるようにしてみました。

今回この本の生地のレシピを選ぶために今まで仕事で作ってきた
クレープやガレットのレシピを全部書き並べて比べてみました。
そして候補を絞って試食をしてみて面白かったのは
生地がリッチだからと行って美味しい訳じゃないってこと。
ガレットもクレープも生地だけを単体では食べません。
クリームやソースや具材と組み合わせたときにバランスの良い生地は
私が当初思っていた生地よりもシンプルでした。
yyiyoyyeye.jpg
ガレットやクレープって生地が余ったらどうするの?と
先日質問されました。
翌日も焼いて食べたい!と思わなさそうだったら
作った生地は焼いて冷凍するのがオススメです。
解凍した生地は上の写真の様なタルトレットにするのも良いと思います。

耐熱のカップやマフィン型にクレープを敷き込み
中にクレームダマンドとフルーツを詰めてオーブンで焼けば
縁の部分はパリッとして軽いタルトが出来上がります。
ガレットで作るなら塩味系のセイボリータルトになりますね。
yyeyyo.jpg
好みの具材を巻き込んでグラタンにするのもオススメです。
寒くなるこれからの季節。オーブン料理が美味しくなりますね。
この本で色々なクレープやガレットをご自宅で楽しんで頂けたら
すご〜くすご〜く嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。
aeaaeoae.jpg
宣伝部長のはこさんは「こんな長い話には付き合ってられなーい!」と
お仕事放棄。

イマドキ127ページで1,200円+消費税という太っ腹なお値段!
版元:朝日新聞出版
カメラ:木村拓さん
スタイリング:池水陽子さん
デザイン:楯まさみさん
構成・編集:丸山みきさん(SORA企画)
企画・編集:森香織さん

カスタムクレープ&ガレット
どうぞよろしくお願いします。

カスタムクレープ&ガレット

aeaaeoaao.jpg
我が家の宣伝部長のはこさんからのお知らせです。
9月7日におばさんの50冊目の本「カスタムクレープ&ガレット」
という本が発売されました。
yyiyayeaui.jpg
私も校正作業など、沢山沢山お手伝い(邪魔)しました。
撮影もお手伝いしたかったんだけどその時間帯はお昼寝の時間だったので
美容と健康のために立ち会いを断念!
でもとっても素敵な本になっているので良かったです。
皆さん、本屋さんで見つけたら是非手に取って見てあげてくださいね!

eu.jpg
はーちゃんからのお知らせの通り、9月に発売になっていたのに
お知らせが遅くなってしまった「カスタムクレープ&ガレット」
これは去年出版した「カスタムサラダ」の姉妹本。
カスタムサラダと全く同じスタッフでシリーズを意識して作ったので
表紙の雰囲気やロゴなど2冊並べるととても通じるところがあります。

カスタムサラダはベースの野菜に好みの組み合わせで他の野菜、
肉・魚貝・チーズ・ナッツ・雑穀などをトッピングして
好みのソースで食べ応えのあるボリュームのあるサラダを作って
たっぷりの野菜を摂りましょう!といったコンセプトの本。
ボリュームあるサラダがより美味しく、楽に作れるように
常備菜や作り置き出来るおかずやソースをカスタム素材として
紹介しました。

今度の本はこのサラダのベースがガレットやクレープになった感じ。
シンプルにハムとチーズと卵だけでもガレットは美味しいし
カソナードと美味しい発酵バター(これ大事)のクレープも絶品です。
そんなシンプルな組み合わせが美味しいものから
もう少しトッピングに手間をかけたものまで
私がクレープリーを開くなら…と妄想して素材の組み合わせを考えました。
oinyyy.jpg
結果、カスタム素材としての「クレープ&ガレットのもと」は
我が家の定番の作りおきおかずだったり、お弁当素材が
結構沢山登場することに…。(笑)
でも考えてみれば、ガレットやクレープに合う素材なら間違いなく
パンとは相性が良いはずですし、ものによっては白いご飯やパスタの
お供だって出来ちゃいます。
yayayyeyyiyyeyuy.jpg
もちろんガレットやクレープのルセットにはこだわったので
生地から焼いてもらいたいけれど、この作りおき素材のページは
他のシーンでも活用してもらいたいもの満載です。
写真はチャイニーズローストポークのガレット。
塊肉をマーマレードや黒酢・紹興酒で漬け込んでオーブンに入れただけ。
漬け込み汁でソースも作りました。
これは撮影中スタッフにとても人気のあったメニューの一つですが
ウチでは勿論白いご飯のおかずやサンドウィッチとしても活躍。
塩ハーブ卵は卵黄にまでほんのりと塩味が行き渡るので
お弁当やサラダのトッピングにも重宝してます。
ラップソーセージは作りおきしておくとちょっとお腹空いたときや
お酒のお供にも便利。
euiythyeyi.jpg
牡蠣のマリネも大好きでもう何十年も作り続けているレシピ。
シンプルなレシピなので、あとからバルサミコを加えたり
他の野菜と合わせたり、とバリエーションの幅が広いところがお気に入り。
オマケのレシピでこのマリネのレシピが載ってるページに入れた
牡蠣のマリネのチャウダー風はガレットのソースとしてもですが
塩味を調節して生クリームの一部を牛乳や豆乳に置き換えれば
立派なスープにもなります。私はこれがフレッシュの牡蠣から作る
チャウダーよりも好きなのです。

あまいクレープの作りおき素材ももちろん紹介しています。
定番のキャラメルクリームやチョコレートソース・レモンカードなどの他
ミントの葉のクルスティヤン(砂糖漬け)や
クレープを二度焼きしたガボットなど、歯応えのいいものは
口寂しいときにポリポリとつまんでしまいます。

…と副素材の方から熱く語ってしまいました。(汗)
次回はガレットやクレープの生地についてお話ししますね。
euuoaeyyiyayeeu.jpg
発売直後、友人が「本屋さんで平積みよ〜!」と送ってくれた写真。
今でも本屋さんで自分の本を見つけると不思議な気分になります。
冒頭ではこが言っていたように、この本は私の50冊目の本です。
50冊の中には共著やMOOKも含まれてますが。

この仕事を始めたとき、人生で1冊本が出せれば良いなぁ〜と
夢のように思っていました。
そもそもどうしたらこの仕事に就けるのかも良く解らずふらふらと
広告業界の片隅で働いていたら、なんとなく流れで運良く独立。
当時の私の心持ちはもっともっと切羽詰まったものでしたが
でも道筋としては「なんとなく運良く」としか言いようがありません。
そんなだから次、「どうしたら本が出せるのか?」も皆目見当も付かず
きっと一生懸命やっていたら誰かが肩をぽんぽんと叩いてくれて
「何か本出そうよ!」と言ってくれるものだと信じておりました。

人生そこまで甘くはありません。
せめて「本出してみたいの。」くらいのアピールはしないとね。(苦笑)
それに気付くのも遅かった私は独立してから3〜4年後に
やっと初めての著書を出させていただけたように思います。
さっきamazonで見たら最初の著書は1997年12月に出版してました。
あれから19年経ったんだ〜。感慨深い!

私にとって人生最初の本は「人生の1冊」にするには
満足のいくテーマではありませんでした。
(最初の本は「ワッフル焼こう」です。)
勿論本が出せたことは最高に嬉しかったし、ワンテーマのこの本は
ワッフルの本としては今でも私のお気に入りです。
でも「人生の1冊」ならワッフルじゃない…と当時思ったわけです。
それと本を作る楽しさを知り、人生2冊目作りた〜い!と欲が出ました。

数冊の本を出版させていただく頃には
今度はもっとこういうことがしてみたい!
あのヒトと一緒にお仕事がしてみたい!と夢が膨らむばかり。
一方で本作りの難しさにもぶつかります。
「売れる本」と「作りたい本」と「良い本」のバランス。
でもそもそもどうしたら「売れるか」何をもってして「良い本」か。
私には未だにその答えが解りません。

でも本作りを始めたばかりの頃は、ただ本が作れることが、
可愛い我が子のアルバム作りのように嬉しくて舞い上がっていただけ(酷)
の部分もあったように思うのですが、ある頃から私が向くべき方向は
この本を手に取って実際に活用してくれる読者の方たちだ!と
やっと思い至るようになったように思います。

それでも私の本は難易度が高い、または高そうに見える。
手に入りにくい食材が多い…などのご批判、存じております。(苦笑)
この匙加減は本当に私にとって難しいです。
根がオタクだから、まず自分がこだわっちゃうところもあるし
まだあまり知られていないものを紹介したい!と言う気持もあるのです。
でも気を付けないといけないなぁ…とは思っているのです…よ..。

ここ数年で変わったことがひとつあります。
昔はそんなこと考えもしなかったけど
「これが人生最後の本になるかもな。」って思うようになりました。
私はまだまだやる気でも、お声がかからなくなったらそれが最後です。
誰からも「これが最後」って言われなくても、結果的にずっと後で
「あ、あの本が私の最後の本作りだったんだ。」って思い返すとしたら?
それでも私はこの仕上がりで後悔しない?満足??
と自問自答するようになりました。

「良い本」と「作りたい本」と「売れる本」
これを1冊で両立するのは難しいことです。
作りたいと思う世界観でスタッフとも気持が噛み合い気持ち良く仕事した!
と思った本が結果的に沢山の方の手に取っていただけたときの喜びは
ひとしおです。
それはちょっと変な例えかもしれないけど
一生懸命書いたラブレターに快いお返事をいただけたような感じ。
…ん〜〜。ちょっとやっぱり変かな?でもそのくらい嬉しいのです。

本は一人では作れません。
著者として名前を出しているから「私の本」の様に見えますが
料理やお菓子の本は私だけじゃなくて、カメラマンさん、スタイリストさん
デザイナーさん達のクリエイティビティなくしては作れないし
編集者さんのディレクション能力やライターさんの文章力も大事です。
スタッフ全員奥付ではなく表紙に名前載せようよ!と思うくらい
本は「チーム」で作っている感覚があります。
そしてそれも本作りの醍醐味のひとつでもあります。
50冊の本を出版できたのはその時々のチームのみんなのおかげです。
有り難いことです。
そしてやっぱり何よりも私の本を手に取ってくださった方達の
おかげだと思います。
本当に本当にありがとうございました。

掲載誌など

yiyyea.jpg
今更のご報告…ではありますが、大好きなお菓子を載せたので…。
レタスクラブ1/25号で「レモンときんかんのお菓子」のページを
担当させていただきました。

大昔、今は無き雄鳥社から柑橘類を使ったお菓子の本を
出版したことがあるくらい柑橘類をお菓子に使うのは大好き。
フレッシュでいただくよりももしかしたら好きかもしれません。
だからこのテーマをいただいたときは提案したいメニューを
絞り込むのに悩むくらいあれもこれも思い浮かび困っちゃいました。

写真のお菓子はパウンド型で焼いてますが、スポンジケーキのように
卵と砂糖を立てて最後に溶かしバターを加えるので、決めも細かく
しっとりとしたレモンケーキです。
トップにかけたのはホワイトチョコレートにレモン果汁を加え
乳化させたガナッシュです。
焼いたその日より翌日以降の方がレモンの香りが強くなります。

この他にレモンカードの作り方などご紹介。
yiyyiiia.jpg
そして金柑は甘露煮のようなコンポートの作り方と
そのアレンジメニュー。
それとこの金柑キャラメルホットソースをご紹介。
このホットソースは本当にオススメの自信作です。

金柑の出荷は4月頃までだそうです。
姿も可愛く、昔よりもずっと美味しくなった金柑。
是非出回っている間に作ってみてください。
…ってもう本屋さんでは見かけない本になってしまってますが
もしもご覧になったら是非是非作ってみてくださいね。

あ、あとこれは誌面には載せていない最近の私のお気に入り。
それは「冷凍金柑」金柑を丸ごと冷凍させただけです。
私はこの冷凍金柑を3ヶガラスもボウルに入れて
お風呂に行くのがマイブーム。
湯船で本を読みながら、金柑を齧って温まっています。
生食可の金柑で是非試してみてください。
aei.jpg
おばさんはちゃんとオンタイムにお仕事を紹介出来なくて
ダメなおばさんだにゃ!とはこちゃん…。
はい、本当にスミマセン。
yyayyiyaey.jpg
こちらはまだ大丈夫だと思う!!
シュガーレディのカタログ・BIMIMAN3月号で
私のお気に入りのブレッドナイフとして
ヴィクトリノックスのナイフを紹介しています。
私の場合道具は本当にない技術を助けてくれる大切な相棒。
使いやすい道具あってのワタクシでございます。
こちらのナイフは本当にオススメ。
それと安心素材のシュガーレディさん。
今回誌面の料理製作のために素材を使わせて頂いたのですが
美味しかった!調味料もオススメです。
是非ご覧になってみてください。
oeai.jpg
下から撮ったかんなちゃんはちょっと虫っぽくて可愛いです。
(そう思っているのは飼い主だけ??)

キューピー3分クッキング

yyayoaaoaao2.jpg
なかなかブログをアップ出来ずにいてご案内が遅くなりましたが
11月12月の毎週土曜日「キューピー3分クッキング」に
出演させていただいています。
去年の6,7月にお酒のつまみをテーマに出演して以来約一年ぶり。
前より少しはトークの上達した姿をお見せしたい!と
頑張っておりますが、道は険しいです。(タメイキ)

今日までの時点で全8回放映分の4回までは既に放映。
収録は6回分まで終わっていて残るはあと2回分の収録です。
aaeeu.jpg
今回ご紹介するお菓子は全て作りやすい失敗しにくいお菓子を
セレクトしたつもりです。
そしてもちろんお味も自分では自信を持って「美味しい!」と
思える大好きなお菓子たちです。

だからその作りやすさやそれぞれのお菓子の魅力を
少しでも解ってもらいたい!
このお菓子、作ってみたい、と思ってもらいたい!と
私の中には熱い想いが漲って(?)いるのです。
その為にはやはり聞きやすいトーク…
なのですが、本当にはぁ〜…。やれやれ…です。
aeyyyy.jpg
これが収録時の私から見る景色。
作業台の前には3台のカメラ。
そして本番ではここにかぁ〜〜〜っ!と眩しいライトが点灯します。
それを合図に前日練習したこと、覚えたセリフ、伝えたいと思ったことの
いくつかが頭の中から消えちゃうんですね〜。
このあがり症なんとかなる薬はないのでしょうか?と思います。
yayey.jpg
残り2回の収録しか残ってないのにちっとも上達しない、と嘆く私に
先日友人が「上手にやろうと思わなくても良いんじゃない?」と
アドバイスをくれました。
「誰もが立てる場所じゃないところに立っているのだから
その事に感謝して楽しんで出来たらそれで良いんじゃない?」と。
yyayoaaoaao1.jpg
!!
ちょっと目から鱗でした。
本当によく考えたらとても素敵な機会を与えていただいているのですよね。
もう次はないかもしれない…かもしれないのだから後悔のないように
そしてこの場にいられることに感謝して楽しまなくちゃ!と
思えました。

残り2回、可愛いお菓子達の魅力を伝えられるように頑張ろうと思います。
キューピーちゃん、収録の度にお洋服が違うんですよ。
可愛いですね。番組スタッフさんの手作りだそうです。
キューピーちゃんの衣装もチェックしてみてくださいね。
aeee.jpg
こちらはテキスト撮影の風景です。
スチール撮影のカメラマンの榎本さんは大の動物好き。
ウチの猫たちのことも撮影にいらっしゃる度に撮ってくれます。
今回も猫用に別のカメラ持参でいらしてくださいました。
yeuuoiyuye.jpg
はこちゃんは写真撮られるのが大好き。(羨ましいっ!)
カメラの前でポーズを撮ります。
かんなは人見知りなのでなかなか人前に姿を見せません。
oeicoaae.jpg
これがこの日唯一撮れたかんなです。
でもこの写真、とっても可愛くて気に入っています。
eeiiaao.jpg
カメラの前で思いきりポーズを撮ったはーちゃんは
スタッフが帰った後は「今日はよく働いて疲れたー!!」とばかりに
このポーズでベッドで力尽きていました。

私もこの写真のはーちゃんみたいにやり切った達成感と共に
熟睡出来るよう、残りの収録に挑みたいと思います。

秋の花

秋が深くなってくると花の風情が少し変わりますね。
華やかなバラも秋咲きはほんの少し控えめになる気がします。
生命力溢れる春の花も好きだけど、秋から冬の花の風情は
また別の美しさと強さを持っている気がします。
1io.jpg
10月のお教室にいらしてくれたMちゃんがまたお母様ガーデンのお花を
たっぷり持ってきてくださいました。
今年はお花の調子が悪い…とお母様はおっしゃるそうですが
それでもこれだけの種類のお花が咲いているなんて本当にすごいです。

たっぷりすぎて家に合う大きさの花瓶がない!
でも小分けにするのももったいないなぁ…とブリキのバケツを利用して
素朴な感じに活けてみました。
秋色です。
2yiyio.jpg
こちらはシュウメイギクと猫じゃらし。
10月はレオの旅立った月。
レオの真っ白な胸元の毛とか、猫じゃらしで遊ぶ無邪気な姿を
思い浮かべながら、活けさせて貰いました。

花と向き合う時間はがさつでせっかちな私をいつもよりほんの少しだけ
しっとりと落ち着いた人間にしてくれるように思います。
ae.jpg
せっかく綺麗に活けたお花たち。
家の中に置いておくよりも玄関先でお日様を浴びた方が
素敵なんじゃない?と翌日から外に出しました。
io.jpg
やっぱりお庭の花は自然光が似合います。
yiyio.jpg
レーオー!!元気してる?
レオの猫じゃらしだよ。沢山あるから珠ちゃんとこいしと遊んでね!と
空に向かって呟いたりなんかして…。

7月のお教室スケジュール&講習会のご案内

今年は久し振りに良く雨の降る梅雨ですね。
…でも私のイメージする梅雨はシトシト雨が続くのですが
ここの所の雨はもっと暴力的であまり梅雨らしくない気がします…。
ciuo3.jpg
さて。本日は7月のお教室のスケジュールと講習会のご案内です。

まずは外部でやる講習会のご案内。
7月31日(金)18:30〜20:00
キッコーマン本社ビル1階にある会場で講習会をします。
テーマは
バターを使わずヘルシー素材を活用したカラダにやさしいスイーツ
私はバター大好きですが、ここの所のバター不足は深刻です。
お菓子作りを楽しみたいのにバターが貴重品になってしまったから
と言う理由でお菓子作りから遠のいてしまうのは悲しいです。

無理なくバターを別の油に置き換えてもちゃんと美味しいお菓子。
また他にはさっぱりと美味しい夏らしいスイーツのレシピを考えて
皆さまとお会い出来るように準備する予定!

こちらの講習会はなんと会費が1,000円!!!
そしてキッコーマンの商品のおみやげ付き!
なんてお得なんでしょう!!!!

是非是非皆さまのご参加をお待ちしております。
http://www.kikkoman.co.jp/kcc/back_s.html
ciuo4.jpg
そしてこちらは自宅でのお教室の日程です。

*お料理教室
7月3日(金)11;00〜16:00
7月4日(土)11:00〜16:00

*お菓子教室
7月17日(金)自由クラス 11:00〜14:30(こちらは既に満席です。)
7月18日(土)基礎クラス 11:00〜14:30
7月18日(土)自由クラス 15:30〜19:00

自由クラスのカリキュラムは「ジャースイーツ」他
基礎クラスのカリキュラムは「チーズケーキ2種」

こちらへのご参加も是非ご検討の程よろしくお願い申し上げます。

会員の皆さまのご予約、またトライアルご希望の方は
info@k-yanase.com
までご連絡ください。

ciuo5.jpg
今の季節、紫陽花が本当にきれいですね。
あちこち出かける度に紫陽花に見惚れて写真を撮ってしまいます。
色も種類も本当に沢山あって見ていて飽きないです。

ところで私は雨の日の外出が大嫌い!
「雨だから」という理由で約束をキャンセルしたいくらいキライです。
まぁ、良いオトナですからそんな我が儘むすめのようなことを言っても
可愛くもなんともないと自覚ししてますからさすがにキャンセルは
しませんが本当に憂鬱。

今年は雨が多そうなので少しでも雨の日の外出が好きになる様に…と
傘を新調しました。
.jpg
エッフェル塔モチーフの傘。ちょっとステキでしょ?
この傘、通常のサイズの傘より少し大きめなところも気に入っています。
雨の日のお出かけの慰めになれば良いな!と思っています。
i.jpg
はーちゃん、知らないものが登場すると必ず点検にいらっしゃいます。
可愛いなぁ…。

6月のお教室のスケジュール

5月に久し振りに再開したお教室もなんとか終え
写真を整理して、ブログに出さないと…と思っているのですが
なかなか写真の整理まで辿り着きません。
…そうこうしているうちにもう6月が目の前!
本当に時の経つのは早いです。

取り急ぎ、お教室の日程をお知らせします。
お時間ある方、ご興味ある方は是非お問い合わせください。

*6月のお料理教室
6月13日(土)11:00〜16:00

*6月のお菓子教室
6月19日(金)11:00〜14:30 自由クラス
6月19日(金)18:30〜22:00 自由クラス
6月20日(土)11:00〜14:30 基礎クラス
6月20日(土)15:30〜19:00 自由クラス

お料理教室の内容は例によって未定。
いつもギリギリにならないとメニューが決まらないダメな私。
本当にすみません…。

お菓子教室基礎クラスはフルーツタルトです。
タルトの生地・クレームダマンド・クレームパティシエールと
覚えておくと便利な基本アイテムを組み合わせてタルトをつくります。

お菓子教室自由クラスはメロンのお菓子。
メロンショート…と思っていたのですがここに来て再び悩み中。
こちらもギリギリまで悩みに悩んで決定しそうな予感ですが
メロンを使うことだけは決まっています。

会員の皆さま、お申し込みはメールでお願いします。
(予約カレンダー私が管理しきれないのでやめようと思っています。)

またトライアルをご希望の方もお気軽にメールにてお問い合わせください。

お問い合わせ、ご予約は以下のアドレスにお願いします。
info@k-yanase.com

皆さまにお会い出来るのを楽しみにしております。
aessei.jpg
ご参加お待ちしておりまーす!(はこ)

1月フランスに行ってきました。

nio.jpg
冬のParisの空、とても好きです。
陽も短いし寒いけどParisは冬がすてきだと思います。
yaeyeio.jpg

eei.jpg

yoyayeyuyeyeio.jpg

ythyeyyiyycyaeye.jpg

yoyeyyeyeic.jpg
世界中どこに旅行に行っても現地のわんにゃんが気になります。
今回出逢ったわんにゃんたち。
どの子もみんな可愛かった。
cssa.jpg
そしてウチのお嬢ちゃん達におみやげです。

つらつらと…。

誰が今年の夏は冷夏だと言ったのでしょう?
充分暑かったですよねぇ。はい、暑くて大変でした。

だいたいこの時期に私達の様な仕事をしていると
秋冬のお菓子や料理の撮影をしています。
これがかなりの苦行なのですがちっとも痩せないんですよね…。
不思議だ。
oea.jpg
気温が30℃を越えるとアイスクリームよりもかき氷が売れるそう。
なんとなく納得です。
私のお気に入りのかき氷はココ。
学芸大学にある鯛焼き屋さんの軒先で食べるかき氷。
流行のお店のかき氷は美味しいけれど列に並ぶのが大嫌いな私には
食べたいけれどなかなかの難関です。
aeecae.jpg
アイスキャンディーも今年は流行りましたね。
私もいくつかお仕事させていただきました。
この写真は8/13の読売新聞に掲載されたものです。
読売新聞のネットにもレシピと共に掲載されてますので
よろしかったらご覧になってくださいね。
euuo.jpg
Y家のMさんが新宿伊勢丹の本屋さんのディスプレイに私の本が
2冊も並んでいたよ−!と送ってくれた写真。
錚々たる本と一緒に並べていただけて光栄です。
他の本がかき氷やアイスの本なのに「ストウブで冷たいお菓子」だけは
プリンや焼き菓子なども入っているのにここに並べてもらえて嬉しいな♪
yuythyoyaeyyoy1.jpg
ストウブ本の中からのオススメは
暑い夏にピッタリなのはイエローフルーツのサマープディング。
サマープティングはイギリスの伝統菓子で通常はベリーで作るので
真っ赤な色をしているのが一般的です。
でも違う色で同じ様に簡単で美味しいサマープティングが作れたらなぁ…と
妄想して今回イエローフルーツで作ってみたのがこちら。

色々なフルーツの組み合わせ、熱の入れ方などを試行錯誤して
出来上がった大好きなレシピです。
とっても簡単なので作ってみてくださいね。
unec.jpg
ジェラート本はタイ語に続き韓国語翻訳も先日届きました。
ハングルも丸い可愛らしいフォントだと随分印象が違っておもしろい。
3yieyioeu.jpg
これで台湾・タイ・韓国と3冊並べて記念撮影。
それぞれの国で誰か一人でもこの本をずっとずっと使い続けてくれる人が
いたら、本当にシアワセだなぁ…。
どうか可愛がってもらえますように!と子供を留学させるような気分です。

最近はなんだか忙しくて気持に余裕のない日々を送っています。
そうすると時間があればこれもしたい、あれもしたい…と思うのだけど
いざ時間が出来ると忙しい日々が恋しくなったりして
結局たいした事もせずやり過ごしてしまったりする私…。
もう少し日々の暮らしをちゃんと営みたいなぁ、と思っています。
oe1.jpg
かんなちゃん、大好きな毛玉で遊んでいます。
oe2.jpg
おしりを左右に振って、足踏みして、狙いを定めて〜〜〜。
oe3.jpg
ぴょ〜〜〜ん!

私も運動しないとなぁ…とかんなちゃんを見て思ったりします。

次のページ »